その人は何処へいった?   作:紙コップコーヒー

13 / 35
13.ある物語の結末

麻帆良学園にある一軒のカフェテリア。

 

そこには平凡な顔立ちの黒髪の青年と、今時珍しい丸眼鏡を掛けた中等部の制服を着た女の子が座っていた。彼らの目の前にはコーヒーが二つ。

 

 

「・・・で?つい苛々してフェルナンドの顔面を蹴り飛ばしたと?」

 

「ついカッとなってやった。反省はしていない。

気持ち良かったし、もう二、三発蹴り飛ばしておけば良かったと思ってる。」

 

「はぁ・・・。

あまり心配を掛けないで下さい。

ふらふらフェルナンドに歩み寄っていった時は、またギアスか何かかと肝を冷やしましたよ。」

 

「・・・その、心配掛けて悪かったよ。」

 

「私も蹴っておけばよかったですね。」

 

「は?」

 

 

 

 

 

 

 

 

―――あの後は大変だった。

 

千雨さんは闇黒闘気を垂れ流してフェルナンドの頭を踏みつけてるし。

エヴァンジェリンさんは借りを返し損なったと不機嫌になるし。

茶々丸さんは何故かチラチラとこちらの様子を伺ってくるし。

 

ネギ君の怪我と汚れをはさみを使って切り取り、惨劇に関する記憶も切り取る。

あれはまだ精神が十分に熟成していないネギ君には毒でしかない。

彼は私と大橋で会う直前までの事しか覚えていないだろう。

 

 

神楽坂明日菜とオコジョ妖精がネギ君を探しにこちらにやって来ると、私と千雨さんは脱兎の如く逃げ出した。

 

私は身内の千雨さんが巻き込まれたから事態の収拾に乗り出したのだ。

 

最初から麻帆良での騒動になんか首を突っ込むつもりなんかさらさら無かったし、元々私は身分を詐称している部外者だ。ここで私という存在が学園側に露呈して面倒事に巻き込まれるのは御免である。

千雨さんもこれ以上非常識な世界に関るのは御免だと一緒になって逃げ出した。

 

 

 

 

 

―――気絶しているネギ君とフェルナンド、その他諸々の後始末をエヴァンジェリンさんに丸投げして。

 

 

 

全速力でその場を走り去りながら、背中越しのエヴァンジェリンさんの罵詈雑言を聞き流した。

 

おい貴様らどこに行くんだ。まさか私に事情の説明とか全部押し付ける気じゃないだろうなっておい全速力で走り去るんじゃない!!茶々丸そいつらを捕まえろ!え?嫌?あちら様の不利益になることはしたくない?そんな事を言っている場合って速!?もういない!?ええい!どうするんだ!本当の事を言うわけにもいかんし!この馬鹿の事とかはどう説明すればいいんだ!!ちッ、おい!これで借りは全部チャラだ!!後日ちゃんとした説明をして貰うからな!おい聞いてるか!後で覚えてろよ!!!て、おーい!!!

 

 

 

あーあー聞こえなーい聞こえなーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

―――あの後は大変だった。

 

 

エヴァンジェリンさんが。

 

 

 

 

 

 

今日の朝方、どうやって調べたのかは知らないが、私に茶々丸さんからメールが有った。

内容は簡潔に指定の時間にこのカフェテリアまで来て欲しいとの事だったが、それにしてはやけにスクロールバーが余っている。

バーを一番下まで下げてみると文字が打ってあった。

 

 

 

      kor s .

 

 

 

・・・エヴァンジェリンさんは一体何て書く積もりだったんだろう?

 

深く考えると戻れなくなる様な気がしたので速攻でメールボックスを閉じた。

きっと茶々丸さんが入力を間違えたにちがいない。うん。

 

これで約束の時間に遅れようものなら・・・・・・考えたくも無い。

身の危険を感じ、かなり早めにカフェテリアに行くと、"なぜか"同じ考えの千雨さんとばったり遭遇した。すこし千雨さんの顔色が悪いが、それを指摘すると私もなのだそうだ。

少し話し合ってメールのあれは茶々丸さんの打ち間違いという確信(願望)にいたると、後はエヴァンジェリンさん達の到着を待つだけとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「・・・お前な。あんだけフルボッコにしておいて、まだ足りなかったのか?」

 

「当然じゃないですか。

千雨さんが危険な目に遭わされたんです。足りないぐらいですね。」

 

「ぁ・・・。」

 

 

ストローを持った状態で千雨さんが固まった。ちょっと顔も赤い。視線が横に泳いでいる。

ここでさすがに風邪か?等とは考えない。この普段クールぶっている少女は照れたのだ。

この友達は普段斜に構えている分、ストレートな言葉に弱い。

あーうーと呻りながら言葉を捜している。

 

