沈黙は金では無い。    作:ありっさ

12 / 33
今の話
12.自己紹介は大切です。


 

 ありふれた中小都市の一つ、ザバン市。

 

 大通りに立ち並ぶ飲食店通り。その中の一つ、何の変哲も無い小料理屋。

 そこへ今、二人の男が煤けた暖簾を掻き分けて入店していく。 二人の入店と同時に、騒がしかった店内は一瞬にして静寂に包まれた。

 一体何事かと眼を向けた店員達も、入り口に立つ二人を見て事情を察する事になる。

 

 接客業として有ってはならない事なのだが、全員がもれなく固まるか、或いは厨房へ逃げてしまい誰一人として注文を取りに行こうとしない。

 誰もが口を噤み、箸を置いて顔を伏せ、ただ嵐が過ぎ去るのを待っている。

 

 おおよそ食事をする場所とは思えない程に重苦しい空気が店内を満たす中、このままでは埒が開かないと意を決した一人の店員が応対に向かった。

 

「い、いらっしゃいませ、お二人様ですか? 先に御注文をお伺いしますぅ…」

 

 カタカタカタカタ・・・・。

 

 入店して来た男の内の一人、全身を隈なく大小様々な針で突き刺した男は喋らない。開き切った瞳孔でただ店員を見つめている。

 

「ヒィッ!? あ、あのう、注文を……」

 

「ああ、ごめんね♡ 彼はこう見えてシャイな人間なんだ。 …ステーキ定食、弱火でじっくりね♤ 彼にも同じやつを宜しく」

 

 針男の代わりに返答したのは同時に入って来たもう一人の男。男は道化師風の化粧と装いをしている。

 しかし、店内に居合わせた客達は彼らを大道芸人の類だとはとても思えなかった。二人の身体から漂う濃厚な血の臭いが、彼らがそんな愉快で生易しい存在では無い事を暗に誇示していたからだ。

 

「す、ステーキ定食ですね、畏まりましたー! お客さん、奥の個室へどうぞ!」

 

 他の客に配慮したのか、店員が厨房奥に有る個室へ二人を案内する。

 姿が完全に見えなくなったのを確認して、店内に居た客とスタッフは一斉に安堵の溜息を吐いた。

 

「何だよあいつ等、絶対カタギじゃねーよ…」

「あんなの、シャイな奴がする格好じゃねーぞ!?」

「店員さんマジGJ!!」 

 

 二人が発していた異様なプレッシャーから解放され、俄かにざわつき始める店内。

 そこへまた一人、男が訪れた。左腰に刀を下げた、恐ろしく整った顔立ちをしている銀髪の男だった。

 まとも(少なくとも外見的には)に見える客に安心したか、厨房から威勢の良い掛け声が飛ぶ。

 

「いらっしゃーい! お客さん、ご注文は?」

 

「ステーキ定食、弱火でじっくりで」

 

「あいよー! お客さん、奥の個室へどうぞー!  ……ん?」

 

 

 

 

 

 小料理店の地下、数百メートル。 そこに数十名の人間が屯していた。 

 彼らは皆、超難関と謳われるハンター試験に挑む猛者達であり、自信に満ちた顔つきで試験開始の時を思い思いに待っている。

 

「…おや、案外人が少ないね♤ 少し早く着きすぎたかな?」

 

 周囲を見渡した後、横の二人に問い掛けたのは鮮血の奇術師、ヒソカ。

 彼の姿を見た参加者達は視線を逸らし、一斉に距離を取った。昨年のハンター試験を受験した者は彼の恐ろしさを覚えていたのだ。

 そうでは無い者も、三人と自分達の間を隔てている千尋の谷よりも尚深い実力差を自ずと悟るか、或いはその風貌を危険視して遠巻きに見ているだけだった。

 

 ヒソカの隣、全身に針を突き刺した不気味な男は何も言わずただ黙している。

 

「…恐らくそうだろう。 現に他の参加者が付けているプレート番号はかなり若い物だ」

 

 答えたのは二人と共にエレベーターから現れた銀髪の男。

 彼は二言三言ヒソカと会話した後、係員からプレートを受け取るとその場を離れた。そして近くの岩場に座り、徐にタスキ掛けにしていた鞄から本を取り出して我関せずとばかりに読み始める。

 

 

 地下会場は重苦しい沈黙で満ちていた。

 誰もが目を伏せ、早く試験が始まる様に祈っている。その中で時折漏れ聞こえて来るのは、やはり先程の異様な組み合わせの三人組についてだった。

 そんな中で一人、意を決した様に小太りの男が銀髪の男に近づいて行く。

 男の名はトンパ。 彼は受験生が脱落する瞬間の表情を見たいが為に、死を伴う可能性が有るハンター試験に十数回以上参加しているという筋金入りの変人だった。

 

 ヒソカと針男と銀髪の優男。

 この三人の中で誰かを選ばなければならないとするなら、やはり銀髪の男だろう。 そう考えたトンパはお手製の下剤入りジュースを手に男の前に立った。

 

「よう兄ちゃん、災難だったな」

 

 その声を聞いて、男は読んでいた本からゆっくりと顔を上げる。そしてトンパを真正面から見た。

 

(な、何だよこいつのこの眼。 まるで俺の事をそこらの犬畜生か何かみたいに…!)

