東方果実錠   作:流文亭壱通

11 / 16
参上!果実武者!

◆人里・商店通り

 

 

「……ったく、照れながらあんなこと言うなよな」

 

 別れ際に天子が発した「ありがとう」の言葉。

 それは深く深く俺の心の奥底にしまってある。

 

 この幻想郷で最初に会った時から考えても、天子があんな顔を見せたことなんて一切

 なかったからな。

 まぁ、あいつと出会ってから数日しか経っていないんだし当然といえば当然なんだけ

 れど。

 

 でも、純粋に嬉しかった。

 ああいう顔をしてくれるだなんて少しは心を許してくれてるってことだよな。

 

 あの寺子屋に行ったのは結果的に天子的にも俺的にもプラスだっただろう。

 子供たちの純真無垢な笑顔に囲まれるのは悪くない。

 若干一名、俺をただの食料と考えてる奴もいたけれど……。

 

 それに、慧音の言っていた誰もが手を取りあい笑い合える世界。

 微力ながら俺も力になりたいと思った。

 そんな世界を、俺は沢芽市で望んでいたから。

 世界は違えど、望むものが近いのなら何とか助けてやりたい。

 あの寺子屋の子供たちみたいに、分け隔てなく人々が助け合って生きていけるような

 世界を実現させるために。

 今のところどうやったらいいのかわからないけれど、絶対力になる。

 そう決めた。

 元の世界に戻る方法が見つからない今、それが俺のこの世界で為したいことかもしれ

 ない。

 

 っと、考え込んでたら初めて見る場所だな、ここ。

 

 寺子屋を出て、気付けば人里の商店の集まる通りを歩いていた。

 以前天子とともに訪れた場所ではない。

 

 参ったな、どっちに行けば香霖堂なんだ?

 

 方向音痴というわけではないが、本来は自分が存在していないはずの世界にいるの

 だ。

 誰かの導き無しでは心許ないことこの上ない。

 

 道を聞こうにも、この前の聞き込みの時みたくシカトや因縁をつけられかねないし_

 な……。

 みんながみんな慧音みたいな考えなら、いいんだけどな。

 

 とにかく、今は歩いた方が時間を無駄にせずに済みそうだし、習うより慣れろ、だ

 な。

 

 歩き出そうとした時、ふと目の前の人影に目を奪われる。

 竹ぼうきを持ち、黒い服にエプロンをした金髪の少女が歩いている。

 その珍妙な姿に一種の好奇心を覚えた。

 

 なんだ、ありゃ?魔法使い、なのか?

 

 大きな三角帽を被っている辺り、そうとしか考えられない。

 天子や霖之助、慧音のような人外を見ても驚かなくはなったが、目の前の人物には流

 石に驚きを隠せない。

 様々な種族がいるとは聞いてはいたが、魔法使いまでいるのか……。

 

 でも、俺の知り合いの魔法使いは大きな指輪をしている程度で、見た目は普通の感じ

 だったけどな……。

 

 しばらくその人物を注目しながら歩いていると、ある違和感を覚えた。

 普通に歩いていない。

 足元がおぼつかず、ふらついている。

 

 体調でも悪いのか……?

 

 そう思った途端、その人物は顔面から地面へと倒れ込んだ。

 

「…………」

 

 倒れ込んでまったく動きがない。

 即座に走り寄って声をかける。

 

「お、おいあんた大丈夫か?」

 

 するとゆっくりと少女は顔をあげながら弱々しい声で言った。

 

「は、腹……」

 

「腹?」

 

「腹が……減ったんだぜ……」

 

「は?」

 

 

 

 

◆人里・茶屋

 

 

 

「んー!うまい!うまいぜ!」

 

「そ、そっか。それはよかった」

 

「おう!三日三晩飲まず食わずで死にそうだったんだ!」

 

「お、おう……」

 

 先ほどの魔法少女はどうやら空腹で倒れたらしい。

 何ともベタな理由だ。

 

「うーん!うまい!おかわり!」

 

「へい、まいどー」

 

 にしても一体どれだけ食うんだ?

 霖之助から茶代として受け取った小銭がみるみる無くなっていく。

 

「なぁ、あんた。何で三日三晩も飲まず食わずだったんだ?」

 

「んー?ふぉれはなぁふくぁーいりゆーがあどぅんだずぇ」

 

「口ん中のもん食ってから喋れ」

 

「ゴクンッ!ふぃー……。食った食った」

 

「で、理由は?」

 

「あぁ、実はわたしは魔法の森に住んでるんだが、いつも森で採れるキノコが最近収穫できなくてな。食糧難になったんだ。でも金の手持ちもないし頼れる奴もいないしでぶっ倒れちまったのさ」

 

 なんというか、抜けてるというかお気楽というか……。

 

「あ、まだ自己紹介してなかったな!わたしは、霧雨魔理沙!人間で、見ての通りの普通の魔法使いだ」

 

 魔法使いに普通とか普通じゃないとかあるのか……?

