アリシアお姉ちゃん奮闘記   作:燐禰

3 / 24
拝啓:母さん、王様はツンデレです

 リンディさんに半ば無理やり紹介状を書いてもらって、あちこちの部隊で武者修行の様なものを続けて半年。最初はあちこちを渡り歩いてたんだけど、二ヶ月ほど前からある部隊に落ち着いて訓練に付き合ってもらってる。局員でも何でもない私がここまで好待遇なのは、一重にリンディさんのおかげ、流石は提督権力が違うよ権力が!

 

 とまぁ、そんな訳で訓練中なんだけど……ビルが再現された訓練場で、私の目の前に黒い球体が現れる。

 

「うえっ!?」

 

 それを見た瞬間即座に反転し、猛ダッシュで逃げる。直後に黒い球体は爆発的に膨れ上がり、周囲のビルを飲み込んでいく。くそっ、全然手加減してくれない。と、とにかく距離を……

 

「滅ぼせ! レギオン・オブ・ドゥームブリンガー!」

 

「ぎにゃあぁぁぁぁ!?」

 

 空から黒い剣がミサイルの様に降り注ぎ、私の周囲に爆撃が始まる。地面を転がる様に逃げ回りながら、これを放った相手に視線を向ける。青い空を切り裂く様な漆黒の翼、灰色と黒のツートンカラーのセミショートヘア。腕を組む堂々たる姿は、正しく支配者と呼ぶに相応しい。

 

 くっそ、広範囲魔法をバンバン撃ちやがって、ふざけた魔力量めっちゃ羨ましい。後、魔力弾撃つぐらいしか出来ないド素人の私に対して、この容赦ない弾幕……手加減って言葉は彼女の辞書には無いらしい。

 

 必死に逃げる私に向かって、女性は大きな杖を構えてニヤリと笑みを浮かべる。

 

「我が暗黒、ここに極まれり……」

 

「おい、馬鹿やめろ……」

 

「平伏せよ! ジャガーノート!」

 

「ぬわあぁぁぁぁぁ!?」

 

 視界を埋め尽くす極大殲滅砲撃。私は成す術もなく飲み込まれた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「……王様さ、手加減って言葉知ってる?」

 

「無論、知っている。貴様に対してする気が無いだけだ」

 

「あっそ……」

 

 私が王様と呼ぶのは、時空管理局本局所属の魔導師ディアーチェ・K・クローディア。なんでもはやてを元に生まれたマテリアルだとかなんとか、説明受けたけど難しい話だったのでもう忘れた。

 

 まぁ口調こそ尊大で偉そうだけど、私の訓練に毎日付き合ってくれてるのでなんだかんだで面倒見が良い。後教えるのがすっごい上手いんだよね。私に分かる様に説明してくれるから、ホント色々ありがたい。私があちこちの部隊を渡り歩かなくなったのは、王様に出会えた部分が大きい。本人には絶対言わないけどそれなりに感謝している。

 

「よし、じゃあ、もう一戦!」

 

「……なに? まだやるのか? 先程ので12戦目だぞ……」

 

「え? 王様、疲れたの? 以外と根性ないね」

 

「……良かろう。さっさと構えろ。また叩き潰してくれる!」

 

 うん。扱いやすい性格だ。こう言う所も好感触だよね。私は今、自分の戦い方……戦闘スタイルを探している。私には魔法の才能は無い。普通のやり方では、上級魔導師どころか中堅魔導師にだって敵わないと思う。ならば探さなければならない。その人には出来なくて、私にだけ出来る戦い方ってやつを……だから私は、まだ訓練用デバイスのままだし、基礎的な魔法以外は習得していない。なにか、掴めないかと模擬戦を繰り返す毎日だけど、当然こんな状態では勝ち星なんて拾えないけど、今はそれでいいと思う。とにかく今は強者との戦いを積み重ねるんだ。

 

 初めて王様と戦った時は、もう瞬殺だった。一発KOだった。でも、戦う回数が伸びるにつれ、戦える時間は増えていった。未だ一発も攻撃は当てれてないけど、10分以上は持つ様になった。

 

 そして少し、本当に少しずつだけど……掴めてきた気がする。まだ、それが何なのか分からないけど、何かが……

 

「何を、よそ見している」

 

「へ? ぎゃあぁぁぁぁ!?」

 

