美月転生。~お兄様からは逃げられない~   作:カボチャ自動販売機

20 / 81
書き終わってすぐ投稿なので誤字脱字注意です。


第十九話 美月の窮地

ぼくは服装にこだわりを持っていない。

強いて言うのなら動きやすく、シンプルなものを好む。まあ、だから結局ぼくの持つ服はほとんどジャージになってしまうわけだ。

元々、サッカー以外はインドアなぼくは出掛けることも少なく、学校の制服とジャージがあれば何不自由なく生活できてしまうのだからそれを改めるはずもない。

 

そんなぼくではあるが、着たくない服というものは存在する。

 

それはスカート。

男に媚びるために生まれてきたかのような、穿いているのか穿いてないのか分からないくらいの、ただの布。

見るのは好きだ。中身を想像してワクワクするその気持ちは大切だと思う。

 

でも、自分が穿くとなったらそれは別だ。

 

普通に恥ずかしい。恥ずか死ぬ。

学校の制服でさえ実は恥ずかしいというのに、わざわざ私服でまで穿きたくはない。

 

 

だというのに……。

 

 

 

「美月、我が儘は駄目よ」

 

「理不尽だ!横暴だよ!ぼくは絶対穿かないかんね!」

 

「貴女にだけは理不尽やら横暴やらとは言われたくないのだけど」

 

 

深雪が持ってるのはただのスカートじゃない。ミニスカートだ。

馬鹿なの?なんでわざわざ短くしたの?実に素晴らしいよ、ぼくが穿かなければね!

 

 

 

「薫、美月を試着室に押し込んで」

 

了解(りょーかい)

 

 

 

完全に本気になったらしい深雪による指令で、ニヤニヤとしながら迫ってくる薫。

ぼくは抵抗するも迅速かつ簡単に取り押さえられてしまう。

そして、そのまま試着室へと押し込まれ……。

 

 

 

「さて美月、お着替えしましょうか?」

 

 

そこには手をワキワキとさせて満面の笑顔を浮かべた深雪が。

 

うん、そういうのぼくの役割……。

 

 

ぼくの悲鳴がきっと店内にこだました。

 

 

 

 

 

「……死にたい」

 

 

試着室に押し込まれ、深雪に攻められること十数分。そこには無惨にもヒラヒラの服に着替えさせられたぼくがいた。

 

ヒラヒラと揺れるフワッと広がった裾のスカート。

 

ぼくはファッションには疎い、というか全く気にしていないので分からないが、ラメの入った格子柄で、深雪曰くサーキュラースカートというらしい。ウェストのところにゴムが入っていて着心地は楽なんだけど……短い。

 

スカートに合わせて、セーターみたいな縦線のいっぱい入ったモコモコの服を着せられているからその裾を両手で伸ばして隠そうと頑張るけどいくらも伸びはしない。黒いタイツを穿いているから生足じゃないんだけど恥ずかしいものは恥ずかしいのだ。ぼくがスカートを穿いているという事実がそもそも恥ずかしいのだから。

 

 

 

「何モジモジしてんだ。似合ってるぞ、大人っぽくて美月じゃないみたいだ」

 

「そうだな、たしかに普段の美月とは印象が違う」

 

「美月が黒のタイツを穿いていましたので、それに合わせてシンプルにモノトーンでまとめてみました」

 

 

深雪が得意気にぼくの服装について解説をしているけどぼくはそれどころではない。

 

 

「深雪、もう良いよね?」

 

 

さっさと試着室のカーテンを閉めて着替えてしまおうと、深雪の返事も待たずにカーテンを引っ張るが、それを止める白くて細い手……というか深雪。

 

 

「駄目よ、今日は一日お化粧してこのままの格好でショッピングを楽しむの。そうすれば美月も、もっと女の子の自覚を持てるでしょ」

 

「こ、このまま!?」

 

「当然でしょ、そもそもお兄様の隣を歩くのにジャージだなんて信じられないわ」

 

「このブラコン!ブラザーコンプレックス!」

 

 

 

大事なことなので二回言ったわけだけど、それが深雪の逆鱗に触れた。

 

 

 

「美月、私怒るわよ」

 

 

 

もう怒ってるよ!にっこり笑顔なのに目が笑ってないよ!

ぼくは涙目で薫を見るがニヤニヤとした笑みを浮かべていてとても助けてくれそうにない。

 

 

「深雪、あまり無理強いしてはいけないよ。服の好みは人それぞれなのだから」

 

 

意外なことに助けに入ってくれたのは達也だった。

そうだ、そうだ!人それぞれだ!無理強いはするなー!もっと言ってやれ!