 

「お、俺は葛葉紘汰。よろしく」

 

「見たところ、お前は私と同じ人間みたいだな!でも、その珍妙な服装は外来人だろ?」

 

「お前にだけは珍妙とは言われたくないけど、まぁ、一応な」

 

 なんだかタイプは違うが、魔理沙も天子と同じような勢いがあるな……。

 

「行き倒れてる奴を助けるだなんて、お前良い奴だな!外来人にも善人はいるもんだ、うむ!」

 

 一人で勝手に納得して腕を組み頷く魔理沙。

 

 駄目だ、なんかこいつの勢いにどんどん引き込まれていきそうだ。

 害はないんだろうけど、なんとも厄介な奴を助けちまったようだな……。

 

「んで、なんで外来人のお前が人里なんかに?」

 

「あぁ、さっきまで寺子屋に行っててな。その帰りに道に迷っちまって……。そこでたまたま倒れるお前を見つけたんだ」

 

「ほー、あの寺子屋にねぇ。で、どこへ帰るんだ?」

 

「香霖堂って店さ。そこの店主に雇われてて、今日は寺子屋に配達に行ったんだ」

 

「香霖堂だって?」

 

「知ってるのか?」

 

「知ってるも何も、その店は知り合いの店だからな」

 

「お前、霖之助の知り合いなのか?」

 

「あぁ、結構古い付き合いだぜ」

 

 偶然ってあるもんなんだな。

 運命の巡り合わせってやつか、これも。

 

「団子奢ってやったついでと言っちゃなんだけど、香霖堂までの道を教えてくれないか?」

 

 これぐらいなら相応の対価としても罰は当たらないだろう。

 道さえわかればようやく安心して店に戻れる。

 

「へっ!お安い御用だ!この不肖霧雨魔理沙!受けた恩には報いるぜ?」

 

「ありがとう、やっとお前を助けてよかったと思ったよ」

 

「んん?なんかちょっと嫌味っぽいな……」

 

「まま、気にすんなって!じゃあ道を教えてくれ」

 

 良い意味でも悪い意味でもマイペースな魔理沙にこれ以上付き合っていたらこちらの

 身が持たない。

 さっさと道だけ聞いておさらばしたい。

 

「香霖堂ならこの大通りを真っ直ぐ行って突き当りを右に……」

 

 魔理沙が道順を話し始めた時、大通りの奥の方が急激に騒がしくなった。

 多くの人々がこちらへ向かって走ってくる。

 

「何の騒ぎだ?」

 

 魔理沙が話を遮られ、不機嫌そうに騒がしい方へと視線を向ける。

 俺もそれにつられて視線を移すと、人々は何かから逃げるようにしてこちらへ走って

 きているのが見えた。

 何があったんだろうか。ただごとじゃなさそうだ。

 

「怪物だー!怪物が出たぞー!」

 

「寺子屋が!寺子屋が襲われているらしい!」

 

「逃げろ!逃げろー!」

 

 怪物……?しかも寺子屋にだって……?

 なんだか嫌な予感がする……。

 天子は、慧音は……、何より子供たちは無事なのか……?

 不快な汗が背中からにじみ出て垂れる。

 

「おい、あんた!」

 

 逃げる途中の男を捕まえ、半ば強引に話を聞こうと試みる。

 

「な、なんだよ!」

 

「怪物が寺子屋に出たってのは本当なのか?」

 

「あ、あぁ……何でも頭でっかちの見たこともない怪物が出たって……。妖怪でも魔物でもないまったくの未知の生物が……」

 

 頭でっかち、だって?

 さらに嫌な予感が増幅する。

 俺にはそんな風貌の怪物に心当たりが大いにあった。

 

「あ、あんたらさっさと逃げろ!俺は行くからな!」

 

 男は俺の手を振り払って走り去ろうとする。

 

「おい!寺子屋の救助は!?」

 

「そんなの俺が知るかよ!種族ごちゃ混ぜの寺子屋なんかに助けが行くわけもねぇだろ!」

 

 男はそう言い放つとこちらを振り返りもせず走って行ってしまった。

 

 くっ……、天子、慧音、みんな……。

 無事で、いてくれよ。

 

 両拳を強く握りしめ、寺子屋の方角を見据える。

 すると魔理沙が、不安げな顔で訪ねてきた。

 

「お、おい……。お前まさか行くつもりじゃないだろうな?」

 

 今の俺にとってその問いは愚問に等しかった。

 

「俺はさっきまで寺子屋にいたんだ。俺の仲間と呼べる奴もそこにいる。子供たちともたくさん触れ合った。何より子供たちの教育を通して種族間で争い合う世の中を変えたいってすげぇ立派な教師に出会った!俺はこの世界にいる間、それを支える力になりたいって思った。いや、なる!そのためにも、今誰かが救ってやらないといけないんだ!」

 

「お、お前……」

 

「魔理沙、香霖堂へはどう行けばいい?」

 

「え……」

 

「どう行けばいいんだ!」

 

「こ、この通りを真っ直ぐ行って突き当りを右に行けば十分そこらで着くと思うけど……」

 