 うん、もうちょっとの気がするんだ……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 王様との訓練を終えて、休憩室に入るとウェーブのかかった長い金髪の少女……ユーリ・エーベルヴァインの姿があった。王様からは家族って紹介を受けたけど、ファミリーネームは違う。まぁ、なんか複雑な事情がありそうだし、覚えられる気もしないので聞いていない。

 

「お二人共、お疲れ様です。座ってください。お茶を入れますね」

 

「ありがと~ユーリ」

 

「すまんな」

 

 ユーリは王様みたいな分かりづらい優しさじゃなくて、純粋に優しい。手際良く入れてくれた紅茶が、訓練で疲れた体に染み渡る。

 

 ちなみにユーリはSランク魔導師でありながら、デバイスマイスターの資格も持ってる。前線でもバックスでもこなせる超人だが、まったく偉ぶったとこが無いのもポイント高いね。私が男だったら放っとかないよ。

 

「今日も長く行っていましたね」

 

「ああ、このチビひよこに今日も5時間も付き合わされた。その化け物じみた不屈の精神力は認めてやるが……」

 

 この二ヶ月王様に訓練してもらう時は、仕事の合間に行ってもらっており、任務と任務の間とか休暇の際には思いっきり付き合ってもらっている。まぁ訓練であんなに大魔法ポンポン撃って良いのかと思うけど、王様の魔力はチート級なんで大したことないみたいだ。そして王様はいつもいつも文句言いながら、ちゃんと最後まで付き合ってくれる。このツンデレさんめ……

 

「まぁまぁ、任務の隙間で暇なんだから、構わないでしょ」

 

「それは我が言う台詞であって、貴様が偉そうにのたまう事ではないからな!!」

 

「あ、ごめん。メールだ」

 

「き、さ、まあぁぁぁ!!」

 

 青筋を立てた王様をユーリが止めるのを横目に見ながら、私は端末を開いてメールを見る。やっぱりと言うか何と言うか、フェイトからで……今日は仕事で局に泊まるみたいだった。

 

「そう言えば、貴様。金の入りが無いと言っていたが、その端末はどうしたんだ?」

 

 気を取り直して王様が聞いてくる。まぁ、王様も本気で怒ってた訳じゃないしね。

 

 端末か、流石王様良い所に気が付く……この端末は昨日買ったばかりの新品だ。最新型みたいで、中々のお値段だった。

 

「フェイトに買ってもらった!」

 

「貴様に恥は無いのか!?」

 

「……や、あるけどさ。使えるものは何でも使う主義なの。まぁ出世払いってやつで」

 

 そりゃ私も、何でもかんでも妹に買ってもらうのは申し訳ないと思うよ。いずれちゃんと返さないといけない。でも、今は先立つ物が必要だ。

 

う~ん、私考え方が合理的だなぁ……いや、薄々感じてはいたんだけど、なんか生き返ってから私はやたら落ち着いてる気がする。精神的に成長したとでも言うのか……いや、自分でも疑問に思ってた部分はあるんだけどね。母さんとの別れとかも、騒がず冷静に受け止める事が出来たし、フェイトと出会ってからも私が主導権を握れている。いや、まぁ、母さんの件に関しては……事情が呑み込めてなかった部分が大きいけど……その後はまぁ、フェイトの前でなく訳にはいかないしね。

 

原因は……たぶん毎晩見てた夢だろうなぁ……何年もの経験を得る様な夢を見ていたせいで、精神的に成長しているのかもしれない。

 

「貴様が出世できるのか? チビひよこ」

 

「黙れ、貧乳」

 

「貴様とて、似た様なものであろうが!!」

 

 王様を軽くからかいつつ考える。う~ん、今日はフェイトは帰ってこないのか、どうしようかな? 外食とかでも良いけど、一人で食べるのも退屈だしなぁ……

 

「ねね、王様」

 

「……なんだ?」

 

「今日フェイト帰ってこないみたいなんだけど……ご飯食べさせてくれない?」

 

「貴様は本当に、我を馬鹿にしているであろう……まぁ、よい。ついでに、貴様の兵器の様な料理を矯正してやる」

 

「あ、あはは……」

 

 この二ヶ月間、殆ど毎日訓練に付き合ってもらってたおかげで、王様達とは結構仲良くなれたと思う。今までも何度か、王様にご飯作ってもらったけど……アレはやばいね。趣味ってレベルじゃないよ。

 

「そういえば、アリシアさんは明日も、訓練ですか?」

 

「うん、王様が休暇だからね」

 

