その人は何処へいった?   作:紙コップコーヒー

10 / 35
10.ザ・ブラック・パレード

「―――こちらは放送部です…。これより学園内は―――」

 

 

大停電を知らせるアナウンスが麻帆良学園全体に鳴り響く。

ほぼ同時刻に麻帆良を照らしていた光は消え去った。

いつも暖かな様子の街は冷えた闇黒に沈み、人々が小さな灯りで闇夜を照らすが、それはあまりに儚く今にも闇夜に呑まれてしまいそうだ。

学生たちは普段とは雰囲気の異なる街の様子に、内心怯えながらも軽口をたたき合いながら部屋に引き篭もり、いつもの麻帆良が戻ってくるのをじっと待った。

 

 

―――そしてそれは最も正しい選択だ。

 

 

これからは麻帆良は魔法使い同士の決闘の場と化す。

 

主役はまだ未熟な魔法使いにして未来の英雄の雛鳥。

それに対するは、稀代の魔法使いにして悪の吸血鬼。

 

 

街に住む他の魔法使いたちは息を潜めてその舞台を見守る。

これは未来の英雄に対する試練であると。

多少独善的ではあるが、それほど正義を目指す魔法使いたちにとって過去の英雄(スプリングフィールド)の名は目を晦ませるほどに眩し過ぎる。

決してその場を乱さぬよう、静かに速やかに麻帆良に侵入してくる無粋な輩を排除する。

 

 

そして独自の筋書きを描いて、その舞台を都合の良い様に改変しようとする者。

彼の暗躍はいまだ誰にも気づかれず着々と進行していた。

彼はこれからの起こるであろう出来事、そして未来を想像して喜悦の表情を漏らす。

 

 

 

ただ今は本屋店員である司書見習いだけが、これから起こるであろう出来事を知らなかった。

 

 

しかし諸君、何も心配する必要は無い。

 

 

 

―――彼はあと数刻もしない内に、それらの渦中に放り込まれる事になるのだから。

 

 

 

奇しくも彼女からの着信を合図に、魔法使い達の夜は始まった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その人は何処にいった?

 

「ザ・ブラック・パレード」

 

 

 

 

「今から11時に麻帆良大橋にですか?」

 

『ああ、頼むよ。大事な話があるんだ…。』

 

 

いつもと比べ少し眠たげな声で千雨さんが電話を掛けてきた。それに若干の違和感を感じつつ了承する。

 

 

「別に構いませんが。…何か大丈夫ですか?眠そうですが。」

 

『…ああ、大丈夫だ。では11時に麻帆良大橋で。』

 

 

言うだけ言うとブツッと通話が切られる。

 

やはりいつもと雰囲気が違うな。

 

長谷川千雨という少女は口こそ悪いが、普段は礼儀正しい少女だ。

自分から仕事中に電話を掛けてきて、用件を言うだけ言って挨拶もなしに通話を切るなど、彼女らしくない。

11時に寮の門限を破ってまでしなければならない大事な用事なのか。

 

先日、あれほど軽挙妄動は慎む様に言ったばかりである。

にも拘らず、学園中が停電している日に?麻帆良の端っこの麻帆良大橋まで?夜中の23時に?

 

・・・めちゃくちゃ怪し過ぎる。

 

しかしあちらに行かないという選択肢はない。

あの電話の声は間違いなく千雨さんの声だった。

 

 

昨日の今日でもう何か厄介な事に巻き込まれたのか?

確かに今日は学園都市全体が停電しているから、不埒な輩が不穏な事を考えないとも限らないが。

 

しかし、なぜ私を指名する?

ここでは大人しくしていたし、第一私の素性を知っている筈が無い。

 

 

…考えすぎか?

千雨さんが普通に大事な話をするために呼び出した可能性もある。

さっきの電話はイラついていたから?

 

 

情報が少なすぎる。

 

もし何かの罠だったとしても、千雨さんの身柄は少なくとも自分に敵意のある人間の下にあるという事になる。

 

そんな事は許容出来ない。

長谷川千雨は自分にとって掛け買いのない友人だ。

ならば自分は死力を尽くして彼女を取り戻そう。

 

何にもなかったら笑い話で済む話だ。一応準備はしておくか。

 

 

「はぁ結局ここでもドンパチか…。ここでは平和に過ごせると思ってたのに。」

 

 

彼はボヤキながら店長に早退する旨を告げ、部屋に戻るなり押入れからトランクを引っ張り出した。

彼が何かを唱えるとばかんとトランクが開く。

 

そこには銀製のナイフや型落ちした古い拳銃、半ば折れた剣みたいなモノや禍々しい気配を放つナニカの皮で装飾された本、そもそもの用途が良く判らない物までぎっしりと詰まっていた。明らかにトランクの容積と中身の量が釣り合っていない。

