GAMERA-ガメラ-/シンフォギアの守護者~The Guardian of Symphogear~   作:フォレス・ノースウッド

7 / 66
#4 ⁻ 特機二課

 ノイズとの戦場となったコンビナートは、特異災害対策機動部によって完全封鎖されていた。

 現場周辺は〝立入禁止〟と銘打たれた万能板が張り巡らされ、機関銃を肩に掛けた地上の自衛隊員と、空中を飛び回るヘリコプターが厳重に見張っている為、蟻一匹這い出る隙間もない、ましてや民間人が勝手に入り込めるわけもない。

 内部では炭素化したノイズの残骸たちを特殊な吸引機で回収等、事後処理が迅速に行われている。

 特機部とそれに関わる者たちの作業を目にしながら、朱音と響はコンテナを椅子代わりに腰を下ろしていた。

 

 

 

「あの――」

 

 直にノイズとシンフォギア装者――つまり私たちと戦いの後始末に尽力している人々の姿をまざまざ見ていた私と響に、紺色な特機部の制服を着ているお方が、こちらに声を掛けてきた。

 ショートヘアで、真面目さと知的さと気丈さ、それでいて懐の深さも合わさった雰囲気のある二十代の女性、後から聞いたんだけど、この特機に勤めているらしいお方の名前は――〝友里あおい〟と言う。見たところオペレーター……でも現場に率先して出られるだけの胆力も技量も持っていそうだ。

 

「あったかいもの、どうぞ」

 

 両手には煙を上げるホットココアの紙コップがそれぞれ握られており、それらを私たちに手渡してくれた。

 手慣れた様子を見るに、ノイズ災害が起こる度、生き残った人たちにこうして元気づける形で飲み物を提供しているのだろう。

 

「あ、あったかいもの、どうもです」

「ありがとうございます」

 

 温かなお心遣いに、ありがたくホットを頂いた私たち。

 響は両手で紙コップを持ちながら、ふーふーと熱を和らげながら口に入れ、その姿にちょっと微笑ましさを覚えながら私もココアの熱と甘味を味わう。

 この女の子が〝背負ってしまった〟ものに、色々思うところはある……今でも、正直嘆きたくなる気持ちになり、胸の奥に重しと圧迫感がのしかかってくる。

 とても、争い事には向いていない……それどころか忌避しているきらいさえあり、そして〝ノイズの災厄〟と〝人の悪意〟を味あわされたこの子に……なぜ〝戦う力〟が宿ってしまったのか、それも何の準備も覚悟も、決断する間すら与えられずに放り込まれたと思うと、憂いずにはいられない。

 会ってひと月の自分ですらこうなのだ………幼馴染の未来がもしこの現実を知ってしまったら。

 一方で、同時に……今もこうして無事に生きていることが、素直に喜ばしい、その気持ちにも偽りはない。

 

「あ、あのさ……朱音ちゃん」

「何?」

 

 その響が、どう言葉にしていいか悩んでいる様子で、私に話を振ってくる。

 大体の内容は予想できるので、気長な気持ちで聞き手に徹した。

 

「〝シンフォギア〟……って言ってたよね、あの力のこと」

 

 首を縦に振って頷く。

 

「あれって……何なのかな? 朱音ちゃんは――どこまで知っているの?」

 

 疑念と不安がないまぜになっているまるまるとした瞳を伏せて投げてきた彼女質問そのものの中身は、予想こそできていたし、当たってはいたけど、いざ答えるとなると、非常に骨の折れる問いかけでもあった。

 何しろ……私が手にした〝シンフォギア〟は、私自身の出生と言ったものらと、密接に繋がっているからだ。

 しかも、α(はじめ)からΩ(おわり)までとなると、求められる分量が半端なく多い。

 学問に喩えれば、生物学、考古学、遺伝子工学、物理学、宇宙科学、宗教学……果てはパラレルワールド――多次元宇宙論に前世に転生と、幅が広いどころじゃない。

 ああ……ダメだ。右も左も分からない濃密な靄に囲まれた立ち位置な今の響に、これだけ膨大な量を時間掛けて丁寧に説明しても、理解が追いついてくれないだろう。

 下手すると、頭がオーバーヒートして知恵熱も起こしてしまいそうだ。

 