「……物言いに悪意を感じるが……しかし、貴様もいい加減専用デバイスを持ったらどうだ? 量産型ストレージでは限界もあろう」

 

 文句言いながらも駄目とは言わない王様マジツンデレ。その内何かお礼しないと駄目だね。

 

 そしてうん……デバイスか……確かに今私が使っているのは、どこにでもある量産型のストレージデバイス。ぶっちゃけ性能は低い。専用デバイスの方が良いんだろうけど……流石にねぇ……

 

「いや、専用デバイスって作るのかなりお金かかるじゃん。流石にフェイトにそこまで迷惑かけられないなぁ~って」

 

「ふむ……ユーリ。材料費は我が出す。作ってやれ」

 

「はい」

 

「……え?」

 

 突然王様が告げた言葉。私のデバイスを作ってくれるって言葉……

 

「今後の訓練にも差し障ろう……まぁ、出世払いにしておいてやる」

 

「お、王様あぁぁぁぁ!?」

 

「た、たわけ!? ひっつくな!!」

 

 くっそ、こんなのずるいよ。思わずうるっと来ちゃったじゃないか、これがツンデレの破壊力ってやつか……しかし、そっか、私のデバイスか……どんなのになるんだろう。それを手にすれば、今よりも強くなれるかな?

 

 ううん……それじゃ駄目だ。デバイスを手に入れただけじゃ、私は強くはなれない。それを生かす術を考えないと……

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 王様の家で美味しいご飯を食べた後、なんだかんだで王様の家に泊まることになった。ユーリが提案してくれて……王様の部屋に。王様の家には王様を含めて四人が一緒に暮らしてる。王様ははやてとそっくりで、なのはとそっくりのシュテルに、フェイト……てか私にそっくりのレヴィ。ユーリ以外はそれぞれを元にしたマテリアルってやつらしい……例によって難しい話なので、聞き流しておいた。まぁ、フェイトに近い感じって事だろうね。

 

 勿論私が泊まることに、王様は烈火の如く反対したけど、この家で一番強い決定権を持つのはユーリな為、王様は結局押し切られちゃった感じかな?

 

 王様のベットの横に布団を敷いて、暗い部屋の天井を見ていると声が聞こえた。

 

「……チビひよこ」

 

「うん? な~に」

 

「貴様は、この二ヶ月で我と模擬戦をした回数を覚えてるか?」

 

「え~と、200くらい?」

 

「……387戦だ」

 

「へぇ~」

 

 突然どうしたんだろ? 何か物凄く真剣な声で話をしてきてるって事は、それなりに重要な内容なんだろうけど……

 

「なぜ、貴様はそこまでやる? 我の居ない日は、一人で訓練をしていると聞く」

 

「……普通だと思うけど?」

 

「そう思うならさっさと病院に行け、貴様の努力はどう見ても異常だ……何が貴様をそこまで動かす?」

 

「……」

 

「まぁ、話す気が無いなら無理には聞かぬが……」

 

 私が努力する理由か……そんなのは、フェイトの為に決まってるんだけど……王様が聞きたいのは、それに至る動機かな? う~ん。誰にも話す気は無かったんだけど、王様にはお世話になってるし……いいかな?

 

「……覚えてない訳じゃないんだ」

 

「うん?」

 

「……夢をね。みたんだよ」

 

 そうあれは、初めてフェイトと出会って一緒に眠った日だった。場所は、どこなんだろうね? 木があって、雨が降ってたのは覚えてる。一緒に雨宿りをしてたんだと思う。

 

「……アリシアと私は、同じ時間を生きられない。そう、辛そうに告げるフェイトの夢をね」

 

「……」

 

「その夢の私はさ、涙を流しながら戦いに向かうフェイトの背中を押してあげることしか出来なかった。あの子は凄い子だよ。辛くて、胸が張り裂けそうに苦しくても、涙を飲み込んで戦いの場に向かう……でも、傷つかないほど強い子じゃ、無いんだよ」

 

 あの夢のフェイトの顔は、凄く鮮明に覚えてる。大粒の涙を溢しながら私を抱きしめ、大好きだと告げる言葉……一緒に戦ってあげられない、共に生きてあげられない自分の無力さ。あんな顔、もう二度と見たくなんてないって思った。

 

 そして、それだけじゃない。フェイトには言ってないけど、私はフェイトが今までどんなに辛い思いをしてきたか、どれだけ頑張ってきたかを知っている。それは、フェイトと出会ってから順番に見てきた夢のおかげ。初めは自分の夢だった。でも次はフェイトの夢を見た。

