アリシアお姉ちゃん奮闘記   作:燐禰

13 / 24
拝啓:母さん、友達沢山できてます

 

 管理局本局の広い廊下では、私と王様が今だ戦い続けていた。や、戦いと言っても模擬戦してるとかそういうのではなく、今までの恨みだと言わんばかりに私をいじろうとしてくる王様を撃退……撃退しようとして、物理的に叩き潰されていた。

 

「いった……うぅ、暴力反対」

 

「黙れ、大騒ぎしおって……誤解を解くのがどれだけ大変か」

 

「本当は、嬉しいくせに……」

 

「デモンズゲイト!」

 

「ぎゃあぁぁぁぁぁ!?」

 

 再び壁に叩きつけられる。く、くそう、下手に出ていれば、調子に乗って……私にも切り札があるんだと言う事を、思い知らせてやらねばなるまい。

 

「デモンズゲイト三発! 謝罪と賠償を要求する!」

 

「……すまぬ。頭の打ち所が悪かったようだな」

 

「そう言う謝罪じゃない!? ふふん。そうやって余裕ぶっていられるのも今の内だよ。私が切り札を切ったら……申し訳ありませんでした。昼食をご馳走しますので、それだけは……って謝る事になるんだからね!」

 

「ほぅ、面白い。やってみろ……先の様な手でくるのであれば、開口一番吹き飛ばすが……」

 

 王様は余裕の表情で腕を組みながら私を見つめる。どんな手で来ても、物理で黙らせれば良いとか思ってるんだろうけど……そうはいかないよ。

 

「言っとくけど、この切り札は本気でヤバイよ。あまりのヤバさに私も躊躇うくらい」

 

「……それほどのもの? 一体何をするつもりだ」

 

 本当にこの切り札はやばい。確実に効果は出るし、正しく一発逆転になりうるだろうけど……あまりの凄まじさに、私自身これ使っちゃうのは不味いかななんて思ってる。

 私が告げた言葉を受けて、王様は怪訝そうな顔でどんな内容か尋ねてくる。

 

「……通信でフェイトに泣きつく」

 

「申し訳ありませんでした。昼食をご試走しますので、人間やめかけてる妹を召喚しないで下さい」

 

「早ッ!?」

 

 先程までの余裕は何だったのかと言う程、王様は一瞬のうちに綺麗な角度で頭を下げてくる。凄まじいフェイト効果……ってか、人間やめかけてるって、うちの妹は周囲からどう思われてるんだろう? い、いや、確かに私も最近、フェイトが人外の領域に片足踏み込んできた様な気がしてるけどね。

 

「まぁ、昼ぐらいならよい。祝いも兼ねてな」

 

「ありがと~じゃあ、どこで食べよっか?」

 

「ここの食堂で良いだろう。流石管理局本局の食堂だけあって、一流店にも引けはとらんぞ」

 

「おぉ、美味しいって評判だよね」

 

 管理局本局内でも一際大きな食堂は、安い、早い、美味いと三拍子揃っており、メニューの数たるや管理世界のご当地料理までよりどりみどり。料理人は高級店の料理長クラスがわんさかいるとかで、どの品も絶品と聞いている。世間的にもそれは有名で、食べたいと言う人は後を絶たないが、局員と許可を得た者しか食べられない。この食堂で食事をする為だけに、局員になるって人もいる位美味しいらしい。

 

「でも、私、今はまだ局員じゃないよ?」

 

「構わん。我の客として許可を取る。その程度の権力は持ち合わせている」

 

「おお! よ、流石一気に三尉まで駆けあがった出世頭!」

 

「や、やめんか、たわけが……」

 

 王様は、なんか上級キャリアって言う凄い資格を先日習得して、上層部からも後の幹部として期待されている人物だ。今でこそただの捜査官だけど、昇進スピードは同世代の中でも群を抜いており、遠くない内に提督となって船を持つのではないかと噂されている。

 ちなみにユーリは曹長で、シュテルは二士でレヴィは最近一士になった筈。シュテルは以前二士だった時に、なのはを助けた件で降格処分を一度受けている。その為、レヴィの方が若干昇進は先らしい。でもシュテルの実力は誰もが認めているし、すぐに一士に昇進するだろうとは思うけどね。後、余談ではあるけど、フェイトとなのはは共に一士。はやては曹長で、上級キャリアの勉強中って聞いている。

 

 王様と一緒に食堂に向かって廊下を歩いていると、王様がふと思い出した様に話しかけてくる。

 

「そう言えば、貴様。これから局員になるのだろう? 魔導師志望なら訓練校だが、どこに行くつもりだ?」

 

「フェイトとなのはが出たって言う、第四陸士訓練校にしようかな~って思ってる。そう言えば、王様はどこの学校出たんだっけ?」

 

「我か? 第二士官学校の短縮プログラムだ。合わせて武装隊訓練も受けたがな」

 