「大雑把に言うと、特異災害対策機動部が開発し、日本政府が密かに保有する対ノイズ用パワードスーツ、今のところ、ノイズを確実に殲滅できる唯一(ただひとつ)の兵器と言ってもいい」

 

 響の脳がこんがらないよう、とりあえずシンフォギアについての大まかな説明に止めておくことにした。

 

「詳しいことは、特機部の人たちが説明してくれるだろうから、もう少し待ってくれる? 心の準備も必要だろうし」

「そうだね……そうしとく」

 

 一時保留と言う形ではあるけど、響からの疑問はクリア。

 問題は、特機部の人間たちにどこまで自分のことを説明するか……さすがにただの女子高生としらを切るわけにもいかない、と言うか……自分から〝切れない〟状態にさせてしまった。

 ギアを纏ってからの自分の行動を客観的な目線で大まかに纏めると。

 

 手慣れた様子で空を飛ぶ。

 空中の敵を撃ち落とす、振り抜きざまに空間転移したばかりのノイズを先制攻撃で倒す。

 大型ノイズを〝プラズマ炎熱光線〟で撃破。

 さらにもう一体を、あの時の土壇場で生まれた技をモデルに、巨大な手の形に押し固めた炎を纏わせた右手で拳打――バニシングフィストをぶち込む。

 

 冷静に思案してみると……悔いこそなけれど、いわゆる〝初陣〟からド派手にやってしまった。

 ここまでやっておいて、自分は〝素人です〟なんて言っても、見苦しい言い訳にしかならない、どう足掻いても向こうからは完全に〝手練れ〟だと認識されてしまっている。

 全てとまで行かずとも、ある程度打ち明けるしかないか……〝恐怖〟は無知から生まれるものでもある、私は今日その〝種〟をばら撒いたのだから、責任は果たさないと。

 弦さんが司令官をやっている組織だから、信頼に値するとは思うけど………どこまでこちらの話を信じてもらえるか不安でもある。

 常識外の存在なノイズがいる世界でも、人はやはり〝常識〟に縛られてしまう生き物だからだ―――なのは確かだけど、考えてみれば〝人類最強の男〟が指揮する立場にいる点を失念していた………なのであっと言う間にその不安は杞憂へと変わってしまった。

 

 本当、弦さん――本名〝風鳴弦十郎〟が司令官であったのは幸いだ。

〝常識外〟――〝非常識〟――〝超常〟に対する耐性は、人一倍どころか人数百倍も付いているに違いない。

 

「あっ」

 

 コーヒーを少しずつ飲み入れていた響は、どこかの方向に視線を飛ばすと、

安心した笑みな表情を浮かばせた。

 

「ママ!」

 

 私も同じ方向に見据えると――そこには私が助けた女の子と、響が助けた女の子と、その母親らしい女性が再会を喜び、抱き合って笑顔を交わしてした。

 どうりで〝瓜二つ〟なわけだ……あの子たち、双子だったのだな、家族も無事に生きていて本当に良かった。

 ドライな〝見方〟をすれば、今日会ったばかりの〝他人〟である――それでも、生きている事実は、あの無垢な顔に晴れやかな笑みを浮かばせている姿は、とても喜ばしかった。

 再会して間もなく、母親が特機部の女性職員から〝口止めの同意書〟のサインを求められたのはご愛嬌ってことで、親子三人ともぽか~んとした表情を浮かべる様に、私も響も苦笑してしまう。

 最上級の〝国家機密〟を目にしてしまった以上、あのような手続きが踏まれるのは納得している、有無を言わせず〝記憶消去〟されるよりはまだ優しい方ではあるし。

 

