聖闘士星矢~ANOTHER DIMENSION海龍戦記~改訂版   作:水晶◆

19 / 24
第18話 望むはただ千年の決着を!の巻

 洞内を照らしていた淡い光が失われ、しばらく続いた闇が、やがて赤みを帯び始める。

 それは赤黒く煮え滾る熔岩の色。洞窟内がその炎によって照らされ、染められた色だ。

 地下深く、火口をぐるりと囲むように螺旋を描いた――通路と呼ぶのも躊躇われるような道を抜ける。

 行く手を阻むのは、百の蛇の頭と何本もの手足を持った魔獣、そうとしか形容のできない意匠を施された巨大な青銅の扉。

 そこから先は彼らの王――ギガスの神の意志が支配する聖域。

 

 

 

 現世と神域、その狭間である扉の前で激しくぶつかり合う二つの小宇宙。

 人の目では捉えきれない速度で交差する二つの輝き。

 輝きは幾重にも重なり合った光の軌跡となる。

 軌跡の中で踊るのは二つの人影。

 

「……これで三度目。私の“スティグマ”が君を捉えた回数だ」

 

 呟かれる声の主は神将“迅雷の”トアス。彼は穏やかさを秘めた眼差しのまま、落ち着いた様子で続ける。

 

「これで分ったかな? 君は確かに速い、まさしく神速だ。それでも……私の方が速い。私の二つ名を教えよう、“迅雷”だ」

 

 トアスの右手が掻き消え、彼と対峙していた影がその場から姿を消した。

 洞内にゴッという音が響き、天井が崩れ落ちる。

 大小無数、大量の岩盤によってうず高く積み上げられたその場所に、遅れて一つの岩が突き刺さった。長方形のそれはまるで墓標であった。

 

「確かに速い――だが、軽い。その程度の重さじゃあ……」

 

 声と共に、墓標の下から黄金の輝きが溢れ出す。溢れ出た光が集束し、洞内を貫く柱となって起立した。

 光に押し上げられる様にして岩が、土砂が舞い上がる。

 

「――俺の命には届かない」

 

 光の中から現れたのは海斗。その身に纏うエクレウスの聖衣は白ではなく、今は黄金の輝きを放っている。

 

「ようやく実感できた、これがムウの仕込みか。新生したこの聖衣は、俺の小宇宙の高まりに応じて強度を遥かに高めている。お前の拳――“スティグマ”だったか? 確かに速く鋭い一撃だった。以前のままの聖衣では、いや、新生した聖衣であっても“黄金化(この状態)”でなければ一撃ですら耐え切れなかった。俺の意思が、小宇宙の炎が消えない限り、今のこの聖衣を貫く事は出来ん」

 

 海斗の言葉を証明するように、黄金の輝きを放つ聖衣には胸部と左肩、右脚に破損こそ有ったが、トアスによって与えられた傷は無い。

 

「そして――」

 

 海斗が僅かに腰を落とし、左右へと広げた両手がゆっくりとエクレウスの星座の軌跡を描く。

 アルファからベータ、ガンマ、そしてイオタ。四つの星からなる縦に長い台形。それがエクレウスの軌跡。

 それを見て、トアスの表情が変化した。

 一瞬であったが、そこに浮かんだのは驚愕と歓喜。

 

「そして、お前の速度にも慣れてきた。“スティグマ”の正体は拳大の無数の拳撃の中に紛れ込んだ針の様なか細い一撃だ。小宇宙を針のように細く鋭く集束したもの。似た様な技を使う聖闘士の話を聞いた事がある。確かに速いが――次は捉える」

 

 高まり続ける海斗の小宇宙は天駆けるエクレウスの姿を浮かび上がらせる。

 

「……君の容姿と纏うその聖衣。わたしの記憶とは異なっていたのでね、こうして目の当たりにするまで半信半疑だった。だが、その構え、その眼差し、その小宇宙が生み出したオーラをわたしは――知っている。やはり、君は“そう”だったのだな。これから君が繰り出す技を当てて見せよう。その体勢から放たれる技は“エクレウス”の必殺拳、小宇宙の生み出す流星“エンドセンテンス”だ!」

 

