浮遊城でも俺の青春ラブコメはまちがっている。   作:空奏葉
<< 前の話 次の話 >>

39 / 43
今回は設定やあとがきです。


傾向と設定と意思

今回は少しこれからの傾向?的なものとキャラの設定の確認を発表させてもらいたいと思います。

 

今私は約40話ほど投稿させていただき75層まで八幡たちは攻略していきました。

 

オリジナル展開をちょびちょび挟んでいます。これからもう少し増やしていきたい感じています。

 

さて、今後の展開といいますかまあアニメと同じにはなるのですが、今しているSAO編が終われば次にALO編に入ります。

 

GGO編にはいるかどうかは特に考えてはいませんができるところまで頑張りたいと思っています。

 

 

それでは次に八幡について明確な設定を書いていきたいと思います。

 

SAOキャラに関してはアニメ通りです。

 

本名、比企谷八幡でゲーム内のネームはハチマンで基本ソロプレイヤーです。

作中でちょいちょい装備が変わっていきますが基本武器は片手剣で腰につけている投擲用ナイフを使い器用に敵を翻弄していく戦い方になります。

キリトと同様にユニークスキルを持っており、

スキル名が《操者》といい、mobやプレイヤーを操る又は動きを止めさせるなどができます。相手と直接目を合わせることで効力を上げることもできます。

全ての相手を操れるわけではなく、自分よりレベルの高い敵に対しては直接目を合わせてもほんの僅かしか動きを止めれなかったり止めれてもスキルに集中するために自分が動けないというのもあります。また操者の発動中は別のスキルを使うことができません。

 

またリスクもありスキルを使えば頭痛と目眩が起こります。強い相手を操るほど反動が大きく、連続で使用した際は気絶の可能性も起こります。

 

ユニークスキルについてはこのようなものです。

 

性格面では、妹がいるため面倒見が良く特に年下に対して甘い面もあります。

 

SAO内でアスナと付き合っており、彼女を生きたまま現実に返すことを重んじています。

素っ気ない態度をすることもあるが内心はアスナのことを大切に思っています。

 

八幡についてはこのようなものです。

スキルや設定について気になることがあれば是非感想でお伝え下さい。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

あとがき

 

どうも空奏葉です。見てくださってありがとうございます。文字が少し足りないということで今後の意思を書きたいと思います。

 

38話とそこそこ長く投稿してきて自らが感じたことといえば文才のなさを感じました。

文才がないが故に独特に考えを持つ八幡を八幡らしく書くことができず、さらに原作とのの矛盾があることもあるかもしれません。

これから八幡らしく書くことをさらに努力していきたいと思っていますのでどうぞ応援よろしくお願いします。

 

またこの作品は私の理想を描きたいコラボSSなためご都合主義な展開があるかもしれませんが温かく見守って下さい。

 

長くなってすみません次回をはやく投稿できるよう精進致します。




感想等待っています。







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。