あちらはトランクの底の方から茶色いコートを引っ張り出すと、しばらくそれを眺めさっと羽織った。

宝石を幾つかポケットに入れると、彼はトランクを閉じて封を施し、押入れに蹴り入れた。

その光景を、あちらにトランクを贈った瀟洒なメイドが見たら大層お怒りになるに違いない。

 

 

「ふぅ、さて往くか。」

 

 

約束の時間までいくらかの時間がある。

使わないに越した事はないが、年の為に保険を打っておくか。

 

 

迷子あちらが表舞台に立つまであと少しの時間があった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの主役たちの舞台も佳境に入りつつあった。

 

 

「アハハハ!ほんとうによくやるじゃないか、あのぼーや!!」

 

「マスター、残り時間に御注意を。停電復旧まであと72分21秒です。」

 

「わかっている。そろそろ決着をつけてやろう!!」

 

 

エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルは上機嫌だった。

久々の魔力全開状態でそれに伴う開放感と全能感に気分が高揚していたというのもあるがそれだけでない。

 

ぼーやと戯れるのが楽しくて仕方ない。

 

最初は忌々しくも愛しいあの男の息子ということで、唯の甘ったれなら死ぬまで血を吸ってやろうと半ば八つ当たり気味に考えていた。

実際初めての戦闘では体液を搾り取る寸前まで行った。

しかしあのぼーやは意外な善戦を見せ、拘束された後でも気丈に涙を見せる事無く、足を震わせながらも歯を食いしばって立ち向かってきた。

 

そしてその結果、神楽坂明日菜が間に合った。

 

初めて麻帆良に来た時に比べ、精神的に成長している様だった。

良い出会いが麻帆良であったのだろう。

 

つい先日も風邪で休んでいる私の家を訪問してきて見舞いだとぬかしおった。

 

おまけにしっかりと私の目(・・・)を見て、私に対して授業に出ろとまで言ってきた。

 

 

 

―――ついこの間、殺意を持って自分を殺そう(・・・・・)とした相手に向かって!

 

 

―――10歳の見習い魔法使い(ひよっこ)が!この闇の福音(ダーク・エヴァンジェル)に!!

 

 

 

あまりの衝撃にしばらく呆然としてしまったが、心底愉快になって、数年振りに涙を浮かべて大笑いしてしまった。

 

 

間違いない。

 

 

《闇の福音》エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルが保障しよう。

 

 

―――この馬鹿はあの大馬鹿者(ナギ)の息子だ!

 

 

少し前に来た愚か者の所為で悪かった機嫌も良くなっていく。

この時点でもう私にはぼーやを殺す積もりが無くなっていた。

 

ただネギ・スプリングフィールドに興味が涌いた。

 

 

この闇の福音を麻帆良の魔法使いどもが出汁に使おうと画策しているのは知っていたが、もうそんなのは関係ない。興味がない。

 

 

ただただ私はお前に興味がある!

 

あの15年の窮屈で退屈な日々も、この日の為のスパイスならば悪くない!!

 

 

さぁ私にもっと魅せて見ろ。

 

これが貴様の限界ではないはずだ!ネギ・スプリングフィールド!!

 

 

「『こおる大地』!!!」

 

 

麻帆良大橋のすれすれ低空を飛んでいたぼーやを、地表に生やした巨大な氷柱で叩き落す。

ぼーやは地面に叩き付けられて動けないのか蹲っている。

ん?ここは…

 

 

「なるほどな。この橋は学園都市の端だ。私は呪いで外に出られん。」

 

 

私は自分自身が思ってもいない事をぼーやに問い掛ける。

 

 

「ピンチになれば外へ逃げればいい…か?意外にせこいじゃないか、先生?」

 

 

何故ならぼーやは傷だらけで倒れ伏しながらも、眼は未だに諦めていなかった。

 

 

「これで決着だ。ふふ。」

 

 

さぁお前の誘いに乗ってやる。

乗った上でその思惑を食い破り、お前を屈服させてやろう。

 

エヴァンジェリンがその一歩を踏み出した瞬間、足元で魔方陣が発動し捕縛結界が吸血鬼とその従者を縛り上げた。

 

 

「な…ッ!?」

 

「……!」

 

 

エヴァンジェリンは発動する寸前まで感知できなかった結界の隠密性と、そこに彼女たちを自然に誘導した手並に驚愕した。

 

おまけに発動している捕縛結界は対象の魔力を吸い取ってより強固になる種類のものだ。

性悪な事に結界を解除しようとすると、術式自体がころころと入れ替わる。これでは時間を掛けて共通解を探すか、一気にすべての式を解くしかない。

 

たかが魔法学校を卒業した見習い程度に構築できる代物ではない。

 

 

「ふふ…はははは、アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ!!」

 

