カードショップ「ねこのみー」へようこそ!   作:暁刀魚

7 / 8
7.図らずとも訪れる雪の下

 7

 

 その日は、思いのほか早く訪れた。

 視界一面を覆うほどの白、雪の世界が外に形成されていた。交通は完全に麻痺し、いつもであれば人で賑わっているはずの「ねこのみー」も、今日ばかりは静けさに満ちている。

 ふと外を見れば、どうにも辛気臭いほどの灰と白の群れに、人などこれっぽっちもいない――時折車だけが行き交う店の前の通りだけがあった。

 「ねこのみー」は私達の暮らす街の中心部、駅のほど近くにある。当然そこにはさほどレアではないペースで、人の行き来があるのだ。もちろん、その中には「ねこのみー」にやってくる客も居る。

 それが根本から失われてしまっては、人の往来など望むべくもないというわけだ。

 そんな冬に満ちた休日の「ねこのみー」、私としてはついに春休みに突入した最初の土日だというのに、なんだかこれでは寂しく感じられる。店内には、この雪の中をかき分けてやってきたグループが、私達を含めて二つほど。

「むぅ……これ、帰る時が憂鬱なんですけど……」

「アタシの家の迎えを呼ぶわよ、それに乗って行きなさいな。ついでに歩さんも、それでいいかしら」

 ――私と、それからキリカちゃんにアイカさん。店員である高橋くんも合わせていいのだろうか。

「あ、ほんと? ありがとう。助かるよー」

 そしてもう一つは、この店ではキリカちゃんたちと並ぶ古参の常連らしい、QEDさん達。何にせよ、その空気は一言で言うなら「いつものメンバー」だ。普段ならもう少し一見さんにも優しい店なのだけれど、この外の状況と、店の中のメンバーでは、それもそうは望めない。

「……<ネフィリム>でダイレクト、何かあるか?」

「ぐわー! 何もねーよ畜生!」

 その証拠に、普段なら勤勉に業務へ勤しんでいる高橋くんも、今はQEDさん達とフリーデュエルの最中だ。猫宮さんの姿もない、どうやら裏方に引っ込んで、回収してきた地元の野良猫数匹と戯れているようだ。

「しかしこの様子だと……十人切りますね、大会参加者」

「ここに居るメンバーを含めて九人……猫宮さん次第ね」

 何やらキリカちゃんたちはそんなことを歓談中、悪巧みの最中だろうか。……つまり、どういうことなの?

「――あら、これならギリギリ参加圏内じゃない」

 アイカさんは決まりきった様子で言う。それは、その時が来たのだと。

 

「冴木が、数合わせで大会に混ざるんじゃないかしら」

 

 運命の時を、知らせる類のものだった。

 

 ◆

 

「――というわけで、今回は高橋くんも入ってくれる?」

 時間が来た、ついに私達以外にやってくる客はおらず、大会は奇数のまま始まることに、そのままではいけないと、猫宮さんは高橋くんの投入を決定したようだ。

 これで、キリカちゃんとアイカさんたちにとっては半年ぶりの、私にとっては初めての、大会における高橋くんとの直接対決が、決定した。

「……何だ、妙に全員気合入っているが」

「そりゃそうだろ、入らない理由がねえ」

 よくわからない、という様子でこちらを見ている高橋くんに、QEDさんがそういった。私にしても、キリカちゃんにしても、アイカさんにしても、そして勿論QEDさんにしても、その事実は変わらない。

「別に俺とデュエルなんて、いつもやってることだろうに」

「だからこそですよセンパイ! いつものセンパイとは違う、集中した本気のセンパイと私は戦いたいんです!」

 キリカちゃんがフンス、と勢い良く宣言する。

「この人数だと、戦えない可能性もあるけどな」

 なんて、対する高橋くんは今日もマイペースだけれども、まぁつまるところ、今回の中心には、高橋くんがいるということだ。

 基本的には裏方メインの、彼にしては珍しく。

 ――だからこそ、彼はTCGに没頭して生きているといえるのだろうけれど。

 ともかく、私も少しだけそわそわしてきた。当然始めるのはデッキの調整だ。もう既に最終調整なら十回以上したけれど――それでも不安になってしまうのだから、度し難い。なんとも言いがたいけれど、とにかくむず痒いというのが今の私の本音であった。