 俺は魔理沙の言葉を聞くなり、走り出した。

 

「おい葛葉!」

 

 足を止めることなく、俺はそのまま香霖堂へと走った。

 

 

 

 

◆魔法の森入り口・香霖堂

 

 

 

 

 数分走って見慣れた場所までやってくる。

 目の前には今朝俺と天子がいた香霖堂の小さな家屋が建っている。

 走った勢いのまま香霖堂のドアを押し開け、店内へ入る。

 

「なんだい、騒々しいね。もっと静かに扉を開けられないのか」

 

 店内ではすでに戻っていた霖之助がレジに座って本を読んでいた。

 俺が肩を上下に揺らし息を切らせているのを見て怪訝そうな顔をしてはいたが、俺に

 はそれに構っている時間はない。

 一直線に戦極ドライバーの置いてあるショーウィンドウに駆け寄る。

 

 もし、もし寺子屋に出た怪物が俺の知ってるインベスならば……!

 こいつの力なしじゃ勝ち目はない。

 霖之助との約束を破ることにはなるが、それも致し方ないだろう。

 天子たちが傷つくよりはマシだ!

 

「葛葉紘汰……。配達からやっと帰って来たのに雇い主にあいさつもなし、おまけに店の商品を漁るとはいささか礼儀に反するんじゃないかな」

 

 背後から霖之助が不機嫌そうに言ってくる。

 確かに俺のことを認めてくれるまでここで働くって約束を持ち出したのはこの俺だ。

 なのに途中でそれを放り出すように約束を破るだなんて人としてどうかとも思う。

 

「すまない、霖之助……。でも、俺は行かなきゃならない。こいつを持って護ってやらなきゃならない奴らがいるんだ!約束を破るのは最低かもしれない。でも!それ以上に誰かがピンチになっているのに黙って見捨てる方がもっと最低だ!」

 

 俺は霖之助にそう言い捨てると、戦極ドライバーとロックシードを持ち、香霖堂を飛

 び出した。

 

「やれやれ……。とんでもない大馬鹿者を雇ってしまったようだ……」

 

 背後から嘆く霖之助の声が聞こえてくるようだ。

 

 本当にすまん、霖之助。

 だけど、俺は護りたいものは絶対に護りたいんだ。

 

 申し訳なさが胸中に残るが、振り払うようにして走ることに集中する。

 全力で走って人里からここまで五分ほど。

 寺子屋まで走るとなると十分はかかる。

 ペースを上げるか!

 

「はぁ……はぁ……!」

 

 周囲の木々が紅葉に染まる時期だというのに、全身に大量の汗をかく。

 くそ……!サクラハリケーンがあれば走るよりもずっと早く到着できるのに!

 俺がロックシードを落としていなければ、こんなことにはならなかったんだ。

 こうしている間にも、寺子屋にいる者が傷ついているかもしれない。

 

『肌身離さず持っているべきものを紛失した時点で、君は責任を放棄したも同然だ』

 

 霖之助に言われた言葉が脳裏によぎる。

 そうだ、本当にその通りだ。

 俺は、あまりにも自分の背負った責任に対して真面目に向き合っていなかった。

 霖之助はきっとそこまで見透かして言ったんだ。

 

 って、何を自己嫌悪してんだ!そんな暇があったらもっと早く走れよ俺!

 

「おーい!葛葉!」

 

 ふと上空から声がする。

 走りながらそちらへ目を向けると、そこには竹ぼうきにまたがり飛んでいる先ほど助

 けた少女がいた。

 

「ま、魔理沙!?」

 

「まったく、いきなし全力疾走していくもんだからびっくりしたぜ」

 

「お、お前!そ、空を飛んで……!」

 

「おいおい……。幻想郷に流れ着いておいて今更かよ……」

 

 ここ数日でいくらか耐性がついても、竹ぼうきで空を飛ぶなんてメルヘンを目の当た

 りにしたら驚くしかない。

 でも、今はそんな時間すら惜しい。

 

「何の用だよ!俺は急いでんだ!」

 

「そんなの見りゃわかるぜ」

 

「じゃあお前としゃべってる暇はない!」

 

「おーおー、そんなこと言っていいのか?せっかく手助けしてやろうと思ったのに」

 

「なんだって?」

 

 思わず足を止める。

 

「手助けって、何するつもりだよ」

 

「お前を寺子屋まで運んでやるって言ってんだ。団子代の恩、まだ返してないからな」

 

「運ぶって、どうやって……」

 

「もちろん、こういうことだぜ!」

 

 俺が疑問を投げかける前に魔理沙は急降下し俺の首根っこをひっつかむ。

 

「うわっ!お、おい!」

 

「飛ばすぜ?しっかり捕まってろよ!」

 

「捕まるも何もお前の腕力のさじ加減だろうが!」

 

「うわっと!?暴れんな!地面に叩きつけられたくなかったら、大人しくしとけ!」

 

「う、うわああああああああああああああ!」


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。