ランスIF 二人の英雄   作:散々

2 / 200
第1話 出会い

 

LP0001 7月

-自由都市 アイスの町-

 

「今回はこの仕事を引き受けて貰いたい」

 

 ここは大陸の南東部に位置する自由都市、アイス。都会と田舎町の中間ともいえる、比較的平和な町である。そんな町の一角にある、とあるギルドビルの一室。その部屋では今、二人の男が仕事の話をしていた。話を切り出した男の歳は40才後半から50才というところだろうか、成金のような服を身につけ、髪の毛は生えていない。この男の名前はキース・ゴールド。このギルドのマスターである。葉巻に火をつけ、煙を吐き出しながら言葉を続ける。

 

「そろそろ、お前も結婚したらどうだ? なんなら俺がいい女を紹介してやってもいいぜ」

「ふん、くだらないことを言ってないでさっさと仕事の話をしろ」

 

 それに答えたもう一人の男。薄手のプレイトメイルとマントを身に纏い、ふてぶてしい態度で腕組みをしている。彼の名はランス。キースギルドに所属する戦士にして、英雄たる資質を備えた人物の一人だ。しかし、彼の行動理念は『全ては俺様のために』というものであり、美女がいれば無理矢理にでもHし、邪魔する奴は皆殺しという、とても英雄とは呼べぬものであった。だが、その実力は本物であり、いつしか彼は鬼畜戦士という通り名で呼ばれるようになっていた。

 

「せっかちな野郎だな。まあいい、この写真を見てくれ」

 

 そう言い、キースが白い封筒から写真を取りだし、ランスの目の前に置く。ふん、と一度鼻を鳴らし、ランスは写真を手に取る。そこには白いドレスを着た赤い髪の美しい娘と、青いドレスを着た黒い髪の娘が写っていた。

 

「ほー、なかなか可愛い娘たちじゃないか。がはは、グッドだ!」

「別にお前の好みなんざ聞いちゃいない。この娘たちを見つけ出して保護して貰いたいんだ」

「なんだ、人捜しか。で、彼女たちは何者なんだ?」

「名家の娘だ。こっちの赤い髪がブラン家の次女、ヒカリ。それで、こっちがファン家の長女でグァン。ブラン家とファン家の名前を聞いた事くらいは……?」

「知らん」

「だろうな」

 

 ランスがさも当然であるかのように答えるのを聞いて、キースが苦笑する。ブラン家とファン家、どちらもこの辺りでは有名な名家である。この二人は、そこのお嬢様であった。

 

「ヒカリの方は、三週間前にパリス学園で行方不明になったそうだ」

「パリス学園?」

「リーザスにあるお嬢様学校だ。警備は厳重らしいんだが、どういう事か忽然と消えちまったらしい。グァンは彼女のルームメイトで、ヒカリを自分で見つけ出すと息巻いていたそうだが、こちらも一週間前から行方不明だ。どちらも身代金の要求はない」

「ふむ、営利誘拐では無いのか」

「多分な。誘拐の真意はまるで判らん。その調査も含めての依頼だな」

 

 キースが葉巻を灰皿に押しつけながらそう答える。それを聞いたランスは手に持っていた写真を机の上に置き、細かい事など関係無いとばかりに言葉を続ける。

 

「まあ、とにかく助け出せばいいだけだろ? 報酬は?」

 

 そのランスの問いに、キースがニヤリと笑う。まるで、その質問を待っていましたと言わんばかりの表情だ。

 

「聞いて驚け! 一人救出で20000GOLD、二人で40000GOLDだ!」

「なんだと、破格値じゃないか! どうしたんだ?」

 

 ランスが驚くのも無理はない。普通、この程度の依頼なら一人発見で1000~2000GOLDが相場になる。だが、キースの口からは、その十倍もの報酬が提示されたのだ。俄然やる気も湧いてくる。

 

「まあ、それだけ大事な娘たちなんだろう。金持ちからのありがたい提示金額って事だ」

「がはははは! 俺様にまかせておけ、すぐに解決してやる」

 

 思わぬ美味しい仕事にランスは高笑いをし、資料諸々が入った白い封筒を奪い取るように手にとって、そのまま部屋の入り口へと歩いていく。

 

「じゃあな! がはは、40000GOLDゲットだ!」

「それと、グァンの方は……っと、行っちまったか」

「あら? もう帰ってしまったんですか?」

「話の途中だったんだがな……」

 

