やはり一色いろはの青春ラブコメは終わらない。   作:札樹 寛人
<< 前の話 次の話 >>

7 / 11
嬉々として、一色いろはは準備に勤しむ。

獅子奮迅の活躍と言う言葉があります。

獅子のように悠然と活躍するとかそんな感じの意味だったと思います。

 

今週のわたしは間違いなく、それだったと自分で自分を褒めてあげたい気分です。

まさにウサギを狩るのにも全力を尽くすかのごとく小さな仕事にも全力で働きました。

それこそ、心ぴょんぴょんしてる暇なんかありません。心ぴょんぴょんは週末までちょっとお預けです。

 

あ、ちなみに火曜日はお客さんのところに直行しました。

普段からの信頼ってこういう時に大事ですよね。

ちゃ、ちゃんと行きましたよ? 近くのスターバックスで時間潰して適当な時間に会社に行ったとかじゃないですから。

 

そして本日はとうとう木曜日……あと1日さえ乗り切れば今週も終わり……ようやくここまで辿りつきました……

わたしがここまで苦労して調整に時間割いてるんですから、先輩も本当に頼みますよ。

こう見えても……いえ、見ての通りですね。わたしも結構お誘い多い身なんですからね。

 

「一色君!明日は週末だね。来週からのプロジェクトのキックオフをしようと思ってるんだけどどうかな? 僕はノミニケーションって言う日本の文化もやはり尊重して行くべきだと思うんだよね。」

「すいません青葉先輩。明日はどうしても外せない用事あるんです」

 

ほら、来ました。こういうの結構多いんですよ。

わたしは本当に申し訳無さそうに、断りを入れる。

いえ、別になんの用事が無くてもこの人と飲むの面倒だから嫌だとかじゃないんですよ。

そもそも来週のプロジェクトって、工場主体で、営業から参加するのこの人とわたしだけですし。

特にキックオフすることもないんでごめんなさい。

 

「そうかい……うーん、中々一色君とは時間が合わなくて残念だなぁ」

「そーですねー また、次の機会に!」

 

なるべく棒読みにならないようび愛想良く振る舞う。

仕事していく上で一番大事なのって人間関係ですからね。

微妙に苦手な人でも、味方につけておいて損をする事はありません。

 

学生の頃も割と得意な技術でしたけど、社会人になって増えたのは女性との関係です。

昔は、嫌われても良いってスタイルでしたが、それは仕事を円滑に進めるためにはアウトです。

最近のわたしは、結構女性スタッフの評判もわりかし良いんですよ?

たぶん、今思うと結衣先輩とかの影響も少しあるのかもしれません。

 

こんな感じで何事も無く、無事に木曜日までは終了しました。

 

一応、念のために先輩にメールを打っておく事にします。

いえ、向こうからメールくれたわけなんで、忘れてる可能性とかは無いと思いますけど

ああいう性格の人なんで、念を押しておく事は必要だと思うんですよね。

 

『せーんぱいっ! 明日は7時に集合ですからね! 可愛い後輩を待たせないで下さいね』

 

この前はメール帰ってくるまでにやたら時間が掛かってわたしもやきもきしましたが

今回は割とあっさりと返信が帰ってきました。 そうですよ! これくらいのレスポンスの早さが

やっぱり社会人としては求められてると思います。

 

『了解』

 

みじかっ!!

レスポンスは早いですけど、ちょっとばかり可愛い後輩への返信としては文章短くないですかっ!!

絶対に頭の中では延々と小難しいことを延々と考えてるくせに、アウトプット少なすぎです。

 

いや、別にわたしも短文でしたし……

そんなもんかなぁーとも思うわけですけども……

もうちょっと何か有っても良くないですか??

2文字って……すっごい長文の追撃しようかとも思いましたが

もしかしたら先輩は、まだ仕事中かもしれませんし……今日はこれくらいにしておきましょう。

どうせ長文返したところで、面倒そうな顔するのが目に見えてますし。

この件については、明日会ったときにきちんと追求する事にしておきます。 

 

今週は、わたし的には相当頑張って仕事したので、今日は早めに寝て明日に備えます。

疲れた顔見せるのも、あざとい後輩としては有りかもしれないですけど、最近のわたしの疲れ顔は

ちょっと自分でも引くレベルになってきてるので、それは今回は却下と言うことで……

それでは、おやすみなさい。

 

……………

………………

…………………

 

 

 

なんか、最近こんなんばっかなんですけど眠れません。

遠足でうきうきして眠れなくなる小学生じゃないんですから……

もう小学6年生と比べてもダブルスコアの年齢に到達してるんですよ、わたし。

自分で言っててちょっとだけ悲しくなってきます。

 

