SAO SSS   作:のんのんしののん

2 / 2
ストックをヤル気がある内に書いています。
私は前回も言いましたが中学生なので大学生活が全然違う事になっていても気にせずお読みください。


大学生活の始まり2

少し早めの時間に来たのでそこまで人は多く無かったので、私達はすぐにクラス発表の掲示板にたどり着く事が出来た。私達は祈りながらそれを見た。A~Fまでのクラス、Aから探して行くと、B組の1番に朝田詩乃の名前があった。祈る気持ちで蓮の名前を探すと30番に三沢蓮の名前があった。蓮はFから探していたので、蓮の名前を呼んで教える。「私達、同じクラスだよ!」蓮は「本当に?!」と言って自分でも確認する。確認した蓮は喜んで

「良かった!詩野と同じだ!」

と私にまた報告しました。「うん、良かった。」私もそう言って、「ここにいたら邪魔になるから教室に行こう。」

「え〜他のクラスメートも気になる」という蓮を「教室にも多分名簿あるからそれ見なさい」と言って私達は教室に向かいました。

B組の教室だということを確認して蓮と一緒に教室に入りました。教室の黒板にはやはり名簿がありそれを確認すると、私達のクラスは合計33人で1人外国人がいるみたいでした。名前はリリィ・シャルティアさんだった。蓮の前の番号で席も前だったので、蓮が「気になるな〜どんな感じの人だろう?」と言っていました。しばらく見ていると人がどんどん来たので少し分かれて自分の席に座っていました。すると、しばらくしてから先生が来て1通り説明をしてから私達は講堂に向かった。校長先生と生徒会長の話を聞いてから私達は講堂を後にして教室に戻った。

教室に戻ったら先生の指示で自己紹介をする事になった。私は出席番号1なので、私からする事になった。と言っても時間が無いそうなので名前と趣味を言うだけなのだが、私は立って

「朝田詩乃です。趣味は読書とバスケットボールで、VRMMORPGもやっています」

と無難に収めた。自己紹介は淡々と進んで行きリリィさんの番になった。リリィさんはあまり外国人ぽい見た目ではなく髪が少しウェーブがかかっているのが特徴の可愛い子でした。日本語も流暢で、趣味はゲームとライトノベルを読む事らしい。蓮の番になったが、

「三沢蓮です!趣味はバスケットボールで、とゲームです」

と普通にこなしていた。みんなの自己紹介も終わり、今日は、プリントが配られて終わりになった。ガイダンスも明日だったようだ。明日は席替えをやるそうだ。解散と言われてから近くの人と少し喋ってから蓮の所に向かう。蓮はリリィさんと話をしていた。私もリリィさんに挨拶をした。リリィさんも一緒の方面だったので一緒に帰る事になった。




教室とか講堂とかあっただろう話は他の話で書きたいと思います。その他にも何かリクエスト在れば受け付けます!

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。