Chaos;an onion HEAD   作:変わり身

2 / 30
第1章  IF end → onion HEAD?

―――あーけーろー……! あーけーなーさーいー……!!

 

 

……ばんばんと、扉を叩く音がする。

 

 

―――いーいーかーげーんーにー……! 出ーてーきーなーさーいーよー……!!

 

 

それと同時に投げかけられる、くぐもった声。

その甲高い声は小さな女の子の物で、キンキンと耳の中で跳ね回る。

 

声は扉一枚隔てているにも関わらず相当な音量で、さっきからずっと耳を手で塞いでいるのに押し付けられた掌の壁は全く効果を成していない。

ぎゅっと、更に強く掌を押し付けるけど……鼓膜に圧力が掛かって痛いだけで、声の大きさは然程変化せず。

 

机の上にあるPCから流れる音楽と合わさって、不協和音。

はっきり言って不快な事この上ない。

 

 

「…………うっせ、よ」

 

 

……そっと、小さく呟くけれど。

僕の放ったその声は、扉を叩く音と女の子の声に打ち消されて、何処にも届くことなく消滅する。

 

 

―――くっそ!! さっきから煩いんだよ。 少し黙れよ!!

 

 

……心の中では大声で叫べるのに、現実ではそれが中々出来ないのが情けない。

僕も少しは成長したと思ってたけど、本当のところはこんなもんだ。

 

キモオタはキモオタのまま、何にも変わっていやしない。

 

 

「……欝だ」

 

 

―――聞ーいーてーるーんーでーしょー……!? こーらーぁ……!!

 

 

と、そんな事を考えている間にも騒音は途切れることなく続いていく。

 

何度も、何度も、執拗に。

木製の扉を叩く音が、この四畳半にも満たない小さな部屋の中に響き渡る。

 

 

ばんばん

 

あーけーろー!

 

ばんばん

 

あーけーなーさーいー!!

 

ばんばん

 

あーけー……

 

 

「……っああもう!」

 

 

電球照明の無い、真っ暗な室内。

光源は机の上に置かれた型遅れのノートPC……そのディスプレイから発せられる僅かな光のみだ。

僕はその光源に向き直り、机の引き出しを開けて中身を乱雑な手つきで漁る。

 

そしてこれまたPCと同じく型遅れ、何世代も前の無駄に巨大なヘッドフォンを取り出し、両耳に装着。

 

PCとは繋げられない。

一応音楽再生機能は付いているけど、ヘッドフォンの方が規格に合っていないんだ。

CDプレーヤーにも繋げられないし、もはやロートル乙としか言いようが無い。

 

……しかし耳をすっぽり覆うことが出来るため、耳栓としては中々に優秀。

本来の使い方ではないけどね。

 

 

「アーアーキコエナーイ……ふひひ」

 

 

女の子の声と、扉を叩く音が比べ物にならないくらい小さくなる。

 

完全に消えたわけではないけれど、それでもまぁ何とか無視できるレベル。

……最初からこうすれば良かった。

 

僕はそのまま、光の方へ―――PCの画面へと目を向けた。

 

そこに映っていたのは、とあるオンラインゲームのプレイ画面。

……残念なことにエンスーではなく、別のゲームだけど。

 

エンスーの世界は美麗な3Dグラフィックで表現されていたけど、このゲームの世界はチープな2Dで表現されている。……しかもキャラクターは全て二頭身だ。

PCのスペックの所為もあるんだろうけど、エンスーと比べて動きも何だかカクカクしていて処理落ちが酷い。

NPCは四種類の言葉しか話さないし、モンスターは行動がワンパターンだし、音楽もエフェクトもショボすぎる。

 

しかも、スキルの効果が高すぎるものと低すぎるものとの二種類しかない。

その結果、一部の廃プレイヤー達を除いて同じ職業のキャラクターが其処彼処を歩いてて、もう飽食状態。

 

 

―――何というクソゲー。如何にエンスーが優れたMMORPGだったか分かろうと言う物だ。

 

 

だから、疾風迅雷のナイトハルトの名前は使ってはいない。別の捨てハンを使ってる。

だってこんなダメダメなゲームにナイトハルトを存在させるなんて、ナイトハルトの名に泥を塗る行為じゃないか。

 