「お姉ちゃん!」

 

 私が助けた方の女の子が、私の存在に気づいて大きく手を振ってくれ、私も笑みを見せて手を振って上げる。

 

「あ~~できれば……今日はもう帰りたいんだけど」

「それはまだ無理」

「な、何で!?」

「さっきも言ったが、私たちは政府が秘密裏に保有している兵器を持っている、直ぐに帰してもらえるわけがない」

 

 響のガングニールはともかく、私の〝シンフォギア〟は正確に表現すると出自こそ常軌を逸したものだが、いわば本物をモデルに生み出された〝模造品〟であるのだけれど、それでも政府側にとっては見過ごせない存在だ。

 

「じゃあ……家に帰れるのはいつぐらいなる?」

「う~ん…………日を跨ぐギリギリくらい、かも」

「そぉぉ~んなぁ~~~」

 

 多分、夜遅くに帰ってきたところを未来に怒られる模様も想像している様子で、涙目になった響は泣き言を零した。

 

「お友達の言う通りです」

 

 そこに、声だけでは私たちと同じ十代にしか聞こえないあのソプラノボイスの持ち主な見覚えのある青年が、こっちの会話の輪に入り込んできた。

 一体どこで、彼と会った、もしくは顔を見たのか………と記憶を探ると、校内で風鳴翼に同伴している〝眼鏡〟を掛けた彼の姿が浮かび上がった。

 歌手と学生とシンフォギアの戦士の三足の草鞋を履く風鳴翼の立場を踏まえれば、合点がいく、確か彼女から『緒川さん』と呼ばれていた筈、仕事柄偽名の可能性もあるけど。

 

「すみませんが、特異災害対策機動部二課本部まで、ご同行願えますか?」

「はい」

「あの……もし……断ったら?」

「身柄拘束させて頂きます」

 

〝手錠されたくなければ大人しく同行して下さい〟な意味合いの物騒な発言と対照的に、青年はニッコリ顔を私たちに見せた。

 見た目通りの穏やかな人柄の持ち主だろうけど、案外腹黒い一面も持ち合わしていると勘ぐらせてしまうには充分な笑顔、芸能界でも生きていくには、それぐらいの強かさも求められると言うわけか。

 

「分かりました……」

 

 渋々響も、了承の返事をした。

 

 

 

 

 

 私たちを乗せた黒づくめの〝エージェント〟たちの黒づくめの車は、大通りを経て。

 

「あれ、学校?」

 

 他の小中高ら学び舎たちと同じく『関係者以外は立入を禁じる』と看板が立てられているリディアン音楽院の校舎内に勝手知ったる感じで堂々と進入。

 先に降りたエージェントたちが迅速に見張り番に付いた中央棟の出入り口へ、風鳴翼と〝緒川さん〟に先導される形で入り、主な明かりは非常灯ぐらいな薄暗い建物の中を進んでいくと、丸型のリーダーが扉の横に設置されたエレベーターの前に着く。

 緒川さんが組織専用の端末を、どこぞのスペースオペラなSF映画での宇宙船の人工知能に似た丸型のリーダーに翳すと扉が開かれ、五角筒状な昇降機内部に乗り込み、私たちも同乗したことを確認すると、同形状のリーダーにもう一度端末をスキャンさせた。

 何重にも扉が閉まり、床から『HANG ON(手を離すな)』と文字が彫られた長方形で縦型の大きめで金色な手すりが現れる。

 

「あの……これは?」

「これに掴まって」

「へ?」

 

 それらの器具と単語が意味するものを理解した私は、響の手を手すりに掴ませた。

 

「危ないですから、しっかり握っていて下さいね」

「危ない……って?」

 

 緒川さんからの忠告通り、手すりをしっかり握った直後。

 

「がぁぁぁぁぁぁぁぁあぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!」

 

