瀬人VSキサラ~時空を超える記憶~【完結後、後日談ぼちぼち執筆】   作:生徒会副長

14 / 17
TURN3《拮抗勝負》

ドッペルゲンガーLP8000/手札2枚/伏せ2枚

幻影騎士団ラスティ・バルデッシュ/攻2100

未界域のビッグフット/攻3800

↑(装備)未界域捕獲作戦

 

「まさかあのフィールドが壊滅させられるとは……」

「まぁ力の差だよなぁ? 例えば見ろよ、このビッグフットを」

 

 ターン開始時にはフィールドを制圧していたドラゴン達に代わり、いまフィールドに並ぶのはビッグフットを頂点とする未だ底知れぬ魔物たちだ。

 

「『青眼の白龍』と同じ攻撃力でありながら遥かに出しやすく、装備魔法の効果で今や攻撃力3800を有し、トラップカード2枚で守られている。アルティメットにも引けを取らないぜ。これが、これからの時代を制する”力”だ!!」

 

 自分のカードの強さを誇らしげに語るドッペルゲンガーだが、しかし──。

 

「それはどうでしょうか?」

 

 デュエルはまだまだ始まったばかりである。

 

「確かにフィールドを壊滅させられたのは驚きましたが、この程度アルティメットを出すまでもないですよ。私のターン、ドロー!」

 

キサラ/手札4枚→5枚

 

「まずは、青き眼の賢士を通常召喚!」

 

青き眼の賢士/攻0

 

 この勇ましき青年は2枚目であり、キサラのデッキにおいて最優先で通常召喚権を使いたいカードの1つだ。

 ドッペルゲンガーはこれに対して動かない……というか動く意味がない。『幻影霧剣』をチェーン発動しても、『リンクリボー』の効果で逃げられてしまうだけだからである。

 

「『青き眼の賢士』が召喚に成功した時の効果で『太古の白石』をサーチします! これをコストに『調和の宝札』を発動! 2枚の手札交換です!」

 

太古の白石(デッキ→手札→墓地)

 

 引いたカードは、十分満足できる内容だった。

 ──宣言どおり、アルティメット無しで盤面を突破出来そうであった。

 

「『コズミック・サイクロン』発動! 1000LPを払って、伏せてある『幻影霧剣』を除外します!」

「チッ! だがもう1枚残ってるぜ!」

 

キサラLP6500→5500/手札5枚→4枚

幻影霧剣(伏せ→除外)

 

 ライフは少し減ったが、墓地で発動する効果も持つ強力な罠『幻影霧剣』を宇宙の果てに排除した。これで1つ目の障害は攻略した。2つ目は──。

 

「墓地に眠る『青き眼の祭司』の効果を、自身をデッキに戻すことで発動です!」

 

 効果の対象になった『青き眼の賢士』の背に、老司祭の魂が浮かび上がる。

 

「『青き眼の祭司』は一族の長老! 自身の魂を輪廻させ、戦場の命を捧げることで、龍の神を蘇らせる秘術を会得しています! 『青き眼の賢士』を墓地に送り──」

 

 『青き眼の賢士』も、龍の神を信仰する一族の勇士である。躊躇なくその身を地に沈めた。そしてそれと入れ替わるように、

 

「蘇生召喚! 龍の神の影──『白き霊龍』!」

 

 攻撃力なら『青眼の白龍』が、妨害力なら『青眼の精霊龍』が勝っているが、2つ目の障害は『白き霊龍』でなければ突破出来なかった。

 

「『白き霊龍』の特殊召喚成功時に効果発動! フィールドの魔法・罠を1枚除外します! 対象は2枚目の『幻影霧剣』です!」

「……除外される前にチェーン発動して、『白き霊龍』の効果を無効にする!」

「チェーン3! 『白き霊龍』を『青眼の白龍』に変身させつつ、『幻影霧剣』から逃がします!」

 

青き眼の祭司(墓地→デッキ)

青き眼の賢士(場→墓地)

白き霊龍(墓地→場→墓地)

青眼の白龍/攻3000

 

キサラ/手札4枚→3枚

 

幻影霧剣(場→除外)(対象不在)

 

 神出鬼没な霊龍を捉えきれなかった幻影騎士団の剣は、逆に白き光によって霊魂を浄化されてしまった。

 これで2つ目の障害も攻略したが……。

 

「だが! 未だビッグフットの攻撃力は3800! ブルーアイズ達の攻撃力3000だでは倒せないぜ!?」

 

