ツイテル話   作:笹鉄砲

20 / 36
第二十話

 本体の俺がイナリ君と共に来るのは知っていた。しかし、よく見るとイナリの母さんが七人いる。自分のことながら嫌な予感しかしない。隣のイナリ君の目は死んでいるし。

 

 だが、かなりタイミングは良いと言えるだろう。敵も大将がやられ混乱している時にさらに追い打ちをかけるように人が増えたのだ。今がチャンスとしか言いようが無い。

 

 イナリ君や波の国の人々が援軍としてきたことにナルトが喜び、タズナさんは感動して泣いている。

 

「みんな無事か?」

 

 そんな中、本体の俺が一人走りながら俺たちに近寄ってきた。そして辺りを見回し混乱している。それも仕方ないだろう。最後に連絡をしたのはザブザが襲ってきたときだからな。

 

「話の展開が分からんから消えてくれない?」

 

「いくら本体がお前でもさすがに腹立つわ」

 

「そういうのいいから本当」

 

「死ねよ」

 

 俺はそういいながら消えた。

 

 

 

 分身が消えたことによりここで起こったことが全て頭の中に入ってきた。俺たちが来るまでの間に状況が変わりすぎてビビるレベルである。けども大体分かった。

 

「ナルト!! サスケ君は無事よ。ちゃんと生きているわ!!」

 

 それを聞いたナルトが涙を流しながら笑っている。俺はサスケの幽霊が居ない事から生きていることを確信していたようだ。

 

 これほどまでに生存確認で嫌な確かめ方が存在しただろうか?

 

 まあ、仮面に殺されたと思われていたサスケは生きていたのでこいつらと俺たちとの間でとくに問題は起こらないし、ほっといたら帰るだろう。

 

 そう考えた俺はここにいるメンバーに話しかける。

 

「カカシ先生あいつらどうにかできますか?」

 

「無理だ、さっきナルトにも言ったがチャクラを使いすぎた」

 

「じゃあ、どうするんだってばよ!?」

 

「それなら俺に任せとけ。こういう時は戦わずして勝つのがセオリーだ。つまり相手をビビらした方が勝ちだ。おい仮面!!俺が今からなんとかするからザブザを助けてこい」

 

「そうしたいですが、僕もチャクラがもうないです。再不斬さんも無いのにどうして?」

 

 そういいながら悔しそうな顔を顔をする仮面。何がどうしてかも分からん。

 

 仕方ない俺が一人でやりますか。今日一日何にもしてないの俺だけだし。

 

「おい、仮面!!」

 

「何ですか?」

 

「今からザブザを助けてやる」

 

「え!?」

 

「ただし条件がある」

 

「……それは何ですか?」

 

「まず、これが終わったら俺たちと戦うな。サスケも生きてたし恨みっこなしだ。次にザブザの剣をうば……貰ったものだから返還しないこと。ただでさえ俺はお前の命を救ったんだ。ちゃんとザブザの説得もしろよ」

 

「再不斬さんが助かるなら。なんでもします!!」

 

「その言葉を待っていた!!」

 

 俺は仮面との契約を守るために一人奴らの前に歩き出す。

 

「聞け、貴様ら!! お前らがこれから相手にするのはこの波の国をわずか七日間で崩壊させた怪物だ!! 死にたくないなら今すぐ消えろ!!」

 

「はぁ!! せっかくの金づるを殺しといてさらに消えろだ。ふざけんじゃねぇよ!! てめえらやっちまうぞ!!」

 

「おおおおおおお」

 

 叫び声とともに傭兵集団が突進してくる。

 

「後悔しろよ、馬鹿どもめ!! やれ、ジャイアントゴッドTSUNAMI!!」

 

「ぶるああああああああああああああああああああ!!」

 

 後ろで波の国の人々の間に紛れ込ませていた、イナリ君の母ちゃん(マッスルバージョン)達を突っ込ませる。

 

「怖くない!! 怖くない!! ほらねぇぇぇぇぇぇ!!」

 

 ……なかなか、迫力のあるシーンだ。こんな目に遭ったら俺は一生このことで悪夢を見そうだ。

 

 走ってくるイナリ君の母ちゃんを見た瞬間、逃げ出そうと船に向かう傭兵たち。

 

「ぎゃあああああああああああああ!! 助けてくれ!!」

 

「やつらを逃がすな!!」

 

「もちろんだ!! ふぅるぁ!!」

 

 イナリ母ちゃんが初めに奴らが乗ってきた船に素振りをかまし粉々に砕いた。

 

「あ……あ…」

 

 逃げ場が無くなり絶望的な顔をする傭兵たち。

 

 もう一度言おう、俺の好きな言葉は敵に情けをかけるな、だ。

 

 そこからはまさしく蹂躙だった。殺されるのが嫌で刃物で刺そうとするが刃が通らずに折れる。そこからイナリ母ちゃんのビンタでぶっ飛ばされる。他にも恐ろしいことが行われた。

 

 そんなことを繰り返し五分ぐらいできれいに片付いた。もちろん殺したとかではなく戦意喪失させたという意味だ。

 

「お前ら、俺の慈悲で生きていることは分かっているな?」

 

「は…はい!!」

 

「よろしい。俺にそして波の国に刃向かえばどうなるかも分かっているな?」

 

「もちろんです!!」

 

「ならもう二度と波の国に来るんじゃねぇぞ!!」

 

「はい!!」

 

「よし、なら消えろ!!」

 

「え、でも船が?」

 

「今からどっかにぶっ飛ばされるのと泳いで帰るのどっちを選ぶ?」

 

「泳いで帰ります!!」

 

 俺はさんざん脅して敵を無事に退却させた。後を見るとこの異常な状況で何が起こっているのか分からなかったが徐々に勝ったことが分かったのか波の国の人々が大きな声で喜んでいる。

 

 だがイナリ君の目が死んでいる。仕方のないことだ。そしてカカシ先生や他のみんなの俺を見る目がなんか嫌だ。

 

 ちなみにザブザは開戦と同時に回収しており今は仮面に抱きつかれながら寝ている。やはりチャクラ切れによる気絶だったらしい。

 

 最後は俺の活躍により無事に橋の上の戦いは終了した。俺のせいだけどかなりカオスな終わり方をしたと思う。

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。