怠け者の魔法使い   作:ゆうと00
<< 前の話 次の話 >>

17 / 33
第15話 『意図』

 加蓮と奈緒が杏の劇場に期間限定で移籍するという話題は、武内の部屋で打合せが行われたその翌日には、346プロのアイドルやスタッフの半数が知るところとなっていた。どうやらあのときドア越しに盗み聞きしていたアイドルがいたらしく、そこから事務所内の関係者に知れ渡っていったらしい。

 とりあえず美城常務の口から箝口令が敷かれているため、今すぐに外部の人間に漏れることは無いだろう。しかし彼らも人間だ、ちょっとしたミスで耳聡い記者の耳にその情報が入るかもしれない。できれば自分達の方から発表した方が良いだろうと、武内は記者発表の準備に追われていた。

 

 そんな346プロ内にある、社員食堂。

 昼時だけあって、千人近くが一度に座れるにも拘わらずほぼ満席だった。様々なジャンルの料理を安価で食べられるのが社食の魅力だが、346プロの場合はかな子の店で実際に出されているメニューを通常よりもかなり安く食べられる。しかも時期によっては、新開発したメニューをモニタリング目的で出したりすることもある。

 なのでここは社員だけでなく、アイドル達の利用も多かった。特に寮に住むアイドルの大半はここを利用しており、下手に外食に行ったり自炊するよりも手軽に豊富なメニューを安く食べられることが大きな要因だろう。

 そんな若い少女達に釣られてというわけではないだろうが、社食の中はとても賑やかだった。午後からの仕事に備えて黙々と英気を養う者もいるが、大多数は気の合う同僚や仲間達とのお喋りに興じている。

 そして普段なら様々な話題が飛び交う社食も、今日ばかりは全員が“奈緒と加蓮の話題”で盛り上がっていた。ここは社員とアイドルしか持つことを許されていないカードが無ければ入れないスペースのため、皆が遠慮無く自分の思うことを喋っていた。

 

「幸子チャンは、奈緒チャンと加蓮チャンの話は聞いたかにゃ?」

「ええ。346プロを一時的に離れて、双葉さんの事務所に行くという話ですよね?」

 

 2人で向かい合いながらハンバーグセットを食べる前川みくと輿水幸子も、そんな彼ら彼女らの内の2人であった。2人はデビュー前の同時期に卯月の付き人をしていたこともあって、プライベートでもよく一緒に行動する仲だった。

 

「なかなか凄い決断ですよね。“トライアドプリムス”なんて、今最も勢いのあるユニットじゃないですか。それを一時的とはいえ休止して、地下アイドルの劇場に移籍するなんて……」

「本人の話じゃ『自分のスキルアップのため』とか『劇場の環境が羨ましい』とか言ってたらしいにゃ。みくからしたら、アリーナツアーとかやれちゃう加蓮チャン達の方が、よっぽど羨ましいと思うにゃあ……」

 

 ハンバーグを頬張りながら呟いたみくの言葉は、紛れもなく幸子にとっても本心だった。今はまだ思うような仕事が回ってこない2人だったが、いつかは卯月みたいな正統派アイドルとして全国ツアーをしたいという願望がある。

 ウンウンと頷いていた幸子だが、そのときふと、誰かから聞いたのかも思い出せないほどに曖昧になっていた記憶を思い出した。

 

「そういえば、みくさんって元々地下アイドルだったんですよね? 地下アイドルの劇場って、どんな感じなんですか?」

「…………」

 

 幸子としてはあくまで会話を繋ぐための軽い質問だったのだが、その途端にみくは口に運びかけていたハンバーグをぴたりと止めて、苦々しい表情を浮かべた。

 

「……ひょっとして、あまり思い出したくない過去ですか? だったら無理に話さなくても――」

「ううん、大丈夫にゃ。今となっては笑い話だし。――みくがいた劇場に所属してた子達は、地下アイドルを“テレビに出るための踏み台”としか考えてなかったにゃ。だからみんな1日でも早く、周りの子達を蹴落としてでも劇場を抜け出そうと必死だったんだにゃ。だから裏では凄くギスギスした空気だったにゃ」