 ランスと入れ替わるように、秘書の女性がお茶を持って部屋に入ってくる。ランスが既にいなくなっている事に驚いているのを見ると、ランスは来たばかりだったようだ。ポリポリとハゲ頭を掻きながら、キースが頬杖をつく。

 

「まあ、持って行った資料を読めばすぐに気がつくだろ」

「もう、ランスさんには適当なんだから……はい、お茶です」

 

 秘書に苦言を呈されながら、キースは運ばれたお茶に手を伸ばし一口啜る。一度ため息をつき、ランスに渡したのと同じ資料を手に取りながら独りごちる。

 

「なんだかきな臭ぇ案件だが、ランスなら大丈夫だろ。腕は確かだしな」

 

 

 

-アイスの町 ランス宅-

 

 キースギルドを後にしたランスは、自身の貸家へと戻っていた。そこで受け取った資料に目を通し、情報を整理する。普段であればこんなに真面目に仕事に取りかかるようなランスではないが、何せ報酬が報酬だ。その上美女のおまけ付き。

 

「大金が入る上に、俺様が格好良く助け出せば……きゃー、素敵、抱いてください! なんて展開が待っているに違いない。うむ、きっと待っている」

 

 真剣な表情だが、考えているのはそんな事柄であった。これだけでも、このランスがどういう人物であるかが窺い知れようというもの。するとその時、部屋の奥から一人の女性が現れる。

 

「ランス様、お茶が入りました」

「うむ」

 

 お茶を持って現れたこの娘は、シィル・プラインという。特徴的なピンクのもこもこ髪で、露出の高い白い装束を身につけている。今から三ヶ月程前、とある奴隷商人からランスが15000GOLDで買い取った魔法使いだ。彼女には特殊な魔法が掛けられており、ランスの命令には絶対服従である。持ってきたお茶を机の上に置き、珍しく真剣な表情で仕事をしているランスに心配そうに話しかける。

 

「あの……次のお仕事、決まったのですか?」

「ああ、人捜しをする事になった。ま、この俺様に掛かればちょちょいのちょいで済むような簡単な仕事だ」

「そうですか。頑張りましょう、ランス様」

 

 シィルの問いにランスは簡潔に答え、資料の続きを読み進める。いつになく真剣なランスを邪魔しては悪いと思ったのか、シィルは静かにその場を離れ、部屋から退出しようとする。だが、シィルが扉にそっと手をかけた瞬間、ランスの大声が部屋に響き渡った。

 

「なにぃ!? グァンちゃんの目撃情報があるじゃないか!!」

「きゃっ……」

 

 急な怒声に思わず驚きの声を上げてしまったシィル。恐る恐るランスを振り返って見ると、今にも資料を破り捨ててしまいそうな程に怒りを露わにしているランスがそこにいた。

 

「グァンちゃんによく似た娘が、ジオの町近辺に出没する盗賊団と一緒にいたという目撃情報あり……キースの野郎、こんな大事な事を言い忘れやがって!」

「お、落ち着いてくださいランス様」

「これじゃあ先を越されるじゃないか! 俺様の金と女が……」

 

 伝え忘れたと言うよりも、伝える前にランスがさっさと切り上げてしまったというのが真実なのだが、その失態を棚に上げて憤慨するランス。しかし、ランスがここまで怒るのにも訳がある。一つは、現在ランス家の貯蓄は底をついており、是が非でもこの報酬は手に入れなければならないという事。そしてもう一つは、キースギルドの方針である。

 

「優秀な方が受けていたら、もう救出されているかもしれませんね……」

「俺様以上に優秀な奴などあのギルドにはいないが、それでもこれだけ情報があったら三流冒険者でも見つけられる……」

 

 そう、何もこの依頼はランスだけが受けたものではない。キースギルドの方針は、希望者が多ければ早い者勝ち、というもの。つまり、今この瞬間にも、20000GOLDと美女がどこの馬の骨とも判らない冒険者に横取りされている可能性があるのだ。

 

「急いで準備をしろ、シィル! すぐに出発するぞ!」

「はい、ランス様」

 

 こうして、ランスとシィルは慌ててアイスの町を旅立つ事となった。シィルが装備品やアイテムなどの準備をしている間に、ランスはキースギルドに乗り込んで文句を並び立て、無理矢理うしバス代を出させる事に成功した。というより、キースが五月蠅いから金で追い払ったというのが正解だが、何はともあれ二人は目撃情報のあるジオの町へと向かう。

 