「うへぇ、そこ超難関だって聞いたよ」

 

「そうか? ただ出題範囲が広いだけで、問題自体は学べば誰でも解ける」

 

「……頭の良い奴は皆そう言うんだよ」

 

 管理局には、かなり多くの訓練校が存在する。なのはやフェイトが卒業した陸士訓練校は、主に魔導師育成に力を入れている学校で、入学試験は簡単らしく、推薦生用の短縮プログラムもある。逆に魔導師訓練校で難しいのは空士訓練校。こっちは飛行魔法の習得が絶対条件だから、結構なエリート校らしい。でも確か、こっちには短縮プログラムは無いって聞いてる。王様がでた士官学校は、そのまま将来の幹部を育成する学校で、そこを出た時点で初級キャリアの資格を得る事ができるらしい。でもその分試験は桁違いに難関で、しかも短縮プログラムの条件が、計五種類の特別試験で満点取る事だった筈……王様すげぇ。

 

 まぁ、私がこれだけ色々知ってるのは、局員になる為どこに入ろうかな~って調べてたからだ。士官学校は初めから選択肢に無いとして、空士訓練校も即効切った。エリート学校とか、そう言うの凄い苦手だし……

 

「出来れば短縮プログラムで行きたいんだけど、推薦が居るんだっけ?」

 

「ああ、小鳥と黒ひよこは圧倒的な才能で自動的に短縮プログラムとなったが、貴様はそっちの方面では無理である以上、権力者の推薦を受ける必要がある。陸士訓練校は地上本部管轄……あそこには海嫌いも多い故、リンディ提督の推薦では難しいぞ?」

 

「あ~やっぱそうか、一つは推薦状書いてもらったんだけど、やっぱまだ足りないかな」

 

「なに? もう推薦状を得ているのか、どれ……」

 

 やっぱり当面の予想通り、才能の無い私だと推薦状がいるみたいだね。一応そう思って、一人地上本部の権力者に推薦状貰ったんだけど、まだ足りないか……

 

「ぶっ!? な、ななな……」

 

「どしたの? 王様?」

 

「なな……何故だ!? どんな裏技を使えば、貴様が『レジアス・ゲイズ中将』の推薦状を得れるのだ!?」

 

「え? そりゃ……執務室の扉、バーンって開けて、推薦状書いて~ってお願いしたからだよ。優しいおじちゃんで、すぐ書いてくれたし、この間は美味しいご飯に連れてってくれたよ」

 

「将官の執務室に乗り込んだ!? 貴様は本当に……はぁ……もう良い」

 

 地上本部のレジアス・ゲイズ中将……私はレジアスおじちゃんって呼んでるけど、私の事をまるで子供みたいに可愛がってくれる優しい人だ。何度か娘さんのオーリスお姉ちゃんと一緒にご飯に連れてってくれた事もある。良い人って一杯いるもんだよね。

 

 呆れた様に肩を落とす王様と一緒に、更に廊下を進んでいると前方から見知った人物が歩いてきて、それを見た王様は背筋を伸ばして敬礼する。

 

「これは、ミゼット議長。お疲れ様です」

 

「あ、ミゼットおばあちゃんだ。こんにちは~」

 

「き、貴様!? 何を無礼な……」

 

「あら、アリシアちゃん。こんにちは、今日も本局に来てたのね」

 

「……は?」

 

 ミゼットおばあちゃんに駆け寄る私を、王様が慌てて止めようとしたけど、ミゼットおばあちゃんの声を聞いて止まる。口を大きく開けて硬直している王様を尻目に、私はミゼットおばあちゃんと簡単に雑談をする。

 

「ああ、そうだ。知り合いに貰ったお菓子なんだけど、アリシアちゃんよかったらどうぞ」

 

「うわっ、やった~! ありがとう、ミゼットおばあちゃん」

 

「ふふふ、喜んでくれて嬉しいわ」

 

 そう言いながら優しく頭を撫でてくれる手はとても温かい。おばあちゃんってこんな感じなんだろうな~母さんの両親は早くに無くなったみたいで、私にはおばあちゃんとか居無かったからねぇ……

 

「そう言えば今日は、レオ―ネおじいちゃんとラルゴおじいちゃんは?」

 

「!?!?」

 

「ああ、二人共お仕事よ。また会いに行ってあげてね。私達三人はアリシアちゃんの事、本当の孫みたいに思ってるからね」

 

「あはは、ありがとう」

 

 視線の端で、王様が自分の頬っぺたを思いっきりつねってるのが見えたけど、一先ず今は気にしないでおこう。そう言えば……ミゼットおばあちゃん達って結構偉いって聞いた気がする?

