その人は何処へいった?   作:紙コップコーヒー

3 / 35
3.そして迷子は知る

「―――君は恐らく、本の世界の住人だね」

 

「……つまり、私はファンタジーの国の人間だと?」

 

「あぁ言葉が少なかったね。

一応言っておくけど、別に君が虚構/フィクションな存在だと言っているわけじゃあ無い」

 

 

厚木さんは私が内心ちょっぴり傷ついたのを悟ったのか、穏やかに話し始めた。

 

 

「先程も話したようにここに蔵書されている本は世界だ。

本という形態を取っていますが、これはもう一つの命を育む世界なんですよ。

始まりが何であったとしても、その手から離れ独自に世界は進み、そして新しい本が生まれる」

 

 

近くの本棚から厚木さんは一冊の本を取り出した。

そしてその本を広げ、こちらに見せてきた。読んでみろと。

 

―――それはなんとも不思議な感覚だった。

 

本を読んでいくとその場面の情景が鮮明に脳裏に浮かび上がった。

あまりに生々しく、躍動的でこれは自分が思い浮かべた妄想ではなく、実際に彼らがそこに生きているのだと信じられた。

 

 

「どうです?フィクションだと思いましたか?」

 

「―――まさか」

 

 

アレがフィクション?作りモノ?―――馬鹿な。

本を開いただけなのに、命の息吹、草の薫り、優しい風の感触が頬に残っている。

その残滓が、これらの感触が、自分の錯覚でない事を示していた。

 

 

「それは良かった。世界を読める図書館なんてウチだけだよ」

 

「私も実はその世界の住人で、外から知らずに見られていると思うと複雑ですがけどね」

 

 

「まぁ本来それを貴方たちが知ることはないのだけどね。

本来、この図書館は本世界より高次な場所にある存在。そこに本世界の住人が来るというのはほとんどない」

 

「今までこういった事例は無かったのですか?」

 

「2,3周期前に有ったらしい。が、なにぶん大昔の事でね。詳しい事情は知らないし分からない」

 

 

もしかしたら館長なら何か知っているかも、と零す厚木さん。

 

……周期ってナニ?いや待て気にするな。つっこんで話が膨らむとめんどくさい。

それよりも聞きたい事がある。

 

 

「その割にはすぐに私の正体に当りをつけましたね?」

 

「―――その事例の原因が問題なんですよ」

 

「原因が問題?」

 

「本世界の住人がこちらに来てしまう……その原因は恐らく"本の落丁"」

 

「落丁?」

 

 

落丁って本のページが出版や印刷の段階で抜け落ちてたりするあれ?

 

 

「その落丁で合ってるね」

 

「―――そんな事で?たかがページが取れただけで?」

 

「……"たかが"? 恐ろしい事を言うね、君は。

 

なんども言う様に本はイコール世界、つまり宇宙と言い変えてもいい。

 

…つまりだ。落丁というのはそこから銀河を2、3個剥ぎ取るようなものだ」

 

 

妙にスケールがでかくなった。

…いや小さいのか?どうもここに来てから感覚が麻痺してる。

 

 

「恐らく、その落丁時に君は"こちら側"に弾き飛ばされて来たんだろう。

宇宙開闢に匹敵するエネルギーの奔流だ。よかったね。蒸発せずに。君は恐ろしく悪運がいい」

 

 

そして急に物騒になった。

 

 

「…あー。つまり、その時の影響で記憶喪失だと?」

 

「―――正解であり、間違いでもある」

 

「というと?」

 

「弾き飛ばされた時、というのは間違いないだろう。

 

……違うのは記憶喪失になった原因の方だよ」

 

 

そして厚木さんは衝撃的な事をのたまった。

 

 

「恐らく、君は向こうの世界に名前とそれに付随する縁を置いてきたんだろう。

 

人・モノは名によって他者や世界に認識されてる。それによってそれぞれの個体との縁ができる。

君は"名前"という自身の起源を、向こう側に置いてきてしまった事によってその本世界との縁が切れた。

 

……なので君は向こうの世界での記憶が無い。

 

文字通り、今の君は『名無しの権兵衛』『ジョン・ドゥ』というべき存在だ」

 

 

私が呆然としていると厚木さんはさらに沈痛な面持ちで言葉を続けた。

 

 

「初めの記憶が歩き回っている所からというのも、最初から記憶が無いからだろうね。

もしかすると性格や嗜好も元とは違うかも知れない。性格・嗜好というのは、名前や記憶、経験に裏づけされた物だから。

 

焦燥感に駆られてたというのも、名前を無くし世界から弾き飛ばされて、無意識にそこに帰ろうとしたんだろう」

 

 

そして半ば魂の抜けかけた私に止めを刺した。

 

 

 

 

「このままじゃ君。文字通り跡形も無く"消滅"してしまうよ?」

 

 

 

 

もう私のライフは0です。

 

 

 

 

落ち着け。いいか。落ち着け冷静になれレイセンになれあれ?なんか違ううさ耳なんかどうでもいい座薬はもっときらいでもバニーガールは大好物ですほんとうにありがとうございましたツ!!」

 

「ど、どういたしまして……??」

 

 

あ、お、落ち着け俺。ボク。私。

 

 

「……ふー、すみません。ちょっと混乱してしまって」

 

「いや、私の方こそ一気に捲し立ててしまって申し訳なかった。

本当ならこういうデリケートな話は落ち着いてしたいが、生憎と君に"残された"時間も少ない。

 

―――本題に入るよ」

 

「お願いします。」

 

「君が消滅してしまうというのは、君の縁が切れてしまった事が原因だ。

 

縁が切れる。

君と他者を結ぶ縄が切れる。

 

つまり、あなたをあなたとして観測していたモノが無くなるということ。

幽霊は測定出来ないから"幽霊"なんだ。観測出来ないモノは存在しないモノと同義」

 

「―――結果消滅する、と?」

 

「その通り。幸運な事に君は"まだ"消滅していない。

 

……が。君が本世界から弾き飛ばされて、一体どれ位経っているか分からないが余り時間の余裕は無いはずだ。

 

今の君は例えるなら、蝋燭を吹き消した後に残る白煙の残滓の様なもの。

時間が経てば儚く散り散りに搔き消えてしまう」

 

 

辺りの薄暗闇が質量を持ったかのように両肩の重く押しかかった。

喉がカラカラと乾いているのが分かる。

ごくりと大きく喉が鳴った。

 

 

「―――もう、どうしようもないんですか?」

 

 

「いや?方法あるよ」

 

 

軽っ!?

しかも、軽過ぎて『方法あるよ』が『方法アルヨ』に聞こえる。

 

 

「新たに結縁し直してしまえば良い」

 

「結縁?」

 

「新しく縁を結び直すんだよ。そうすれば君は観測され、消滅しない」

 

「それはどうやって?」

 

「君に新しく"名前"をつける。

まあこれは仮縫い程度で本当の名前が見つかれば必要なくなるけどね」

 

 

つまり貴方が名づけ親になってくれると……。

 

 

「ちなみに犬に名前を付けるならどの様な名を?」

 

 

 

厚木さんは自信満々に

 

 

 

 

 

「漆黒の片翼堕天使フェルナンド!!」

 

 

 

 

どうやら厚木さんは重度の中二病の様です。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。