・・・学校でもこういう姿を見せたら、友人が沢山出来るだろうに。

 

 

「・・・ぁ、ありがとう・・・・・・。あたしも

 

 

「―――貴様ら、私に事後処理を丸投げしておいて乳繰り合うとは良い度胸だなァ?」

 

 

うァわわわわあああああああああああああ!!!!!!??????」

 

 

後ろから声を掛けられた千雨は文字通り飛び上がった。

ぐしゃりとストローを握り潰す。

 

 

「ママママ、マクダウェル!?ててててめぇちちちち乳繰り合うって!!!???」

 

「フン!こっちはさっきまで忌々しいジジイに呼び出されていたんだ。

 

やっとそれが終わって来てみればなんだ?

ストロベリートーク?おい、それはナギに振られた私に対する当て付けか!?

カップル爆発しろ!!!」

 

「意味分かんねぇよ!?」

 

 

この二人、意外に波長が合ってんじゃないか?

ギャーギャー罵り合いを始めた二人を横目に見ながら、あちらはコーヒーを啜る。うまい。

エヴァンジェリンに付き添っていた茶々丸がすっとあちらの方へ近寄ってきた。

茶々丸は流れるような綺麗な動作でお辞儀をした。

 

「改めて自己紹介を。3-Aの絡繰茶々丸と申します。以後お見知りおきの程を。

昨晩の一件は誠に申し訳ありませんでした。」

 

「これはご丁寧に。私は商店街「まほら書店」店員の迷子あちらです。

 

謝罪は確かに受け取りました。これで昨晩の事はもう水に流しましょう。

こちらこそ宜しくお願いしますね。絡繰さん。」

 

「あちら様。どうか私の事は茶々丸と呼び捨てになさって下さい。」

 

「では茶々丸さんと。

私の事はあちらと呼び捨てで結構ですよ。様付けはいりません。」

 

「嫌です。あちら様。」

 

「・・・。まぁお好きな様にどうぞ。」

 

「あちら様。あちら様。あちら様。あちら様。あちら様。あちら様。」

 

「・・・。」

 

「・・・ご主人様?」

 

「なにそれこわい。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▼その人は何処にいった?

 

「ある物語の結末」

 

 

 

 

 

 

「では改めて。

もうご存知かもしれませんが、「まほら書店」に勤務している迷子あちらです。」

 

「エヴァンジェリン・A・K・マクダウェルだ。悪の魔法使いにして吸血鬼だ。」

 

 

四人は改めてカフェテリアのテーブルに向かい合って腰を下ろし対談を始めた。

 

 

「ハイデイライトウォーカー、ですか。」

 

「フン。私の事を調べたのか?」

 

「いえ、そこまで失礼な事はしません。真祖の事は知識として知っていただけです。

それに闇の福音(ダーク・エヴァンジェル)の異名は大き過ぎますからね。この世界に初めて潜った時、表裏問わず情報を集めていた時に小耳に挟んだくらいです。

もっとも千雨さんからクラス名簿を見せて貰った時にあなたの名前が在ったのには驚きました。」

 

 

これはもしかして魔法使い達一流のジョークかなにかなのかと思いましたよ。

あちらがからから笑うと疑問に思ったのか千雨が問い掛けてきた。

 

 

「なぁあちら。マクダウェルってそんなに有名なのか?」

 

「あんまりこっちの裏に詳しくない私でも知っている位ですからねぇ・・・。

なんでも悪い子の所には闇の福音(ダーク・エヴァンジェル)が来るんだとか。」

 

「・・・なまはげ?」

 

「永い永い歳月を生き抜いてきた偉大な吸血鬼です。

それほど迄にマクダウェルさんの異名は大きいという事ですよ。」

 

「世界を切り取るお前に言われると嫌味にしか聞こえんわ!!