「キースさんが仰っていましたが、まだこの依頼を受けた冒険者の方は少ないみたいですね」

「がはははは! 40000GOLDと美女二人の身体はどっちも俺様のものだ!」

 

 他にも客が乗っているというのにも関わらず、うしバス内で盛大に笑い声を上げるランス。シィルは申し訳無さそうにしているが、冒険者風の男に文句をつける勇気のある者はおらず、誰もが見て見ぬ振りをしていた。

 

「もうすぐジオの町です。到着したら、まずは盗賊団の情報を集めましょう」

「うむ、田舎町の盗賊など、実力もたかが知れているというものだ……ん?」

「ランス様、どうかしましたか?」

 

 ランスが急に黙ったのを不思議に思い、シィルが問いかける。そのランスの視線の先、バスの外を流れる風景の中に、五人の男たちが森の中に消えていくのが見える。その風貌は、明らかに荒くれ者のそれだ。ジオの町近辺にいる荒くれ者集団、となれば正体は限られてくるというものだ。

 

「流石俺様、ついているぞ。カモがあっちから姿を現しやがった」

 

 ランスがニヤリと笑い、立ち上がってバスの運転手ハニーにスタスタと近づいていく。

 

「おい、ここでいい。降ろせ」

「へ? ここは停留所では……」

 

 運転手ハニーがそう言いかけた瞬間、ランスが剣を抜いてその切っ先をハニーに向ける。

 

「死ぬか、止まるか、決めさせてやる」

「ひぇぇぇぇ……」

「すいません、すいません……」

 

 運転手を脅し、無理矢理バスを止めさせて途中下車をするランスとシィル。目指すは、荒くれ者たちが姿を消した森の奥。

 

 

 

-自由都市 ジオの町近辺の洞窟 盗賊のアジト-

 

「へっへっへ、今日も楽しませて貰おうかな」

 

 洞窟内に下卑た声が響く。ここは件の盗賊団のアジトだ。薄暗い洞窟の最深部、ちょっとした空間を無理に部屋風に改造したといった様相の小部屋だ。そこにいた人間は三人。いかにもという風貌の盗賊が二人と、黒い髪が特徴的な美しい娘。その躰には、さんざん汚されぬいたと思われる跡がある。ランスの捜している少女の一人、グァンその人であった。

 

「もう……家に帰してください……」

「まーだそんなこと言ってんのか? お前はもう一生俺たちの奴隷なんだよ!」

「げひゃひゃ。仲間が戻ってきたら、またたっぷりと喘いで貰うぜ」

 

 流石にたった二人で盗賊団を名乗っている訳では無い。彼らの他に後五人ほど盗賊団のメンバーがいる。その五人は丁度外に出ており、もうそろそろ帰ってくるはずであった。散々楽しんだグァンの躰をなめ回すように見ているやせ細った盗賊に向かって、もう一人の小太りの盗賊がボソリと呟く。

 

「でも、大丈夫かね……お頭に黙って、勝手に女を連れて盗賊団から抜け出して……」

「まだ心配してんのか? お前だって、いつもいつもお頭のおこぼれにあずかるのは不満だっただろ? ここはジオ、あっちはリーザス城。見つかりゃしねーよ!」

 

 そう、彼らは元々別の盗賊団の一員であったが、リーダーのやり方に反発して抜け出してきたばかりだったのだ。それ故、アジトは即興で作ったと思われるお粗末な代物、人数も七人という小規模盗賊団だったのだ。やせ細った盗賊は自信満々に答えているが、ジオとリーザスの距離は案外近いため、十分見つかる危険性はある。実に短絡的な思考だったが、もう一人の盗賊もそれにあっさりと納得する。

 

「そうだな……他にも賛同してついてきてくれた奴らもいるし、何も恐れることはねーな!」

「その通りだ! こっから俺らの新しいサクセスストーリーが始まるんだ! 新・かぎりない明日戦闘団、誕生の瞬間だぜ! 因みに、俺が団長な!」

「じゃあ俺は副団長か? 文句はないぜ」

「「ぎゃはははははは」」

 

 目の前で馬鹿笑いをする盗賊二人を虚ろな目で見るグァン。彼女の脳裏に浮かぶのは、一生このまま盗賊たちに良いように嬲られる自分の姿。これまで何度も頭に浮かび、その度に考えないようにしてきたことをまた思い浮かべてしまう。絶望感が彼女の胸の内を占める中、やせ細った盗賊がゆっくりと自分に近づいてくる。

 

