私はあんたの世話を焼く。   作:ルコ

40 / 51
parallel -2-

 

 

 

 

 

 

「これはなんだね?」

 

「進路希望っす」

 

新学年が開始して間もない職員室は、慌ただしく資料を持った新任の先生が右往左往と走り回る。

そんな中でもこの人は、足を組んで余裕綽々に俺の進路希望を睨みあげた。

 

なんかアレだ…。

 

平塚先生はあんまり変わらないな。

 

「…でも、衰えって突然来るらしいっすよ?」

 

「おう。殴り潰してやるからそこに座りたまえ」

 

「あはは。懐かしいですね」

 

「?」

 

「あ、すんません。独り言です」

 

「ふむ。相変わらずおかしな生徒だな。キミは」

 

平塚先生は呆れながら、俺と進路希望を交互に睨み付ける。

ただ、前のように意を問わせない罵倒が俺に降りかかる事はなかった。

 

「…第一希望はともかく、この第二希望は…」

 

「古典文学研究者です」

 

「う、うむ。むむ?うむぅ…」

 

「ゼミの研究論文で良作を作って教授に研究職の推薦をもらう予定です」

 

「…みょ、妙にリアルな進路希望だな…。ふむ、まぁ、良い…、のか?」

 

これは俺の未来設計ではない。

既定路線図だ。

 

すると、平塚先生は頭を悩ませつつも、平然と佇む俺を睨み付けながら溜息を吐いた。

 

 

「はぁ。…キミは前々から変わった生徒だと思っていたが、今日は一段とイかれているな」

 

「おい。言っていい事と悪い事があるぞ」

 

「まぁ良い。…この学校に、キミのように捻くれ…ご、ごほん…、ちょっと面倒な生徒が居てな?」

 

「言い直した意味ありましたかね?」

 

 

俺以外の面倒な生徒。

答えは聞かずとも分かるが、俺は黙って先生の言葉に耳を傾ける。

 

 

やっぱり、小さい抵抗くらいじゃこのルートは外れないみたいだな。

 

 

ほんの少しだけ、懐かしいあの風景を思い出しながら。

 

 

 

「奉仕部を知っているかね?」

 

 

 

 

.

……

….……

 

 

 

 

奉仕部を知ってるかね?

 

平塚先生の言葉に、俺はもちろん知ってますよとは答えずに、なんですか?そのエロそうな部は、と答えてみせた。

 

そんな大人ジョークに拳骨をもらいつつ、俺は平塚先生が促すままに部室棟の廊下を歩く。

 

その最中に、お料理クラブたるスイーツな部室から出てきた一色に一瞥をくれてやると、なんという事か、あいつは俺に向かって「きも…」と聞こえるように呟きやがった。

 

くそが!

もう面倒見てやんねえぞ!

 

変な部活に体験入部してないで、早くサッカー部のマネージャーになりやがれ!

 

そして葉山に振られやがれ!

 

 

「…キミから凄まじい怨念を感じるのは気のせいだろうか」

 

「気のせいでしょう。それで?俺を奉仕部に入れてどうする気です?」

 

「なに、簡単なことさ。キミも、これから紹介する奴も変に捻くれているからね。マイナスとマイナスを掛ければプラスになる。理系が苦手なキミにでも分かる常識だろ?」

 

この人、平気で生徒をマイナスって言いやがった…。

PTAさん、お仕事ですよ〜。

この人のことを学級裁判に掛けてくださーい。

 

 

「さて、ここだ」

 

「…」

 

 

…まったく。懐かしいよ。

なんだか夢とは言え、こうして高校生活を繰り返せるってのは幸せな事かもな。

人は懐かしむだけで、忘れていく生き物だから。

いつしか、俺もこの暖かい場所を忘れてしまうのかも…。

 

そうやって、俺が珍しく懐かしんでいると、平塚先生は構わずと部室の扉を開ける。

 

ダメですよ、先生。

 

ノックをしないと、部室で本を読んでいる氷の女王に怒られてしまいます。

 

「失礼するよ」

 

「先生、ノックをしてください」

 

ほらね。

そこにはやはり、腰まで掛かる素直な黒い髪を美しく携える一人の女子生徒が。

 

 

ーーーそれと

 

 

「ちょっと!まだあーしの話は終わってないんだけど!!」

 

……あれ?

氷の女王と炎の女王が共存してる…。

 

……なんでっ!?

 

 

「な、なんで…、なんでおまえが此処に居る…」

 

 

思わず溢れた俺の本音に、平塚先生と雪ノ下、そして、ようやく来客の存在に気が付いた三浦の視線が集まった。

 

 

「…っ!」

 

 

途端に慌てる三浦は、俺と平塚先生を交互に見つめるや、口をパクパクと開けながら目を見開く。

 

 

「む?なんだね比企谷」

 

「え、あ、いや…」

 

 

どうして三浦が此処に居るんですか?と聞けば、先生は何と答えてくれるのだろう。

どこでルートが変わった?

此処にはまだ、雪ノ下しか居ないはずだ。

 

三浦が居るなんて過去は無い…。

 

いや、一度バレンタインの件で依頼に来た事があったが、それは今ではない。

 

 

「おや?三浦が居るとは珍しい。何か奉仕部に用事かね?」

 

「ち、違うし!たまたま…っ!たまたま道に迷って!」

 

「…キミは学校の中で道に迷うのか…」

 

 

平塚先生と三浦の口振りから察する限り、どうやら三浦は奉仕部の部員と言うわけではないらしい。

 

ならやはり依頼か?

 

この時期に三浦が…?

