ジョン・メイトリックスは勇者部所属   作:乾操

10 / 10
最終話・(夢から脱出)したいだけです

 六人いた勇者部は、二人はワニに食べられ、一人はベネットとの宿命の対決に臨んで、いまや三人だけとなっていた。

 助けるためには、この夢から脱出しなければならない。

 

 

 しばらく階段を登って行くと、一際大きな部屋へと到着した。

 装飾や家具の一切ない作りで、光源は部屋のはるか奥に並ぶ大きな窓と高い天井の天窓のみ、照明機器も存在しなかった。扉や階段が他に見えないことから、どうやらここが最上階らしい。

 その証拠に、部屋の真ん中には一人の女の子が立っていた。

「さぁ、来たわよ乃木園子さん?」

 お姉ちゃんが言う。園子さんの表情は逆光になっていてよく見えないけど、微笑んでいるであろうことは分かった。

「みんなすごいね~。あの中を突破するなんて」

「いや、みんなただのカカシだったから銃乱射してるだけで何とかなったわ」

「あれ~」

 少し驚いた様子だったけど、園子ちゃんは「まぁ、いいけどね~」と呑気なものだった。

「ところで、みんなはやっぱり夢から醒めたい?」

「当たり前よ。そのためにここまで来たんだから」

 夏凜さんがフンスと言い放つ。当然の事である。でなければこんなところにわざわざ車で突っ込んで来たりしない。

「それは、みんなも同じ?」

 園子ちゃんは私とお姉ちゃんにも問いかけの視線を送った。

「もちろん」

 私ははっきりと答えた。

「どんなに楽しくても、それは夢でしかないもん。どんなに辛くても、私は現実でみんなと一緒にいたい」

「樹、立派になったわね……」

 お姉ちゃんがそんな私をみてヨヨヨと涙を流した。何かに付けて大げさなんだからお姉ちゃんったら。

「それは、みんな変わらないんだね?」

 私達はコクコク頷いた。それを見て、園子ちゃんは少し落胆したような、安心したような、複雑な微笑みを見せた。

「そっか。それじゃぁ……」

 次の瞬間、園子ちゃんの身体が一瞬まばゆい光に包まれたそして、それがはじけると、そこには勇者(コマンドー)の装束に身を包んだ園子ちゃんの姿があった。

「今日の私は、ちょっぴり悪役モードだよ~」

 彼女は大きな槍を持っていて、それを両手交互、器用にくるくる回している。

「園子ちゃんも勇者(コマンドー)だったんだ……」

 よくよく考えてみれば、この夢を作りだしているのは園子ちゃんの精霊だというし、精霊がいるなら、彼女は勇者(コマンドー)だということだ。

「驚いたわ。私達の他にも勇者(コマンドー)がいたなんて……」

 お姉ちゃんが呻く。

 園子ちゃんはウォーミングアップがてらの槍回しをやめて、槍を右前半身に構えた。

「来なさい」

 顔からは柔和な笑みが消え去り、全く読み取れない表情となった。そんな彼女の挑戦に、夏凜さんが受けて立つと前に出た。

「なるほど、勇者(コマンドー)と戦えるのは勇者(コマンドー)だけと言うわけね」

 夏凛さんも勇者(コマンドー)に変身して、刀を数度回した後、構えた。

「怖いかクソッタレ。当然だぜ、正真正銘正式な勇者(コマンドー)の私に勝てるもんか」

 いけない、密かに緊張しているのか、夏凜さんったら負けフラグを口走ってしまった。 これはいけない。

 空気がピリピリしている。

「あの子、凄い殺気」

「えっ、お姉ちゃん分かるのそういうの」

「一応ね。このままじゃ、夏凜が危ないわ」

「まぁ、負けフラグ立ててるしね」

 ていうか、あの『のほほん』とした園子ちゃんが、それほどの殺気を出しているなんて信じられないなぁ。確かに今はその道のプロって感じだけど、夏凜さんだって正規の訓練を受けた勇者だ。