 一分の隙も見逃すまいと、目の前の敵に意識を集中していた海斗であったが、初見の相手にこの地ではまだ見せた事のない技を言い当てられた事は少なくはない動揺となり、僅かな焦りをトアスに伝える。

 

「フフフッ。まさか、な。千年の時を経て、こうして再び相見える事ができようとは! 久しいな、とでも言うべきかなエクレウス――いやキタルファ!! 決着を! 運命がわたし達にあの時の決着を着けろと言っているのだ!!」

 

 トアスの言葉には闘争心を剥き出しにした激しさが、熱があった。

 穏やかな雰囲気を一変させ、今のトアスが纏うのは修羅の如き闘志。トアスのこれまでが、例えるならば陽光であったとしよう。ならば、今のトアスは業火であった。

 

「そんな都合は――知った事かッ!!」

 

「君にとってはそうだろうさ! だが、わたしにとっては“そうだ”という事なのだ!!」

 

 自身に迫る光弾を前にしてトアスは構える。奇しくも、その構えは海斗と同じものであった。

 その事実に、今度は海斗の表情が変わる。

 

「ッ、だが! 構えが同じだろうと――“エンドセンテンス”!」

 

「これが我が迅雷のトアス最大の拳――“アヴェンジャー・ショット”!」

 

 お互いの突き出した拳から放たれる光弾がぶつかり合い、閃光が交差する。

 せめぎ合うのは打倒の、破壊の意思。

 

「これはッ、こいつは同質の――いや、同じ技だと!?」

 

「言ったはずだ、わたしはその技を“知っている”と!」

 

 海斗とトアスの横を、互いに相殺しきれなかった光弾が、閃光が奔る。

 

「そう、今の君には分らない事だ! ならば教えてあげよう。千年前、わたしは、いやわたし達ギガスは目覚めたのだ。今、この時の様に!」

 

 閃光の生み出す光の軌跡の中を駆け抜ける海斗とトアス。

 

「そして王の、ギガスの神復活の目前まで事を進めたわたし達を阻んだのは二人の聖闘士だったッ!!」

 

 光の乱舞は二人が互いの拳をぶつけ合い、額を突き合わせられる程までに接近した事で終わりを見せる。

 

「今でもあの時の事を覚えている。そう、一人はエクレウスの聖闘士だ。今の君よりもう少し年を経ていた。髪の色も瞳の色も違っていたが、しかし、身に纏った聖衣は今の君と同じく黄金の輝きを放っていたよ。そして、もう一人。その師と名乗ったジェミニの黄金聖闘士だった」

 

 記憶を語るトアスの表情は一変して穏やかであった。

 しかし、痩身の優男のように見えてもその本質はギガスという事か。

 その外見からは信じられない程の圧力が、拳を伝わり海斗へと圧しかかる。

 

「これは運命だとわたしは感じている。あの時、ジェミニによって邪魔をされたわたし達の戦い。迎える事のなかった決着を! こうして再びエクレウス――君と相見える事ができたのだから!!」

 

「……お前が、俺を通して何を、誰を見ているのかは分るが――」

 

 知った事か、と。呟いた海斗の身体からストンと力が抜かれ、拳にかかった抵抗を失った事でトアスの身体がずいと前方へと沈み込む。

 崩れた体勢を立て直す間も無く、真下から突き上げる様に繰り出される海斗の蹴り。

 回避すべく腰をひねり、上半身を逸らせたトアスの頬に一筋の赤い線を刻みつける。

 それは力の流れに逆らわず、その勢いに自身の力を加えて相手に返すカウンター――“ジャンピングストーン”の変形であった。

 とはいえ、所詮は一度見ただけ、見様見真似の言わば紛い物であり、本家の技に及ぶはずもない。

 しかし、状況を変化させるだけの効果はあった。

 その場から身を翻したトアスと、蹴りの勢いのまま空中で身体を反転させて着地した海斗との間には僅かな距離が生まれていた。

 近過ぎず、遠過ぎず。

 それは互いの必殺拳の間合い。

 

「たまらないな。君には自覚があるのだな、かつてそうだったという自覚が。ならばこそ! だからこそ!! さあ、あの時の決着を着けようエクレウス。千年前の君は強かった。そして今の君も強い。ならば、わたしにとっては何の問題もないッ!!」

 