「うわぁ、それはちょっとキツイですね……。ここにいる皆さんもライバルといえばライバルですけど、何となく仲間意識みたいなものはありますからね」

「――でもまぁ、ギスギスした空気も嫌だったけど、一番嫌だったのは“アレ”かにゃあ……」

 

 随分と勿体ぶった言い方だが、バラエティ番組のノリでそうしているのではなく、ただ単に話すことを躊躇っているだけというのは、彼女の苦虫を噛み潰したような表情を見れば明らかだった。

 

「……何か、嫌なことでもあったんですか?」

 

 怖いもの見たさ、ならぬ怖いもの聞きたさで幸子が続きを促すと、みくはその表情のままポツポツと話し始めた。

 

「……その劇場では社長が全部の権力を握ってて、ちょっとでも気を損ねたらライブに出演できなくなっちゃうの。それに社長が気に入った子がセンターに立てたりするから、みんな社長の機嫌を取るのに一生懸命になってて……」

「え、え……! ちょ……! て、てことは……、もしかして……」

「……多分、“枕営業”とかもあったと思うにゃ……」

 

 みくの答えに、幸子は「ひぃ……」と顔を青ざめて体を震わせた。どこか遠い世界の出来事としか考えてなかった“枕営業”といったものが、思っていた以上に身近なところにあったという事実に、幸子は驚きを通り越して恐怖を覚えたのである。

 

「あ、あの、答えたくなかったら別に構わないんですけど――」

 

 幸子が訊き難そうにそう言うと、みくは毅然とした態度で掌を彼女に向けて、

 

「それは大丈夫にゃ。むしろみくはそういう“枕営業なんて当たり前”みたいな空気が嫌だったから劇場を飛び出したんだにゃ。それで『ここで落ちたらアイドルを辞める』って意気込みで346プロのオーディションを受けて、採用してもらったおかげで今ここにいるんだにゃ」

「壮絶な想いを抱きながら、346プロに入ったんですね……。――ところでみくさんは、劇場の人達とはもう完全に縁を切った感じなんですか?」

「そもそも連絡先なんて交換してなかったし、普段もまともな会話は無かったにゃ。劇場自体も、みくが辞めた1ヶ月後くらいに社長が脱税で捕まって無くなっちゃったし。――あっ、でも1人だけ、よく一緒になってレッスンとかしてた子がいたにゃ」

「へぇ、そうなんですか。……ちなみに、その子は――」

「その子も大丈夫。これがまた不思議な子でね、いつも災難に見舞われてるのに、取り返しのつかない1歩手前でいつも踏み留まっているような、運が良いのか悪いのかよく分かんない子だったにゃ。みくと一緒に劇場を飛び出して、一緒に346プロのオーディションを受けようねって約束したのに、当日になって連絡も無しに来なくなっちゃって……。しかも音信不通になっちゃったから、その子ともそれっきりなんだにゃ」

 

 今頃何をしてるのかにゃあ、とみくは遠くを見るような目つきで天井の辺りを見上げ、どこにいるのか分からないその少女へ想いを馳せた。顔も名前も知らない幸子も、その少女の無事を祈らずにはいられなかった。

 

「それにしても、地下アイドルってそんなに過酷なんですねぇ……」

「もちろん、そういう劇場ばかりじゃないけどね。やっぱり今はどの芸能事務所もアイドルに力を入れてるから、地下アイドルの中にも実力のある子はいっぱいいるし。――それに加蓮チャン達が移籍することになる双葉さんの劇場はみくも生で観たことあるけど、あの子達は本当に心の底からアイドルを楽しんでるような感じだったにゃ。もしみくがいた劇場があんな感じだったら、多分346プロに行くことも無かったかもしれないにゃ」

「元地下アイドルのみくさんがそう言うなら、多分本当にそう感じてるんでしょうね。――それにしても、自分の好きなことをやれるっていうのは、やっぱり羨ましいですねぇ……」

 

 幸子はそう言って、大きな溜息を吐いた。

 

