Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

100 / 120
閑話13:Dear Friends.

 遠坂凛が召喚したアーチャーの真名はヤン・ウェンリー。自称、千六百年後の人間だという。そのうえ、異世界の異星人だとも。

 

 物凄く胡散臭い。ちょっと前に流行った山姥ギャル風に変貌した、衛宮士郎の未来形が知っている口ぶりなので、より疑わしい。

 

 その衛宮士郎の未来形だって、肌や髪はともかく、文字どおりに目の色まで変わっている。身長は二十センチは伸び、筋肉は隆々、真っ赤な外套を着込み……。現在形の一応の友人として、声を大にして言いたい。

 

「どうしてそうなった!?」

 

 アサシンことエミヤシロウは、銀灰色の目を逸らした。

 

「いや、その、正義の味方を目指してだな……」

 

「だったらさ、それなりの格好ってものがあるだろう!?」

 

 社会的正義の執行者を意味するなら、警察官でも消防士でも自衛隊員でも、医師に弁護士、もちろん政治家だって選択肢だろうに。

 

「なんだよ、それは。アメコミのヒーローかよ!」

 

 的確な突っ込みに、遠坂凛は小さく拍手した。

 

「あ、慎二、あんた凄いわ。当たらずしも遠からずよ」   

 

 この衛宮士郎は、虐げられた弱者救済のために、戦乱の国で戦いに身を投じたのだと聞いた。確かにそれはアメコミヒーローに近い在り方だ。己の力で、弱者と正義のために奉仕するボランティア。

 

「馬鹿か! あれはものすごい超人の、大金持ちがやるものさ。

 どっちか一方があるだけのヤツがやったって、なんの得にもなりゃしない」

 

 反論に口を開きかけたエミヤに、慎二はずばりと言い切った。

 

「僕が言っているのは、ヒーローに救われたヤツじゃなくて、

 ヒーローにとって得になるかってことだからな。

 そいつの家族や恋人、友達もだけどね」

 

 身長や体格は、成長ということでいいだろう。しかし、肌に髪、瞳の色の変化。親しい者、彼を案ずる者が傍らにいたのなら、そのままにしておいただろうか。

 

「おまえにとっての、そういう連中はどうなったんだよ」

 

 生前のエミヤは、慎二の同盟を撥ねつけた。戦いの末に、ライダーと彼は落命した。

しかし、失ったのはそれだけではなかったのかもしれない。間桐慎二の死後、衛宮士郎にアンチテーゼを叩きつける同性の友人はいなくなり、再び現れることはなかったのだから。

 

「……いなくなってしまったよ。

 思えば、それも私が守護者となる発端だったのだろうな」

 

「ってことは、おまえの時の僕は死んだわけか。

 それにしても守護者だって!? 

 ……はん、だから、千六百年後のアーチャーを知ってるのか」

 

 このエミヤは、アーチャーにだけは敬語を使っている。

 

「つくづく鋭いな……」

 

 慎二からの誘いの背後を考えていれば、違うやり方と別の未来があったのかもしれない。 ……自分にはもう遅いが、この世界の士郎にはチャンスがある。そして、エミヤシロウが聖杯戦争に召喚されるなら、別の士郎にもチャンスを与えることができるかもしれない。

 

「今ごろ気付くとは、まさに皮肉だがな。

 しかし、私にもまだできることはあるのかもしれん。

 ――ありがとうな、慎二……」

 

 礼を言われた少年の頬に朱が刷かれた。

 

「……やっぱり、おまえは衛宮だな。

 そのあざとい天然ぶり、全然変わっちゃいない」

 

 傍らの凛も、腕組みして眉を顰め、首を振った。

 

「そうよね」

 

 根っこの部分が、小さな少年のままなのだ。自分の能力のみに目を向け、自分が与える影響を度外視している。

 

「僕に礼を言う前に、もっと考えろよ。

 多少違っていても、おまえには聖杯戦争の知識があるんだろ。

 それを使ってさ」

 

 誰も失わなければ、衛宮士郎は孤独な英雄にはならないかもしれないのだから。

 

「僕だって死にたくないけど、桜を泣かせるなよな」


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。