 

すると、今まで黙って静観していた雪ノ下が

 

「…先生。とりあえずそこに居る不審者の説明を」

 

と、場を納めた。

 

相変わらず、初対面の俺に対して不審者と呼称する所は変わりない。

雪ノ下は夢の中であろうと雪ノ下なのだろう。

そんな事実にすこしホッとしてみたり。

 

「む、ああ。すまんな。さぁ、入りたまえ比企谷」

 

「…うす」

 

俺は雪ノ下と平塚先生、そして三浦の居る部室に足を踏み入れる。

もはやルートだの改変だのと言ってられない状況だ。

 

俺の記憶が確かなら、この場で平塚先生が勝負だなんだと言い出して、うだうだとしている内に奉仕部へと入部するはず。

 

 

「さて、雪ノ下。かくかくしかじかであって、比企谷は奉仕部の仲間になる。仲良くするように。以上」

 

「ちょっと待てぇぇい!!」

 

 

……え?

 

 

「な、なんだね」

 

「あーしも入る!奉仕部に入るし!」

 

 

そう言って勢い良く手を挙げる三浦に、俺だけでなく雪ノ下や平塚先生も困惑してみせた。

 

当然ながら、俺の知ってる過去に三浦が奉仕部に入部する事実はない。

ましてや、三浦自ら立候補するなんてのは有ってはならない。

 

 

「あーしも2年生にして部活に入っていない不届き者だから!奉仕部に入る条件は満たしてるはずだし!」

 

「ちょっと待ちなさい。その言い方だと此処が不届き者の溜まり場のように聞こえるのだけれど」

 

 

雪ノ下は却下しますと言わんばかりに三浦を睨み付けた。

そらそうだろうよ。

こいつらは犬猿の仲で有名なお二人様なのだから。

 

 

ふと、俺はそんな三浦を横目でちらりと盗み見る。

 

いや、正確には三浦の右手小指に嵌められた()()()()()()()()をだ。

 

そのピンキーリングを俺は知っている。

 

おまえが大切にしていた葉山との思い出。

 

吹っ切るように俺へ渡したソレを、俺はしっかりと覚えている。

 

 

「部活なんて入ったら、クラスの奴らと遊べなくなるぞ」

 

 

案に意味しているのは、おまえの大好きな葉山と遊べなくなるぞ、という事。

 

悔しいが、高校生の頃の三浦は葉山に想いを寄せていて、俺なんかが介入できる隙もない程に惚れていた。

 

…少し嫌だけどさ。

 

俺以外の男とイチャイチャしている姿なんて見たくないけど…。

 

と、少しだけ悲しんでいると、当の三浦は呆気からんとした顔で

 

「は?別に良いんだけど」

 

「……へ?」

 

「だって部活の方が大事っしょ」

 

「……っ、ほ、奉仕部の活動を舐めるなよ?言っておくが、奉仕部員に休日の文字は無い。月月火水木金金の7連勤だ!これは奉仕部に伝わる鉄の十戒とまで呼ばれている!」

 

「なんで貴方が奉仕部を語っているのかしら…」

 

呆れた様子の雪ノ下による突っ込みを受けつつも、俺は尚も三浦を睨み続けた。

 

「はぁ、ひきがや…、ヒキオさぁ」

 

「む…」

 

「あーし、モラルとか道徳が欠如してるって良く言われるんだけどさ」

 

「…ひ、酷いことを言われてるんだな…」

 

「でも、スジが通らない事って嫌いなんだよね」

 

「スジ…?」

 

三浦は俺の睨みに返すどころか、10倍の鋭さを持って対抗する。

ていうか誰だよ。俺の嫁にモラルと道徳が欠如してるって言ったのは…。

ぶっ殺してやる。

 

 

「部活動の入部は強制じゃない。それでも自分で決めて入部したのなら、あーしは責任を自分で抱えて活動に励むべきだと思ってるし」

 

 

「「「…」」」

 

……。

 

こ、こいつ…、俺だけじゃなく、雪ノ下や平塚先生までをも論破しやがった…。

 

三浦の言っている事が正し過ぎて何も言い返せない。

 

ただ、俺にはどうしても三浦が奉仕部に居る未来を想像が出来ないんだ。

 

おまえは、葉山に惚れてるおまえは、葉山の一挙手一投足に喜んで悲しんで不安がるべきなんだよ…。

 

 

そんな黙りこくった面々に、三浦は笑って勝ち誇ると、カバンから取り出したメモ帳にサラサラと何かを書き始める。

 

 

「あーしが決めたんだから。決めた以上は迷わないし」

 

 

そして、その紙を乱暴にメモ帳から破ると、俺と雪ノ下へ見せるよう大袈裟に掲げた。

 

 

ーーーーーーーーー

 

にゅーぶとどけ。

 

三浦 優美子 17歳。

 

ーーーーーーーーー

 

……年齢とか要らねえよ。

 

せめて書くなら学年とクラスだろ…。

 

 

 

「へへへ。よっしゃ!これであーしも奉仕部だし!どんな奴でも奉仕してやるんだかんね!胸の大きさには定評があるから人気が出るのは間違いない!!」

 

 

はは。

 

その奉仕じゃねえっての…。

 

雪ノ下の胸を見て、おまえは同じ事が言えるのか?

 

 

 

「わ、私も胸の大きさには定評があるわ…」

 

 

 

ウソをつけ。

 

 

俺は小さく呟きながら、哀れ胸を張る雪ノ下から目を逸らした。

 

 

それが今の俺に出来る精一杯だったから。

 

 

 

 

 

 

 

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。