東方遺骸王   作:ジェームズ・リッチマン

433 / 532


 

 命蓮は眠っていた。

 安らかに。そう。本当に眠っているかのようだったのだ。

 

「命蓮」

 

 声をかけても返事はない。それはそうだ。もはや彼の魂は……。

 

「石塚様は、医の心得もあると……! どうか、どうかお願いいたします。命蓮様を……」

 

 敬虔な坊主が私の足元に縋りつき、懇願する。

 騒ぎを聞きつけた者たちも次第にゾロゾロと集まり、廊下を騒がしくしていた。

 

「命蓮様は、まだ……まだこの朝護孫子寺になくてはならぬ存在なのです。まだ……!」

「うむ。こうも慕われるとは……命蓮も幸せだったと思う」

「お願いします……!」

 

 まったく、廊下から人が溢れてきたではないか。

 これでは病人だったとしても、煩わしくて治しようがないではないか。

 

 ……まあ。もう彼は、病人ですらないのだが。

 

「彼は長らく肺をやられていた。それが昨晩、就寝中に悪化したのだろう。……触れてみると良い。彼の心臓はもう、動いてはいない」

「あ、ああ……」

 

 やりようはいくらでもあった。

 水薬を定期的に飲ませるでもいいし、外科手術を施すでも良かった。

 

 慎重に切開し取り除くこともできた。

 臓器移植も難しくはなかった。

 肺の一部をごっそりと切除し、循環呼吸を可能とする処置を埋め込むでも、どうにでもできた。

 

 だが彼は拒んだ。拒んだのだ。

 故に命蓮の生は、これで終わり。これが彼の選んだ人生であり、終わり方だった。

 ……そういうことなのだ。

 

 もちろん、それを涙する彼らに対して言うような真似はしない。それはあまりにも軽率だ。

 命蓮は自身の死をそう受け止めた。それだけの話なのであって。

 彼らは彼らで、時間をかけて彼らなりに、命蓮の死を受け入れるべきなのだろうと思う。

 

 ……今はまだ、悼むべき時だ。

 

「しかし……長生きした、か。……だが私はね、命蓮よ。人は、坊主であってもだ。もう少しだけ、欲を持ってもバチは当たらないと思うんだよ」

 

 嗚咽を漏らす多くの聖人に囲まれて、命蓮は健やかに沈黙するのみ。

 紙のように薄っぺらな彼の衣は涙に濡れ、今にも破けてしまいそうだった。

 

「貴方の清廉な生。見届けさせてもらったぞ、命蓮」

 

 私は彼の口元についた僅かな血を指で拭った後、魔法的に何ら意味のない祈りを捧げた。

 

 

 

 承平5年。西暦でいうところの935年。

 偉大なる命蓮上人は、五十三歳でその人生に幕を下ろした。

 

 彼の死は山の下で暮らす多くの人々に悲しまれた。

 弔いは国の有力者や朝廷の重要人物なども足を運ぶほどで、葬列は信貴山の中腹から麓までずっと続くほどであった。

 時に荒っぽく。時に軽妙に。法力で様々な難事を乗り越え、解決してきた高名なる聖人、聖命蓮。

 彼の遺した多くの逸話は、きっと長く長く、多くの人々によって語り継がれてゆくことだろう。

 

 

 

「命蓮。命蓮……」

 

 姉の白蓮は、弟の亡骸を優しく揺すり、声をかけ続けた。

 

「ねえ、命蓮……命蓮……」

 

 朝、坊主に連れられ、彼の遺骸と対面してから日が暮れて、夜が更けてもなお、ずっと。

 

「起きて……? もう、朝餉も、夕餉も、まだでしょう……?」

 

 彼女は泣かなかった。涙を落とさなかった。

 ただただ、酷く困ったような顔をして、もう二度と動くことのない命蓮の遺骸を擦ったり揺すったりして、彼の覚醒を乞い続けていた。

 

「読経は? 掃除は? 説法は? 命蓮、ねえ……これから私は、あなたの居ない空の下でずっと、独りで……独りだけで続けていかなければならないの……?」

 

 命蓮の手を握る。

 きっとその手は冷たかったのだろう。

 半日以上経った遺体なのだ。それは当然のことである。

 

 だが白蓮はその当たり前の冷たさに、思わず手を取り落としてしまうほどに驚いてしまったようだった。

 

「白蓮……」

「……石塚様。石塚様……お薬は……」

「もう、彼は」

「命蓮は昨日まで、私と……話していたのです。異国の妖怪や、虎の話などを。続きは明日と言って……もう夜になってしまって」

「白蓮」

 

 私は首を横に振った。

 白蓮はそんな私を、それでもやはり信じられないような眼で見つめ返すのだった。

 

「……命蓮の口元から、まだ……空気の漏れる音が、聞こえたのです……」

「死後間もない遺骸は、そういうこともある」

「……命蓮はもう、話せないのですか?」

「残念なことだけども」

「ああ……」

 

 白蓮はその後、横たわる命蓮の隣で添い寝でもするかのように横になった。

 小さな声で何度も彼の名を呼びながら、次第に涙を流し……私はその様子を最後まで見ることはせず、そこを離れた。

 

 まだ……もうしばらくは、二人きりにさせるのが良いだろうから。

 

「……さて。ならば私は……柄でもないが、本堂の掃除でもしておこうかな」

 

 これから色々な手続きや葬儀で、忙しくなるだろう。

 しばらくこの寺は掃除の手も回らなくかもしれない。

 

 もはやこの山に間借りする意味もなくなったが……最後だ。

 立つ鳥後を濁さずの言葉に従って、一働きしておこうと思う。

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。