 お姉ちゃんも勇者(コマンドー)に変身した。

「夏凜、私も参戦するわ。樹はそこで待ってなさい」

「ちょっと風、余計な手出しするんじゃないわよ」

「アンタ一人だと危ないわ。夏凜に解らないわけじゃないでしょ」

 夏凜さんも案山子ではない。相手がどれだけの手練れか分かっているだろう。だから、お姉ちゃんの申し入れは素直に受けた。

「夏凜……怖い?」

「もちろんよ。プロですから」

 いつものマッチョネスな展開とは違って、突然バトル漫画的な展開になってきた。でも、私にそれを修正する力はないし、今はただ、手を握って祈ることしかできない。

 二人は園子ちゃんとの間合いをじわじわと縮める。

 最初に動いたのは夏凜さんだった。

 夏凜さんは二口の刀を振りかざし、EM銃の弾速並みの素早さで一気に距離を詰めた。

「受けてみなさい、私の力っ! はぁっ!」

 掛け声と共に、刀を振るう。剣撃は素早く、まさに『目にも留まらない』。

 でも、園子ちゃんは穂先を素早く振るって夏凜さんの刀を弾き飛ばした。そして、そのまま勢いよく突きだす。

「うおっ!?」

 夏凜さんは間一髪後ろに飛びのいて串刺しバーベキューにならずに済んだ。

「夏凜! 大丈夫?」

「何とかね。それにしても、全く隙が無いわ」

 二人は元の位置について再び隙を伺い始めた。そんな時、お姉ちゃんが、

「どうした恐いか? 当たり前だ、私は勇者(コマンドー)だ。料理してやる」

「お姉ちゃんも夏凜さんも負けフラグ立てないと死ぬ病気にでもかかってんの?」

「違うわよ。負けフラグも重ねれば勝利フラグになるのよ。そうよね、夏凜」

「そうね。二人でやっつけようぜ」

 私にはもう二人が園子ちゃんに勝利する未来が見えない。二人は如何にもカカシ的なセリフを吐き過ぎたのだ。

 

 ——一瞬の静寂が、まるで永遠のように流れ去る——。

 

「!」

 特に掛け声をかけるでもなく、お姉ちゃんと夏凜さんは示し合わせたが如く得物を振るって駆け出した。その勢いはまさに疾風怒濤。

 しかし、園子ちゃんは表情一つ変えず、先ほど以上に素早く、そして正確に槍を振るった。

「な!」

「しまっ……!」

 一陣の風となったその槍は、迫る二人を大いに切り裂いた。二人の剣先は相手に届くことなく空しく宙を切り、カツンと床を叩き、そのまま倒れ伏した。

「だっ、大丈夫!?」

 私は慌てて二人に駆け寄った。

「腹ぁバッツリ切られた……」

「最後に……高級にぼし……食べたかった……」

「二人とももう少し悲壮感のあること言いなよあああしっかりしてー!」

 私の切なる思いも空しく、切り裂かれた二人は例のごとくPON!と弾けて紙吹雪と共に霧散した。

「お姉ちゃんー! 夏凜さんー!」

 ここまで来て、私一人になってしまった。

 そんな私の肩を、園子ちゃんはトンと叩く。

「落ち込まないで樹ちゃん、これは夢なんだから」

 これは夢なのだから、みんなが本当にいなくなってしまったわけではない。この建物から出て、学校に戻ればそこにはいつもの明るい勇者部がある。優しい日常がある。

「さっきから何度も『ああ、夢で良かった』って、思わなかった? 現実に戻れば、そうはいかない。どんなに辛くても、どんなに苦しくても、どんなに悲しくても、それを受け止めて、ずっと過ごしていかなければならない」

 その声はとっても優しさに満ちていた。私たちの事を心から気に掛けてくれている。

 私は振り向いて、訊き返す。

「園子ちゃんは、それで満足してるの?」

「私もね、よく自分で夢を見るんだ~。こうやってね……」

 言うや、園子ちゃんの両隣に人影が現れた。さっきの『ミノさん』とかいう女の子と、もう一人……凛とした、でもどことなく優し気な女の子だ。あと胸が大きい。ふざけやがってぇ。

