美月転生。~お兄様からは逃げられない~   作:カボチャ自動販売機

39 / 81
第三十六話 学校見学

昨日はなんとか達也に迎えに来てもらって帰ることが出来たけど、深雪に怒られてしまった。

お兄様の手をこんなことで煩わせるなって言われても、帰れないのだから仕方がない。

ぼくだって半年もすれば一人で帰れるようになるから!

 

 

「愛梨おはよう!」

 

 

一高の生徒が利用する駅は『第一高校前』という安直な名前の駅で、その駅から学校まではほぼ一本道。

その一本道に、とても目立つ金色を見つけた。

 

 

「おはよう、美月。随分早めにきたつもりだったのだけど」

 

 

九重八雲(やくもん)先生のところに行くという達也と深雪に駅まで送ってもらったから、結構早めの登校となった。

駅から学校までは一本道だからいくらぼくでも迷わないしね、たぶん。

 

 

そうして、かなり早めに登校したぼくたちは、B組に到着したものの、教室には誰もおらず、一番乗りだった。

 

まあ、始業の一時間半前だから当然だ。

ここに来るまで、愛梨以外の一高生を見かけなかったしね。

 

 

「そういえば、愛梨はなんでこんなに早く学校に?ぼくは朝寄るところがあったから学校来るのが早くなっただけだけど」

 

 

正確には、寄るところがあったのは達也たちで、ぼくは送ってもらっただけなのだけど。

ぼくも一応、八雲先生(やくもん)の弟子ってことになるんだろうけど、今日はパスした。暑苦しいというか、男臭いというか、最初の苦手意識が先行して、良いイメージが湧かない。

深雪と一緒、ということで悩みはしたのだけど、行ったら行ったで、鍛練させられそうだったから止めておいた。

 

 

「……目覚ましが一時間ずれていたのよ」

 

 

顔を紅くして小さな声で呟いた愛梨は、そそくさと自分の席に座ってデスクに突っ伏した。顔を隠しても耳が紅いのは丸見えである。可愛い。

 

 

 

「もしかして愛梨って結構おっちょこちょい?」

 

 

「ひ、一人暮らしに慣れていないだけよ!」

 

 

愛梨の台詞に説得力はあまりなく、ぼくの中で愛梨には、ドジっ娘属性が追加されたのであった。

 

 

 

 

「おっはよー!」

 

 

始業の十数分前、朝からハイテンション、天真爛漫な笑顔を振り撒きながら教室に入ってきたのはエイミィだった。

エイミィの挨拶に、おはよう、という好意的な挨拶が教室の所々から返ってくるのは、彼女の人柄だろう。あんな可愛い挨拶をスルーすることなんて出来やしない。なんなら抱き締めたいくらいだ。

 

 

「おはよう、エイミィ。早速なんだけど、愛梨が面白いんだよ。今日の朝ね……」

 

「ちょっと美月!」

 

「えっ何々?聞きたい聞きたい!」

 

 

そうしてぼくは、エイミィに愛梨の失態を暴露し、愛梨が再びデスクに突っ伏して同化した。

あはははっ~、愛梨ちょっと天然なんだねー、とエイミィに背をポンポンされ、愛梨の羞恥メーターが振りきったのか、オリエンテーションが始まるまで、愛梨は突っ伏して悶えていた。

 

 

 

「悪かったって、そんな拗ねない、拗ねない」

 

「拗ねてはいないわよ!」

 

「まあまあ、愛梨、美月も反省してるよ!……たぶん!」

 

 

朝一のオリエンテーションが終われば、次は授業見学だ。今日、明日は授業見学をする時間が設けられていて、自由に授業を見学することができる。

ぼくも、ご機嫌斜めの愛梨と、そんな愛梨を宥めるエイミィと一緒に闘技場に向かっていた。

闘技場って物々しい言い方をされてはいるものの、実際は、訓練場のようなもので、魔法の訓練込みの戦闘訓練をする施設だそうだ。正式には第二小体育館って言うらしい。

 

 

 

「なんか普通に体育って感じだね」

 

「まあ、まだ二年生の授業も初日だし」

 

 

エイミィが意外そうに言うが、よくよく考えてみれば、今日はまだ授業初日。

いきなり、エイミィの期待するような、魔法科高校らしいものは行わないのだろう。

 

 

「新入部員勧誘週間の時には、クラブのデモンストレーションが行われるそうだから、その時にまた来ましょう」

 

「愛梨詳しいね」

 

「……オリエンテーションの時に言われたのだけど?」

 

 