「……あら、もうデッキの調整? どんな感じよ、アドバイスいる?」

「え? あ、いや、今日はいいよ。これ、自信作だから」

 アイカさんが気になったのかこちらに視線を向けてきた。覗きこんできたわけではないけれど、少しドキッとしてしまう。見透かされたような――気のせいだというのは、わかっているけれど。

「ま、緊張するのも解るけどね。あんまり気にする必要もないわよ。あいつはあいつ、いつもどおりのことしかしないから」

「集中力はダンチですけどね!」

 アイカさんがなだめようとして、それにキリカちゃんがちゃちゃを入れてくる、うん、彼女たちはいつもどおりのようだった。

 これは、ただ私にとって特別なだけで、彼らにとっては少し珍しいイベントでしかないのだから――

「……それで、実際どんな感じなの? ついにそのデッキもおおよそ完成と言えるところまで来たのかしら」

「<エクストラデッキ>はまだ甘いけど……中身は、うん、完璧だと、思うよ?」

 デッキビルドの専門家であるアイカさんに宣言するのは少し気後れするけれども、うん。私はこのデッキで、アイカさんに負けるつもりはない。

 ――私は、勝つためにここに来たんだ。

 そのために最善をつくしてきたのだから。勝つことで、答えを出しにきたのだから。――ふぅ、とそうして一息をつく。

「……言ってくれるじゃない。楽しみにしてるわ」

 アイカさんがそう言って――

「じゃあ、組み合わせ発表するわねー」

 猫宮さんの、宣言が響く。

 

 ――初戦の相手は、はからずも、アイカさん。一番最初に越え無くてはならない相手に、ぶつかった。

 

 

 ◆

 

 

 デッキをシャッフルし、それからカット、相手に渡して、そのデッキももう一度カット。シャッフルは8切りといって、カードを八つの束に分け、重なりを均すこともわすれない。丁寧に何度も相手のデッキをカットして。

 最後に、一枚だけ意図的に残して、それをカットした山札の一番上におけば完成だ。願掛けデスカット、相手の手札が腐りますように……!

「……よろしくお願いします」

「よろしくお願いします」

 挨拶は、なんだか凍りつくほど鋭い、アイカさんの言葉に返された。思わず、背筋がひんやりとする。

 これが、宮女の華姫、逆らっちゃ行けない人の威圧感……! 分かって入るけれど、心臓に悪い、これを冗談の許されない場で当てられる人は不幸だなと、他人ごとのように映った。

「じゃんけん」

「ぽんっ」

 ――私はグー、アイカさんはチョキ、ストレートに勝利である。

「先行もらいます、スタンバイ、メイン」

「どうぞ」

 互いに、静かに言葉を交わし合い――――

「私は――」

 それを、召喚する。

 

 

 ◆

 

 

 ――大会が始まった、隣ではアイカと遊河峰が既にバトルを始めている。いつもまにかデスカットなんて技を覚えた遊河峰に感心しつつ、俺の相手はQEDだ。

「……こわぁ、正直俺あそこに近づきたくない」

「俺も店の外だったらそう思ってる」

 互いに小声で言葉を交わし――アレは、さながら女の喧嘩だな、端から見ていてぞっとするほど恐ろしい、やっていることはTCGなのだが――バトルを始める。

「まぁ、何にしても幸運だぜ、しょっぱなからお前とやれて、しかもサエグサと遊さんが潰し合いと来ている。こりゃあ流れが来てるかもな」

「……サエグサは当然として、何だかんだ遊もえげつないからな」

 <HERO>は現在においても環境トップクラスのデッキだ。それを今までずっと、一ヶ月近く使い続けているのだ。プレイングは洗練され、カードも揃ってきている、はっきり言って、この中でアイカの次に恐ろしいのは間違いなく遊だ。

 QEDやキリカみたいに、デッキに遊びがあればいいのだが。

「ではまず<竜の霊廟>から行きますよ、<テンペ>と<ガフレ>を墓地に!」

 ……今日のキリカは征竜じゃねーか。

「おっと、じゃあ行くぜ、<クリバンデッド>召喚!」

 こっちもガチじゃねーか! だいたい全員使ってるデッキがおっかないぞ。もしかして今日はそういう取り決めでもあるのか?

「とりあえずそいつに<ヴェーラー>な。で……」

 ――ふと、視線が隣の遊河峰に向いた。並んで座り、今もアイカと正面から向き合っている――その手札を、俺は、ふと、覗いてしまった。

 ――あれ?