「そんなこと言ったって、幸子チャンだって他の子達からしたら充分売れてる方だにゃ。――主にバラエティ番組だけど」

「なっ……! そ、それを言うなら、みくさんだってほとんどの仕事がバラエティ番組じゃないですか! しかも最近は定番の“流れ”みたいなものもできてますし!」

「ちょっ……! それだったら、幸子チャンだって同じでしょ! この前幸子チャンが出演してる番組見たけど、3日連続でバンジージャンプのドッキリを仕掛けられる仕事なんて、アイドルの仕事じゃないにゃ!」

「それならみくさんだって、色々な番組で魚の入ったプールに落とされてるじゃないですか! しかもこの前の番組なんて、芸人さんが頑張ってプールに落ちる前振りをしていたその後ろで、カメラに映るかどうかギリギリのタイミングで落ちてましたよね! さすがにあれはお腹を抱えて大笑いしましたよ!」

 

 肩を上下させて息を荒げるほどに大声で言い争っていた2人だが、言い表せないような虚しさを感じたのか同じタイミングで黙り込んでしまった。そして同じタイミングで、それはそれは深い溜息を吐いた。

 

「“ネコキャラ”をやってるから多少は覚悟してたけど、まさかここまでバラエティ一色になるとはにゃあ……」

「別にバラエティ番組が駄目ってわけじゃないんですけどね……。歌って踊るアイドルに憧れてオーディションを受けたボクとしては、どうにも……」

 

 2人は本気で落ち込んでいる様子だが、容姿が整っている少女が酷い目に遭いながら悲惨な空気にならずに笑いに持って行けるというのは、実はとても高度な技術のいる凄いことなのである。なので2人はバラエティ番組でも重宝され、他のアイドルとは違うベクトルで着実にステップアップしているのだが、2人はそのことに気づいていない。

 

「まったく、プロデューサーさんも見る目が無いですね! こんなにもカワイイボクを、正統派のアイドルとして売り出さないなんて!」

「幸子チャンが可愛いかどうかは置いておくとして――」

「ちょっと! なんで置いておくんですか! 拾ってくださいよ!」

「いやいや、でも正直なところ、顔が整ってるアイドルなんていっぱいいるにゃ。特にみく達の同期だけでも、見た目も実力も相当レベルの高い子達が(しのぎ)を削っているんだにゃ。まずはその子達と戦い抜かないと、歌の活動なんて夢のまた夢だにゃ」

 

 かつての劇場でのギスギスした空気は嫌だったみくだが、同じ事務所のアイドル達をライバル視すること自体に否は無かった。

 そんな彼女だからこその重みのある言葉に、幸子は憂鬱そうに表情を曇らせた。常日頃から自分を可愛いと豪語する幸子だが、人と争うことに対して苦手意識があるようだ。

 

「だからこそ加蓮チャンも奈緒チャンも、みく達からしたら凄く売れているように見えてても、裏では色々と考えていたのかもしれないにゃ」

「……そうですよね。ボク達もプロデューサーさんからの仕事をこなすだけじゃなくて、自分から動かなきゃいけないのかもしれませんね」

 

 社員食堂の片隅で、幸子とみくは互いに顔を見合わせて力強く頷いた。

 

 

 *         *         *

 

 

 そんな風に2人の少女を悩ませる遠因となっている双葉杏は、自宅から程近い警察署を訪れていた。最初はかつてのトップアイドルがやって来たことに驚いていた警察官も、彼女が手を繋いで連れてきたこずえの事情を話すと、すぐさま真面目な顔つきとなって親身に話を聞くようになった。

 その警察官は2人を“生活安全課”へと案内すると、警察のデータベースで行方不明者の捜索を開始した。そこには日本中で行方不明となっている人々のデータが蓄積されている。その膨大なデータに、日本でこれほどまでに行方不明者がいるのか、と杏は目を丸くした。

 しかしそれだけのデータがありながら、結果は芳しくなかった。こずえくらいの少女、さらには“そういう類の疾患”を抱えた行方不明者なら該当する者は何人かいるが、クリーム色の髪にエメラルドグリーンの瞳という特徴的な外見の少女となると、まったくヒットしなくなってしまう。

 とりあえず、こずえは警察で身柄を預かることとなった。もしかしたら、こずえを心配した両親などが捜索届けを提出するかもしれない。とはいえ警察署に寝泊まりするわけではなく、女性警察官が交代で自宅に泊まらせることになるのだという。そして捜索が長期化することになれば、信頼できる児童養護施設に預けられることになる。