愛梨の言葉にぼくとエイミィは苦笑いで誤魔化すしかなかった。

エイミィは眠ってたし、ぼくはそれを眺めてて、全然聞いてなかった。

 

 

 

「全く、私がしっかりしていないと駄目みたいね」

 

 

 

 

ちょっとお姉さんぶった愛梨が可愛かった。

 

入学二日目にして、早くもぼくたちの中で立ち位置が決まっているようだった。

 

 

 

 

 

 

見学を一旦終え、昼食。

かなり広い食堂なのだけど、勝手の分からない新入生の影響なのか意外に混雑しており、四人がけのテーブルを見つけるのに多少苦労した。

 

 

 

「午後はどうする?」

 

「ぼくは『射撃場』に行きたいかな」

 

「たしか生徒会長が所属するクラスの実技だったわね。そうなると混雑しそうだし、早めに行きましょうか」

 

 

愛梨の言うとおり、生徒会長である真由美さんの所属するクラスの実技は人気がありそうだ。

遠隔精密魔法の分野で何度も優勝し、エルフィンスナイパーやら妖精姫やらと呼ばれている真由美さんの実技を見たいという新入生は多いだろう。

 

 

「そう言わず、私のところを見に来ないか」

 

 

そう考えていたぼくの頭の上に軽く手が乗せられた。

 

 

「摩利さん!」

 

「やあ美月、改めて入学おめでとう」

 

 

摩利さんは数人の女子生徒と一緒で、昼食を食べ終わったところみたいだった。

 

 

「普段は弁当なんだが、たまには学食というのも悪くない。ここの学食は中々手が込んでいるからな」

 

 

不思議と摩利さんにおすすめされると、さっきまでなんでもなかった学食が不思議と素晴らしいものに思えてくる。これが魔法か。

 

 

「まあ、それはそれとして、どうだ。この後、私達のクラスを見に来ないか?中々優秀な者が揃っていてな、()()()()()()()、実技だからそう退屈をさせることもないと思うが」

 

 

ぼくらは顔を見合わせて、頷いた。

折角のお誘いを断る理由もないからだ。

 

 

 

「じゃあ、午後は摩利さんのクラスを授業見学することに決定します!」

 

「そうか、まあ、無理だとは思うが驚かないようにな」

 

 

 

ニヤッといつもの摩利さんスマイルで笑うと、愛梨とエイミィにも声をかけて、摩利さんは颯爽とこの場を離れた。やっぱりいちいち格好いい。

 

 

 

「美月、渡辺先輩と知り合いだったの!?」

 

 

 

摩利さんがいなくなってすぐにエイミィに詰め寄られた。摩利さんは女子人気が凄く、エイミィも入学前から知っていて、新入生の間では既に話題になっているらしい。おお、ぼくもそれくらいの女子人気が欲しいよ。

 

 

 

「まあね、格好いいし面倒見も良いし、頼りになる先輩だよ」

 

「渡辺摩利先輩といえば、三巨頭とも呼ばれる一高黄金世代を代表する一人だわ。そこに十文字先輩もいるとなれば見に行く価値は十分にあるわね」

 

 

こうしてぼくらは摩利さん達のクラス、三年C組を見学することにしたのだった。

 






147・名無しさん
天才の俺が考えたんだが、アイドルの栗宮が好意的な感じでブログに書くってことは月柴美って女性なんじゃね。
栗宮って恋愛関連の噂が一切出ないことで有名だし、ブログで同年代の男に好意的なことは書いたことがないし。

148・名無しさん
>>147それは深読みし過ぎ。単純に性別不詳だから事務所からオッケー出たんだろ


149・名無しさん
>>148第一、月柴美が栗宮と同年代かどうかも分からんしな。


150・名無しさん
俺は信じてるぜ……月柴美が女子高生って説をな!

151・名無しさん
>>150女子高生(可愛い)って説だろww

152・名無しさん
>>150それで巨乳なw


153・名無しさん
夢を見るのは自由だからな


154・名無しさん
これで、おっさん集団とかだったら地獄になるなww

155・名無しさん
>>154お前は一番やっちゃいけないことをした

156・名無しさん
>>154良いじゃない!夢くらい見ても良いじゃない!


以下、月柴美の正体について議論が交わされる。





(;・ω・)深雪「美月、結構話題になっているのね……それに比べて私は出番もないし……」


(´・ω・`)深雪「……ゲームしましょう」





とりあえず、スレネタは無くなりましたので、次話からあとがきは元に戻る予定です。
出番の少ない子が可哀想なので(笑)

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。