 3つ目の障害は、単純な攻撃力対決。

 だがキサラは軽く口角を上げてしまった。瀬人がこの場にいても笑っただろう。

 ……『青眼の白龍』に攻撃力で喧嘩を売って勝てると思っているのが滑稽に見えてしまった。

 

「装備魔法『光の導き』を発動! 墓地から『青眼の白龍』を復活させて、『光の導き』を装備させます!」

 

青眼の白龍/攻3000(墓地→場)

↑(装備)光の導き

キサラ/手札3枚→2枚

 

 白き龍が2体並んでフィールドの一部を照らすが、ドッペルゲンガーはあまり動じていない。

 

「だからソレじゃ攻撃力が足りないんだよなぁ……。ラスティ・バルデッシュはやられるけど、次のターンでビッグフットの2回攻撃の餌食にしてやるよ。それともエクシーズでもするのかな?」

「あまりエクシーズに割く枠が取れなかったのでやめておきます。ブルーアイズへの信頼と信仰だけで突破出来ますし! フィールド魔法『光の霊堂』を発動!」

 

キサラ/手札2枚→1枚

 

 ソリッドヴィジョンによって、蒸し暑い熱帯雨林は上書きされて消えていく。

 換わりに世界を覆うのは、穢れ無き白亜の聖堂。石造りの冷たく清浄な屋内に暖かな陽光が射し込む、青き眼の一族の聖地。祈りを捧げる対象はもちろん、白き龍の神。

 

「『光の霊堂』の効果発動! デッキからドラゴン族通常モンスター1体を供物に捧げ、そのレベルに比例してフィールドのモンスター1体の攻撃力をターン終了まで強化します!

 デッキからレベル8『青眼の白龍』を墓地に送ることで、フィールドの『青眼の白龍

』の攻撃力を800上昇させます!」

 

青眼の白龍(デッキ→墓地)

青眼の白龍/攻3000→/攻3800

↑(装備)光の導き

 

 霊堂内に満ちた光を吸収し、『青眼の白龍』の身体が神秘的に輝く。更にその輝きの中から、2体の龍──『青眼の精霊龍』と『白き霊龍』の輪郭が現出した。

 

「装備魔法『光の導き』には、装備モンスター以外攻撃出来ない代わりに、墓地に眠るブルーアイズモンスターの数まで装備モンスターの攻撃を可能にする効果があります! いま墓地にあるのは『白き霊龍』と『青眼の白龍』と『青眼の精霊龍』の3体! よって3回攻撃できます!」

「ビッグフットと同じ攻撃力で3回攻撃だと!?」

「……ちなみに、相討ちにするつもりはありませんので!」

 

 墓地にはドラゴン族の破壊を肩代わりする『復活の福音』があった。後の展開に向けて温存する手もあったが……。

 

『キサラ! このままではお前の『青眼の白龍』が戦闘破壊されることになるぞ! 早く選ぶがいい! 『スキル・サクセサー』を使うか、否か!』

『俺なら間違いなく『スキル・サクセサー』を使っていた! ブルーアイズを守れるなら、罠カードの1枚や2枚など惜しむものか! そんな計算で、そんな心で――ブルーアイズを従えて俺を倒すだと? 甘い!!』

 

(まぁ、あのときと状況は違いますが……。ただの慎重論でブルーアイズを死なせるよりはいいでしょう!)

 

「バトルフェイズです!」

 

 フィールドで2つの光のカードの力を宿した『青眼の白龍』と、その光が呼び寄せた2体の龍が、口腔に光を蓄える。これこそデュエルモンスターズ創世記から誉れ高き──。

 

「滅びのホーリー・バーストストリーム!

三・連・弾!!」

 

青眼の白龍/攻3800(1回目)

≪VS≫

幻影騎士団ラスティ・バルデッシュ/攻2100

(戦闘破壊)

 

青眼の白龍/攻3800(2回目)

(復活の福音で戦闘破壊を肩代わり)

≪VS≫

未界域のビッグフット/攻3800

(戦闘破壊)

 

青眼の白龍/攻3800

≪VS≫

(直接攻撃)

 

ドッペルゲンガー

LP8000→6300→2500

 

 第一砲が戦斧に宿った闇を消し去り、第二砲はビッグフットと激突したときに爆風を起こし、その爆風を掻い潜った第三砲がドッペルゲンガーに直撃した。ここまで約7秒。

 

「うぉぉおおおお──ッ!?」

 

 衝撃的な戦闘ダメージで、ドッペルゲンガーがキサラと同じ身体には似合わない派手な吹き飛び方をする。

 

「まだ2500もライフが残ってるのに、演出過剰です! メインフェイズ2に──」

 

「拮抗勝負」

 

「…………。えっ…………?」

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。