あと、私の事はエヴァンジェリンでいい。恩人に名を許さないほど私は狭量ではない。」

 

「ではエヴァンジェリンさん。

昨夜の騒動はどの様に話が決着したのか教えていただけませんか。

それ如何によっては身の振り方も考えなくてはなりません。」

 

「ふん。丸投げしておいて良く言う。」

 

 

問われたエヴァンジェリンは目を軽く細めて、あちらを一瞥した。

コーヒーで軽く唇を湿らす。

 

 

「心配しなくても貴様らの名前は出していない。」

 

「昨夜の戦闘はあくまでネギ先生とマスターの私的な模擬戦と学園側には通知してあります。

学園側もマスターの計画を黙認し、それどころか一枚噛んでいた状態ですので、そこは問題ありませんでした。しかし・・・」

 

「フェルナンドですか?」

 

「それも在りますが、学園側が一番問題視したのはマスターの封印が解かれた事です。

明言はされませんでしたが、どうやらネギ先生の敗北が確定した時点で結界の電力を即座に復旧させる保険も有った様です。」

 

「ネギ君が勝ったら良し。

負けそうになったら再封印して勝負を有耶無耶にしてしまおうという事ですか。」

 

 

ちらっとエヴァンジェリンさんを見やると彼女は不機嫌そうにコーヒーを啜っている。

見た目は愛らしくて可憐な少女なのに、不穏な気配がそれを全部台無しにしている。

その気配を怖れてか、周囲のテーブルには誰も居ない。

営業妨害ですねわかります。

 

茶々丸が説明を続ける。

 

 

「一部から再度封印せよという意見もありましたが、ナギ・スプリングフィールドとの約定を根拠として提示し学園長がそれを認め、さらにネギ先生の修行期間まで中等部に在籍する事を条件に話は決着しました。

 

しかし一つ問題が。」

 

「どうやって封印を解いたか。」

 

「ご慧眼です。

あちら様の存在を話す訳にもいかず、理由作りには手間取りました。

しかしそこでフェルナンド氏を起用しました。」

 

 

不機嫌そうにコーヒーを飲んでいたエヴァンジェリンさんが、退屈そうに作り話(カバーストーリー)を話し始めた。

 

 

「ぼーやと大橋で交戦後、勝負は私の勝利で決着。しかし私にはぼーやを殺すつもりも無く、引き上げようとした所をフェルナンドが襲撃。

長々と私の殺害計画を読み上げる。これは茶々丸のレコーダーの中に記録されている。

私が要求を拒否すると逆上。その後、交戦。

なんかよく分からない剣が私に掠ると、なんかよく分からないが封印が破壊される。

その後あの馬鹿を撃破。あの馬鹿はその影響か膨大な魔力と異能を喪失。

今に至る。」

 

「なんだそれ。門外漢の私でもめちゃくちゃだって分かるぞ。」

 

 

今まで黙って話を聞いていた千雨さんが、私の心中をそのまま読み上げた。

エヴァンジェリンさんに事後処理を丸投げした私がそんな事を言うのはおこがましいのかも知れない。

 

だがあまりに荒唐無稽すぎる。学園側はこれを信じたのか?

 

エヴァンジェリンさんはだるそうにしながらも話を続ける。

 

 

「聞け。ばかども。

本来、こんな穴だらけの説明では誰も納得しないだろうがな。

あの馬鹿(フェルナンド)に限って言えば、みんな納得するんだよ。」

 

「フェルナンド氏は学園に赴任直後から裏の夜間警備員も兼任されています。

就任直後の顔合わせで彼は魔法先生との模擬戦を要求。

現にガンドルフィーニ先生その他2名の魔法生徒を戦闘不能に追い込んでいます。

 

その時の戦闘に使用されたのが名称不明の膨大な魔力を内包した剣群なのです。

未確認ですが爵位級の悪魔の石化を解く事が出来たとの情報もあります。」

 

「奴もそれらの異能を隠そうともしなかったし、寧ろ誇示していた。

あいつならやりかねんと奴らは思ったのさ。

 

くくっ、それにあの正義馬鹿共。

よっぽど大好きな英雄の卵を得体の知れない男に預けておくのが気に喰わなかったんだろうな。

これ幸いと一部の奴らが馬鹿の本国強制送還を提案している。

アホらしくなって途中で出てきたがな。」

 

「フェルナンドは抗弁しなかったんですか?」

 

 

あちらの問いにエヴァンジェリンは、先程の心底愉快だとでもいう気配は微塵も見せずに、また再び気だるそうにして話を始めた。

もう彼女の中ではフェルナンドは終わった事なのだ。

終わった話をしても詰まらない。

 

 

「あの小心者が?ないだろうな。

プライバシーを主張して前後の映像は切り取ってあるが、提出した茶々丸のレコーダーの内容は本物だ。

奴がお前の存在を話せば、その小娘にギアスを掛けて自分の企みに巻き込んだ事や、好意の暗示や魔法薬を使用しようとしていた事まで掘り起こされかねない。

精神干渉は重罪だ。その他諸々余罪が増えるし、次に舐めた真似をすればどうなるか釘も刺してある。」

 

 