 

さすが、さすがだ。ネギ・スプリングフィールド。

まさかここまでとは思わなかったぞ。

 

だが悲しいかな。

 

お前の敗因は従者の存在を盾ぐらいにしか思わなかったことだ。

 

 

「茶々丸。」

 

「ハイ、マスター。」

 

 

作動音の後、捕縛結界は一気にすべての式の解を暴かれて砕け散った。

 

 

「え?…ッ!! ラス・テルッ!?」

 

 

ネギは最後の勝機があっさりと消失してしまったため、一瞬呆然としてしまった。

それは百戦錬磨の吸血鬼の前では致命的な隙であり、気がついた時にはあっさり杖を奪われて拘束されてしまった。

 

ネギは魔法発動体を奪われ、糸で全身を拘束された。

エヴァンジェリンはネギに馬乗りになり、顔を近づけ耳元で囁く。

 

 

「今日はよくやったよ、ぼーや。だが一人で来たのは無謀だったな。」

 

「これはエヴァンジェリンさんとボクの問題です!生徒の明日菜さんを危険な目に晒せません!!」

 

「…そうか。そこまで言うなら何も言うまい。

さて勝利の美酒は勝利者の権利。そして私は悪い吸血鬼だ。

 

 

―――血を、吸わせてもらおうか。」

 

「うううぅ…」

 

 

やはり怖いものは怖いのか、ネギはギュッと目を瞑った。

 

 

…ほぼ半裸の金髪美幼女が、縛られた涙目の美少年に、馬乗りになって首元に口を寄せている。

 

 

なにやら背徳的で淫靡な雰囲気が周辺に満ち始めた。

茶々丸は後ろで録画機能を全開にしながらも、止めるべきかおろおろしている。

 

正史では神楽坂明日菜とアルベール・カモミールが救援に駆けつけて来たが、彼らはまだ来ない。

いや来れないと言うのが正しいが。

 

 

あわやネギの貞操は停電中の橋の上という、ムードもへったくれもない場所で散らしてしまうのかというまさにその時。

 

 

麻帆良大橋を支える主塔の陰から一つの人影が出てきた。

人影は睦み合っている様にしか見えないネギ達の方を見て一言呟いた。

 

 

「あ―…あまり母体が出来ていない内は、避妊した方が無難ですよ?

ていうかネギ君、10才ですよね?アレ(・・)は通ってるんですか?」

 

「普通、そっちですか?」

 

 

ネギとエヴァンジェリンが突然現れた人影とその台詞の内容の最低さに唖然としている中、茶々丸は人生?で初めて赤の他人につっこんだ。

 

ようやく冷静になったネギが聞き覚えのある声の人影に問い掛ける。

 

 

「あ、あちらさん?」

 

「はい、あなたのメル友、迷子あちらですよ。」

 

 

本屋店員はいつもと変わらぬ様子でそれを肯定した。

 

 

 

 

 

 

 

 

麻帆良大橋を支える主塔の陰から出て来たあちらは困惑していた。

 

早めに来たあちらは橋の中央に不穏な気配を感じ約束の時間まで主塔の陰に隠れていたが、時間になってやってきたのは千雨ではなく、派手に魔法を射ち合っているネギ君と膨大な魔力を纏った幼女と従者らしきガイノイド。

先ほど不穏に感じていたのはネギ君の仕掛けていた魔方陣で、幼女と従者は捕らわれてけどあっという間に逆転して、そしていきなり濡れ場に突入。精通来てるの?

 

隠れている積もりだったのに、思わず出てきてしまった。

 

ここまでの状況を整理しよう。

 

 

千雨?に呼ばれる

 ↓

麻帆良大橋に来る

 ↓

ネギ君と金髪幼女が戦いながらやって来る

 ↓

ベットシーン突入←今ココ!!

 

 

 

・・・なるほど、わからん。

 

千雨さんはどこだ?これとは無関係なのか?

 

 

「…それよりもネギ君、そして金髪のお嬢さんに機械のお姉さん。

一つお尋ねしたいことが有るんですがよろしいですか?」

 

 

そのとき金髪幼女とガイノイドの瞳が紅く灯った様な気がした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうあちらに問われた瞬間、跳ね起きたエヴァンジェリンと茶々丸は臨戦態勢に入った。

 

完全に表情が抜け落ちている。

 

それなのに二人とも瞳は淡い紅に妖しく光り。

 

まるで人形だ。容姿の良さがさらにそれに拍車を掛ける。

 

ネギは二人の雰囲気が変わったのを感じた。

 

 

「エ、エヴァンジェリンさん?どうしたんですか?」

 

「――――――。ここに一般人がいるはずが無い。あれは侵入者だ、ならば排除しなければ。」

 

「――――――。肯定。防刃、防弾コートのようです。一般市民には入手困難かと。」

 