「私は――」

 遊河峰はそれを宣言する、高らかに、自信ありげに、一言、謳うように。

 

「――――<デネブ>召喚、何かありますか?」

 

 ――<デネブ>?

 見れば、そう。

「え?」

 思わずアイカが声を上げる。

 それもそのはず、――そのカードは、いわゆる<テラナイト>と呼ばれるデッキのパーツ。<HERO>にはどう考えたって入らない。

 じゃあ、つまり、つまり――

「……何?」

「む?」

「は?」

「を?」

「ぬ?」

「へ?」

 俺と、今ここに参加しているメンバー全員が、一様に疑問符を浮かべる。驚愕は、一瞬置いてやってきた。

「<チェーン>は、何かあります?」

「あ……あ、あ……」

 ゆっくりと、震えるように顔面をこわばらせるアイカ。いつもの威圧感なんてものはとっくの昔に失せていて――

「あるわけないじゃない!」

 その言葉に、誰もが最もだと、頷いた。

 

 

 ◆

 

 

 ……決まった、完璧だ。

 誰だって私が<HERO>を使うと思っていることくらい解ってる。まさかそれ以外は使わないだろう、そんなことを思っていることくらい承知の上。だからこそ、こうして<テラナイト>を組んで準備してきたのだ。

 誰にも悟らせず、こうしてお披露目にこぎつけた。この驚きの感情、威圧感さえ霧散してしまうほどの衝撃を、アイカさんに与えられたのだ。これほど喜ばしいことはない。

「……参りました」

 集中力の欠けたアイカさんが、一セット目をそのまま落とした。手札自体も良くなかったらしく、苦々しげな顔でこちらを睨んでいる。

 反則だと言わんばかりだが、だからこそ、私としてはドヤ顔を隠しきれなくなるわけで。

「…………アユムセンパイのそんな顔、始めて見ました」

 既に一セット目を終えてこちらを眺めていたキリカちゃんに、そんなことを言われた。……心外、な気がする。

 ともあれ、問題はここからだ。

 アイカさんは緒戦ではこちらのデッキに対応できていなかった。けれども間違いなく、それが二戦目に引き継がれることなんてありえない。

 この人が一番すごいのは、デッキを調整しているその時だ。それは、サイドデッキであっても同じこと、一セット目を先取して優位にたっても、直ぐに二セット目で取り返される。その状態で更にデッキ調整――相手に意識を整える余裕を与えては、間違いなく私に勝利はない。

「次はこうはいかないわよ、ギッタンギッタンにしてあげるっ」

「あはは……お手柔らかにおねがいしますね?」

 ――アイカさんは、強い語気でこちらを睨みながらも、その手は今も止まっていない、何度も深く呼吸をして、意識を切り替えているのが見て取れる。

 私は、それに愛想笑いで返事をしながらも、迷いなくサイドデッキを入れ替えていく。最初からアイカさんのデッキを想定したサイドを組んでいる、入れ替えるためのカードも決まっていて、迷いはない。

 お互い、目が全く笑っていなかった、こうして冷静に思考している私が言うのも何だけれども、アイカさん、かなり本気だ。

 そうして互いにデッキをカットしあって、二セット目が始まる。カードを五枚ドロー、先行は――

「先行は貰うわ」

 アイカさんがとった、一手目、<マスマティシャン>が召喚されて、ゆっくりと状況は動き始める。

「……メイン2、<プトレマイオス>召喚、何かありますか」

「ありません」

 ――デュエルが進行するたび、アイカさんの気配はより強く高まっていく、緊張故だ。そしてそれは、私自身が現状にふるえているというのもある。

「<トリシューラ>を召喚」

「……それは、通します」

 果たして私は勝てるのだろうか、それともここで負けてしまうのだろうか。きっと三戦目に勝利はない、アイカさんが調子を取り戻してしまえば、恐ろしさで言えば間違いなく高橋くんを上回るのだから。

「<トライヴェール>の効果、ハンデスは……」

「あ、ちょ、それは……!」

 なんとか高鳴る鼓動を抑えて、出来る限り丁寧なプレイングを心がける。一つ、一つ、ミスがないか確かめながら。最初から正念場なのだ、ここで、躓いて入られない。

 そして、

「<ダイヤモンドダスト>で、何かありますか?」

「……ないです。ターン、エンド」

 苦々しげなアイカさんの顔――絶好の機会が、回ってきた。

 勝てる、勝てる、勝てる。

 思ってしまう、焦ってしまう、それではだめだ、ここでミスっては意味が無い。だから――

「ドロー、スタンバイ、メイン」

「はい」

 一つ一つを言葉に出して、アイカさんの状況をしっかり確かめて、私は――

「最後、<デルタテロス>で、ダイレクトアタック……!」

 詰みの言ってを、宣言し……

 