 

―――ナイトハルトの名前は、エンスーでこそ。八頭身のパラディンの姿でこそ相応しいんだ。

 

 

……まぁそれはともかくとして。

 

こんなにもクソゲー極まりないと言うのに、何故か巷ではこのゲームが数多くあるMMORPG内で一番のシェアを誇っている。

プレイヤー間の評判も良好で、動きが凄い滑らかとか、ゲームバランスが適度だとか、何処も彼処も賞賛ばっかり。

どこの掲示板に行っても神ゲー認定されていて、儲の数も馬鹿みたいに多い。

 

 

―――この程度で神ゲーとかさ、お前ら何考えてるの? 馬鹿なの? 死ぬの?

 

 

……そんな感じの感想をスレに書き込めば、そいつは直ぐさまアンチ認定されてゴミ箱行きだ。

アンチスレもあるにはあるんだけど……スレが立った当初はともかく、今では本スレの別館扱いに等しくなってる。

 

前にそれに気づかず否定的な意見を書き込んじゃって、それはもう盛大に叩かれた。

アンチスレなのにアンチを許さないとか、ホント何なんだよ……。

 

 

「……くそ」

 

 

その時の事を思い出して、イラっときた。

ゲーム性にも苛々させられるし、ホント色んな意味でクソゲーだ。クソゲーオブザイヤーに推薦してやる。

 

……でも、これ以外のゲームはこれよりも出来が酷くて、やる気が出る出ない以前の問題だ。

それら有象無象のゲームと比べれば、確かにこのゲームは神ゲーに等しい出来だろうね。

 

だけどエンスーに比べればクソだ。異論は認めない、絶対にだ。

 

 

「……な、なら、エンスーをやったら良いじゃないか、って? 無理なんだよバカ、ふひひっ」

 

 

―――だって、エンスーなんて無いんだもん。

 

 

自分で自分にそう突っ込んで、自分で意見を否定する。

……そのあまりの滑稽さに、気持ち悪い笑い声が口元から漏れ出た。

 

その笑い声のキモさに再びイラっと来て―――なんかもう、虚しくなった。

 

 

……何、やってるんだろう、僕は……。

 

 

―――あ……ろー……! この……クー!

 

 

うっすらと、僕の耳に届く声。僕はそれをガン無視した。

……アイツまだいんのかよ……。もういい加減諦めろよ……。

 

 

「………………」

 

 

ぎしり、と。

革張りの椅子の背もたれに深くもたれ掛かり、脱力。

その時にヘッドフォンがずれそうになったので、両手で押さえて固定する。

 

 

―――騒音が、完全に消えた。

 

 

「………………………」

 

 

……天井を見上げて、部屋の隅をじっと見つめる。

別に蜘蛛の巣が張っているわけでも、どこぞのホラー映画みたいに大量の髪の毛が湧き出ているわけでもない。

何の変哲も無い部屋の隅っこ部分だ。

 

―――視線も、感じない。

 

 

「……そらそうだろ、常考」

 

 

頭を、元に戻す。

脱力した姿勢のままPCを引き寄せ、新しくプラウザを開いてゲームのチャットルームを覗く。

 

 

 

 

 

 

……プラウザ一つ開くのに一体何百秒かけるつもりなんだよこの低スペマシン……!

苛々しながら待つこと数分、ようやく開いたチャットルームに入室して。

 

先に居た住人からの挨拶を適当に返し、そのまましばらくROMってみる。

 

…………………

 

……………………………

 

………………………………………

 

―――当然、何が起こるわけでもなし。

 

 

「………………、」

 

 

PCから手を離し、ぶらりと力を抜いた。

両腕がぷらんぷらんと振り子運動を繰り返し……直に、止まった。

 

苛々が、収まらない。

 

 

「……何、を―――」

 

 

してんだろ、僕。

そんなに詰まんないんなら、やらきゃいいのに。

 

何が楽しくて、こんな苦行を自分に課してるんだ。

前と同じく引きこもって。一日中つまんないゲームをプレイして。傍目から見ればイミフな行動とって。そんで苛々して。

 

 

「……ハハッワロス」

 

 