圧倒的自信の源であった能力を喪い心が折れた彼に、もはやエヴァンジェリンに逆らう気概は無い。

黙っていればエヴァンジェリンは元々600万ドルの賞金首だ。

あまり大きな罪にはならないだろうし、罪を償えば静かで平穏な余生を過せるだろう。

 

 

 

―――もはや彼の物語は終わったのだ。

 

 

 

もし彼がこの世界が現実だと認められていればどうなっていただろう。

ここに住む人々は本の登場人物なんかではなく、血の通った人間なのだと。

 

彼は正に規格外の力を有していた。

並みいる魔法使いでは到底達成できない偉大な事が出来ただろう。

 

そして、いつしかその行いは認められ、こう彼は呼ばれただろう

 

 

―――主人公《英雄》と。

 

 

 

だがその未来(可能性)はすでに他の(セカイ)へと分岐して。

この(セカイ)での彼のお話は終わってしまった。あとに残るのは永すぎる後日談(エピローグ)だけ。

 

 

 

 

 

これがあの夜の結末だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「さ、次はお前の番だ。迷子あちら。

 

―――貴様はいったい何者だ?」

 

「何者か、と言われても本「本屋だなんて言ったら張り倒すぞ。」・・・はぁ分かりました。」

 

 

鋭い目線を投げ掛けてくるエヴァンジェリンを尻目にあちらは溜め息をついた。

溜め息をついたあちらは、人生に疲れた老人のようで。

千雨は何も言わず、ただじっとあちらを見つめている。

 

 

「ただ帰るべき家を探す迷子ですよ・・・。」

 

 

あちらは坦々と旅の始まりから之までを話し始めた。

 

目が覚めたら記憶を失っており、見慣れない図書館に居た事。

そこは無限の世界が収められている図書館だった事。

そこである司書に出会った事。

自分が世界から弾き出され、迷子になっていると分かった事。

名前を元の世界に置いて来た為、自分が消滅してしまう事。

それを防ぐためその司書に名を付けられた事。

司書見習いになった事。

不老不死になった事。

本を切るはさみを貰った事。

 

 

―――それからずっと、ずっと自分の世界を探して旅をしている事。

 

―――本当に色んな世界を。色んな物語を。気が遠くなるような時間を掛けて。

 

 

 

なにもこの話を打ち明けるのはこの世界が初めてではなかった。

これまでにも何人か親しくなった人には話したことがある。

恐ろしい事に、その中の2、3人は自力であちらが外の人間であると見破った。

 

疑問に思う人が居るかもしれないが、別に図書館内規に本世界の秘密を話す事についての罰則は無い。

 

言いたきゃどーぞご自由に。

ただ(セカイ)の世界観の混乱を避ける為にあまり口外しない事が望ましい、とあるだけである。

 

それは何故か。簡単だ。

 

この秘密を話しても(セカイ)登場人物(じゅうにん)にはその真偽を確かめる術が無いため、もし聞いても戯言だと聞き流すからである。

 

 

当たり前だ。

 

この世界は本になっていて図書館に収納されています。

そんな話を信じるのは、ネタに困ったSF作家か、話した本人をよっぽど信頼している人間くらいである。

 

 

 

 

そして千雨は後者だった。

千雨はあちらに慰めの言葉も激励の言葉もかけず、ただ彼の話を聞いて

 

 

「そうか。」

 

 

とだけ呟いた。

 

千雨がそれをどういう意味で言ったのかは、千雨にしか分からず。

あちらもそれをどういう意味に受け取ったのかは、あちらにしか分からない。

 

 

―――ただ言える事があるとすれば、それはたった一つだけで

 

彼と彼女は互いを理解し、尊重しあった友達同士なのだ、という事だ。

 

 

エヴァンジェリンと茶々丸は雰囲気を読んだのか、それとも遠目にネギたちが見えたからなのかは分からないが立ち上がった。

 

 

「正直、納得したとも言いがたいがお前にはまだ借りがある。これ以上は何も聞かん。

 

―――お前に悠久の時が在るならば、また会うこともあるだろう。

 

 

・・・ではな。」

 

「では、あちら様。長谷川さん。失礼します。」

 

 

そう言って二人はあちらと千雨を残し、ネギたちの方に近寄って行く。

ネギや明日菜の驚いたような声が聞こえてきた。

 

テーブルに残された二人は暫しの沈黙の後、千雨がそれを破った。

 

 

「・・・それで?いつまでこの世界にいるんだ?」

 

「・・・本当は、本当は初夏まではこの世界に滞在しようと考えていました。

いくつかの懸念事項もありましたし、千雨さんにも心の余裕が有りませんでしたから。

 

けど・・・。」

 

「行くんだ?」

 

「―――はい。」

 

 

