美琴先生最強伝   作:神榛 紡

1 / 3
プロローグ

 「……ん~。ウマウマ。いやはや、学校サボって食べるクレープはおいしいね、うん」

 

 ま、サボり、つっても必要性に駆られたサボりなんだけどね。

 心の中で付け足すように呟いて、茶髪の少女は有名な常盤台中学の制服のまま、ひょいと路地裏に入っていく。

 その無警戒に見える少女に対し、サボり常習犯の不良どもがケーキに群がる蟻の如く湧いてくるのだが、ポンポンと躊躇無く飛ぶ『電撃』を受けて撃墜、それを見た後続がどんどん撤退していく。

 

 「ん~。一応こんなんでもレベル五なんだよね~。まあ、あれだ。常盤台なめんな、的な?」

 

 周囲に軽くコンガリした輩しかいないにも関わらずポーズを決める痛い子だが、これでも常盤台が誇る学園都市第三位の『極雷球(プラズマ・エンド)』の御坂 美琴お嬢様(笑)である。

 二つ名が違う? 実はなどと言う必要も無く、この御坂 美琴は転生者なのでこれが正常かつ通常運転だ。『誰が超電磁砲(レールガン)なんか使うか』という意味不明なこだわりを発揮した結果、こんな痛い中二病ネームを付けられるとは誰が思おうか。いや、レベル五になれば付けられるのは自明の理だが。

 まあ、そんな転生少女が向かっている場所はというと、反対側の通りにあるファミレスだった。なぜ路地裏を通る必要があったのか非常に悩むような話だ。無意味に焼かれた不良達に合掌。

 

 「はい、到着。悪人気取りの一寸の闇すら知らない馬鹿の巣へようこそ~。いや、私が歓迎される側なんだけどね。そこんとこどう思うよ、自称選ばれた人間さん方?」

 「………ナメてます?」

 「舐めてない舐めてない。だって舐めたらばっちぃでしょ。お腹壊しちゃうわよ」

 

 ピキピキ、という言葉が聞こえてきそうな具合で、その場に集まっていた無駄に化粧が濃かったり髪染めに失敗してる、お馬鹿丸出しな中学生から高校生くらいの少年少女が青筋を浮かべる。

 おそらくはリーダーらしい少年が、眉間をトントンと叩いて冷静さを装いながらも話を続けようと無駄な努力をする。諦めれば楽なのに。

 

 「それで、常盤台の極雷球ともあろう方が、私達のような接点も何もない人間に一体何の御用で?」

 「意訳すると『てめぇには関係ねえだろとっとと帰れよ、お嬢様?』的な感じだよね。言葉遣いをいくら変えても自己満足に他人襲ってるゴミには変わりないのにねぇ。ま、用事は簡単よ? これ以上おいたしてるととってもこわーい人達が出てきちゃうから、弱いものいじめしてないで帰りなさいってお話です。首と体が泣き別れしてからじゃ遅いしねぇ。ま、その前に私が動いてる訳だけど。連中が動くまで放置してたら被害がめんどくさい事になりそうだし」

 

 知ってるのに動かないっていうのも良心の呵責がひどい訳でさ~、などと嘯いているが、これでも原作をいい方向に持って行こうと決めた以上、他の色々な闇もできるだけなんとかしようと決めた極度のお人好しなだけであり、ちょくちょく抜け出してこういった暗部の動かない場所でゴミ掃除をしている。

 結果寮監によるOHANASIを受けるのだが、全く懲りない辺り学習能力皆無だ。

 まあ、今日も学園都市から暗部には程遠いゴミが一掃されたというただそれだけの話である。

 オリ主少女は今日も(無駄に)元気だ。


▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。