 

「それじゃ、よろしくお願いします」

「はい、彼女は我々が責任を持ってお預かり致します」

 

 そのような会話を交わす杏と警察官に、こずえがおもむろに2人を見上げる。

 

「……あんずとは、いっしょにすめないのー?」

 

 上目遣いで首をかしげて尋ねるこずえに、杏は「うぐっ」と後ろ髪を引かれる思いになった。しかしこずえの両親が彼女を探しているのだとしたら、尚更彼女を警察に預けなければいけない。

 

「ごめんね、こずえちゃん。でもこずえちゃんのご両親が探してるかもしれないのに杏と一緒に住んでたら、杏が誘拐犯で捕まっちゃうかもしれないんだよ」

「……あんず、つかまるのー?」

 

 こずえの疑問の目は、杏から警察官へと移った。彼もこずえの純粋な目に「うぐっ」と気まずそうな声をあげ、そして杏の方をちらちらと見遣りながら、

 

「……まぁ、事情を知らない者からしたら、こずえちゃんを誘拐したと受け取られかねないことは否定できない、と言いますか……」

 

 何とも歯切れの悪い言い方だが、紛れもなく彼の本心だろう。

 

「そういうことだから、これもこずえちゃんがパパとママに会えるようにするためなんだよ。分かってくれる?」

「…………」

 

 営業スマイルを貼りつけておねだりするように首を傾ける杏を、こずえは心の奥を見透かすような澄んだ目でじっと見つめ続けた。けっして顔には出さないが、今の杏は内心汗がダラダラ流れていることだろう。

 そして、数分ほどたっぷりと時間を掛けて見つめ続けた後、

 

「……わかったー。こずえ、あんずとわかれるー」

「ホッ――」

 

 こずえの答えに杏だけでなく、傍で遣り取りを眺めていた警察官ですら胸を撫で下ろしていた。

 

「それじゃ、改めてよろしくお願いします。――じゃあね、こずえちゃん」

「うん、ばいばーい」

 

 杏が席を立ってこずえに話し掛けると、こずえは何回か手を振ってすぐに視線を警察官へと向けた。そのまま警察官に手を繋がれて建物の奥へと連れて行かれるまでの間、こずえは1回も杏の方を振り返ることはなかった。

 あれだけごねてた癖に別れるときはあっさりかよ、と杏は思わなくもなかったが、そもそも彼女の手を離したのは自分なんだから身勝手な考えか、と結論づけると、杏はくるりと踵を返して出口へと歩いていった。

 

 

 *         *         *

 

 

 都内にある競馬場には、お世辞にも綺麗とは言えない格好をした人々で溢れかえっていた。客席からは怒号と表現できる叫び声が木霊(こだま)し、床や地面には破り捨てられた馬券が散乱している。もちろんレースそのものを楽しんでいる者も中にはいるだろうが、大半以上の人間が賭け事が目的であることもまた事実だろう。

 しかしそんな中でも、人のあまり通らない廊下の片隅で壁に寄り掛かっているその2人は、他の客と比べてもかなり珍しい部類に入ることは間違いない。なぜなら彼らは馬券も買わずレースも観ず、そもそもレースを目的にやって来たわけではないからである。

 

「阿久徳さん、どういうことですか? 一向にあいつらが消える気配が無いんですけど」

 

 その内の1人である若い男が、もう1人の薄汚れた格好をした年配の男に詰め寄る勢いで尋ねてきた。見た目にも苛々していることは明らかだが、年配の男――阿久徳は、その若い男――某事務所のプロデューサーに呆れた表情を見せる。

 

「もう少し辛抱強く待つことはできないんですかい? あっしだって、何も遊んでたわけじゃないんですがねぇ……」

「だったら、なんであいつらは今ものうのうと活動を続けてるんですか! どうせ疚しいことをしているに決まってるんだから、それをバラせば一発でアウトでしょう!」

「何の根拠があって決めつけてんのかは知りやせんが、あっしの調べてみた限りではそういうことは一切無いですぜ? ネットの反響にも操作した様子は無いですし、劇場でもキナ臭い話は聞きやせん」