 東京スカイタワーの高速エレベーターとは比べものにならない強烈な速度で、エレベーターは地下へと急速降下し、響はジェットコースターもしくはフリーウォールに乗せられた状況そのものな上ずった絶叫を反響させた。

 音速で飛び回り、雲より上の高度から富士山中に撃ち落とされた経験もある身な私としては、肉体が人間な今でもこれぐらいの体感重力はどうってことない。

 

 どうにか落ち着きを取り戻し、エレベーターが動いた直後の自分の奇声を自覚している響は、沈黙が支配している場にて愛想笑いを浮かべる。性格上、この手の空気は彼女にとって苦手な代物である。

 

「愛想は無用よ」

 

 響の笑みを、素っ気なく風鳴翼は一蹴した。

 彼女の頑なな佇まいに、私はまた〝鋼鉄のみで鍛えられてしまった抜き身の刀〟を連想させてしまう。

 

〝かなでぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇーーーーーーー!〟

 

 地球の記憶から、彼女の最愛のパートナーが羽の如く〝美しくも残酷に散る瞬間〟までも目にしてしまったからもあるだろう。

 あの時の彼女の涙の果てが――〝頑な〟で塗り固められた今の彼女に至ってしまっていると思うと………少し暗めとなった気持ちを紛らわそうと、翡翠色の自分の瞳が写るガラスを眺めていると、半透明な壁面の向こうの景色が一変する。

 行き先まで半分を過ぎた辺りより、窓の向こうは黒い壁から、やけにカラフルな色合いの、どこぞの古代文明からインスパイアでもされたかのような幾何学的模様やら壁画やらが描かれる広大な円塔の内側に様変わりした。

 煌びやかな景色で退屈はせずには済むが、政府機関の建物としては、少し凝り過ぎな上に派手過ぎなのでは? と、エレベーターが通り抜けていく中、つい揶揄したくなってしまった。

 しかもこの先の〝二課本部〟とやらは、公立並みに授業料がお手頃な私立の教育機関の真下にある……いくら弦さんがトップにいる組織だとしても、きな臭い事情を邪推したくなる衝動に駆られるのは否めない。

 

「これから向かう先に、微笑みなど必要ない」

 

 片翼の喪失以来、〝微笑み〟を捨てようとしている自身に言い聞かせようとしている様子で、風鳴翼はふと呟いた。

 

 

 

 

 

 

〝微笑みなど必要ない〟

 

 風鳴翼からこう言われて、ようやくエレベーターから降りられた私たちに待っていたのは――

 

「ようこそ!」 

 

 夥しい数のクラッカーの炸裂音とラッパの演奏音がけたたましく鳴り、既に床はクラッカーのテープ塗れになり、周りは新店によく見かける花環だらけ、複数あるテーブルには料理、お菓子、ワインの酒類にジュースらがずらり、なぜかまだ目玉のない達磨も置かれ、デカデカと飾られた『二課へようこそ』だの『熱烈歓迎! 立花響 草凪朱音』だのと言った垂れ幕をバックに。

 

「人類守護の砦――特異災害対策機動二課へ!」

 

 長くて、血管も浮き出て、どこを触っても鍛えられた筋肉で堅そうな二の腕を大きく広げた赤シャツとマゼンタ色のネクタイをラフに着こなす弦さん……風鳴弦十郎と、その愉快な部下たちの熱烈な歓迎であった。

 

「へ?」

 

〝微笑み〟を通り越して、笑顔一杯な二課の皆様方に、響は呆けた顔を浮かべて硬直しているし、生真面目に前述の発言をして赤っ恥な目に遭った真面目一徹な風鳴翼は呆れ顔で溜息を盛大に吐き、緒川さんも思わず苦笑な表情を端整な顔に形作っていた。

 こんな調子で〝人類守護の砦〟だの言われても、言葉の持ち腐れとしか言い様がない。

 

「弦さん……パーティーに招待された覚えはないんだけど」

 

