Fate/sn×銀英伝クロスを考えてみた   作:白詰草

86 / 120
番外編 ヤン先生の課外授業 2時限目:ライダー今昔

ランサーに続き、ライダーがアレだったことに、アーチャーことヤン・ウェンリーは落胆を隠せなかった。

 

「人生の最盛期の肉体になるんなら、邪眼や猪の牙なんて不要じゃないか……」

 

 そう言ってベレーが落っこちそうなほど項垂れ、深く深く溜息をついた。

 

「ああ、もっともそれじゃ戦闘能力はゼロだからなあ。

 というか、本来のメドゥーサじゃあ、システム上召喚できないか」

 

 聖杯戦争のシステムと言われて、怪訝な顔をしたのは設置者の末裔である。

 

「システムがダメってどういうことなの?」

 

 白銀の少女はつぶらなルビーの瞳を瞬いた。

 

「だって、神霊は呼べないんだろう」

 

「メドゥーサって神様なの?」

 

「うん、元々はポセイドンの妻である地方神の一柱さ」

 

 そう前置きして、アーチャーはギリシャ神話の舞台の歴史をざっと講義した。ギリシャ神話に登場する地名は、地中海を囲んだ広い地域に及ぶ。ギリシャはもちろんのこと、東西に地続きのイタリアからスペイン、トルコ、アラビア半島。海を渡れば、大小の島々と、エジプトを含むアフリカ北部と東岸部、そして黒海の沿岸の国々だ。

 

 この広大な場所を征服、統一する偉業を果たしたのは、現代までただ一人しかいない。それがアレクサンドロス大王である。後継者を持たずに夭折した彼の死後、国は四分五裂した。彼が在位した紀元前三三〇年代の数年を除いて、古代から現代に至るまで、地中海は多くの国家がひしめき合っている。

 

「アレクサンドロス大王って、すごい王様なのね」

 

「歴史に冠たる偉業だよ。

 スケールと文化融合の巧みさでも、史上最高レベルの征服者だろうね」

 

 黒髪の先生と銀髪の生徒の傍らで、金髪の聴講生は複雑な思いだった。

 

「彼がすごいのは、征服地の宗教をぞんざいにしなかったことだ。

 自分の信仰するギリシャの神々と同一視したんだよ。

 たとえば、エジプトの女神イシスは、美の女神アフロディーテと同じだとね」

 

「どうしてそんなことにしたの?」

 

「征服された自分の神が魔物扱いされたら、人間は恨みに思うからだよ。

 すると、その後の統治が難しくなる。征服は終わりじゃなくて始まりなんだ。

 彼は神話の悲劇から逆を行えばよいと学んだ。知識と寛容のなせる業だね。

 アレクサンドロス大王の教師の一人は、アリストテレスだったんだよ」

 

 彼の祖国マケドニアは、父ピリッポス二世によって隆盛を極めた。父は息子に最高の教育を施した。ギリシャ有数の学者を何人も招いたのだ。

 

「アレクサンドロス自身が聡明だったのもあるけど、

 そんな教育環境は羨ましいの一言さ。

 私も親父が死ななきゃ、大学に行って歴史の勉強をするつもりだったんだが」

 

「でもアーチャーはとってもよく知ってるじゃない」

 

「いやいや、こんなの趣味のつまみ食いだよ。体系だった学問とは違うんだ」

 

「う、うう、何という……私より□□年も前の人間だというのに。

 我が国はいったい……それもこれも貧しさなのか……」

 

 膝を抱えてなにやら呟いている出稼ぎメイドに、仮の主人はよその従者と顔を見合わせた。

 

「あら、どうしたの、セイバー」

 

「ええと、その、私が何か気に障ることを言ってたらごめんよ」

 

「い、いえ、結構です。敵となる相手の情報は必要です。続けてください……」

 

 そう言う緑柱石の色も曇りがちな剣の騎士に、弓の騎士は頭をかいた。

 

「さて、メドゥーサに話を戻すが、名前からして『支配する女』という意味だ。

 本来、神格を持つ存在なんだよ。地母神キュベレが原型という説もある。

 彼女の守護した国が、女神アテナの守護する国に敗北したことが、

 神話に織り込まれているわけなんだ。手ひどく反撃を受けたこともね」

 

 それが、メドゥーサを討伐しようとして、石となった数多の勇者たちだ。

アテナやヘルメスに加護を乞うほど、強力な軍備が必要だったというわけだ。

 

「一番怖ろしいのは、彼女『が』見た者を石と化す邪眼だろうね。

 彼女『を』見た者が石になるような容貌ではない以上、

 そちらの能力を持っているだろう。

 つまり、彼女の視線の外からの攻撃か、眼帯を外す間もない奇襲。

 そのどちらか以外は危険が高い。

 それもあって、セイバーやバーサーカーには不向きな相手だ」

 

 石化能力の主体が、見る側ではなく本人となったことで、より厄介であるということだ。

 

「まあ、バーサーカーは霊体化できるから、奇襲が可能な分まだいいんだ。

 でもセイバーは無理だろう。剣の射程に入る前に石にされたら困るじゃないか。

 鯨座やアトラスの神話から察するに、メドゥーサの石化は本人の死後も解けないよ」

 

「私の対魔力を持ってすれば、石になることはないでしょう。 

 いざとなれば宝具を開放します」

 

 セイバーの言に、前回のマスターの娘は半眼になった。 

 

「でもセイバーの宝具は、聖杯を吹っ飛ばしたんでしょ?