「じゃあ、新しい盗賊団の誕生を祝して本日の一発目をヤるとするか。別に初めてって訳じゃないんだし、あいつらを待つ必要もないだろ」

「ひっ……やだ……誰か……誰か助けて……」

「何回言やぁ気が済むんだ? 誰も助けになんか来ねーよ!」

 

 助けなど来ない。そう断言され、グァンの視界がぐるんぐるんと回ったような感覚に陥る。誰でも良い。この状況から助けて貰えるならば、彼らと同じくらいの鬼畜でも構わない。神に縋るようにそう願った瞬間、いるはずのない四人目の声が洞窟内に響き渡る。

 

「いや、助けは来るぞ。だいぶ遅れてしまったがな」

 

 聞き覚えの無い声に盗賊はすぐさま振り返る。瞬間、副団長だった小太りの盗賊の首が宙を舞った。団長と名乗ったやせ細った盗賊も、グァンも、状況が飲み込めずただただ呆然とする。だが、盗賊はすぐさま正気を取り戻し、短剣を腰から抜いて身構える。

 

「てめぇ、何者だ!? ぶち殺されてーのか!」

 

 目の前に立つ謎の男に声を荒げる盗賊。だが、その男はゆっくりと剣を構え直し、盗賊の顔を見ながら平然と口を開く。

 

「名乗る必要があるのか? 今から死ぬ奴に……」

「ぬかせぇ!!」

 

 

 

-盗賊のアジト入り口-

 

「ふんっ、手間取らせやがって。ここがアジトで間違いなさそうだな」

 

 洞窟の前にはランスとシィル、そして先ほどまで盗賊だった肉塊が五つ。ランスたちが後をつけていた荒くれは、予想通り盗賊団の一員であった。彼らにアジトの前まで誘導して貰い、到着したと同時に後ろから不意打ちを仕掛けたのだ。当然一度に五人は殺せなかったため、反撃してくる盗賊もいたが、この程度の相手に苦戦するランスではない。あっという間に盗賊たちを皆殺しにし、目の前の洞窟に視線を向ける。

 

「さーて、グァンちゃんを俺様が格好良く助けて、一発ヤらせて貰おう……ぐふふ……」

「待ってくださいランス様、洞窟の中から誰か出てきます!」

「んっ? ……なんだとぉぉぉ!?」

 

 洞窟から出てきた人影を見てランスがショックを受ける。現れたのは、二人の男女。薄手の鎧とロングソードを装備した、どこからどう見ても冒険者である黒髪の男。身長はランスよりもいくらか高く、年は若くも見えるが、落ち着いた雰囲気から年上であるのは間違いなさそうだ。何よりもランスを苛つかせたのは、男の容姿が整っていた事だ。

 

「あれは、グァンさん……」

「ま、間に合わなかった……」

 

 その男が両腕で抱えているのは、ランスが捜していた内の一人であるグァン。写真と全く同じ顔をしているので、間違いない。助かって安心したのか、グァンは気を失っていた。へなへなと肩を落とすランスを見て、目の前の男が口を開いた。

 

「ん? おたくらは……なるほど、俺と同じように依頼を受けた冒険者、で間違いはないかな?」

「あ、はい、そうです。私はシィルといいます。こちらはランス様で、私のご主人様になります」

 

 グァンを抱えていた男はシィルの説明を受け、きょろきょろと周りに散らばっている盗賊たちの死体を見てから言葉を続ける。

 

「中の盗賊を殺す直前に、仲間が帰ってくるとか言っていたから警戒していたが、あんたらが片付けてくれたのか。礼を言う」

「いえ。それよりも、中の盗賊はもう全て……?」

「二人しかいなかったからな。思ったよりも小規模な盗賊団だったみたいだ」

 

 グァンを抱えた男はランスとシィルに向かって話しかけるが、反応するのはシィルだけであり、ランスは何かを考え込んで返事をしない。シィルと会話を続けながら、男は訝しげにランスを見ていたが、考えが纏まった様子のランスが突如顔を上げて喋り出した。

 

「よし、殺そう。そうすれば金も美女も俺様のものだ。我ながらグッドアイデアだな、がはははは!」

「いきなりとんでもないことを言うな、あんたの主人は……」

 

 男からのまともな第一声が処刑宣告とあっては、その男もただただ呆然とするしかない。とりあえず話の通じるシィルに話しかけた男だったが、その行動が気にくわなかったのか、ランスが男を不機嫌そうに睨み付ける。

 