「……余計な雑音はいらない。俺が誰であり、何か、なんて事もどうでもいい。セラフィナを連れて帰る。今の俺にはそれだけだ、それだけでいい。邪魔をする奴は倒すだけだ」

 

 “千日戦争(ワンサウザンドウォーズ)”という言葉がある。

 実力の伯仲した黄金聖闘士同士が戦った際、互いに一歩も動けず、膠着したまま千日経っても決着が着かない状況に陥る事を表した言葉である。

 この時の海斗とトアスの状況はまさにそれであった。

 

 閃光の中で繰り広げられるのは無数の拳撃の応酬であった。

 拳が、肘が、膝が、爪先が。

 手刀が、貫手が、蹴りが。

 威力は互角、精度も互角、速度も互角、放たれる拳の数も全てが互角。

 

 光に弾かれた両者が身構え――放つ。

 

「“エンドセンテンス”!!」

 

「“アヴェンジャー・ショット”!!」

 

 同質の技であるエンドセンテンスとアヴェンジャー・ショット。

 今度はお互いに万全の体勢から全力で放たれた。

 

「うぅおおおおおおおおおおっ!!」

 

「あぁああああああああああっ!!」

 

 変化はその直後に起きた。

 繰り出される拳撃のあまりの数に、行き場をなくした力の余波が、二人の間に小さな渦を生み出したのだ。

 雫の一つ、その程度の大きさであった渦は、周囲に溢れた力を貪欲に取り込み続ける。雫は瞬く間に巨大な渦となり、渦はやがて破壊の力に満ちた巨大な繭となって具現化する。

 それは言わば爆弾であった。互いの力を集束し、生成された爆弾である。

 成長を続ける爆弾は、両者の拮抗が崩れた時、つまりは敗者に対してその全てを解き放つ事となる-。

 

「フ、フフフ。ハハハハハッ! 全てにおいて互角か!! それでこそエクレウス、私が認めた――人間だ」

 

 そう告げるトアスの表情が、口調が、穏やかなものになっていた。

 その眼差しは慈愛に満ちてさえいた。

 この瞬間、焦がれた千年の空虚が満たされるのをトアスは感じていた。

 

「だが……全てにおいて互角であるならば、それは、すなわち――」

 

 私の勝ちだ。その言葉をトアスは胸の内に秘めた。

 二人の周囲に満ちていた光は既にその色を失っていた。

 憂いさえ帯びたトアスの視線の先。光の繭の向うからは赤い色が散っている。

 二人の間に生じた光の繭により、こうして向かい合っていながらもトアスには海斗の表情を窺い知る事は出来ない。

 

「ここに来るまでに万全の態勢であったならば、そうは言うまい」

 

 光の繭の向こうで何が起こっているのか。トアスはそれを知っている。

 それは生命の色。鮮血の赤。

 海斗の背中から、左肩から、右足から。ここに来るまでに受けた傷口の全てが開き、血を流していた。

 

「既に君の肉体にはわたしの与えた聖痕が刻み込まれていたのだ」

 

 海斗の身体に聖衣を越して淡い光点が浮かび上がる。その数は三つ。

 

「君の言った通りだ。わたしの拳は確かに君の聖衣を貫く事は出来なかった。しかし、私の“スティグマ”は身に纏う物の有無を問題としないのだ。だからこそ――」

 

 海斗の聖衣から黄金の輝きが消えた。

 

「“聖痕(スティグマ)”なのだよ」

 

 そして、三つの光点から鮮血が噴き出した。

 

「元を辿れば、この技は生贄となった者の血を我らが神に捧げる為のものであった。繰り返されるその行為の中で、わたしは生物の気脈、血脈の急所を知り、やがて“スティグマ”とした。君に打ち込んだ“聖痕”は君の血を奪い、五感を奪い、緩やかに君の命を奪う」

 

 事ここに至り、両者の拮抗は完全に崩れた。

 天秤の傾きに従って、光の繭がその力の全てを解き放とうと、敗者へと向かいゆっくりと進む。

 

「しかし、この状況ではそれもかなうまい。五感が衰えた事で己の死を、死の間際の苦痛を感じぬ事がせめてもの救いか」

 

 ぷつりと、糸の切れた人形の様に赤に染まった海斗の身体が膝から崩れる。

 だが、完全にではない。肩膝をつきながらも拳を突き出し、堪えていた。

 