「大切な友達と一緒に過ごす夢を作るんだよ~」

 周りの景色も、さっきまでの殺風景な部屋から一転、春の陽光が降り注ぐ公園へと変化した。芝生は柔らかく萌えていて、小道の傍には何本もの桜が花を咲かせている。

 季節と景色は巡りかわり、夏の海辺、秋の山、冬の校庭、クリスマスやお正月の彩が施されたショッピングモールなど、それは賑やかなものだった。

「私達はね、ちょっと事情があって、すぐに別れることになっちゃったんだ~。もっと一緒に、たぃさん遊びたかったんだけど……」

 一瞬、園子ちゃんの笑顔に影が差した。でも、すぐに持ちなおして、

「だから、こうやって夢の中でたくさん遊ぶんだ~。夢の中なら、悲しみもない」

「でも、どう言ってもこれは夢だよ」

「現実はあまりにも辛い。それなら、夢の中でゆったりした方がいい」

 園子ちゃんの物言いは極端なことに思えた。

 でも、私の心はどこかでこの夢に留まりたいと囁いている。

 『勇者(コマンドー)』という非日常が、遠からずに大切な日常を壊してしまうのではないか。大切なものを、すべて奪い去ってしまうのではないか。そんな怖さが、夢の世界を魅力的にしていて……。

「夢も現実も、所詮は意識の産物。なら、一緒に夢の中にいた方が幸せだよ~」

 園子ちゃんはそう言うと嬉しそうに両サイドの女の子を抱き寄せた。

 すると、その時————。

 

「園子はさ、本当にそれでイイの?」

「———え」

 園子ちゃんが驚いて横を見る。声を上げたミノさんは、朗らかな笑顔を顔に湛えていた。

「苦しみも悲しみもないけど、所詮は夢だろ?」

 その言い方は、とても気軽で、なおかつ諭すようにも感じられた。ミノさんは私を見やると、「犬吠埼さんもさ、そう思うだろ?」

「えっ……うん、まぁ」

「なんだよツレない返事だなー……ま、いいけどさ」

 ミノさんはアハハと快活に笑う。そんな彼女にしばし呆然としていた園子ちゃんだったけど、自分を取り戻し、ちょっとだけ語気を強めた。

「でもミノさん……! 夢から覚めたら、辛いだけじゃない。だから私はこうやって、みんなで一緒に……」

「園子」

 ミノさんは顔を引き締め、園子ちゃんの顔を見据えた。そして、小さな子供に言い聞かせるようなはっきりした喋り方で、同時に私にも言い聞かせるが如く、

「所詮は夢だ。どんなに取り繕ったところで、三ノ輪銀も、鷲尾須美も、帰ってこないんだ」

「でも……」

「でもじゃない。現実から逃げて引き籠ってるだけだ。行動しなきゃ、何も変わらないだろ」

 園子ちゃんは何か言いたげに口を数回パクパクさせた。そして、顔を伏せるとその場にペタリと座りこんでしまった。

 そんな園子ちゃんの頭をポンポンと撫でるように叩くと、ミノさんは私を見やった。

「ごめんな、巻き込んじゃって」

「いえ……それより……」

 私は辺りを見渡した。

 周りの風景はいつの間にか殺風景な大部屋に戻っている。しかし、外に出る扉の類は部屋の入り口しかなくて、どうやれば夢から脱出できるのか見当もつかない。

 でも、ミノさんは私の心配を他所に一つ笑うと、 

「それなら大丈夫」

と親指を立てた。

 それとほぼ同時……。

 バルルゥウウウウン……。

 盛大なエンジン音が響く。音は、見る見るうちに近づいてきた。

「ほら来た」

「え?」

 次の瞬間! 

 轟音と共に入り口の扉が吹き飛ばされた。爆風が私を襲い、煙が濛々と立ちこめる。

「な、なに?」

 すると、立ちこめる煙の中に、嫌というほど見慣れたおおきな筋肉の影が現れた。その影は、煙から抜けるといつものように挨拶をかました。

I'm Back(戻って来たぜ)