 自分で言うのも何だし、自慢ではないが、こんなバカ騒ぎに興じれるだけの器は持っている自分でも、事情聴取を受ける為の心構えをしていたのもあって、このお出迎えの発案者と断言していい〝司令官〟にジト目で苦言を呈した。

 

「公務中にこんなクリスマスじみたバカ騒ぎをやっていて大丈夫? 上から即時解散要求されても知りませんよ」

「そう固いことを言うな朱音君、君とてエージェント・ス○スのような強引でネチネチとした尋問を受けたくはないだろ?」

「まあ口を封じられた状態で、お腹に虫型の発信機を埋め込まれるなんて目には確かに遭いたくないな、でもいつもの格好にシルクハットは似合わないと思うけど?」

「こ、こいつは言わば苦肉の策ってやつだ、俺の体格に合うタキシードが見つからなくてだな」

 

 そう言う自分も、政府直属組織の基地の真っただ中で、司令官と〝いつもの映画〟が元ネタ(弦さんは仮想世界が主な舞台のSF映画、私は世界一ついていないNY市警の刑事が主人公のアクション+帰ってきた巨大特撮ヒーロー)なジョークを投げ合っているので、人のことは言えないけど。

 でもいつ〝警察官〟からこっちに鞍替えしたのか? 組織の空気と組織柄から察するに、二課での勤務歴の方が長そうに思える。

 

「朱音ちゃん………そのマッチョな大男さんと知り合いなの?」

「ああ、この司令官とは歳の離れた〝友達〟ってとこ」

 

 彼と付き合いは結構長い、初めて会ったのは………かれこれ物心ついて間もなく、度々映画に特撮ヒーロー目当てに近くのTATSUYAへ通うようになった頃、たまたま同じ映画をレンタルしようとしたのを切っ掛けに知り合ってそのまま趣味友となった。

 リディアンに編入するまでは一時期日本を離れてたけど、それでもSNSやス○イプを通じて交流を絶えず続けていた仲である。

 

「さあさあ、二人とも笑って笑って」

 

 弦さんのことを紹介しようとした矢先、紺色の制服だらけの中からグラマラスなスタイルにお似合いの露出の高い私服の上に白衣、ポニーテールな茶髪と深紅の半縁メガネ、少々濃い化粧が全然不快にならないくらいの美女な科学者らしき女性が、スマホ片手に私たちに近寄ってくると。

 

「お近づきの印にスリーショット写真♪」

 

 そのまま私らを抱き寄せ記念写真を取ろうとする。

 

「ちょちょちょ! 待って下さい、自己紹介もしてないのにいきなり写真撮られても困りますって!」

 

 シャッターボタンが押される寸前、響は自力で逃れて撮影を阻止した。

 

「と言うか……どうして初対面の皆さんが私の名前を知ってるんですか? 朱音ちゃんは司令官さんとお友達だそうですからまだ分かりますけど」

 

 言われてみれば、さっきのガングニールの起動からそんなに時間が経っていないのに、どうやって響のフルネームを知ったのか?

 

「我々二課の前進は、大戦時に設立された特務機関なのでね、調査程度お手の物な・の・さ」

 

 真相は、弦さんは手に持ったスティックから花束を出す手品を披露したと同時に、あっさりと明かされた。

 さっきの陽気な、でも何となく……〝アダムとイヴを誑かした蛇〟っぽさを感じさせる女性科学者さんが、私と響の通学鞄を持ってきたから―――大方中に入ってた学生証がソースってとこだろう。

 

「あっぁぁぁぁーー! なぁ~にが調査はお手の物ですか!? 人の鞄を勝手に漁って!」

 

 特務機関――諜報機関にしては、何ともせこいやり口である。かと言ってハッキングで名前を特定されても、それはそれでプライバシーの侵害甚だしい話だけど。

 

 

 

 