 

 

 

「ですがお兄様、ジャージ一辺倒というのはあまりにも……」

 

「少しずつ改善していこう、美月が嫌がっていては仕方がないのだから……美月もそれで良いか?」

 

 

 

ぼくは力強く何度も首を縦に振る。

深雪もお兄様の言葉には肯定的で、しょんぼりしながらも「……はい」と頷いた。まあ、達也が頭をぽんぽんすればすぐに顔を赤らめご機嫌になったが。

 

 

 

「ありがとう達也、助かったよ!」

 

 

 

ジャージに着替えてすぐに、ぼくは達也に散々無理強いされてきたことも忘れて達也に抱きついた。この時のぼくには助かったという安堵感と助けてくれた達也への感謝の気持ちしかなかったのである。

だから、忘れていたのだ。

そんなことをすれば、ブラコンの妹様がお怒りになることなんて少し考えれば分かることだったのに。

 

 

兄の手前、直接なにかを言ってくることはしないけど明らかに怒ってる!

すぐに達也から離れようとするわけだけど、なんでか達也が後ろから手を回しているから離れられない!

達也め!さっきは助けてくれたのになんでこういうことするかな!ぼくが困っているのを見て楽しんでいるに違いない!

文句を言ってやろうと達也を下から見上げると、そこにはいつも以上に固い、とてもふざけられない真剣な顔があった。

 

 

 

「薫」

 

「ああ、分かってるよ(・・・・・・)

 

 

 

達也が薫を呼べば、薫もまた真剣な顔で頷いた。

 

 

「深雪、すまないが美月を連れて先に帰っていてくれ。少し、用が出来た」

 

「お兄様……」

 

 

さっきまで怒っていたはずの深雪も何やら不安そうに達也を見上げており、頭を撫でられて尚、その表情から不安は消えてなくならない。

 

 

「……どうかしたの?」

 

 

突然のただならぬ雰囲気にぼくはどうしたらいいのか分からない。何が起きているのかも分からないのにその対処ができるはずもなかった。

 

 

 

「どうやらお前たちをナンパ(・・・)しようと後を付けている奴らがいるようでな、少し話をしてくる」

 

 

ナンパ。

どうやら達也が真剣な顔をしたのは大切な妹をナンパしようという輩を懲らしめるべく動き出すことを決めたからなのだろう。

だからこその武道派二人、か弱いぼくたちは下がっていろということか。

ぼくも深雪をナンパしようなんて不埒な奴らを懲らしめるのに参加したかったが、深雪を一人にするのも問題だし、まあ、深雪と二人きりになれるというならそれで良しとしようじゃないか。

 

 

 

「じゃあ、ぼくらは二人で仲良く帰ることにするよ」

 

「そうしてくれ、少し長くなりそうだしな」

 

 

ぼくは再び深雪さんに手を握られ、足早にその場を去った。

 

とりあえず、にぎにぎするのは忘れない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「随分と怖いナンパもあったもんだな、達也」

 

「……すまんが手伝ってくれ」

 

 

 

美月と深雪が去ってすぐに、薫が達也をちゃかすように言うが、達也は至って真面目な顔でそう返した。

 

 

 

「は、最初から予想してたんだろ?なんせお相手は……」

 

 

 

ジトっとした目で達也を見た後、どこか遠くを見る薫。達也のような異能(・・)がなくとも分かる、十数人の気配。それは明らかに自分たちに敵意を持ったものであり、薫がそうなるのではないかと、危惧していた敵でもあった。

 

 

 

 

 

 

「ああ、四葉だ」

 

 

 

 

 

 

 

十師族が一家、『触れてはならない者たち(アンタッチャブル)』が動き出そうとしていた。




( ゜д゜)、;'.美月「あんな格好……恥ずか死ぬ!」


(´・д・`)薫「とりあえず、サッカー部の奴らに画像を一斉送信っと」


Σ(゜Д゜)美月「薫さん!?」


(´・д・`)薫「ま、嘘だけど」


(つд;*)美月「良かった!本当に良かった!危うく学校に行けなくなるところだった!」






(゜ー゜)ボソッ 薫「一斉送信なんてしたら達也に怒られそうだからな」






超・展・開。
やっと物語の本筋に乗れた感じですね。当初の構想ではもっと早くこの展開になってたはずなのに……。

原作開始前に四葉も絡んでくれば、原作キャラも多数登場し盛り上がっていく予定です!
次話もお楽しみに!

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。