「た、大佐!」

 嫌というほど見ている筋肉が、今はとてつもなく愛おしく感じられる。

 私は思わず大佐に駆け寄った。

「大佐、遅刻ですよ」

「道が混んでた」

「ならしょうがないですね……あの、ベネットさんは?」

「見送ってきたよ」

 おおよそパイプ串刺しの刑に処されたのだろう。大体予想がつく。

 今はそんなことより大事なことがあるのだ。

「大佐、夢から脱出しましょう!」

「OK!」

「OKって……方法は解るんですか?」

「ノープロブレムだ。信用しろ」

 そう言うと大佐は破壊した入り口に歩いて行き、そこから一台のオートバイを引きずり出した。おそらく、それでここまで駆け上がってきたのだろう。さっきの盛大なエンジン音の正体だ。 

「夢からの脱出方法は簡単さ。起きると忘れてしまうだけで」

 ミノさんが私に言う。

「方法って?」

「『この夢から覚めたい』と念じる」

「……それだけ?」

「そっ。それだけ」

 でも、それなら私は幾度となく夢から覚めたいと思ってきた。それにも拘らず、現に今も夢の中だ。

 それを言うと、またもミノさんは「簡単さ」と笑った。

「本心では夢から覚めたくないと思っていたんだ。今は、どうか知れないけど」

「はぁ……」

「おい樹、準備が出来たぞ。来い」

「あっ、はい!」

 大佐を見やると、バイクにまたがってバルルンバルルンとエンジンを吹かしていた。

「えっと、何してるんです?」

「良いから。後ろに乗るんだ」

「いいですけど……何を考えてるんですか?」

「信用しろ」

 すごく嫌な予感がする。

 でも、夢から脱出するには大佐の指示に従わざるを得ない。私は腹を据えてバイクの後ろにまたがった。

「しっかり掴まってろよ」

「はい。……あの、どうもありがとう」

 私は園子ちゃんの傍に立っているミノさんにそう言った。彼女は笑顔で私に手を振り返す。

「よし、行くぞ」

 大佐はそう言うと、エンジンの回転数をさらに上げた。

 ちなみに、バイクの進行方向には大きな窓ガラスがあって、その先には大空が広がっている。地上数十階に相当するこの部屋から飛びだそうものなら、まりがいなく死ぬ。

 そして大佐はいま、間違いなく飛びだそうとしている。

「行くぞ! ターボタイム!」

「えっちょっと」

 私の言葉を封じるようにバイクは加速する。広い部屋をあっという間に駆け抜け、ガラスを突き破ると、そこはすでに大空だった。

「えっ」

 眼下には街が広がっていて、人がようやく見えるくらい小さく動き回っている。

 すぅっ、と身体を嫌な浮遊感が襲う。

「ええええええ!?」 

 私達は凄まじい勢いで落下を始めた。強い風が身体を叩く。このままいけば数秒後には地面に激突してしまうだろう。大佐ならなんてことないかもしれないけど、私はごく普通の人間だから普通に木端微塵である。

「樹、夢から覚めたいと念じろ」

 落下しながら大佐が叫ぶ。

「そんなこと言ったってぇぇぇ」

「どうした!? 結局夢のままがいいか!? ほら唱えろ! チチンブイブイ!」

「ままま待ってくださいよぉ!」

 地面はみるみる迫って来た。

「わ、私は……!」

 勇者部のみんなやクラスの友達の顔が頭の中で駆け巡る。もしかして、走馬灯ってやつ?

「私は……!」

 地面が、視界いっぱいに広がる。

 そして————。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「んあ……」

 朝日がカーテンの隙間から私の顔に差し込んでいた。外からは鳥のさえずりが聞こえる。

「夢……」

 ムクリと身体を起こして、大きく背伸びをした。

「あー、何ちゅー夢……」

 内容はよく覚えていないけど、ジャングルでプレデターと戦ったり、私がサイボーグに改造されたりと、まぁ脈絡がない疲れる夢だったことは確かだ。

 ボーとしていると、エプロンをつけたお姉ちゃんが部屋に入ってきて「おっ」と驚きの声を上げた。

「樹が自分で起きてる……今日は雪が降るわね」

「も~ひどいよお姉ちゃん……」

 昨日の天気予報で今日は夏日だと言っていた。雪が降ることは無いだろう。

「あはは、冗談よ。さ、朝ご飯もうじきできるから、顔洗って着替えてきなさい」

「はーい」

 

 

 ※

 

 

 