「では改めて自己紹介だ、俺は風鳴弦十郎、この特機二課を仕切っている」

「あれ? かざなりって?」

「弦さんと風鳴先輩は、叔父と姪の間柄なんだ」

「へぇ……」

 

 屈強な肉体でフランクな態度の司令官と、現役トップアーティストが親戚である事実に、響は妙に感心していた。

 

「で、翼と同伴していた青年は緒川慎次(おがわしんじ)、この二課に所属するエージェントだ」

「改めましてよろしくお願いします、表の顔は風鳴翼のマネージャーをやっています」

 

 その緒川さんがスーツのポケットから眼鏡を取り出して額に掛けた……やはり以前見かけた、眼鏡を掛けた風鳴翼のマネージャーとこの人物は同一人物だったわけだ。

 ただでさえ歌手の身で多忙な彼女の〝三足の草鞋〟を実現させるのは、マネージャー役を担う二課の関係者の存在が絶対欠かせない。

 

「おお~~名刺を貰うなんて初めてです、これはまた結構なものを」

 

 わざわざマネージャーとしての自身の名刺も、私たちに手渡してくれた。恐らく毎日のマネージャー活動の癖が出てしまったのであろう。

 

「そして私は~~~できる女と評判の櫻井了子(さくらいりょうこ)、よろしくね♪」

「は、はぁ……」

 

 自分から〝できる女〟とか………けど自称するだけあって〝できる女〟なオーラがたっぷり漂っている。

 

「貴方ですね、シンフォギアを開発したのは」

 

 実際、特機二課にいると言うことはノイズを殲滅できる兵器――つまりシンフォギアを開発した張本人、地球もそれをモデルにしてしまう辺り、とんでもなく優秀な科学者だと言う他ない。

 

「どうして君がシンフォギアのことを知ってるかは置いといて、大せいか~~い♪ 良い勘してるじゃな~い?」

 

 私と櫻井博士の口から〝シンフォギア〟の単語が出ると、響はハッとした顔つきを見せる。

 

「教えて下さい、そのシンフォギアって……一体何なんですか?」

 

 パーティー会場と化した基地の賑やかな空気のせいで一時頭から飛んでいた疑問を、弦さんたちに投げかけると、櫻井博士がこちらに寄ってきて。

 

「その質問に答える前に、お二人には二つ約束してほしいことがあるの――一つ目は今日のことは誰にも内緒」

 

 一つ目は分かる……なら、二つ目は?

 

「もう、一つは……」

 

 フォースを持っている覚えはないのだが、妙に……〝嫌な予感〟がする。

 それを裏付けるかのように、博士は両腕をそれぞれ、私たちの背中に回し。

 

「取りあえず、〝脱いで〟もらいましょうか?」

「ひぃ!」

 

 やたらアダルティで、傍目からは欲情しているとしか見えない声色で、ほぼ確実に勘違いを引き起こす危険な発言を言い放ち、響は鳥肌を立てた様子で身震いする。

 私も嫌な汗が背中で流れていたが、それを悟られたら何だか負けな気がして、ポーカーフェイスを貫いていた。

 

「なぁぁぁぁーーーんでぇぇぇぇぇぇぇーーーー!!!」

 

 完全に誤解方向で受け取ってしまった響は、博士のセクハラ行為に悲痛な悲鳴を迸らせるのであった。それはまた大声大会で優勝間違いなしの大声量を響かせて。

 

 念のため言っておくと、櫻井博士の発言の本当の意味は〝身体検査〟で、単に彼女が紛らわしい表現と言い方を使っただけでいかがわしさはない。

 と、言いたいところではあるけど、MRIによる肉体の精密検査の際、この前の身体測定では〝八十九〟はあった二つの山を触られて褒められたことも記述しておこう。

 

 

 

 結局その日は、私と響の身体検査だけで、それが終わったらあっさりと弦さんが帰してくれた。

 

 でも、私たちが各々の自宅に帰れたのは、深夜午前零時になるギリギリ手前なのでもあった。

 

つづく。

 


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。