「その身体で……よく持たせるものだ。しかし、その光球はもはや私の力でもどうする事も出来はしない」

 

 光の繭が迫る。

 突き出された海斗の両手からピシリと音が鳴った。亀裂の音だ。

 

「君はよくやった。間違いなく強者であったよ。静かに敗北を、死を受け入れたまえ」

 

 聖衣の腕部に無数の亀裂が生じていた。

 それは腕から始まり肩、胸、腰、脚部と全身へと広がっていく。

 海斗の身体は光球に触れてはいない。

 余波だ。

 炎に手を近付ければ熱を感じる様に。

 光の繭が放つ破壊の力、その余波ですらが、身に纏う聖衣の耐久値を超えていた。

 

 光が海斗の身体を包み込む。

 その瞬間、海斗がどのような表情を浮かべていたのかをトアスは知らない。

 トアスは背を向けていた。

 それが情と言わんばかりに。

 

「千年の決着だ。さらばエクレウス」

 

 閃光がトアスの背を照らし、洞内に長い影を落とした。

 

 

 

 

 

 第18話

 

 

 

 

 

 少し昔話をしようじゃあないか。

 これは、俺が先代から、いや先々代だったか? まあどうでもいいやな、兎にも角にも聞いた話さ。伝聞ってやつだな。

 実際に俺が見聞きした訳じゃないからホントかどうかは知らないよ?

 

 それは今より千年の昔。

 って、ぴったり千年ってわけじゃないんだぜ? 数十年ぐらいの誤差はあるだろうねェ。

 まあ、キリが良いから千年って事にしとこうや。お高くとまったカミサマ方々からすればな? 人の暦の十年なんてクソみたいなモンだろうしなァ。

 んで、これから話すのは聖域においてその将来を有望視されていたとある聖闘士の兄弟、その弟クンの話だ。

 お兄ちゃんの話はアレだ、機会があればまた今度じっくりとしてやるよ。

 

 さて、仁智勇を兼ね備えた兄はペガサスの聖闘士として常に女神アテナの傍らに。

 才能においてはその兄に勝るとも劣らないと言われた弟は、エクレウスの聖衣を身に纏い、誰よりも速く戦場へと駆けていた。

 兄弟は互いに切磋琢磨し、お互いを高め合いながら来るべき聖戦に備えていた。ま、仲は悪かったみたいだがな。

 

 そして、遂に訪れた冥王との聖戦だ。

 その戦いに名を連ねた聖闘士は六十八、いや六十九人? 何にせよ、それだけいた聖闘士も戦い終わって数えてみればたったの七人だ。これが多いのか、少ないのか。

 その内の何人が五体満足でいられたのかはご想像にお任せだ。

 で、生き残った聖闘士だ。そこにお兄ちゃんの、ペガサスの名は無かった。

 ペガサスは最期の時までアテナの為に戦い、アテナの為に死んだそうだ。

 では、弟クンはどうなったのか?

 お兄ちゃんと同じく聖戦を戦ったワケだが……その名は無かった。聖域の史書にも正史にも――後世伝えられるべき歴史のどこにも記されてはいなかった。

 名前だけじゃないんだな、これが。

 “その時代のエクレウスの聖闘士”の存在自体が、後世に伝えられた歴史書には記されてはいなかったのさ。

 

 

 

「それは何故かって? それはな、エクレウス――弟クンがその存在すら赦されぬ程の大罪を犯したからさ。その切欠となったのが“ギガントマキア”なワケだが」

 

 暗闇の中、どこからか現れたのは古びた一つのスポットライト。

 光が灯り、照らされたその中に古びた安楽椅子の姿が浮かび上がる。

 

「知ってたかい? ギガスとの戦いをこう呼ぶのさ。ハハハッ、皮肉だねえ。そう、つまり今やってる戦いは、紛れもなく“ギガントマキア”なのさ」

 

 背もたれに手を掛け、ひらりとその椅子に腰掛けたのは黒いタキシードに身を包んだメフィストフェレス。

 彼は椅子に深く腰掛け脚を組む。勢いが強過ぎたのか、被っていたシルクハットが闇の中に落ちそうになったが、それを指先で捕えるとそのまま器用にくるくると回し始めた。

 

「ペガサスとエクレウスの二人は兄弟だったんだが、実はその下には妹が一人いたんだよ。フェリエって名前のな。三人兄弟だったわけだな。年の離れたお兄ちゃんとは違い、弟クンとは歳も近く過ごした時間多かったせいかね、妹ちゃんは弟クンによく懐いていたそうだ。とても仲の良い兄妹だったらしいねぇ」

 

 麗しの兄妹愛ってやつか、俺そーゆーの好きよ?