ネギ先生は未だに未熟だが、先達の知識や経験を吸い取って教師として物凄い速度で成長している。

これからは魔法使いとしても成長して行き、やがては偉大な魔法使いになるだろう。

フェルナンドに関する懸念も解決された。

 

 

 

ならば、

 

 

長谷川千雨はこれからもちょっと変わった普通の一般生徒として生きていく。

 

迷子あちらはまたいつも通り、自分の世界を探して旅をする。

 

 

 

―――これまで通り。

 

 

 

 

沈痛な面持ちながらも、意思を固めたあちらの瞳を見て千雨は心が引き裂かれそうな痛みを感じた。

 

しかしそれは決して表には出さない。

いつも通りの憮然とした表情を造る。造らなければならない。

 

 

千雨には分かっていた。

 

―――自分のこの淡い想いがあちらを急な旅路へと急がせたのだと。

 

 

あちらは千雨の想いが明確な形になる前に、旅に出ようと考えたのだ。

そして自惚れでなければ、あちらにも千雨に対する同じような想いがある。

その両者の想いが明確な形になって名前が付く前に。その想いを淡いままで置いておく為に。

 

今ならまだ、胸を張って友達だといえる今だからこそ。

 

 

 

 

 

―――あちらは今日、出発する。

 

 

 

 

 

迷子あちらには元の世界に帰るという目的がある。

 

長谷川千雨にはこの世界での平穏な生活がある。

 

 

両者の想いは、どちらかの願いを切り捨てなければ交わらない。

今ならただの友達で済む。

 

 

「ちッ、急にこんな大事な話をすんじゃねーよ。たく。」

 

「ふふ。まぁ思い立ったが吉日ともいいますし。」

 

「け、てめぇのそれは行き当たりバッタリって言うんだよ。」

 

 

互いを十全に理解し有っている仲だ。

お互いの想いにも考えにも見当は付いている。

 

 

だから、お互い口には出さない。ただ軽口を叩き合う。

 

 

 

「他の奴らに挨拶はいいのか?」

 

「ええ。店長にはもう言ってありますし。

エヴァンジェリンさん達はなにか見当がついていたみたいですしね。ネギ君には千雨さんからお願いします。」

 

「あたしに面倒事を押し付けようってか。・・・まぁいい。言っといてやるよ。」

 

「買い物の約束、果たせなくて申し訳ないですね。」

 

「そう思うならいつかまたこの世界に来た時にでも付き合って貰うさ。」

 

「――――――。ええ。必ず。」

 

 

 

あちらは椅子から立ち上がり、いつからそこにあったのかトランクを持ち上げた。

あちらがいざ一歩を踏み出そうとした所で、千雨は彼に訊ねた。

 

 

 

「なぁ、あちら。

 

 

 

 

―――あたしたち、友達だよな。」

 

 

 

「ええ、千雨さん。

 

 

 

 

―――私達は、友達ですよ。」

 

 

 

千雨はその答えを聞き、嬉しいような、悲しいような、すべて内包したようなとても綺麗な微笑を浮かべた。

 

 

 

「さっさと行け。ばか。」

 

「コスプレも程ほどにね。」

 

 

千雨は目の前のコーヒーに目を落とし、ストローの無くなったそれを啜る。

ぱたん、とハードカバーの本を閉じた様な音が響き、千雨が顔を上げるとそこには誰も居なかった。

お互いにさようならは言わなかった。

 

 

ふぅ

 

千雨は息を吐き、眼鏡を外した。

いつもは外では絶対に外さないソレが、今では煩わしい。

 

 

「長谷川さーん!!」

 

 

ネギ先生が名前を呼びながら走り寄ってくる。

少し後ろの席には神楽坂明日菜やその肩に乗ったオコジョ、マクダウェルや絡繰の姿もある。

 

あいつらまたコーヒー飲んでんのか。

どうでも良い事を考えながら、ネギに意識を移す。

 

 

「ネギ先生。どうしたんです?何か用ですか?」

 

「あ、あのさっきまでここに居たあちらさんはどこに行ったんですか?

お茶の約束をしていたので、一緒にどうかと思って。」

 

 

あちらめ。こっちの方も約束すっぽかしたのか。

軽い頭痛を感じてこめかみに手を添える。

 

 

さて。どう言ったものか。

本当の事を言うわけにもいかないし。

 

 

 

 

・・・そうだ。奴にぴったりの言い回しがあるじゃないか。

 

 

 

そして千雨はニヤリと、ネギが顔を赤らめるような不敵で素敵な笑顔を浮かべ、こう言い放った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あちらはね。本を探しに行ったんです。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

---END.

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。