「あっついねー」

 その日の放課後、灼熱の渦に包まれた部室で友奈さんが呻いた。

「そうね。でも、旧世紀はもっと暑かったらしいわよ?」

 何でも、夏の湿度が高かったらしい。つまり、街中がサウナ状態だったというわけだ。それはたまらない。

「湿度ってわかる夏凜ちゃん? 空気のジメジメ度だ」

「友奈ぁ、アンタ私の事馬鹿にしてるでしょ」

「ご冗談!」

「変な掛け合いしてないで~。全く、今日は変な夢見て体調悪いのに……」

 お姉ちゃんがボソリと呟く。すると、友奈さんが、

「へ~、風先輩も変な夢見たんですか」

「『も』って、友奈も変な夢見たの?」

「はい。よく覚えてないんですけど……」

 友奈さんはウ~ンと頭を捻って夢の内容を思い出そうとした。

「なんか、ワニに食べられたような……」

「友奈ちゃん偶然ね、私もワニに食べられたわ」

 東郷先輩が何故か嬉しそうに言う。対して、それを聞いていた夏凜さんは、驚きの声を上げた。

「ちょっと、私はアンタ達二人がワニに食べられる夢見たわよ」

「私もよ」

 お姉ちゃんも同意する。そして、私も見たという事を伝えると部室に寒い空気が流れた。

「何これ怪談……?」

 お姉ちゃんがブルルッと震える。お姉ちゃんは幽霊とかそういう類がすこぶる苦手なのだ。

 しかし、奇妙なこともあるものだ。みんな一様に、同じような夢を見るとは。

「大佐はどんな夢を見たんですか?」

「ん? 俺か」

 大佐はいつものように銃を磨いていた。その手を止めて、しばし考える。

「妊娠する夢を見た」

「…………」

「……部室の気温が下がったわ」

 なんと、醜い夢なんだ……。 

 でも、そんな感じの夢も見や気がする……ホント、夢ってのはなんでこんなに滅茶苦茶なのだろう。

「ま、そんな気味の悪い話は置いといて、ジョン! 樹と迷子の猫探ししてきて」

「了解した。樹、行くぞ」

「はーい」

 猫の捜索は大佐のバイクで行う。効率を上げるため二人乗りをすることになっていて、一番小柄な私が同行するのだ。

 外に出ると、爽やかな風が吹いていた。空はどこまでも高く、私達の前途を思わせる。

「置いてくぞ」

「ああん待ってください」

 私が大佐の後ろにまたがると、バイクは唸りを上げて走りだした。

 今日も世界は穏やかで、平和だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ほんと、勇者部はすごいよね~」

 

 

 

 

 

 




 そういうわけで最終回です。アリアスございました。
 DVDも全部でたし、ラジオも終わっちゃったし、あとはニコ生残すだけで、ああ、ゆゆゆももう終わりなのかぁ、と思います。まぁ、僕自身はこんな訳わかんないもの書いて自分の中のゆゆゆブームをもう少し噛みしめているつもりなんですけどね。園子様が勇者部に入って以降の話も少し書きたいし。国防仮面とか、彼女いったい何者なんでしょうね?

 拙作をよんでくださっているということは、少なくともゆゆゆかコマンドー、もしくはその両方が好きな方だと思うので、是非気が向いたら、未だ数の少ないゆゆゆSSだったり、ハーメルンにほぼないと言っていいコマンドークロスSSを書いてみてください。

 まぁ反省点の多々あるSSでしたが、書いててとても楽しかったです。その作者の自己満足的な楽しさが、お付き合いくださった読者の方々にも多少なりと伝わっていたなら嬉しく思います。

 その後の園子的要素を含んだ話を数話考えてるので、いずれ『元コマンドーである』の方に投稿するかもしれません。プロット的なものを完全排除してるので支離滅裂かもしれませんが、これよりかは勢いがあると思います。気が向いたら覗いてみてやってください。

 だらだらと後書きを書いてきましたが、これで最後です。皆様、お付き合いくださりありがとうございました。疲れている故、ネタ成分少なめなのをお許しください。コマンドー見て寝ます。疑問点などがあれば、感想欄に書くなりメッセージ送るなりしてくださいませ。作者的にも「実はこここうなんだぜ」と意味もなくドヤできるので嬉しいです。
 本当にありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。