 学校とか街の中で使っても大丈夫なの?」

 

「天を征くものであっても、我が剣からは逃れられはしません」

 

「それって、空中に向けないといけないってこと?」

 

 真紅の瞳の凝視に、セイバーは口篭ってから答えた。

 

「そ、そうとも言いますが……」

 

「まあまあ、まだ戦うと決まったわけじゃなし、戦場だって考えればいいさ。

 それよりなにより、士郎君の修行が進まないとね。

 腹が減っては戦ができぬ、さ。そうだろう、セイバー?」

 

 聖緑が淀んだ沼の色と化した。

 

「えー、セイバー、ご飯はたくさん食べてるじゃない」

 

「あ、あれは魔力の補給のためです! 実は、シロウからの魔力供給が、いまだに……」 

 

 悄然とする金沙の髪を前にして、彼の師のサーヴァントは黒髪をかきみだした。

 

「そりゃ困ったなあ。凛の指導がまずいのかな?」

 

 ここにいない二人のマスターは、魔術講義の最中だ。スイッチの切り替えと、ラインを通じてセイバーに魔力を流すこと。それができないと、セイバーが宝具を開放して戦うなど論外だった。だが授業中は、セイバーは苦手な面々のなかに取り残されてしまう。年長者のアーチャーが、すっかりなだめ役に定着してしまっていた。

 

 野郎どもならいざ知らず、美少女らのお相手はアーチャーには荷が重い。生前を思い返して通算しても、私的に交流のあった女性は両手の指で余る。先輩の夫人と令嬢ふたり、後輩の母と姉上三人を含めてもだ。少々侘しいが、こういうことは、量よりも究極の一が勝ると彼は思っている。

 

「シロウはずっとヘンな自己流でやってたからだと思うわ。

 アーチャーじゃないけど、言葉にしないと伝わらないの。

 キリツグ、どうしてちゃんと言わなかったのかな?

 ……セイバーにも」

 

「イリヤスフィール……」

 

 雪の妖精は、徐々に冷たさを溶かしはじめていた。身近に接して言葉を交わせば、一本気で生真面目なセイバーの主従は、悪い相手ではないとわかってくるものだ。不器用で言葉足らずなところはあるけれども。

 

 そんな様子にアーチャーは目元を緩めた。話題を肩のこらないものに切り替えるとしようか。

 

「それにしても、女神アテナも罪作りだ。おかげで我々が苦労する。

 別の説では、ポセイドンとメドゥーサがアテナの神殿でデートをしてたのが、

 怒りに触れたというのがあってね」

 

「そんなことで怒るなんて、アテナは怒りんぼなのね」

 

「アテナは戦いの女神だし、ポセイドンともライバル関係にあるんだ。

 ギリシャは地中海なくして語れない。ポセイドンは海の神だ。

 アテネをどちらが所有するかで争った間柄でもある」

 

「街の名前では、ポセイドンが負けちゃったんでしょう?」

 

「まあね。ただし、アテナの完勝ではなかったんだ。

 贈り物の勝負で、アテナはオリーブの木を、ポセイドンは塩水の泉を与えた」

 

「塩水なんかじゃ、負けちゃうにきまってるわ」

 

 そういうイリヤにセイバーも頷く。海洋国家に塩水を贈っても意味がないではないか。

 

「いいや、これは大変な大盤振る舞いなんだよ。

 塩と馬という、軍備の暗喩なんだ」

 

「塩はともかく、馬ですか?」

 

「ポセイドンは、海水から馬を造った神なんだ。

 だから、ペガサスはポセイドンからの贈り物という説があるわけだ」

 

 金銀の少女の口から、感嘆の合唱があがった。 

 

「王様は、軍備ではなく、平和のオリーブを選び、

 町にアテナの名を冠して、高台に彼女の神殿を建てた。

 だが、ポセイドンにも感謝を捧げ、海側に彼の神殿を建てた。

 そして両方が守護神になった」

 

「じゃあ、人間が一番得をしたのね」

 

 首を傾げる白銀に、おさまりの悪い黒髪が縦に振られた。

 

「そういうこと。でも完璧に勝てないと、神としての沽券に関わる。

 アテナは勝利の女神ニケの上司でもあるからね。

 報復するにも、ポセイドンはアテナの伯父さんで頭が上がらないんだ」

 

「そういう遺恨があったのですか……」

 

 セイバーは遠い目をした。どこかで聞いたような話だ。こういうことは、神も人間も、国も時代もないのか。自分の国だけではないからといって、嬉しくもないし、慰めにもならないが。

 

「ところで、アテナはアルテミス同様に処女神だ。

 そんな自分の神殿で、憎い伯父が綺麗な女性とデートしてたら頭にくるのは当然だ。

 純潔という神格に泥を塗られるようなものだからね」

 

 白銀の妖精は、小さな拳を握り締めて強く頷いた。

 

「うん、わかるわ。モジョのイカリね。リアじゅーバクハツしろでしょ?」

 

「イリヤ君、イリヤ君。

 セラさんではないが、もう低俗な番組はよしなさい。

 君の品格が損なわれるよ」

 

「う……はあい」

 

 静かな口調と眼差しに、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンが何を見たのか。

 

 その日以降、衛宮家のチャンネルは国営放送の総合と教育に固定されて、放送された歴史番組に、イリヤとセイバーが見入るようになった。

 

 そしてアーチャーは、メイドの長から、再び深い感謝を受けることになるのだった。  


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。