「そんな!あちらさんは唯の本屋さんの店員さんですよ!?」

 

「…迷子あちら、麻帆良データベースから該当一件。

 

迷子あちら。麻帆良商店街「まほら書店」所属。履歴・経歴白紙。

魔法関係者登録はありません。」

 

「ちッ、長期潜伏工作員か。こんな時に。…茶々丸!!」

 

「イエス、マスター。プロテクト解除。モードリリース。オープン。」

 

茶々丸は背中のバーナーを点火し、一気にあちらに肉薄する。

 

 

「ちょ、」

 

 

格闘プログラムに従い慣性モーメントを操作して、勢いを殺さずにすべての速度を拳に乗せあちらに放つ。そのまま教本に載るようなパンチをあちらの顔面に叩き込んだ。

 

哀れあちらは潰れたトマトになってしまいました…とはギリギリならずに、茶々丸のパンチを両腕で受け流しその場を急いで離脱した。

 

 

「お、思い切りが良すぎますよ!!話を聞いてッお!?」

 

 

しかし茶々丸は離脱を許さず、あちらにぴったりと張り付いて追撃を開始した。

茶々丸の拳戟を完璧に受け流している筈なのに、余りのパンチ速度に防御に優れたコートは両腕表面は摩擦熱でズタズタに裂け、何度も拳を受けた両腕は段々威力を殺しきれなくなり骨に罅が入っていく。

 

 

「やめてください!茶々丸さん!その人は魔力を使っていません!普通の人ですよ!!」

 

「普通の人が本気の茶々丸を捌けるものか。

 

茶々丸何をやっている!ハヤくコろセ!」

 

 

茶々丸が拳や蹴りを放つ度に、あちらのコートはボロボロになり、肉体は少しずつ損壊して血まみれに成って行く。

 

本来であればここまで一方的な展開にはならないのだが、戦闘があちらの予期せぬ形で開始されてしまった。

 

身体強化を施そうにもそれも出来ない。

あちらは自前の魔力を持っていないため、外からの供給に頼るしかない。

しかし不用意に近づいてしまった為、準備してあった魔力を込めた宝石をポケットから取り出す事も出来ない。

 

離れて使おうにも、ぴったりと茶々丸がくっ付いて離れない。

今あちらは持ち前の反射神経と動体視力で戦っている。

それでも未だに致命傷を負っていないのは、これまでの旅の経験のおかげと言えた。

 

だが均衡は、切っ掛け一つで簡単に崩れ去った。

 

 

「が!?」

 

 

米神への回し蹴りを間一髪で腕を差し込んで受け止めたが、勢いは止まらずに地面に頭から叩き落された。

代償に右腕が完全に壊れた。

右腕が使えなくなったため、防御が間に合わず顔を蹴り上げられて鼻が削げ落ちた。

その場を転がって頭部への踵落しを回避する。その勢いを殺さずに急いで立ち上がるが茶々丸の裏拳をわき腹に受けなにかの内臓が破裂した。

専門家でもないため、どこの内臓かは解らない。場所からして胃か脾臓か。

込み上げて来る血を白痴の様に口から垂れ流し、何とか倒れず踏みとどまるが、立っているのが気に食わないとばかりに今度は左膝の皿を蹴り抜かれ、たまらずあちらは壊れた人形の様に崩れ落ちた。

 

 

その隙を見逃すはずも無く、あちらを死者の参列(ブラック・パレード)に加えるべく茶々丸は鋼鉄の拳を彼目掛け振り下ろす。

 

 

ゴッガバキッぐちゃ

 

 

あとはひたすら肉を殴打する音が辺りに響いた。

辺り一面には血と肉片が飛び散り、月明かりが惨劇を演出していく。

 

 

「茶々丸さん!やめてください!!あ、あちらさんが、あちらさんが死んじゃいます!!!

 

エヴァンジェリンさんも辞めさせてください!!ボクの血を吸ってもいいですから!!我慢しますから!!!その人を殺さないで!!」

 

「えエい、ハナせ!茶々丸ソこヲドけ!!」

 

 

ネギは自身が縛られている事を忘れているのか、転げ周りながら必死に彼に駆け寄ろうとしている。

主人のからの合図に茶々丸はそこから飛び下がった後には、弱弱しくも砕けた手でポケットから何かを取り出そうともがいているあちらの姿があった。

その様は哀れな糸の切れたニンギョウのようだ。

 

 

「逃げてくださいあちらさん!!」

 

 

ネギの悲痛な悲鳴が辺りに響き渡り、

 

 

「イいかゲンニしネ。『氷神の戦鎚』。」

 

 

 

 

 

ぺちゃぐちゃりと神の戦鎚の名に相応しい巨大な氷塊が彼を押し潰した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。