「はんっ! そんなわけがないでしょう! 地下アイドルですよ、地下アイドル! 枕営業なんて日常茶飯事ですし、安いギャラで働かせるなんて普通にやってるに決まってますよ! そうじゃなかったら、あいつの劇場があんなに話題になるはずがない!」

 

 若い男の言葉に、阿久徳は深い溜息を吐いた。その表情は先程よりも呆れの色を濃くし、若い男は思わず勢いづいていた口を閉ざす。

 

「枕営業、ね……。劇場のみで活動して、テレビとかには一切出ない彼女達が、いったい誰を相手に何の目的でやるんですかね? ――それにギャラなんて、あっしが真っ先に調べたことですぜ。双葉杏自身が金儲けを目的にしてないからか、他の劇場と比べてもアイドルやスタッフに対する金払いが良いですな。劇場の経営も順調のようですし、所属アイドル達は下手にテレビに出てるアイドルよりも稼いでるんじゃないですかい?」

「……だ、だったら! 捏造でも何でも良いから、あいつらにとって致命的になるような情報をでっち上げれば良いでしょう! 阿久徳さんだったら、それくらい簡単でしょ!」

「勘違いしてるようですから教えますがね……。嘘っぱちの記事で釣られるのなんて、ただ騒ぎたいだけの馬鹿だけなんですぜ? 一時的には盛り上がるかもしれやせんが、そんなの少し経ったらすぐに飽きられちまうのが関の山だ。そういうのは“本物”だからこそ効き目があるんですし、だからこそあっしは一度も“記事の捏造”はしたことないんですぜ?」

「だったら、どうする気ですか? まさかこのまま、前金だけ貰ってお終いにする気じゃないでしょうね?」

 

 鼻息を荒くする若い男に、阿久徳はニヤリと笑みを深くした。

 

「この業界は“信用”が大事です。それはあっしみたいなモンでも変わりやせん。――大丈夫、()()()()()()()()()()ぜ。ですからあんたも、ちょっとは待つことを憶えてくださいよ」

 

 阿久徳の言葉に、若い男は鋭い視線を彼に向けながらもこれ以上は何も言わなかった。

 

 

 *         *         *

 

 

「それじゃこずえちゃん、パパとママが見つけてくれるまで、僕達と一緒に過ごそうね」

 

 子供に警戒心を抱かせない柔らかな笑みを浮かべながら警察官が話し掛けるが、こずえは相変わらずの無表情でじっとこちらを見つめるのみだった。その大きな両目で見つめられると、まるで自分の胸の内を見透かそうとしているような印象を持ってしまうのは、自分に何か疚しい想いがあるからだろうか、とその警察官はそろそろ本気で悩み始めていた。

 と、そのとき、こずえが警察官の袖をクイクイと引っ張ってきた。

 

「ねー、といれー」

「え? あぁ、分かったよ。――うーん、誰か女性で手の空いてる人はいるかな……?」

 

 警察官が困った様子できょろきょろと辺りを見渡していると、

 

「あれ? 先輩、どうかしたんですか?」

 

 1人の女性が彼の傍へと駆け寄ってきた。警察官になれる身長制限ギリギリの高さしかないその女性は、その顔立ちの幼さも相まってまるで子供のようだった。しかし声高に主張してくる胸の膨らみが、彼女が成熟した大人の女性であることを知らせてくる。

 その女性は彼の連れている小さな女の子に気がつくと、

 

「あれ? 先輩、まだ結婚していませんでしたよね? 隠し子?」

「違うよ! この子はさっき届けられた、行方不明らしき子! とりあえずトイレに行きたがってるみたいだから、片桐くんが案内してくれない?」

 

 その女性――片桐早苗にそう頼むと、彼女はにっこりと笑って了承した。

 

「良いですよ。この子の名前は?」

「本人は“遊佐こずえ”と名乗ったらしい」

「よし。こずえちゃん、早苗お姉さんと一緒におトイレに行こうか」

「…………、うん、わかったー」

 

 こずえは早苗の顔を数秒ほどじっと見つめてから、そっと彼女の手に自分のそれを添えた。早苗はそれを力強く握ると、そのまま鼻歌でも歌い出しそうな軽い足取りで女子トイレへと向かっていった。

