東方果実錠   作:流文亭壱通

5 / 16
捜索開始2

 それから天子と一緒に露店や通行人に声をかけて捜索を行った。

 だが、めぼしい情報は入手できなかった。

 むしろ声をかけるたび、俺や天子に難癖をつけられる始末。

 なるほど、種族間の争いってこういうことだったのか。

 

「ちょっといいかしら。探し物してるんだけど」

 

「…………」

 

「おい、流石にシカトはないだろあんた」

 

「……ふん。人間の小童に言われる筋合いはない。さっさとあっちへ行け!汚らわしい」

 

「な、なんだと!」

 

「天界の住人が堂々と下へ降りてきて、しかも人間を連れ歩いてるなんざ滑稽だな。おい、あんた!せいぜいこいつら下種に食われないようにしろよな」

 

「お前!」

 

 俺が我慢の限界で足を踏み出しかけた瞬間、天子が腕を引っ張って制した。

 

「……いいわよ、言わせておきなさい。次、行くわよ」

 

「でも……」

 

「無駄ないざこざは起こさないでって言わなかったかしら」

 

「…………」

 

 もうかれこれ二時間ほどこのような状態だ。

 天子は慣れているのかどんなに酷い因縁や難癖をつけられても顔色一つ変えずに俺を

 抑えることに徹している。

 自画自賛ではないけれど、かなり俺は心が広い方だと思う。

 でも、そろそろ堪忍袋の緒が切れそうだ。

 

「はぁ……ここまで収穫ないってのは厳しいな」

 

「仕方ないわよ。あんたの話じゃ探し物って大体拳の一回り大きいくらいの大きさなんでしょ?この広い土地でそんなのを探そうっていうのがそもそも無理難題に近いんだから」

 

 それもそうだ。

 戦極ドライバーとロックシード。

 それほど大きくもないこの二つを探し出すのは砂漠に撒かれたガラスの破片を探すの

 に等しい。

 

「でも、絶対に見つけないといけないんだ。俺はあのベルトを見つけた時から、責任を背負ってるんだ。今更その責任を投げ出すわけにはいかない」

 

 そう、俺には責任がある。

 力を、戦うための強さを手にしたその時からまるで逃れられぬ呪いのような責任を背

 負っている。

 

「……そう。ま、あんたがどんなものを背負ってようがどんな過去があろうがあたしがやることは変わんない。その探し物っていうのが見つからない限りは元の世界にだって戻れないんでしょ?なら早急に見つけるもの見つけなきゃね」

 

「あぁ……、ありがとう。てんこ」

 

「ふ、ふん!別にあたしはあたしのすべきことをしようとしているだけよっ!」

 

「……でも、少し疲れた。ちょっと休憩しないか?」

 

「そうね、歩きっぱなしだったものね」

 

 大通りの右端へ寄り、店舗の軒先にあるベンチへと二人とも腰を下ろす。

 

「うーん、やっぱり片っ端から聞くんだと時間がかかるばっかりで的確な情報は得られないかもしれないな……」

 

「それは言えてるわね。ましてや声をかけた途端にくだらない暴言を投げつけられるようじゃどうあがいても無理かも」

 

「あれ?もしかして今まで言われたこと結構気にしてたのか?」

 

 顔色一つ変えないからてっきり何とも思っちゃいないと思っていたけど。

 天子は溜息を軽く吐きながら言う。

 

「あたしは人間じゃないわ。だけど、聖人でも仏でもないの。そりゃあれだけ頭ごなしにあることないこと言われちゃ頭に来るわよ」

 

 人間じゃない、とは言う割に随分と人間くさいな。

 まぁ、人間でないだけであって人と同じように感情はあるって事か。

 そんなことを考えていると天子は先ほどとは違った弱々しい声色でつぶやくように話

 し出した。

 

「あんなに人里の住人に疎まれていたとはね……。とんだ誤算だったわ。ごめんなさい、あんたはただ探し物したいだけなのに巻き込んでしまって……」

 

 今まで見せなかった仄暗い表情を目の当たりにし、言葉に詰まる。

 そんな俺を気にすることなく天子は言葉をつなぐ。

 

「あたし、ついこの前異変を起こしちゃったのよ。ただただ退屈だってだけの理由でね……」

 

 異変……?

 またまた聞き慣れない言葉が出てきた。

 

「あぁ、あんたは外来人だから異変って言ってもわかんないわよね。簡単に言えば言葉のまんま、よくわかんない事件を引き起こすことよ」

 

 なるほど。

 それでもはっきりと理解が出来ているわけではないが、ひとまず大変な過ちを犯した

 って事か。

 

「異変を起こしたはいいものの、結果は散々。いろんな妖怪の恨みは買うわ人間の巫女にあっけなく倒されるわであたしの評判はガタ落ち。その煽りがこの聞き込みにも影響してるってわけ」

 

 あっけらかんと話してはいるが、どこかその表情には悲しみが滲んでいた。

 正直、俺には何と言ってやればいいかなんてわからない。

 でも、何か一言声をかけてやらなければという義務感のようなわだかまりが胸に広が

 る。

 色々な奴から呆れられながら言われ続けてきたけれど、俺はやっぱりお人好しなんだ

 ろうな。

 こんな風に自分の目的以上に今現在の天子の心情について考えてしまうあたり。

 

「気にすんな。俺は何とも思っちゃいない」

 

 励ますほどではないが、俺自身はそんなことを気にしていないことを伝える。

 

「えっ……」

 

 俺の返答に天子は小さく驚きを見せる。

 

「さっき俺に言ってくれただろ?どんなものを背負ってようがどんな過去があろうがやることは変わらないってな」

 

 そうだ。

 天子は俺の後ろめたい所を受け入れてくれた上で協力してくれているんだ。

 だったら俺だって彼女の後ろめたい所を受け入れてやらないと。

 

「俺はお前がどんな過去を持ってようが気にしない。お前が俺を受け入れてくれて協力してくれるように、俺もお前を受け入れる。せっかく得たものを簡単には手放したくない。この世界で頼れるのはお前一人だけだしな」

 

 俺の言葉を咀嚼するかの如く、天子は静かに頷くと真っ直ぐ俺の目を見て言う。

 

「……そう。そうよね、あたしたちまだ付き合いは浅いけれど、仲間だもんね」

 

 仲間。

 そんな単語が天子から出てきて、張りつめていた緊張の糸がほつれた。

 ただ単にうれしさと気恥ずかしさがこみ上げる。

 そんな恥ずかしいセリフをしてやったり顔で言い放った天子は、一際輝いた目で笑ん

 だ。

 

「そろそろ行こう。日が暮れる前になんとか小さな情報でもいいからつかみたいからな」

 

 そう言って俺は立ち上がる。

 

「そうね……、さっさと探し物見つけないと、比那名居の名が泣くわ!」

 

 俺へ続いて立ち上がった天子が気合を入れ、自らに言い聞かせるように言い放つ。

 その目には先ほどの弱々しさなど微塵もなく、強い使命感に燃える光が宿っていた。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。