Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

110 / 120
終章 新たな旅路へ
94:回帰


 それからのヤンは撤退の準備に追われた。言峰を大広間の入り口の外に横たえ、バーサーカーに岩で通路を塞いでもらう。ただし、大広間の内側から。

 

 そうしておいてから、ライダーが駆るペガサスで天井の穴から上に出た。そして、霊体化できる者は霊体化し、不可能な者はそそくさと山道を駆け下りた。

 

 近づいてくるサイレンと回転灯に冷や冷やしながら。キャスターの予想より、警察や消防の到着は10分は早かったのだ。

 

 士郎たちはそれで済んだが、柳洞寺に残ったキャスターは一世一代の演技をする羽目になる。遠い親戚の不幸の相談をしに来たところに、至近距離で起きた災害に怯える美女という役どころだ。

 

 寺から離れられない住職夫妻と息子たちに代わり、帰宅してきた葛木宗一郎がタクシーで送ってきてくれた。彼女の教え子たちは、彼にとっても生徒で、先ごろの不幸をきっかけに顔見知りとなった。(という暗示をかけるのも、キャスターの寺通いの理由である。)

 

 教師という安定した職業、年頃もよく、人柄も申し分ない。無愛想なのが玉に瑕、いい人なのに……と思っていた住職夫人は、キャスター嬢と葛木の様子に脈ありと思ったそうな。

 

 それが、円蔵山の洞窟崩落事故における、まだしも明るい話題だった。夜が明けるのを待って、洞窟の捜索を開始した消防と警察が発見したのは、落石で埋まった通路に倒れた言峰綺礼であった。

 

 孤児の監禁と虐待、そして十年前の連続児童誘拐殺人の容疑者。医師による診察の結果、数時間前に死亡したことが確認された。

 

 当初、目立った外傷はなかったが、検死の結果、心臓破裂が判明した。急性心筋梗塞などでまれに起こる病状である。

 

 落盤事故による死ではなく、たまたま洞窟の崩落が重なったのだろう。大いなる意志が罪人を告発するかのように。

 

天網恢恢疎(てんもうかいかいそ)にして漏らさず、か……」

 

 警察官らは肩を落とした。

 

「しかし、これじゃ、子どもがあんまりにも可哀想だ」

 

 被疑者死亡で刑事告訴はできず、書類送検に終わるだろう。孤児たちの救済は、民事訴訟に託されることになる。言峰が所属していた聖堂教会は支援を申し出ているが、世間の目は冷たい。犯行を見抜けなかった組織を信用できるか。

 

 結局、子どもたちは行政の手に委ねられることになりそうだ。

 

 そして、言峰綺礼の犯罪との関連は不明だが、警察が捜索していた空き家から、左腕を失った外国人女性が発見された。発見当初は意識不明の重体だったが、現在は回復に向かっているとのことだ。

 

 そうしたニュースがテレビから流れてくる。もう明日は期末考査。高校受験の翌々日、教職員はその採点に追われ、在校生は休みだ。期末考査の最後のテスト勉強の日である。

 

 それを口実に、衛宮家には聖杯戦争に関わった高校生が一堂に会していた。勉強にはろくすっぽ手を付けていなかったが。

 

「なあ、この女の人って、ランサーのマスターか?」

 

「おう。あの野郎に腕をバッサリ切られてな。

 逃げはしたが、てっきり死んじまったとばかり……」

 

 戦場を駆けたランサーの経験は正しい。四肢を切断するほどの重傷は、すぐに手当をしないと間違いなく死ぬ。間違っているのは、ランサーの本当のマスターの頑丈さだ。

 

「……こう言っちゃ悪いけど、ジジイの同類じゃないだろうね?」

 

 疑惑の視線を向ける間桐慎二に、ランサーはひらひらと手を振った。

 

「それはねえな。やたらと頑丈で力が有り余ってるだけだ」

 

 ではバーサーカーの同類かと士郎は思ったが、賢明にも口には出さなかった。

 

「そ、そうか。……ランサー、見舞いに行くのか?」

 

「さぁて、どうすっかねえ。俺ももうすぐ消える身だ」

 

 ランサーの視線は、炬燵で微睡んでいる黒髪の青年に向けられた。残りの召喚期間で、出来るかぎり魔力を補充し、イリヤの令呪でブーストして船を呼ぶ。それに希望する者を乗せ、出航すると彼は言った。

 

「サーヴァント召喚のシステムから考えると、

 『世界の外』に出れば、座に自動的に戻るんだろう?

 本物だったら、アルゴルやヘラクレスαぐらいは行けたんだけどなあ」

 

 こともなげに言われて、現代人は呆気に取られたものだが。

 

「とにかく、ここで我々が消えてはイリヤ君が困るわけだ。

 セイバーの望みは叶えてあげられないが……」

 

「いいえ」

 

 セイバーは首を振った。

 

「もう必要がなくなりました。

 私は力の限り、戦い、歩んできました。

 私が歩みを止めても、人は歩き続けてくれる。

 だからよいのです。やり直しなどしなくても」

 

 セイバーは士郎の参考書を開いた。

 

「私の国に襲い来た蛮族も、必死に生を選ぼうとした人々だったのですね」

 

 ページに記されていたのは、『ゲルマン民族の大移動』。

 

「正義とは時と場所、立場によって異なるとあなたは言いました。

 それは正しい。ですが、全てではない。

 もっと、(あまね)く広く、理想となるものはある。

 『皆が笑顔でいられる国を』」

 