どこのM豚だよ、僕は。

そう呟いて自嘲する。

 

 

……理由は、はっきりしてるんだ。

唯それを認めたくないだけで。

 

―――僕は、将軍を探しているんだ。

 

大嫌いなあいつを、探してる。

だから、僕は初めて将軍と接触した時と似たような行動を繰り返しているんだ。

 

 

―――もしかしたら、またいきなり接触してきてくれるかも―――

 

 

……そんなありえない希望を抱いて。

ただ、今の状況を説明して欲しいから。将軍なら、何か知っているかもしれないから。

 

無駄だって、ありえないって。分かっているのに探してしまう。

そう、ありえない。ありえない、ありえないんだよ。【まだ】、不可能なんだ。

 

 

―――将軍と接触することなんてまだ出来ないんだって、分かっているのに。

 

 

「―――ふっ!」

 

 

息を吐いて、椅子の上に直立。周囲を見回した。

 

 

薄暗い室内、埃の積もった棚にダンボールの山。

ベットがあって、布団があって、達磨ストーブがあって、椅子があって……作業用の机の上には、光を放つPC。

 

 

―――それが、この部屋にある全て。

 

 

僕が集めた美少女フィギュアも、ゲーム機も、エロゲーも、エンスー専用モニタも高スペックの設置型PCも。

アニメのDVDも、小型の冷蔵庫も、エアコンも、ブラチューのポスターも。

床にはコーラのペットボトルやカップ麺のゴミも散乱してないし、ベットの上にはエロゲの箱なんて一個も無い。

 

 

―――星来たんのフィギュアも、何も、存在していない。

 

 

……ありえない。

 

ありえないけど、当たり前だ。

 

……そう、当たり前なんだ。

 

 

だって、だって。

 

 

 

……………………だって、この場所は。

 

この、世界は――――――

 

 

 

「――――――こぉんの……っ! バカタクーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!」

 

 

 

―――バカァンッ!

 

 

「へっ、?」

 

 

突然の轟音。

鍵を閉めていたはずの扉が内側に向かって吹き飛び、宙を舞って、風を切る。

今まで思考していた事が、全部纏めて吹き飛んだ。

 

 

―――全てがスローモーション。

 

 

木製の扉がくるくると回転して、その裏に小さなシルエットが見えて。

……でも僕はそんな人影なんて気にも留めずに、ただただその扉を見つめ続ける。

 

―――ただ、呆然と見つめていたんだ。

その、扉の姿を―――

 

 

まるで回転鋸のように。

 

衝撃で砕けた細かい木の欠片を振りまき。

 

徐々にその姿を大きくしながら。

 

それは、一種幻想的な光景で。

 

暴虐の化身と化しながら。

 

 

―――僕のいる方角に向かって飛んで来る、その光景を。

 

 

 

……なんて厨二的な感想を述べてみたけどこれぶっちゃけ死亡イベントじゃね?

 

 

「―――いひぃぃぃぃゃあぁああああぁええええぁあぁ!?」

 

 

我に返った。

思わず情けない悲鳴を上げて僕は咄嗟にしゃがみ込み、今まで立っていた椅子の背もたれ部分の陰に隠れる。

 

 

―――そして、

 

 

「おぶぅわッ!?」

 

 

ちょうど僕が隠れた瞬間、その背もたれの裏側に激突。

衝撃でバランスが崩れて、後ろのPCとその電源コードを巻き込みながら転倒した。

 

 

―――ブチン

 

 

地面に叩きつけられたPCは、嫌な音を立てて……そのディスプレイから光を消した。

……ああ、多分内部データが幾つか破損したかもしれない。

 

まぁ、セカンドメルトの時の教訓を生かしてバックアップはこまめに取っていたから、幾らデータが消えようともそんなに痛くは無いんだけどね。

というかそれよりもまず転倒した身体の方が痛い。マジ痛い。ひじが痛い。泣きたい。

 

 

「あぎ……っちょ、おまっ……何? なん……なんなんだよ!?」

 

 

よろよろと、横倒しになった椅子に手を突いて立ち上がる。

足元にはもはや木片と化したドアの残骸が転がっているけれど、僕はそれをスルー。

僕のスルー検定も堂に入ったもんっすね。慣れてしまった自分が物悲しきかな。

 

