東方遺骸王   作:ジェームズ・リッチマン

435 / 532
汚泥の中で掴んだ蓮絲

 

 人は居ない。誰も。

 元々、そんな場所だった。夜ともなれば当然、辺りは無人となる。

 

 虫の音色は騒々しく、それは頑強な蔵の閂を解錠する音を誤魔化してくれた。

 誰もいなければ……それが一番、穏やかで良いことです。

 

「……」

 

 火種を荏胡麻油の染みた縄に触れさせ、灯りを灯す。本当は夜の蔵でこのような危ないことはしてはならないのだけど……私の逸るばかりの心は、抑えられなかった。

 

「書物……書物……」

 

 石塚様がいつも仰っていた。私はそれを覚えている。

 そう……魔導書。読むことで、法力が如き力を身に宿せるという、いわくつきの書物。

 それがここにあるはず……だけど……。

 

「……これ、でしょうか」

 

 探してみたが、唯一それらしきものといえば、この小さな木箱だろうか。

 大きさも書物に近い。中に封じられているかと問われれば、そのような大きさだ。

 何より……この木箱からは何やら、不穏な気配を感じる。

 

 ……きっと間違いない。

 

「んっ」

 

 蔵の中にあった荒割り用の銅楔を使い、木箱の継ぎ目をこじ開けるように差し込んでゆく。

 やがて楔はゆっくりと木箱の蓋を剥がし、その中身を露わにした。

 

「……」

 

 それは、本だった。

 

 荏胡麻の灯りのせいか……いいえ、それで照らされていることを考えても鮮やかに発色するそれは……薄橙色の、とても美しい書物だった。

 

「これは、見事な……」

 

 これほど鮮やかな色で、美しい装丁の書物を、私は他に知らない。

 あったとしてもきっと、高貴な方々だけが手にできるような代物であることは間違いない。

 表紙には……なんと書かれているのか、異国の文字であるために読むことは敵わないけれど……それが間違いなくただの書物ではなく、私の探し求めているものであることは間違いなかった。

 

 ……ここに、不老の術が。私が老いに打ち克つ術が、記されている。

 

「ならば、読まなければ……」

 

 そう、読まなければならない。

 たとえ中身が異国の文字であろうとも、解読し、解明して……。

 

 私はそのように意気込んで、その程度の心構えだけで、本を開いてしまった。

 

 

 

「……!」

 

 その時、私は自分の身体が石のように硬直したことを悟った。

 動かない。動けない。身体も、脚も、腕も。頭も……眼球でさえも。

 たった一頁表紙をめくっただけで、私の身体は自由を奪われてしまった。

 

「……棍、棒の……書……!?」

 

 “棍棒の書”。

 生存と戦闘を司る、肉体の強化と活性に重きをおいた魔導書。

 

 これを読む者は魔力への気付きを獲得し、自身の肉体を保護・強化する術を悟り、自身や他者の魔力を用いた魔術の発展と応用を学習する。

 

 魔力……魔力を学ぶ。魔力に気付く……あ、ああ……いえ、でも、わかる。理解できる……魔力とは、そう、この感覚……。

 そして自らの内に眠る力を……捉える。そう、この力……瞑想の時に何度か触れていたであろう“それ”……。

 

 操る……どうやって? いえ、私単体の力だけではいけない……?

 周囲から……けれど最初は自分の力を操れるようにならなければ始まらない。

 まずはそこから。しかし自分の力とは……結局の所、自分の霊魂を通過するもの。つまり、周囲からかき集めた力でしかなく……。

 

 う、く、苦しい……。本から、目が離せない……ああでも、でも……それはできない……。

 呪いの品……? いえ、けれどわかっていたことです。そして私は、この書物を求めていたのです。何を迷うことがありましょうか……!

 

 開いてから……まだ、半刻も経たず。

 灯りは消えた。けれど、淡く輝く書物に灯りなど不要。

 

 ……であればまだ、問題は無し。

 これしき、修行と比べればなんということはありません。

 耐えればいい。ただ耐え……受け入れるだけ。それだけでいい。

 

 それだけの修行の、なんと甘美なること。

 私はただ目と頭が訴える痛みと苦悶を、甘受するだけでいいのだ。

 失うものは何もない。ただ、全てを引き換えにしてでも掴み取りたいものがそこにある。

 

 これぞまさに、私の求めていたもの……!

 

「ふ、ふふ……」

 

 強化とは魔力の骨にして鎧。肉体と外の境界をより確かなものとし、その内にある己を壊すことなく保持する力。

 その極地は侵されざる完全な個の確立にして、自身そのものの絶対優位。

 触れしもの全てを崩し、踏みしもの全てを砕く。歩みは憚られず、拳は全てを刳り抜く。

 

「……少々、野蛮ではありますが……」

 

 それこそが“棍棒の書物”の真髄。

 そしてその最奥に至るまでには……。

 

「これは……!」

 

 ! ……己の肉体を活性させ、若かりしものに甦らせる術……!

 そして老いを遠ざけ、不変の肉体を獲得する術!

 

 ……今は、そう。それは今すぐに手に入るものではない……この魔導書はそう言っている。

 ですが、間違いなくこれは、それらに繋がるもの。それは間違いない!

 老いに打ち克つ術が、ここにはある!

 

 ならば……いいでしょう。

 

 耐えましょう。私は、耐えてみせましょう。

 この、目を通して私の中に刻み込まれてゆく知識を受け入れ……至ってみせようではありませんか。

 

「私は……そのためならば……」

 

 魔道を、歩む……!

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。