A memory for 42days   作:ラコ
<< 前の話 次の話 >>

6 / 46
ぬくもりを背中から

 

 

お客さんが1人も居ない店内で、私はカウンターに座り文庫本を読んでいる。

先輩も買い物があるとかで外に出て行ってしまい、お店には私1人だけだ。

 

外は雨。

 

こんな喫茶店に、雨の中わざわざ足を運ぶ人は居ないだろう。

 

ちなみに、この文庫本は昨日お客さんが忘れていった物。

栞は文庫の中判に差し掛かるところに挟まっていた。

持ち主が現れたら返してあげようと、とりあえず暇つぶしにページをめくってみる。

 

 

何の気なしに見たページの一文。

 

 

『久しぶりに会った君の前で、僕は笑い方を忘れてしまったみたいだ。あの頃のように、素直な気持ちを口から出すことも出来ない。……出来るはずなのに出来ない。それはきっと、君に後ろめたい事があるから』

 

 

『後ろめたいこと?私からはあなたの正面しか見えないわ。後ろのことなんてどうでもいい。少し照れたように笑うあなたは、今も昔も変わらない。後ろめたさがあるのら、私はあなたの前にずっと居続けてあげる』

 

 

静かな店内に、ページをめくる音だけが鳴り響く。

読めば読む程没頭していってしまうのは、主人公の心情が私と似ているからだろうか。

気付けば時計の長針は天辺から天辺へと1周していたらしく、お昼の時間を指し示していた。

 

 

「ただいま。ちゃんと仕事してたか?」

 

「え!?あ、はい!おかえりなさいです先輩!」

 

「へぇ、おまえも小説なんか読むんだな。意外だわ」

 

「む。私だって小説くらい読みますよ。ほら、私は続きを読んでるんで、先輩はお昼ご飯の用意をしてください」

 

「……」

 

 

私はカウンター席に座り直し、先輩の料理姿を眺める。

前掛けを外した喫茶店の制服は、まるで学校の制服のようにシンプルな外見で、思わず高校生だった頃の先輩を重ね合わせてしまう。

 

私の正面に立つ先輩は、いつものようにコーヒーとトーストを用意していた。

 

私は彼から目を離さない。

 

なんとなく、後ろに回られないように。

 

 

「先輩、私の後ろに立たないでください」

 

「ゴルゴかよ」

 

「見られたくないんです」

 

「……後ろめたさをか?」

 

「あはは、先輩もこれ読んだんですか?」

 

「読んだって言うか、……まぁな」

 

「そうですよ。私、先輩に見られたくない後ろめたさがあるんです。だから、今みたいにちゃんと前に立っててください」

 

 

先輩は少し笑いながら、小さく肩を上げる。

 

 

「おまえの後ろめたさなんて見たくもねぇよ。まぁ、見たからって何とも思わんがな」

 

「なんですかそれー!」

 

「後ろめたさなんて妖怪に食べてもらえば?」

 

「もー!シリアスな感じが台無しですよ!」

 

 

そう言いながら、きっと先輩は私の後ろめたさだって受け止めてくれるんだ。

受け止めてくれるどころかカウンターを仕掛けてくるに違いない。

そうやって、自分を傷つけながら周りを助けてきた彼が、少し大人になった彼が、美味しそうなトーストを2人分運んできてくれる。

 

 

程よく広がる肩幅と筋が一本通った背中。

 

私は思わず彼の背中に抱きついた。

背中越しにしか感じられない先輩の温もりも、今は私だけのもの。

こうしていれば、先輩に後ろめたさを見られることもないはずだ。

 

 

先輩は何も言わずそこに立っていてくれる。

 

 

 

「……コーヒー零しちゃうだろ」

 

「えへへ。だったら黙って抱きしめられててください」

 

 

 

6/42days

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。