「参りました」

 

 その一言を、アイカさんから引き出した。

 

 

 ◆

 

 

「あー、負けた! 公式戦で初めて負けた! もう、何だってこんなに強いのかしら、相手にしてて緊張しっぱなしよ」

「それは、私も何だけどね」

 投入したサイドデッキを元に戻しながら、互いに嘆息混じりに語り合う。今も心臓はバクバク言っているけれど、ソレデモなんだか不思議なことに、私はアイカさんに勝ってしまっていた。

「それにしたって、ここで新デッキを投入とか、読めないにも程が有るわよ、そのくせ、そっちはこっちのメタガン積みだし」

「いやぁ、アイカさんはやっぱ一番安定したデッキでくるかなぁって思ったから」

 私の構築したサイドデッキは、いわゆる<ネクロス>や<海皇>を意識したカードが多い、それが現在の環境で一番数多く見られるからで、ついでに言えば、アイカさんが使ってくる公算が高かったから。

 アイカさんは割りと素直なのだ、プレイングなんかは特に。全てが一流にまとまっていて、けれどもだからこそ読みやすい。

 今回みたいなあちらの思惑を外した一手を組み込めば、突破することは容易だったのだ。勿論、それは単なる初見殺しでしかないのだけれども。ともあれ、こうして初見殺しをキッチリ成功させ、その上二戦目も勝ってしまえたのだ。

 僥倖という他ない、幸いという他ない。

「さて……ほかも終わったみたい」

「どこも早いですね、三セット目までもつれ込んだところが無かったのかな」

 意外なことに、二戦でマッチが終了した私達ではあったが、全体から見れば遅い方であった。既に多くがマッチを終了している。このまま、フリーの間もなく二回戦に突入することは、想像に難くないのであった。

「はーい、次の組み合わせ発表するわよー、まずは遊ちゃんとキリーちゃん。それから」

 案の定、猫宮さんが全員に呼びかけてきた。独特の甘ったるい声で、さらっと言われたけれど私の相手はキリカちゃんらしい。

 とはいえそれは、高橋くんとここで当たらなくて済んだという事実でしかない。

「次にー」

 更に呼ばれた組み合わせ、QEDさん達のグループで、おそらく勝利した人達。これで勝者が四人、グループ分けされたことになる。

 さて、ここで振り返っておきたいのはこの大会の参加者が十人であるということ。二等分すれば五人、ここで割り切れなくなってしまう。

 基本的に大会は一戦目に勝った人同士をマッチングさせるわけだけれど、この場合、一人余りが出てきてしまうのだ。いわゆる階段である。

 そして、その階段になった人とぶつかるのは、一戦目で敗北した誰かということになる。通常であれば階段を担当するのは成績が一番悪かった勝者で、それとぶつかるのは成績が一番良かった敗者なのだけど、今回はどうやら全員我2セットで勝負を終えてしまったようだ。

 とすれば、

 

「――お次は、高橋くんと、サエグサちゃん!」

 

 こういうことも、起こりうるわけで――

 かくして、高橋くんと、アイカさん、二人の決戦が、始まろうとしていた。

 

 

 ◆

 

 

 基本的に、アイカのデッキに隙なんてものはない、あるとすれば、こちらの対策が不十分な一セット目、これを絶対に先取して、ニセット目以降の、トップ勝負に全てをかける。これが正攻法となる。

 つまり運ゲーだ。

 だがその運ゲーをするためには、当然最初の一セットは勝利する必要があるわけで、その時点で、実力がなければ後はもうただ蹂躙されるしかないわけなのだが――

 

「……参りました」

 

 生憎と、その一セット目を落としたのは、俺の方だった。

 順当にすすめられて、順当に詰まされてしまった。こちらの手札は悪かったし、向こうの手札はかなりいい方だった。どうしたって運のゲームである以上、実力が拮抗しているならそれは十回もやっていれば二回か酷い時には三回くらいはあるものだけれど――