 そう言って歯を見せて屈託なく笑うメフィストフェレス。

 その表情はまるで幼い子供が見せる無邪気なもの。

 そう、子供は無邪気だ。善悪を知らず、何色にも染まってはいない。何者でもないが故に、禁忌に、悪意というものへの枷もない。

 ならば、このメフィストフェレスは何者なのか。

 聖人か、それとも――

 

「そう、らしい、さ。詳しい事を知る者はお兄ちゃんか、弟クンの師匠であったジェミニ黄金聖闘士――カストルしかいなかった。その二人が口を閉ざしていた以上、他人が知れた事など微々たるモンだな。

 さてさて、いよいよ激化する聖戦の中で誰もが予期せぬ事態が起こった。オリンポスの神々にとって忌むべき存在、そうギガスの復活だ。当然、アテナにとっては冥王もギガスもどちらも放ってはおけぬ大事。すぐにでも戦力を割く必要があった。

 しかし、ギガスとの戦い――ギガントマキアは、聖域にとっては聖戦ではない“歴史にさえ残す意義の無い”戦いとされていたのよね、これがさ。大義なんてありゃあしない。人とギガス、種族としての生存を駆けた殺し合いにすぎないんだからなァ。

 言ってしまえば害虫駆除ってヤツかね? そんな戦いで命を落としても名が残る事はない、いや誰にも知らされる事がないんだから最悪野垂れ死にと同程度の扱いになるかもしれない。ヒドイ話だよ、と、とととっと」

 

 指先から落ちそうになったシルクハットを足の爪先で拾い上げ、軽く蹴り上げる。

 ふわりと舞い上がったシルクハットはそこにあるのが当然の様に、メフィストフェレスの頭に覆い被さっていた。

 

「勝って当然、負ければ犬死、聖闘士の恥晒しってか? その戦いに自ら名乗り出たのは、破損した聖衣の修復の為に一時的に聖戦から離れていた弟クンだった。ハハッ、まるでどこかの誰かさんのようじゃないか?

 だが、その弟クンの申し出を止めた者がいた。女神アテナとお兄ちゃんさ。止めただけじゃあない。弟クンを拘束さえもした。その時にはギガスの神の復活が目前まで迫っている事が分っていた。一刻の猶予も無かった。なのに、だ」

 

 メフィストフェレスがパチンと指を鳴らした。

 

「なぜだか――分るかい?」

 

 すると、彼の周りに何体もの西洋人形が現れた。それらは、まるで生きた人間であるかの様にお互いの手と手を取り合うと、拙いダンスを披露し始めた。

 バラバラに踊る人形たち。その性別も種類も様々であったが、共通している点が一つだけあった。

 どの人形にも――顔が無い。

 

「くるくるくるくる。廻り回るロンドの様に。歴史は繰り返す、人の営みが、流れとなってくるくると。そう、終わりのない輪舞さ。これがまた意外とね? いくら見ていても飽きないんだよなァ。むしろ好きだね」

 

 メフィストのフェレスの鳴らす口笛のリズムに乗って、人形たちは回る。まわる。周る回る廻る。

 拙いダンスが規則正しく、スポットの光の中でくるくるくるくる。

 

「そう、歴史は繰り返している。役者は違えど、舞台で繰り広げられている演目は同じ。ギガスの神の復活を阻むべく突き進む弟クン、エクレウスこそが――」

 

 安楽椅子を蹴り飛ばし、メフィストフェレスが暗闇へと飛び込んだ。

 スポットライトが消え、安楽椅子が消え、そして人形達たちの姿も消える。

 

「――お前さんだよ、今生のエクレウスの海斗クン」

 