「むっ、何を勝手に馴れ馴れしく人の奴隷に話しかけているんだ貴様」

「ランス様、一応自己紹介は済ませました」

「なにぃ!? 勝手なことをするな、シィル! ええい、こうしてやる!!」

「ひんひん……痛いです、ランス様……」

 

 両拳でシィルの頭をぐりぐりとし始めるランス。余りにも理不尽な光景に男は呆れながらも、一応助け船も兼ねてランスに向かって話しかける。

 

「お前らもキースギルド所属の冒険者だろう? 一応、殆どの盗賊を片付けてくれた礼に、報酬を分けてやってもいいと思ってはいるんだが……」

「なに? なんだ、それを早く言え!」

 

 パッとシィルの頭から拳を離すランス。一度ため息をつきながらも、その男は言葉を続けた。

 

「助けたのは俺だが、盗賊を倒した数はそちらの方が多いからな。元々破格の依頼料だから分けても痛くないし、協力料ってところだな」

「がはは。中々に下僕として見所のある奴じゃないか。分けると言わず、全部寄越してしまってもいいんだぞ?」

 

 上機嫌に傍若無人な発言をするランスを見て、男は思わず吹き出してしまう。我が儘もここまで突き抜けてしまっていては、最早笑うしかないといったところか。

 

「ふふっ、おもしろい男だな。キースギルドにお前みたいな奴がいたとは知らなかった」

「で、貴様の名前はなんというのだ? 男の名前など覚える気はないが、こっちだけ名乗っているのは気に食わん」

「ああ、名乗りが遅れたな。こいつはすまなかった」

 

 それは、本来ならあり得ぬ出会い。世界の理から外れた力を持つ男たちの邂逅。英雄とはとても呼べない自分勝手な英雄候補と、多くの平行世界では何かを成す前に死ぬ運命にあった英雄候補。

 

「俺の名は、ルーク・グラント。キースギルド所属の冒険者だ」

 

 この何気ない出会いが、人類同士、果ては魔人との争いに終止符を打つ始まりであったことを、このときはまだ誰も知る由もなかった。

 

 




[人物]
ルーク・グラント (オリ主)
LV 45/200
技能 剣戦闘LV2 対結界LV2 冒険LV1
 キースギルド所属の冒険者。歳は25才でランスの7つ上。本作の主人公の一人で、英雄候補。GI1006年に行方不明となり、生存は絶望視されていたが、10年後のGI1015年に突如キースギルドに戻ってきてキースを驚かせた。その間の動向は謎に包まれている。

ランス
LV 10/∞
技能 剣戦闘LV2 盾防御LV1 冒険LV1
 キースギルド所属の冒険者。本編の主人公にして、本作の主人公の一人。英雄候補。鬼畜冒険者とその界隈では有名だが、実力は一流。本人も知らない事だが、強さの上限とも呼べる才能限界が存在せず、鍛えればどこまででも強くなれる。

シィル・プライン
LV 13/35
技能 魔法LV1 神魔法LV1
 ランスの奴隷である魔法使い。絶対服従の魔法が掛けられており、ランスの命令に逆らう事は出来ないが、本人はそれ程嫌がっていないようにも見える。

キース・ゴールド
 アイスの町にあるキースギルドの主。ごつい見た目と違い、その経営手腕は本物。所属する冒険者の面倒見も案外良く、傍若無人なランスにも定期的に仕事を回してくれる。ランスとルークの過去を知っている数少ない人物。

グァン・ファン・ユーリィ (半オリ)
 ヒカリのルームメイトである女生徒。原作では名無しの少女で、誘拐事件にも巻き込まれない。名前はアリスソフト作品の「零式」より。

[技能]
対結界 (オリ技能)
 結界を無効化する能力。LV1で魔法結界などの人類が生み出した結界を、LV2で魔人が保有する無敵結界をも無効化し、直接ダメージを与えることが可能になる。魔剣カオスや聖刀日光と違い、効果は本人のみにしか適用されず、周りの人間がダメージを与えられるようにはならない。ランスの才能限界同様世界のバグであり、ルークのみが保有する技能である。

○○戦闘/○○防御
 その武器を上手く扱って戦うことが出来る才能。

魔法
 攻撃魔法や補助魔法といった魔法を使う才能。人によって覚えられる魔法や得意とする魔法は違う。

神魔法
 回復魔法や浄化魔法といった魔法を使う才能。

冒険
 冒険時の様々な状況において、適切な判断で窮地を切り抜ける才能。一流と呼ばれる冒険者はこの技能を保有している事が多い。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。