 そして女子トイレへと到着し、早苗が入口のドアを開けようと手を掛けたそのとき、

 

「さなえー、はずかしー」

「へっ? ……あぁ、あたしが一緒に入ると恥ずかしいってこと? 分かったわよ、ここで待ってるから、終わったら出てきてね」

「うん、わかったー……」

 

 こずえはそう言って入口のドアを開け、中へ入っていった。こずえが手を離しただけでドアは自然と閉じていき、がちゃり、と音をたてて閉まった。

 早苗は入口すぐ脇の壁に寄り掛かり、こずえが出てくるのを待つ。

 そして10分以上経っても、こずえは外に出てこなかった。

 

「……こずえちゃん? まだ終わらないの?」

 

 中に呼び掛けてみても、返事は聞こえてこなかった。ドアに耳を近づけてみるが、中から物音が聞こえてこない。

 

「……こずえちゃん、中に入るわよ?」

 

 一応断りを入れてから、早苗はドアを開けて女子トイレに足を踏み入れた。

 トイレの中は、実に単純な構造をしている。視線を動かさなくても全貌が分かる程度の広さに、個室が4つ左側に並んでいる。右側には洗面台が2台ほど設置されており、正面の壁には顔くらいの高さで窓が備えつけられている。

 そして4つの個室全てのドアが開きっぱなしになっており、全開になっている窓からは勢いよく風が吹き込んでいる。

 

「ちょっ――! 嘘でしょっ!」

 

 それを見た瞬間、早苗は声をあげて目を見開き、その開いた窓へと駆け寄った。身を乗り出す勢いで窓の下を素早く覗き込むが、そこには誰の姿も無い。

 この女子トイレは、地上3階にある。もし窓からこずえが脱走したとすれば、彼女は命綱も無しに3階から飛び下りたことになる。大人でも大怪我を負うことは必至だというのに、あんな小さな女の子がそこから飛び下りたらどうなるか。

 

「――何してんのよ、こずえちゃん!」

 

 早苗は表情を引き攣らせると踵を返し、そのままトイレを飛び出した。開きっぱなしになっている入口のドアからドタドタと喧しい足音が聞こえ、やがてそれはフェードアウトしていった。

 そして足音が完全に聞こえなくなった頃、その入口のドアがゆっくりとした動きで閉じられていった。

 そしてそこから、こずえが姿を現した。

 

「…………」

 

 こずえは自然に閉じられていくドアに滑り込むようにしてトイレを出ると、その無表情な顔を左右に向けた。左手は先程早苗と歩いてきた廊下があり、生活安全課などの警察官が働くスペースへと続く。そして右手にはすぐ階段があり、警察官を始めとした通行人の姿は無い。

 こずえは右へと進み、階段を降りていった。階段を半分ほど降りると踊り場となっており、そこでUターンするように曲がって残りの半分を下りるようになっている。なのでこずえも手摺りに掴まりながら階段を降りていき、くるりとUターンをした。

 

「あら、こずえちゃん」

 

 早苗の姿が、そこにあった。

 

「…………」

 

 階段を下りかけた姿勢のまま静止したこずえが、じっと早苗の顔を見つめる。

 そんな彼女の視線に構わず、早苗は階段を昇って彼女に近づくと、にっこりと笑って手を差し出した。

 

「良かったわ、こずえちゃんが窓から落ちたんじゃなくて。無事で何よりよ。――さぁ、あたしと一緒に戻りましょう?」

「…………、うん、わかったー」

 

 こずえは再び早苗の顔を数秒ほどじっと見つめてから、そっと彼女の手に自分のそれを添えた。早苗はそれを力強く握ると、そのまま鼻歌でも歌い出しそうな軽い足取りで生活安全課へと向かっていった。

 そしてその道中、

 

「発想は良いと思うんだけどねぇ。あのドアって、手を添えていないと自然に閉まるようになってるのよ。だからあたしがトイレに入った時点でドアが閉まらないとおかしいのよ。あるいは、あたしが窓を覗き込んでいる隙にトイレから出ようと思ってたとか?」

「…………」

 

 手を繋がれて引っ張られるように歩くこずえは、その無表情な顔を動かすことなく、早苗の質問にも答えることはなかった。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。