 

 フェイトが経験したこと、フェイトが体験しこと……私はそれを、フェイトとして夢で見る事が出来た。順番にそれは見えていき、フェイトが私と出会った所で見なくなった。フェイトが私のクローンだって事に関係しているのか、或いはフェイトが闇の書の空間でみた夢の残滓なのか……答えは分からないが、私はフェイトが生きてきた12年間を知っている。

 

「あの子は、これからもいっぱいの戦場に立って、沢山の人を守る。でも、ううん。だからこそ……あの子を、私が守ってあげなくちゃいけないんだ。あの子が苦しんで、くじけそうになった時……私はあの子にとって、縋れる、頼れる背中で居てあげたいんだ」

 

「……そうか」

 

「フェイトには黙っておいてね。誰かの為に頑張るなんて、恩着せがましい事を言うつもりもない。私はお気楽で適当で良いんだよ。いっぱい笑って、いっぱい話しかけて……あの子を笑顔にしてあげられたいんだ。私はフェイトのお姉ちゃん。あの子の笑顔を守る為なら、才能が無くたって強くなって見せる」

 

 そう、私が戦う理由なんてたったそれだけだ。いや、シンプルな方が良いのかもしれない。私は頭も良くないし、フェイト程沢山の人を守る事は出来ないと思う。だから、私は多くの命を救える強い人達を守ろう。後ろでそっと刃を構えて、フェイト達が前だけを見ていられるように……

 

「貴様は……強いな」

 

「違うよ。私は強いんじゃない……強くあろうとしてるだけだよ」

 

「そうか……」

 

 王様は私の返答に満足したのか、穏やかな声で告げた後沈黙する。決して居心地が悪い訳ではない沈黙が流れ、静かにその言葉は告げられる。

 

「チビひよこ……貴様に才能は無い。貴様は、まぎれもない弱者だ」

 

「……うん」

 

「だが我は、貴様が持たざる弱者であるからこそ、得られる力があるのではないかと思っている」

 

「弱者だからこその力?」

 

 その言葉は暗雲を切り裂く光の様に感じられた。口振りや、声の感じからして……王様は、私が掴めていない何かを見つけている?

 

「我と貴様では、力も早さも魔力も……我が圧倒的に上回っている」

 

「うん」

 

「しかし、貴様の小賢しい逃走。逃げの力は持ち得る事は出来ぬ」

 

「ううん?」

 

 馬鹿にしている感じじゃない。むしろ褒めている様にさえ聞こえる。王様は、一体何を言おうとしてるんだろう?

 

「分からぬか? それが貴様の他を上回る力……貴様は弱者だ。そして弱者だからこそ、鋭敏に己に迫る危機を感じ取っている……危機察知能力。その力においては、我より貴様の方が圧倒的に上だ」

 

「……危機察知能力」

 

「無論、今のままではそれはただの逃げの力だ……しかし磨けばどうだ? 貴様が弱者だからこそ持ち得る力、それ磨けば……それは貴様だけの刃へと変わるのではないか?」

 

 危機察知能力。私が才能ない弱者だからこそ、持ち得た他を上回る力……それだ! 私が、ここの所ずっと掴めそうで掴めていなかったもの……私にしか出来ない戦い方のヒント。

 

 まだ具体的にどうすればいいか分からない。でも、見つける事は出来た。才能の無い私だからこそ、手に入れられるかもしれない才能。やっと、光明が見えてきたかもしれない。

 

「道は定まったか?」

 

「うん……ありがとう、王様。おかげで少し、ほんの端っこだけ見えてきたよ。私の武器ってやつが……」

 

「そうか、ならば精々励む事だ……等と、貴様に言う意味はないな」

 

 その言葉を最後に、王様はもう言うべき事は言ったと、眠り始める。小さく規則正しい寝息を感じながら、私はぐっと手を握りしめる。

 

 さあ、ここからが大変だ。危機察知能力、それを私の刃へと変える為、まだまだやらなくてはならない事は多い。一先ず、明日は30戦位王様に付き合ってもらうとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




王様登場。

アリシアはフェイトが体験してきた事を、夢として見てきており。精神的には元々しっかりしていた5歳児+フェイトの12年間を追体験したことで、精神的に合理的で冷静な部分が現れています。

まぁ無邪気なとこは変わらないので、ふざけつつどこか真面目な感じですね。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。