当方小五ロリ   作:真暇 日間

94 / 129
EXステージ 小休止

 

 ■■■■■■■(ザーザッサザッ)■■■■■(ザザッザー)■■■■■■■(ザッザッザザーッ)■■■(ザーッザ)■■■■■■■(ザザザッザーザー)チュu■■■■■■(ザーッザーザザー)■■■■■■■(ザザザザー)■■■■■(ザッザーザッ)syう■■■■■■■(ザーッザザーッ)■■■■(ザッザッザ)ナォ■■■■■■■■■■(ザザッザッザザ)■■■■■■(ザーザッザザ)■■■■■■■■■(ザッザザッザザ)kぃノ■■■■■■(ザッザーザザッ)■■■■■■■■■■■(ザザザッザザサッザー)■■■■■■■■(ザッザッザザッ)■■■■■■(ザッザザーッ)Saく■■■■■■■(ザザッザッザザッ)■■■■■■■(ザザッザッザザッ)■■■■(ザーザーッ)■■■■■■■(ザザッザーッ)■■■■■■■■■■(ザッザッザッザーザッザッ)■■■■■■■(ザザッザーッザッザ)kaぃh■■■■■■■■(ザザッザーザ)■■■■■■■■(ザッザザーザッザザー)■■■■■(ザッザッザー)■■■■■■■■■■(ザッザザーザッザザー)tあsk■■■■■■■(ザッザザッザー)■■■■■■■(ザザザザッザッ)■■■■■■■■■(ザザーザザーッザッザ)■■■■■■■■■(ザーザッザザッザ)くru■■■■■■■■(ザッザッザザザ)■■■■■■■(ザザザッザー)■■■■■■(ザザッザザッザ)■■■■■■■■■■■■■(ザーッザッザーザーザー)■■■■■■(ザザッザーッザ)koroシt■■■■■■(ザザーザーッ)■■■■■■■■■■■(ザザーザザザッザ)■■■■■(ザザッザー)■■■■■■(ザーザザッザ)■■■■■■■■■(ザーザーザッザ)iア■■■■(ザザッザッ)■■■■■■■(ザザザーッザッ)■■■■■■(ザッザーザザッ)■■■■■■■■(ザッザザーザッ)■■■■■(ザザッザザー)sh■■■■■■(ザッザッザーッ)■■■■■■■■(ザザザッザッザー)■■■■■■■■■■(ザッザーザザッザー)■■■■■■(ザッザーッザ)■■■■■■■■■■■■■(ザッザザッザザ)■■■■■■■■■(ザッザーザザッザッ)■■■■■■■■■■■■■(ザザーザザッザーザッザザ)ヒギi■■■■■(ザーッザー)■■■■■■(ザザーッザーザ)■■■■■■■■■■■(ザッザサーザザッザッ)■■■■■■(ザザーザーザッ)■■■■■(ザッザッザッ)■■■■■■■■■(ザッザザッザザーザッザ)■■■■■■■■(ザーッザザーザーッ)snt■■■■■■■(ザーザッザザ)■■■■■(ザザザザ)■■■■■■(ザーザッザザザッ)■■■■■(ザーザッザー)■■■■■■■■■■■■■■(ザザーッザザーザザッザー)■■■■■(ザーザッザーザ)■■■■■(ザザーッザザー)■■■■■■■■(モットタベタイ)■■■■■(ザザーッザザー)■■■■■■(ザザッザー)■■■■(ザーザッザー)■■■■■■■(ザザザッザッザー)■■■■■(ザザッザッザ)■■■■■■■■■■■■■(ザザザーザザーザザ)■■■■■■■(ザッザッザーザッザ)■■■■■■■■(ザザッザザッザッザ)■■■■■(ザザザザッ)■■■■■■■(ザッザザッザザ)■■■(ザッザッザ)タsk■■■■■(ザザッザー)■■■■■■■■(ザザッザザッザッザ)■■■■(ザーザー)■■■■■■(ザザッザーザ)■■■■■■■■■■(ザッザザザッザザ)■■■■(ザザーザッ)■■■■■(ザザザッザー)■■■■■■■(ザッザーザッザーザ)コwr■■■■■■■■■■■(アナタハソコニイマスカ)■■■■■■(ザッザーザッザーザ)■■■■■|(ザザッザー)■■■■■■(ザザッザッザ)■■■■■(テー↑テ↓ーテ→)■■■■(ザッザーッザ)■■■■■(ザザーザザーッザッザ)mダsn■■■■■■■■■■■(ザザーザザッザーザッザザ)■■■■■■■(ザッザザーザッ)■■■■■(ザッザザザッザザ)■■■■■■■■■■■(ザッザザッザザザッザッザ)■■■■■■■(ザザッザーザ)■■■■■■■■■■(ザザッザッザザッ)■■■■■■■(ザザーザザッザザッ)ィァ■■■■■(ザッザザザッザザ)■■■■■■(ザザーザザッザザッ)■■■■■■■(ザザザーザザーザザ)■■■■(ザザザザッ)■■■■(ザッザッザ)■■■■■■■■(ザッザザザッザザ)■■■■■■■(ザザーザザッザーザッザザ)クトゥルフ■■■■■(ザザザザッ)■■■■■(ザッザザーザッ)■■■■■■(ザッザッザッ)■■■■■■(ザザーザーザッ)■■■■■■■■■■■(ザーザッザザザッ)■■■■■■■■(ザザザッザー)──────

 

 ……あー、あ? あ、ああ。おう、なんだったか……

 ……そう、そうだったな。確か私は何とかあの炎の吸血鬼から逃げ切って、そんでここで一息入れてるんだった。

 範囲の広い攻撃を避けるのははっきり言ってかなりの体力を使う。できることならもう二度とそんなことはしたくないくらいに疲れると言っても過言ではないと、本気で思う。

 なにしろあの吸血鬼の範囲攻撃は凄かった。あんな広範囲攻撃をあれだけ乱発して、平気そうな顔で私のことを眺めてるっていうんだからもう本当に手に負えない。あれは絶対に化け物以外の何でもないだろう。

 そんな化物から何とか、身体中に火傷を負いながらも逃げ切ることができている私を自分で褒めてやりたい気分でもあるが、それはまだ後のことになるだろう。

 まずは、傷を治す。そこらへんに生えていた毒草を適当に七枚集めて、効果を全部ひっくり返す。即効性の猛毒、遅効性の弱毒、麻痺効果、麻酔効果、出血させ、傷を膿ませる効果。そういった効果の全てが反転し、十分な効果を持った傷薬となる。

 これを傷口に張り付けてしばらく置いとけば、このくらいの火傷なら痕も残さずに消えているくらいの効果は出る……事が多い。弱っちい上に即効性もない毒草でも、ひっくり返せば十分な薬効と即効性が生まれる……事もあるからな。

 

「……」

 

 ゆっくりと深呼吸。今はただ、身体を休めるとしよう。

 




 
 狂気表現は聖者にリセットされました。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。