 この、一番引いては行けない状況でババを引いてしまった、それは間違いなく俺の失態だった。

「ふん、どんなものよ!」

 アイカは勝ち誇った様子でドヤ顔を披露する、まったくもってそれは決まっていて、実に誇らしげである。だが同時に、自身の優位に慢心など一切していない様子、俺は苦々しげに唇を噛むほかなかった。

「次は負けないさ」

「次はないって言ってあげるわ、この状況で、それを許すはずないでしょう」

 ――完全に、天秤はあちらに傾いている、一セット目をとった時のアイカは強い、尋常じゃないほどに、それに煮え湯を飲まされたことは、一度や二度ではないのである。

「あぁ、それは解ってる。はっきりいって勝てる気何か全くしないね、驚くほどピンチな状況だ」

「殊勝なこと、アンタにしては珍しいくらい」

 ふん、と鼻を鳴らして、怪訝そうな眼でこちらを見てくるアイカに、俺はニィ、と歯を見せて笑ってやった。

 その余裕、梃子を外して見せてやろう、と。

 そう、語りかけてやる。言葉にせずに、だからこそ挑発として成立するように。――俺は、サイドデッキの調整を終えて、準備を整えた。

 さて――反撃開始と、いこうじゃないか。

 

 デュエルが進むに連れて、アイカの表情が変化していく。明確にこちらを睨みつけながら、呼吸すら忘れてしまいそうな威圧をぶつけながら、けれどもそれは一定しない。

 こいつらしい特徴だ、変化がそこにはありつづける――少なくともそれが、自身の苦境を自覚してのものだから。

「私は、<トリシューラ>を――」

「おっと、<警告>だ、そこまでにしてもらおうか」

 そして。

「……っ!」

 そこで、ようやくアイカの手が止まった。俺のカウンターが、懐からキッチリと、叩きこまれたのだ。

 ターンエンドと、少女は宣言する。意気消沈し、そして考える。なぜだ、なぜだ、なぜだというのだ。一体どうして、アイカは俺を押し潰せなかった? 状況は、圧倒的にコチラ有利のはずなのに――

 決まっている、そんなことは決まっている。

 サイドデッキを構築する時点で、既に<デュエル>は始まっているんだよ、だから、アイカのデッキビルドスキルに、俺は自身のプレイングで勝利を挑んだ。サイドデッキを組み上げた時点で、この状況を俺は想定していた。していなくちゃならなかったんだ。

 でなければ、アイカは自身の優位を崩すことなく、俺を蹂躙しきっていたことだろう、さもなくば、俺はアイカに一矢報いる程度しか叶わなかったか。

 どちらにせよ、それは崩れた。俺のプレイングが勝ったのだ。確かにアイカは強かろう、この状況はこいつにとって絶好としか言い様が無いものだ。

 それでも、俺だって同じなんだ。俺だって、この苦境を好機と思わないわけじゃない。何も出来ずにただ見ているほかないなんて、そんなことはありえない。

 加えて何より、勝ちたいと思った。

 そうしなくちゃ行けないと思った。

「……サレンダーします」

 宣言したアイカを相手に、大きく息を吐く、緊張が、そこで一度弛緩した。なんとか最初の山場を越えた。辛いのはこのつぎだ、アイカのデッキは、二戦目よりも更に洗練されて俺に襲いかかる。

 だが、それでも負けるつもりはない。

 ちらりと、俺は視線をその先に向ける。おそらくは、次かその次に激突することになる相手――遊河峰歩は、どうやらキリカを相手に、二戦連取で勝利したようだ。

 俺はあいつに問いかけた、どんなプレイヤーになりたいか。それに対する答えを、おそらく今のアイツなら持っている。

 だから、直接聞きたい、聞く必要がある。この大会で、白黒つける必要がある。

 そのためには負けられない。負ける訳にはいかない、たとえ相手がアイカだろうと、全力で持ってそれを斃す。

「……よろしくお願いします」

 そう心に決めて、三セット目。運命の分かれ道が、そこにはあった。

 

 

 ◆

 

 

「はーい、それじゃあ三戦目の組み合わせを発表するわねー」

 店長がぼんやりとした声でそう告げる、誰もが待ってましたとばかりに顔を上げ、誰かが覚悟を決めたように、目を細める。

 時は来た。

 ようやくそれは訪れたのだ。

 そう、

 

「一つめはー、――遊ちゃんと、高橋くん」

 

 かくして、互いに二戦連勝の状態で、高橋冴木と、遊河峰歩は、激突することとなる。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。