A memory for 42days   作:ラコ
<< 前の話 次の話 >>

10 / 46
ミルクティを無言で見つめ


景観の乏しい都心で、なんでこのお店から見える外の景色は幻想的なんだろう。
喫茶店の入店口が開くたびに見えるビル群と舞い散る白い雪。
一度足を埋めれば綺麗に出来上がる足跡に、成人になっても尚興奮してしまう。
毎年のように囁かれる暖冬の予想とは裏腹に、今朝早くから降り続けた雪は、数センチの白い絨毯となりコンクリートを埋め尽くした。


「雪解けのアイスティーって新商品出しません?アイスティーを雪で更に冷たくするんです」

「衛生法で捕まるから。空気中の埃やチリを溜め込んだ雪をお客様に出せるか」


ロマンスに欠ける先輩の言葉にゲンナリしながら、間接照明に照らされる店内から窓の外を見続けた。

どうせお客なんて来ないんだから、こうやって雪を見ながら先輩と過ごす1日も良いものだ。


からんころん。


「あ、いらっしゃいませー!」

「いらっしゃい」

「やぁ、久しぶり。……って、いろは?なんでいろはが居るんだい?」

「葉山先輩!?」


葉山先輩は肩の雪を払いながらカウンター席に向かうと、着ていたコートを脱ぎ椅子に掛けた。
まるで何度も来ているかのような立ち振る舞い。
彼はメニューも見ないで先輩にホットロイヤルミルクティを注文した。


「ちっ。おまえには水で十分だ」

「おいおい、仮にもお客様だぞ?それなりに接待してくれよ」

「……畏まりました。雪解けのアイスティーでございますね?」

「せめてホットにしてくれよ」


先輩は口では好戦的だが、しっかりとホットロイヤルミルクティを作っている。
葉山先輩も笑いながら先輩の毒舌に付き合い、やがて、思い出したかのように私に振り向いた。


「それよりも驚いたな。いろは、ここで働いているのかい?」

「え、あ、はい!」

「へぇ、最後にあったのは3年前だっけ?俺の就職祝いで一緒に飲んでくれたよな」


私は3年前を思い出す。
そうだ、葉山先輩とたまたま千葉で会った私は、就職祝いを理由に飲みに行ったのだ。

だけど、それをこの場で言われると少し胸が痛む。

黙々とカウンター内で作業している先輩を盗み見ると、先輩は何も聞いていなかったかのように手を動かしていた。


少しは嫉妬してくれても……。


「ほら。ミルクティな。ついでに冷蔵庫の余りで作った軽食も」

「ありがとう。ちょうどお腹が減っていたんだ」


葉山先輩はミルクティを飲みながら鞄の中を漁ると、茶封筒を一通取り出し先輩に手渡す。
先輩もそれを無言で受け取り、直ぐにそれをデスクの中へしまった。
なんの封筒だろうか。


「いつもながらおいしいよ。いろは、いつからここで?」

「えっと、一週間くらい前です」

「そうか。……いろはが楽しそうで安心したよ。比企谷にとっても…」


比企谷にとっても……、の後が続かない。
先輩にとって、一体何だと言うのだろう。
葉山先輩は言い掛けた言葉を飲み込み先輩に声を掛けた。


「美味しかった。それじゃぁまた来るよ。次は怖いお姉さんも来るんじゃないかな」

「来んでいい。必要なときは俺から行くって伝えといてくれ」


雪水で少し濡れたコートを羽織り、葉山先輩はこの場所を後にした。
スマートに傘を振り、私と先輩に別れの挨拶をすると、近くに通ったタクシーを停めて乗り込んだ。

ものの30分程の来店。

あの封筒を渡すことが目的だったのだろうか。


「先輩、葉山先輩と仲良くなったんですね」

「あ?仕事上の関係だろ。……うぅ、寒いから閉めてくれよ」


私は扉を静かに閉めた。
シンシンと降りしきる雪から隠れるように、抱いた疑問もどこかへ消える。
きっと雪に埋まって見えなくなったんだ。


だから、私がこの疑問を解決するのは雪が溶ける春先のことになるだろう。


10/42days









※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。