 ずいっと、メフィストフェレスが顔を近付け覗き込んだ暗闇の中に、ぼうと浮かび上がる光があった。

 その光は弱々しく、息を吹きかけるだけで消えてしまいそうに淡く儚い。

 その光源は、膝をつき力無く項垂れた人影――海斗であった。

 その身体は身じろぎ一つせず、純白であった聖衣は、無数の亀裂と海斗の血によってその輝きを失っていた。

 

「セラフィナ――あのお嬢ちゃんがなぜ攫われたのか? それはな、現代においてギガスの神復活の為の贄として、聖母として選ばれたのがあのお嬢ちゃんだったのさ。

 言ったよなァ、歴史は繰り返すと。ならば、今まさに危機にあるであろうあのお嬢ちゃんだが、千年前はその役は誰が演じていたのかな?

 ここまで言えば分るだろう? お約束だもんなァ。だからこそ、千年前のアテナとペガサスは止めたのさ。最悪の事態を想定した上で、ね。

 そう、ギガスの神の聖母として選ばれたのは故郷に残していた最愛の妹だったのさ。拘束を破り、制止する聖闘士すら打ち倒し、エクレウスはギガス達の下へと向かい――そこで業を背負った」

 

 メフィストフェレスが海斗に、その耳元に顔を近付けて呟いた。

 

「間に合わなかった。伸ばした手は届かなかった。結果として、エクレウスは、その手で、妹を、その身に宿した、ギガスの神ごと――」

 

 しっかりと聞こえるように、一語一語を理解できる様に。

 

「――殺したのさ」

 

 そう言うと、メフィストフェレスは立ち上がり、頭上のシルクハットに手を伸ばす。

 

「その後、エクレウスは聖域から姿を消したそうだ。さて、その辺を踏まえた上で! 満身創痍で聖衣もボロボロ、そんなお前さんにビッグなプレゼントをあげようじゃないかァ!」

 

 ステージを終えたマジシャンが観客へ向けて行う様に、シルクハットを手に取ったメフィストフェレスは海斗へと深々と頭を下げる。

 

「じゃじゃじゃ~~ん! こちらに取り出しました商品は冥王軍自慢の一品!」

 

 一転して勢いよく頭を上げるメフィストフェレス。

 海斗に向けて差し出されたその手の上にあったのは先程手にしたシルクハットではなかった。

 

 そこにあったのは大の大人程はあろうかという巨大な彫像。冥界の宝石、見る者にそう思わせるかの様に、それは深い夜の闇を落とし込んだ黒で出来ていた。黒く輝く彫像であった。

 人に似た姿をしながら、角を生やした鳥の頭を持ち、背には巨大な羽を持った、人と鳥を掛け合わせた様な、言うなれば鳥人の姿をしていた。

 

 女神アテナの聖闘士に聖衣が、海皇ポセイドンの海闘士に鱗衣があるように。

 

「何と“冥衣(サープリス)”にございます!!」

 

 冥界の王、冥王ハーデスに従う冥闘士(スペクター)がその身に纏う戦いの衣。それが冥衣。

 

「ただ一言、来い、とお求めになるだけで、この最高位の冥衣がアナタの物に!! な~に、御心配は無用です。この冥衣は聖闘士でも問題なく身に纏っていただけますよぉ。実績がありますからねェ!」

 

 海斗の肩に手を回したメフィストフェレスは、さも旧年来の友人にそうするかの様に気安く、気さくに語り続ける。

 

「さあ、ここに力があるぞ? 手を伸ばす、それだけでいいんだ。なぁ、助けるんだろう? あのお嬢ちゃんを。助けたいんだろう? このままじゃあ間に合わないぞ?

 認めたらどうだい? 受け入れればどうだい? 分っただろう? 今のままのお前さんじゃあ無理なんだ。でも、コイツがあれば助けられる! 勝てる!! 何者にも負けやしないさァ!!」

 

 ピクリと、これまでメフィストフェレスが何を語っても反応を見せなかった海斗の身体が、指が動いた。

 

「我々は君の選択を歓迎しよう。そして、ようこそ冥王軍へエクレウス。いや――」

 

 それを見て、とても、とても楽しそうに、愉しそうに、メフィストフェレスは笑みを浮かべ――嗤った。

 

 

 

「新たなる天雄星――ガルーダよ」


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。