そしてなけなしの根性―――あるのかどうか知らんけど―――を振り絞って、この凶行を成した人物を睨み付けた。

 

頑張れ僕。超頑張れ。僕は僕を応援してる。

 

 

「い、いき、いきなりなん、なんだ……! こんな、ご、強盗、みたいな事して、ゆ、許される、と、でも、思って……!」

 

「わたしが呼んでるのに無視するのが悪いんでしょうが! せめて返事くらいしなさいよっ!」

 

 

間髪居れずに返ってくる、勝気なおにゃのこの声。

僕はその剣幕に一瞬ひるむけど、何とか声を絞り出した。

 

 

「うる、さいな……! べ、別に、僕がき、君に返事を、か、返さなきゃいけない義理なんて、無い、じゃないか……!」

 

「ぎ……何? またそうやってよく分かんない言葉使ってごまかす!」

 

「低脳乙。自分の無知を、た、棚に上げて、人を責めるとか……マジ典型的スイーツ(笑)。ケータイ小説百回音読してから出直して来い」

 

「て……む、お菓子かっこわらい? ……あーもー! ホントあなたとお喋りするといーってなるっ!!」

 

 

たむたむ、と地団駄を踏む襲撃犯。

その小さな身体から生え出る細い足を踏み鳴らす度に、着ているローブと一緒に真っ赤なロングヘアがさらさらと揺れる。

 

五歳にも満たないけど、幼いながらも既に整ってる顔付き。その可愛らしい顔は、今は怒りによって頬が膨らみ、真っ赤に染まっている。

足を踏み鳴らす駄々っ子のような仕草と合わさって、三次元女子ながらも萌えを感じさせていた。

 

まぁ、僕から言わせれば、これは二次元以外ではちっちゃい子供のみが表現できる萌えだよね。ふひ。

この仕草を三次元の女子高生なんかがやってみなよ。キモいだけだから。

……あ、こずぴぃは別で。

 

思わずほっぺたを突っつきたくなるが、実行はしない……というか出来ない。だってやったらきっとフルボッコされる。

三次元とかそういうことじゃなくて、この子はマジ切れすると手が出る子なんだ。

デレの無いツンデレみたいなものだ。え? 何? 違う? 良いんだよこんな奴には適当で。

 

 

―――アンナ・ユーリエウナ・コロロウァ。略してアーニャ。

 

 

こんなキモオタで、排他的な性格をしている僕に根気強く付き合ってくれる、僕より一つ年上の……所謂、幼馴染。といった間柄の女の子だ。

……幼馴染。自分で言ってて違和感が拭えないけど、今は良い。

 

手には小さな星の飾りの付いた杖のような物を握っており、それで何時もの通り扉を無理矢理ぶち破ったんだろう。

 

 

―――何せ、ここには【魔法】なんて得体の知れないものがあるらしいから。何が起こっても不思議じゃない。

 

何そのB級ファンタジー設定。

 

 

「……で、何? ま、また今日も、僕に外池とか、言うつもり?」

 

 

僕の姉―――違和感―――から頼まれているのか、それとも委員長的な気質をしているからなのかは分からないけど。

この部屋に引きこもって、学校も無いから本格的ヒキニート生活をしている僕の部屋にたまに襲撃してきては、無理矢理外に遊びに連れ出そうとするんだ。

 

……正直、ほっといて欲しい。とは思う。

 

多分、何か一言……とてつもなく酷い言葉を浴びせかければ、僕に関わる事を止めてくれるだろう。

でも、そうしようとする度に―――七海の事が頭に浮かんで、結局流されてしまうのだ。

 

……まぁ、大抵は今日みたいな口論になるんだけど。関係は険悪ではない……と言っていいと思う。

面と向かっては言わないし態度にも出さない(出せない)けど、僕としてはまぁ感謝してやってもいいとも思ってる。

 

 

―――僕を、【タク】って呼んでくれるから。

 

 

「そうよ! ネカネお姉ちゃんから聞いたけど、タクったらまたずっと引きこもってるそうじゃない!」

 

「…。……べ、別に、君には関係な―――」

 

「うるさい! 引きこもってるんでしょ!?」

 

