剣姫の弟ですが何か 〜ジャガ丸君の好みは豚キムチ味〜   作:万屋よっちゃん
<< 前の話 次の話 >>

19 / 32
『小話』爆報オラトリア

顔を真っ赤にして暴れまわるリューを笑顔で抑え込もうとするシルやアーニャ達。

 

その横でベル顔を真っ赤にしているのに対してゲシゲシと足で蹴るリリルカとヘスティア。

 

申し訳無さそうにミアに謝るタケミカヅチファミリア一同。

 

バカ笑いをしているロキ、ティオナとベートとガレス。

 

笑いを必死に堪えようとするが堪え切れないリヴェリアとフィン。

 

 

山のように積まれたジャガ丸君と只管格闘しているアイズ。

 

混沌ここに極まれり。

 

 

「どうしてこうなった……………」

 

 

レオンハルトの絶望した声が豊穣の女主人に響く。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

遠征の打ち合げとレオンハルトのランクアップ祝いとしてロキファミリア及びベル救出クエストに関わった人達でどんちゃん騒ぎをしたい、宴会しようぜとなった。

 

 

「ウチの奢りやからって調子に乗るんちゃうぞドチビィ」

 

 

「ふん、君の財布を胸同様に真っ平らにしてやる!!」

 

 

この二人がいがみ合っているのは通常運行なため皆ノータッチだ。

 

アイズに至ってはジャガ丸君しか見えていない。

 

 

「そーいえば、今日リューさんはどうしたのシルさん」

 

 

「ふふふ、上に居ますから今呼んできますね」

 

 

何処か機嫌の良さそうなシルはニヤニヤしながら従業員の寝室として使っている二階へ向かった。

 

 

「れ、れれれれレオンさん。

 

アイズさんとお、おおおおおお話したいんですけどどうすればぁぁぁぁ」

 

 

白髪に深紅の瞳を、持った兎のような少年ベル・クラネル。

 

ぱっと見は普通の少年なのだがその実、オラリオ最速ランクアップ記録のレコードホルダーだ。

 

ベルが間近に見えるアイズにガッチガチになっていた。

 

 

「隣に座ってジャガ丸君かダンジョンの話しといた三百年は話せる」

 

 

「なんなんですかそれ!!」

 

 

「いや、アイズ姉はジャガ丸君とダンジョンの事しか頭に無いからな。

 

あと、アイズお姉ちゃんって呼べば凄い喜ぶぞ」

 

 

「無理ですよ、そんなの!!」

 

 

そんな愚痴を言いながらアイズに特攻を仕掛けるがリリルカに阻まれ元いた席に戻された。

 

奥の方でヘルメスが何かを期待するように見られていたのを不思議がるレオンハルトだった。

 

 

「や、やめてくださいシル!!」

 

 

「可愛いから恥ずかしがっちゃ駄目よリュー」

 

 

階段の方からわちゃわちゃ騒ぎながら二人の声が聞こえてくる。

 

レオンハルトが声をかけようと思って階段の方を見たら固まってしまった。

 

 

「み、見ないでくださいレオンさん…………恥ずかしいです」

 

 

【挿絵表示】

 

 

 

顔を真っ赤に赤らめたリューの姿があった。

 

その服装は何時もの緑色のエプロンドレスでは無く純白。

 

女子ならば誰しも一度は憧れるであろうもの、女子における幸せの権化。

 

ウエディングドレスなのだ。

 

 

「いやぁ〜〜、実はとある神様が送ってくれたんですよ。

 

サイズが合うのがリューしか居なくてリューが着てるんですけどね。

 

レオンさん、どうです?」

 

 

顔を俯かせながらチラチラとレオンハルトの方を見るリュー。

 

その様子を何処か遠い目で見るリヴェリアとジャガ丸君を屠るアイズ。

 

花嫁は美しいと言うが眉目秀麗な種族のエルフであるリューは別格だ。

 

普段でさえ女神級の美しさであるのに今のそれは美の神に手をかけるほどかもしれない。

 

 

「う、うん。凄く似合ってると思い………ます」

 

 

「なんやなんやー、偉い可愛いコがおる思ったらリューたんやいなか。

 

リューたんいっただ…………ヘブライ!!」

 

 