まだ、時間は11時ちょっと過ぎ……普段より早く寝ようとし過ぎましたかねぇ

少しだけお酒の力を借りる事にします。 どんなに遅くても12時30分には眠りたいです。

ちなみに寝酒ってあんまり体に良くないらしいですよ。

普段はわたしもあんまりしません。今日は軽く梅酒の水割りにしときます。

これくらいならば、問題無いと思います、多分……

 

ちびちびと梅酒の水割りに口をつけながら、明日の事を考えてみる。

そういえば、先輩と二人で食事に行くのって本当に久しぶりです。

この前、二人でラーメン屋には行きましたけど、完全にわたしが酔ってましたし……

その前って言うと……もう、学生の頃にやっぱり先輩にラーメン屋に連れってって貰って

その後にカフェに付き合って貰った、あの時になってしまいます。

もう何年前ですか……本当は、もっと誘いたかったって先輩気付いてましたか?

 

気付いてても気付いてない振りしてたかもしれないし、本当に全く気付いてなかったのかもしれません。

わたしもバレないようにしてましたから……一色いろはは、葉山先輩が好き。 そういう風に振る舞えていた 自信は有ります。

……どっかから、バレバレだよって声が聞こえた気がしますけど、幻聴でしょうか。

まだ全然酔うほど飲んでないんですけどね。

 

ちびちびと梅酒の水割りを飲んでいると段々、良い気分になってくる。

わたしって結構飲める方では有るんですけど、良い気分になるのも早いんですよね……

まぁ、これなら……気持ち良く、12時くらいには眠れるかな……

 

マンションの近くを走る電車の音が聞こえなくなる頃には、わたしは眠りに落ちていた。

 

× × ×

 

午前5時30分、目覚ましの音で夢より覚める。

今日はなんだがどんな夢を見たか全然思い出せません。夢ってどっちかと言えばそういうもんですけど。

適度なお酒のお陰ですかね? 普段よりもちょっと早く気持ち良く起きれました。

早速、今日の支度に取り掛かかりましょう!

 

何時もよりほんの少しだけ、お化粧に力を入れた結果、1時間程早く起きたアドバンテージは

何故か無くなっていました。 おかしいですね。そこまで気合い入れたつもり全く無いんですけど……

今日も朝食は抜きみたいです。

 

普段は通勤の満員電車に乗るわたしは、目が死んでるのですが、今日のわたしの目は生き生きしてます。

車両の窓に映るわたしも、希望に満ちあふれています。 

毎日、足取りが重い、地下鉄から地上までの階段も何故か今日はスキップ気分です。

心の持ちようで、同じ景色でも全く違って見えてくるもんですねー。

 

本当に金曜日って凄いですよねっ!

ちょっと自分で自分の浮かれっぷりが恥ずかしいんで、そういう事にしておいてください。

 

 

浮かれ気分のまま、部署の扉を開け、元気よく挨拶をする。

やっぱ朝はすがすがしく挨拶しないとダメですよねー

 

「おはよーございます!」

 

元気に挨拶して、デスクにつくと、そこに一枚のメモ用紙が置かれていた。

 

『一色さん AM8:30 ○○社の金沢さんが、本日納品の件について大至急連絡下さいとの事です。』

 

悪寒が走る。

いや、そんなはずは無いです。有り得ません。

今日、納品の商品は、わたしも伝票チェックしたし、工場にも確認したんですよ。

大手のお客さんだし、万全をわたしなりに期したつもりです。

落ち度は無いはずです。 ただ、わたしのこういう勘は、残念な事にとても良く当たるんです……

 

10秒前までの浮かれた気分は完全に吹き飛んでいました。

電話する前に、出荷伝票をチェックしようとした瞬間、わたしの社用の携帯が振動しだす。

 

画面に映し出されてる文字は予想通り。

無視するわけにもいかず、応答する。

 

「は、はい。おはようございます。一色です」

「おはようございます。○○の金沢です。 一色さん? どうなってんのコレ!!」

 

耳元で金沢氏の焦りと苛立ちが混じった声が響く。

あー……これは完全にクレームパターンだぁ……

 

間が悪すぎますよ……この世には神様とか仏様居ないんですかねぇ……

電車の中で見た活き活きとしてたわたしの目は、今はまた先輩とお揃いな感じになってるんだろうなぁ……

 

つづく

 




久々の更新です。
遅くなっちゃって申し訳無いです。
遅れても更新は、頑張ってやっていきます。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。