「……、……う……ひ、引き篭もる事の何が悪いんだよ。 引きこもれば勇者になれるって言葉、知らないの?」

 

「知らないわよそんなのっ! からだ動かさないとビョーキになるの! だから外で遊ばないとダメなんだから!」

 

 

そう言って、僕の腕を掴んでぐいぐいと引っ張るアーニャ。

ずっと引きこもり生活を続けていたためか、容易く彼女に力負けしてしまう。

 

背も僕よりアーニャの方が高いし、活発で動き回っている分力も僕より強い。

ひ弱で痩せっぽちの僕に、抵抗できる術なんて無いのである。

 

 

「ちょっおまっ……! い、痛い! ひじが痛いって! さっきぶっつけたとこぉ……っ!!」

 

「い・い・か・ら! 近所の子たちも集めてあるから、すぐそこの広場にいくの!!」

 

「っぎ……っい、いい、よ! いいって! 良いから! て、手ぇ! 手ぇ離してよぅ!」

 

 

―――外の人たちはDQN以上に嫌いだ。

……みんな僕を、失望した目で見るから。

 

 

でも、アーニャはそんな僕の心情と必死の嘆願を無視してずんずん進んでいく。

足をつっぱってみても、片方の手を家具に引っ掛けてみても、その勢いは止まらない。

 

ひ、人攫いー! 誰かー!

 

 

「は、働きたくないでござる! 絶対に働きたくないでござる!!」

 

「はぁ? 何言ってるのよ? 働くんじゃなくて、あーそーびーにーいーくーのー!!」

 

「ニュ、ニュアンスで理解しろよぉぉぉ……!!」

 

 

―――悲痛な叫びも虚しく。

 

僕は床に投げ出されたPCに後ろ髪を引かれつつ、部屋の外へと引きずられていったのだった。

 

 

―――僕が居たあの部屋は、長く慣れ親しんだコンテナとは違う。

 

 

太く頑丈な木で組み上げられた小屋―――といっても小屋って言うには大きすぎるけど―――その中にある一番狭い部屋。

四畳半ほどの大きさの、殆ど倉庫みたいな場所だ。

 

勿論、この場所はビルの屋上なんかじゃない―――というか渋谷でもないし、そもそも日本でもないんだ。

 

―――1996年。

エンスーも、ブラチューも、まだ生まれていない年代。

 

その時代のイギリス、辺鄙な山間にあるド田舎な村。

……しかも【魔法】なんてファンタジーが普及している訳の分からない場所に―――僕は居た。

 

 

 

僕の名前は西條拓巳。

 

とある一人の死に損ないの妄想から生まれた、ただのキモオタの高校二年生だ。

……いや、高校二年生……【だった】

 

今の僕は、まだ三歳のガキだ。ちょっと女顔したイケメンの卵。

【高校二年生の西條拓巳】の【設定】では無く――ネギ・スプリングフィールドなんていう妙ちきりんなDQNネームの西洋人として暮らしている。

 

なんかね、もうね、どうしてこうなった。

 

 

だから――将軍が、接触してきてくれるはずが無い。

 

 

土地がどうしたとか、人種がどうしただとか、そういう事の前に。

だって今はまだ1990年代で、2000年代にも入っていないんだ。

 

もし将軍が居たとしても、彼はまだ小学生にもなっていないはずだから。

彼はまだ、将軍にすらなってないんだ。

 

 

―――ほんと、どうしてこうなった。

 

 

アーニャにずるずると引きずられつつ、諦観の思いと共に踊りだしたくなった。

 

……僕は今、一体どこにいるんだ? 僕の身に、何が起こってるんだよ……?

 

誰か……誰か教えてよ……!

 

―――僕は、僕は今、どうなってるんだよぅ……!!

 

 

 

「さ、まずは鬼ごっこよ! もちろんあなたが鬼でね!」

 

「―――マジで、ほんとに、どうして、こうなった……!」

 

 

 

喉の奥から捻り出すような、僕の呟き。

……消滅はしなかった筈だけど、やっぱり誰にも届かなかった。

 

 

 

 

【挿絵表示】

 




■ ■ ■

なるべく修正しないつもりだけど、改めて見るのって悶えますね。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。