 

「そうだ、ミゼットおばあちゃん。私短縮プログラムで訓練校に入りたいんだけど、推薦状書いてくれないかな?」

 

「推薦状? ええ、勿論いいわよ。あの二人も書きたがるでしょうから、明日までには用意しておくわ」

 

「やった! ありがとう!」

 

「それじゃあ、私はこれで失礼するわね。アリシアちゃん、またうちに遊びにおいで、美味しい料理作っておくからね」

 

「うん。また遊びに行くね」

 

 手を振りながら去っていくミゼットおばあちゃんに、私も大きく手を振って見送る。やっぱり優しいおばあちゃんだ。推薦状も簡単に書いてくれるって言ったし、今度お礼に肩叩きしよう。

 

 そしてミゼットおばあちゃんが見えなくなると、固まっていた王様が徐々に震え出し、困惑した表情で私の襟首を強く掴む。

 

「ぐぇっ……」

 

「き、貴様! い、一体どこで『伝説の三提督』と知り合った!?」

 

「い、いや、前に道に迷った時に助けてもらって、それ方時々遊びに行ってる」

 

「……多くの士官が泣いて羨ましがるようなコネクションを簡単に……変な所で恨みを買っても知らんぞ」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とまあ、そんな出来事がありつつも食堂に辿り着くと、そこは人でいっぱいだった。お昼時は少し過ぎている筈だけど、流石管理局。人員が半端じゃないね。

 

 食事をしている沢山の人達の横を通り過ぎながら、食券を買う機械に向かっていると、何度か声を掛けられる。

 

「お、アリシアちゃんじゃないか。食堂でみるのは初めてだな」

 

「えへへ、王様にご馳走になりに来ました」

 

「アリシアちゃんじゃない。今日のカルボナーラは絶品だったわよ」

 

「ホントですか? う~ん食べてみようかな……」

 

「おお、アリシアくんじゃないか、久しぶりだね」

 

「お久しぶりですね。お腹の調子はどうですか?」

 

「お、アリシアちゃん。また魔法で分からない事があればいつでも聞きなよ」

 

「ありがとうございます。助かります」

 

 口々に声をかけてくれる人達に笑顔で答えつつ、唖然としている王様と一緒に食券を買う機械の前に立つ。う~んカルボナーラ美味しいって言ってたし、食べてみようかな? 私クリーミーな味付け大好きだし、母さんにもよくシチューおねだりしてたなぁ……

 

「……チビひよこ……お前の人脈はどうなっている……」

 

「どうなってって、よく本局に通ってたから、すぐ仲良くなったよ? 端末のメモリーも1000件超えてるし」

 

「……(本人はそんな気は無いのだろうが……カリスマと言うやつか、まさかこんな所に才能が転がっているとは……奇妙なものだ。味方が誰よりも多い、繋がる力こそ……アリシアの最も優れた力か……)」

 

「あ、そうだ。折角だし……皆~私局員になりたいんですけど、推薦状書いてくれる人いませんか~」

 

 折角知人が沢山いるので、推薦状を書いてくれないかとお願いする。ありがたい事に、皆優しく沢山の手が上がり、これだけあれば大丈夫だと感じる事が出来た。持つべきものは友人だよね。

 

「これ位あれば、足りるかな? 王様」

 

「十分過ぎるわ……自分の首を絞めている様なものだがな」

 

「へ?」

 

 王様の不吉な呟きはかくして現実となる。この行為が、訓練校での私のハードルを跳ね上げるとは、この時は全く気付いていなかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 第四陸士訓練校……多くの魔導師候補生達が訓練に励む訓練校。その学長室では、穏やかな印象を受ける年配の女性が座っており、目の前にある机には山の様な推薦状が置かれていた。

 

「凄いわね。レジアス中将、ミゼット本局総幕議長、レオーネ法務顧問相談役、ラルゴ武装隊名誉元帥……将官、佐官の推薦状も合わせて38……全てを合わせると、100を軽く超える推薦状……」

 

 第四陸士訓練校学長、ファーン・コラード三佐は、山と積まれた推薦状を見ながら独り言を呟く。いまだかつてない程大量の推薦状が届いたのは今朝の事、大きく名をはせる将官から有望な若手のホープまで……皆総じてこの推薦状に書かれた人物を評価していると言う事……

 

「アリシア・テスタロッサ……フェイトさんの姉……今まで噂は聞かなかったけど、もしかして『世紀の天才』なのかもしれないわね。少し、フェイトさんに聞いてみようかしら」

 

 アリシアにとっては正しく誤算な出来事ではあるが……ファーンは聞く相手を完全に間違えた。アリシアが実は凄い才能を持った人物かもしれないと、一番聞いてはいけない人物に聞いてしまった。

 

 そしてアリシアが入学する頃には、彼女は第四陸士訓練校講師陣の間で、なのは、フェイトを遥かに上回る天才魔導師として認識されていた。

 

 

 

 




アリシアは本局では皆のアイドル。

明るく真っ直ぐな性格は、特に年配のお偉方に可愛がられています。

そして意図せずハードルを上げてしまいましたが、訓練校へ入学します。半分位はシスコンのせい。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。