いつの間にかヘスティアとの格闘を終えていたロキがリューに反応した。

 

可愛いものには目が無いロキはルパンよろしくなダイビングを見せたがリューの右拳よって迎撃され吹っ飛ぶ。

 

 

「そ、そうですか。そうですか……私の汚れた手ではこの白さは眩し過ぎると思いました捨てたものじゃないらしい」

 

 

かつての敵対ファミリア壊滅と関係者及び関係者と疑わしき人物への大立ち回り。

 

仲間への敵討ちとはいえそのやり口にギルドはブラックリストに載せ犯罪者となり堂々とダンジョンへ潜る事が出来なくなった。

 

数々の人間を殺した自分を汚れた存在だと卑下するリュー。

 

その目は先程よりも暗く、淀んでいるように見える。

 

 

「そんな事ない!!リューさんは、リューさんは汚れてなんか無い!!

 

確かに貴女のした事は許される事じゃないし昔の貴女はさぞ醜いものだった事でしょう。

 

だけど貴女は今を生きてる!!シルもいてミアさんもいてみんないて、俺もいる!!

 

今の貴女は何よりも綺麗だ、そんな自分を卑下するような事をしたら過去の自分も昔の仲間も浮かばれない!!

 

リューさんはそんな悲しい顔より笑顔の方がずっと綺麗だし可愛いです」

 

 

思わずリューの手を取り大声で話すレオンハルト。

 

しかしここは酒場、しかもロキファミリアの上位ランカー及び幹部連中やベル達がいる。

 

先程までの喧騒が嘘のように静かになっている事に気がつかないレオンハルト。

 

リューはレオンハルトに手を握られた事で一瞬意識が飛びかけたがだんだん冷静さを取り戻した思考で周りの状況に気づく。

 

そして……………………………………何かしらのシャッター音が響く。

 

 

「うん、良い画が撮れたよ。

 

これは直ぐにでもニュースにしなきゃね、アスフィー今直ぐ現像して明日の朝刊に間に合わせて」

 

 

とあるアイテムメーカーが作ったカメラと言われる念写機。

 

魔石によるマジックアイテムなのだが高価である為か使っているのはヘルメスファミリアぐらいだ。

 

そして朝刊というのは最近ヘルメスファミリアが発行している新聞『爆報オラトリア』、オラリオの色々ニュースを取り扱っており人気沸騰中でギルドや数々のファミリアが愛読している。

 

アスフィは念写機をヘルメスから受け取ると自分とヘルメスの分の食事代を置いて店から逃げ出していた。

 

「へ?」

 

 

「あ、あ、あ、あ、ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 

 

リューさん御乱心である。

 

 

「止めろ、止めるんだ!!店が消し飛ぶぞぉ!!」

 

 

「この隙に乗じてエルフの色んな所をお触…………ニーブラス!!」

 

 

「デレデレリューたんかわゆす!!」

 

 

「ぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

 

 

ロキファミリアの上位ランカーとシルとアーニャら従業員で阿修羅モードのリューを止めに入る。

 

そして冒頭に戻る訳である。

 

 

結局仕込みから戻ったミアが殴って気絶させる事で大事には至らなかったが宴はお開きとなった。

 

そのあとロキファミリアの幹部面々はレオンハルトにかける言葉が見つからずやきもきしていた。

 

アイズは安定してジャガ丸君を貪っていた。

 




剣姫の弟である剣雄に恋人!?ロキファミリア期待のエースに熱愛発覚!!


先日ランクアップを果たしたレオンハルト・ヴァレンシュタイン氏に恋人らしき人物がいる事が発覚。
お相手は某酒場の従業員のエルフ。
お互いに赤い顔がなんとも初々しく周りの客も恥らうほどだった。ロキファミリアの期待の星に恋人が出来た事で主神であるロキは

「まぁレオンはアレな奴やからな、恋人とかおっ……………え、ちょ螺旋丸はあかんて!!それシャレにならんてベート助けんかい!!」

その後、狼人の青年がボロ雑巾のような状態になっていた。(爆報オラトリアより一部抜粋)

.






はい、実は友人にウエディングリューさんを書いて貰ったので書いてみた次第です。
、思った以上にノリノリで書いちゃいましたよw







※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。