 アルトリアの抱いた最初の願い。

 

「キリツグの願いもそうだったのでしょうか。

 その答えの一つがこの国にはあります」

 

「君は何だと思う?」

 

「豊かさです。皆で分かち合えるなら、争いはずっと少なくなる」

 

 セイバーは切なげに微笑んだ。

 

「私は十年で十二の戦いを経験し、勝ち続けて来ました。

 乏しい糧を争い、争いが続き、さらに国が貧しくなっていく。

 剣を捨て、鍬を握っても追いつかない。また、奪われるのです」

 

 気候の変動という、人の抗えぬもの。それがセイバーの真の敵だった。

 

「鞘を取り戻しても、聖杯に願っても、

 この星そのものは変えられないでしょう」

 

「……そうだね。私の時代ではなおさら無理だ。有人惑星が沢山あるんだよ」

 

 翠の瞳を瞠ったセイバーに、ヤンは不器用にウインクした。

 

「それでも、凛の家にあった壺が、私の時代まで残ったんだ。

 この奇蹟のような時代も、少しでも長く続くといいね。

 核の炎に失われることのないように。

 士郎君たちの子孫もそうなることを願っている。

 何か、残せるものがあるのだとしたら、平和が一番だ」

 

「そうですね……」

 

 戦いを駆け抜けた王と智将は、見果てぬ夢の世界に降り立ったのだ。それがなによりの報酬だと、セイバーは考えるようになっていた。

 

「そう願いながら、私は逆のことばかりしてきて、死んでからまでやってしまった。

 まったく度し難いことだよ。せめて、これ以上の犠牲は出したくないんだ」

 

 聖杯を入手しないかぎり、セイバーは死の寸前へと戻る。ヤンの船には乗せられず、イリヤに取り込まれることもない。それを知っての言葉だったのだろう。

 

「さて、エミヤ君はどうするかい?

 君はキャスターが招いたサーヴァントだ。

 彼女には、何らかの算段があるかも知れないが……」

 

「……私もあなたの船に乗せていただくとしよう。

 イリヤの体のことを考えると、負担は少ない方がいい」

 

「俺もそうするぜ。あの結界の本物をこの目で見られるんだろ?

 ちっこい嬢ちゃんのことを思うなら、

 バーサーカーのおっさんも乗るだろうよ」 

 

「はあ」

 

 ヤンは髪をかき回した。

 

「じゃあ、ちょっと、休んで力を蓄えないと……」

 

 そう言ってから、微睡むか、横になっているかのどちらかだ。目を覚ますと、イリヤや凛に取り巻かれ、エミヤは茶を淹れと、下にも置かぬ扱いだった。ぎりぎりで消滅を免れたとはいえ、瀕死に近い状態なのである。

 

 ウェイバー講師からの情報提供で、イリヤとヤンのラインを分割し、凛も魔力を供給してはいる。だが、栓をしていないプールに給水するようなものだ。

 

「ううー……。くらくらする……」

 

「大丈夫ですか、姉さん?」

 

 目の下に隈を作った凛を桜が気遣う。

 

「こんなんでテストなんて無理かも……」

 

 嘆く穂群原学園二年の不動のトップに、万年二位も溜息を吐いた。

 

「チャンスと言いたいところだけど、僕もさ。

 期末直前に一週間も休んじゃね。

 ところで衛宮。ノートはもっと要点を押さえて取れよ!

 黒板を全部写したって意味ないぞ!」

 

「へっ!?」

 

「僕と同じ選択科目だから借りたのに……」

 

「す、すまん」

 

「原文なんて、教科書にあるだろ。

 そっちにも書き込んで、要点をノートに抜き出すんだよ。

 どうせ、復習の時は一緒に見るんだから」

 

 士郎はビシリと固まった。高みにいる人間は、平均点のやや上にいる士郎と勉強のやり方が違う。

 

「……すみません。部活とバイトと鍛錬でそういうのあんまり……」

 

「まあ、いいじゃないか。落第さえしなければ」

 

 うたた寝から覚めたアーチャーが仲裁に入った。

 

「私なんて、興味ない教科は及第ぎりぎりだったよ」

 

 ほっとする士郎に、慎二は眉を逆立てた。

 

「そこで安心するな!

 普通の普通と、トップクラスの下には巨大な差がある。

 おまえ、フルマラソンを二時間半で完走できるのか?」

 

「や、フルマラソン自体がちょっと無理かも……」

 

「そりゃ私も無理だ」

 

 のほほんとしたアーチャーにも慎二は噛み付いた。

 

「通信教育で、東大相当に合格するような変態は黙っててくれよ!

 聖杯戦争を隠すには、遠坂と衛宮は普段どおりの成績でないとまずい。

 衛宮は藤村先生に突っ込まれる。遠坂なんてもっと厄介だ」 

 

 黒髪の青年は肩を竦め、黒髪の少女は頭を垂れた。

 

「やっぱりまずいかしら……」

 

「たしかにその顔なら、体調不良で追試にできるかもしれないけどね。

 ……凄い隈だぜ。大丈夫か?」

 

「あんたに心配されるだなんて……。ありがと、慎二……」

 

 そうしたやりとりに、ヤンは微笑んだ。凛に新たな友人が生まれようとしている。複数の海流が交わり、豊かな幸を君にもたらさんことを。

 

 そして……。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。