Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

119 / 120
星に願いを

「なあ、星々の中を飛ぶってのは、どんなもんなんだ?」

 

 衛宮家の縁側で、夜空を見上げたランサーが、同じく星を見ているアーチャーに問い掛けた。

 

 上限の月の出は遅い。まだ宵の口、月光に邪魔されることなく、星々が天空を彩る。剣帯を下げて、天空を行くオリオン。彼の足元に寄り添うのは、鋭く輝く二頭の猟犬の目。

 

 オリオンの右肩のやや上に、星々が寄り添うプレアデス星団。ミューズの六姉妹だ。目の良いランサーには、七人目の姉妹が見える。

 

 日本名は昴。清少納言が、星の筆頭にあげた美しい星団だ。

 

 左肩の上に並ぶのは、双子座の兄カストルと弟ポルックス。弟の方が明るいのは、彼は不死の神であり、兄が人間であったからだ。

 

 兄を失って、永遠に生きることを厭うたポルックスは、自分の不死の半分を兄に分け与えた。星としての生を。

 

 澄んだ冬の大気の中、星はせわしなく瞬く。瞬かないのは惑星だ。純白の金星、黄金の木星。

 

 アーチャーからの答えはない。

 

「おい」

 

「あ、ああ、すみません。星に見惚れていました」

 

 ランサーは首を傾げた。

 

「それこそ、星空を飛んでいるのにか?」

 

「宇宙空間には空気がないんです。だから、星が瞬かないんですよ。

 私には逆に珍しくて」

 

「俺にも逆に想像がつかねえ。星が瞬かないとはなあ……」

 

「宇宙では、星は光の点のように見えます。

 それが頭上だけではなく、周囲や足の下にもあって、包み込むように輝いている。

 星の海という表現は、言い得て妙だと思いますよ」

 

「ほう……。おまえはなかなか詩人だな。

 さぞや絶景だろう。俺も見てみたいもんだ」

 

 アーチャーは頭を掻いた。

 

「生きていた時なら、ご期待に添えたんですがね……。

 お見せできないのが残念ですよ。

 本当に美しい光景なんです。

 ところでこの星座は、私の国では見られないものなんですよ」

 

「星は星だろう? なんでまた」

 

 アーチャーが伸ばした指は、オリオンの下の一際明るい星を指さした。

 

「星座というのは、惑星に固有のものです。

 この星空と、私の母国では見える星が違うんですよ。

 たとえば、あのシリウス。地球から近いので明るく見えます。

 一万一千光年離れた私の故郷では、肉眼では見えません。ここの太陽と同じくね」

 

 ランサーは口をあんぐりと開いた。

 

「お、おお、そ、そうか……」

 

 黒髪のアーチャーは、色々おかしい奴だが、つくづくと思い知らされた。この大地に生きたランサーとは、感覚のスケールが全く違うのだ。時代を越え、夜空に輝く星さえ違う場所からやってきた英霊。

 

「私の故郷の恒星バーラトも、ここからでは見えないでしょうね」

 

「じゃあ、この星空に、おまえの国から見える星はあるのか?」

 

 アーチャーは腕を組み、小首を傾げた。オリオンの右膝を指さす。

 

「強いて言うなら、かろうじて見えるのがリゲルかなあ……。

 私の故郷からよく見える星は、地球からだと望遠鏡がないと見えないのでね」

 

「ここの土蔵にあったな、そういや」

 

 好奇心旺盛なランサーに、アーチャーことヤン・ウェンリーは苦笑した。

 

「士郎君の望遠鏡では、きっと無理ですよ」

 

 ランサーは唇を尖らせた。

 

「なんでだよ。実物を見ていないくせに、おまえらしくもねえ」

 

「現代の技術ですと、レンズの直径が五メートル以上はないと」

 

 尖った口が、たちまち大きな輪になった。

 

「は?」 

 

「それから、レンズに見合った焦点距離が必要なので、

 ここの土蔵に入らない大きさになります」

 

 ランサーの想像以上にとんでもなかった。

 

「宇宙って、凄えなあ……。空恐ろしくなってくるぜ」

 

「ええ、未だに恐ろしいところでもあります。

 真空と絶対零度に支配された永遠の闇。

 この地球は、一万光年の中では唯一の奇蹟だった」

 

「だった?」

 

「この大地から、人類は飛び立ちました。

 新たな星を目指し、星の波濤を超え、暗礁を抜けて、私の星まで至る。

 千六百年後には、百を超える惑星に人が住んでいます」

 

 ヤンは昴のそばを指さした。

 

「あのあたりに、銀河帝国の首都星オーディーン」

 

 次に示したのは、青白いシリウス。 

 

「シリウスは、私の世界のもっと古い時代、宇宙の中心だった」

 

「じゃあ、ここはどうなってんだ?」

 

 黒い瞳が瞬いて、淡々と告げる。

 

「全面核戦争によって、地球は壊滅の危機にさらされました。

 だから、人間の宇宙進出が早まったんですよ。

 千六百年後の地球は、荒廃した辺境の一惑星になっています」

 

 そして、地球の復権を目論む狂信者の巣となっていた。ヤンを暗殺したのは、その地球教徒だ。

 

「全面核戦争が起こらなければ、まったく違う未来になるのかもしれませんが」

 

 そこは平凡で芽の出ない学者として生き、天寿を全うするヤン・ウェンリーのいる世界かもしれない。そうでないかもしれない。

 

 しかし、現在から未来をリレーする人々の中に、凛や士郎やイリヤたちと、彼らの子孫がいるといい。

 

 それがアーチャーの、ささやかで大それた願いであった。




大欲は無欲に似たり。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。