 

 今、この優男の中で自分の価値が値踏みされている。 ぞわり、と全身の産毛が逆立つ様な怖気に襲われながらトンパはそう直感した。

 同じ人間を見る眼では無い、この優男は自分の事を精々が使い捨ての道具程度にしか考えていないのだ。 そう思わせるのに十分な冷酷な瞳をしていた。 

 それでも動揺を顔に出さずに話しかける事が出来たのは、それなりに場数と修羅場を潜って来た経験と自負からか。

 

「ああ、言い忘れてた。 俺はトンパって名だ。 まあ一応ベテランだからな、分からない事が有ったら何でも聞いてくれや。 アンタは?」

 

「…クリードだ。 親切にどうも有難う。 だが僕には必要ない、他を当たってくれ」

 

 それだけ言うと男はトンパから興味を無くしたのか、再び本へ眼を落とした。

 

(この新人、人が親切に教えてやろうってのにスカしやがって~~! …ちぃっ、このままじゃあ、新人をからかいに行ってビビらされて帰って来ただけで終わっちまう!)

 

「~~っと、いけねえ、忘れてたぜ。 これ、やるよ。 お近づきの印に受け取ってくれや」

 

 精一杯の笑みを浮かべ、ダメ元でお手製の缶ジュースを差し出す。

 次の瞬間だった。 首筋に熱さを感じ、次いで手にしていた缶が中程からすっぱりと二つに断ち切られて地面に転がり落ちたのは。

 反射的に首筋に触れ、手を開く。 掌はべったりと血で染まっていた。

 

「…危なかったな。 トンパさん、だったかな? 折角拾った命だ、大事にすると良い」

 

「ひ、ひいぃぃぃぃい!!」

 

 痛みと恐怖にショートしかけた脳みそを何とか奮い立たせ、トンパは這いずる様に逃げ出した。

 

(何をされたか分からねえが、このままあの優男の前に居たら確実に殺される!!)

 

 

「…失敗したか」

 

 

 

 

 数時間後、地下に居る人の数はさらに増えていた。

 優に数百名を超えた辺りだろうか。 また扉が開き、エレベーターから受験者が姿を見せる。それを見て静まり返っていた試験会場が俄かにざわつき始めた。

 扉から現れた四人組がこの難関を受験しようとしているとは到底思えず、余りにも場違いに見えたからだ。

 

 四人の内の一人、制服を着た少女がいきなり大声を上げた。

 

「あっ、見つけましたよ~~! 師匠、じゃなくてクリードさん!!」

 

「おやサキ君。 何とか試験開始に間に合ったようだね」

 

 とてとてと駆け寄って、ぎゅっと首にしがみついた少女をやんわりと引き剥がしつつ、銀髪の男もといクリードは後ろでぽかんと口を開けている三人組に目を向けた。

 サングラスを掛けた軽薄そうな男、そしてやや線の細い金髪の青年。 その隣に黒髪を逆立てた活発そうな少年。

 

「それで、後ろの人達はお友達かい?」

 

「はい、此処に来るまでに仲良くなりました!」

 

「話に割り込んですまないが、彼を私達にも紹介して貰えるか? 師匠という言葉は聞こえたが、此処に居るという事は参加者の一人なのだろう? 今は少しでも情報が欲しい」

 

 金髪の青年がそう言うと隣の軽薄そうな男が小さくガッツポーズをし、それを見た黒髪の少年が不思議そうな顔をしていた。

 

「はーい。 この人はクリードさんでーす。 私の命の恩人で、超イケメンで~。 ~~~、~~~、~~~~~。 ……あっ、後は師匠で、お仕事の上司です。 …ねっ?」

 

「まあ命の恩人と言えば些か語弊が有るが、大方はそれで間違いないかな」

 

 その後20分以上に渡り、終わりの見えない長話と自慢話を聞かされ続け、その間に絶え間なくクリードからぶつけられ続けた視線と強烈な圧迫感。三人は疲れ果てた表情を隠せずにいた。

 疲労困憊の三人を気にする素振りも見せず、クリードは溜息と共に読んでいた本を鞄に戻して立ち上がる。

 

「クリードさん? どうかしましたか?」

 

「そろそろ試験が始まりそうだ。 お友達の紹介は始まってからにしよう」

 

 

 

 

 走る。 光の届かない地下を何十、何百人もの人間が同じ方向を向いて走っていた。

 行先も時間も、何一つ知らされないまま彼らは走る。只管に試験官の後を付いて行く。それが一次試験だと聞かされて。

 

 集団の先頭、試験官のすぐ後ろを銀髪の男と黒髪の少年が談笑しながら走っていた。 ここまでで既に80キロを優に走破しており、ちらほらと脱落者も出ているのだが、二人の表情にはどこか余裕すら見える。

 

「成程、ゴン君は父と同じハンターを目指すのか。 良い目標だ。 此処まで着いて来ているのを見る限り、きちんとトレーニングもしている様だしね」

 

「本当? ありがとうクリードさん!」

 

「…ちなみにだが、君のお父さんの名前を聞いても構わないかな?」

 

「うん、『ジン・フリークス』って言うんだ!」

 

「ジン…?」

 

「クリードさん、ジンの事を知ってるの?」

 

「ああ、思い出した。 …確か三年程前かな、キミのお父さんと闘って負けてね。 全く、ぐうの音も出ない程の完敗だった。 危うく刑務所に叩き込まれる所だったよ」

 

 その時の事を思い出したのか、額に手を当てくつくつと笑うクリードをゴンは不思議そうに見つめていた。

 

「おや、どうかしたかな?」

 

「うーん…。 何か上手く言えないんだけどさ、クリードさんって不思議な人だなあって思って」

 

「…へえ、具体的には?」

 

「えっと、クリードさんって野生の動物みたいな凄く濃い血の匂いがするのにとっても優しい眼をしてるよね? だから不思議なんだ」

 

 ほんの一瞬だけクリードの顔が驚愕に染まり、すぐに元の冷酷な微笑を浮かべた表情に戻る。

 

「…君のお父さんはとても強かった。 恐らく彼に敵う相手は世界中を探しても両手の指に満たないだろうね」

 

 頑張ってお父さんに追い付くが良いさ。

 

 そう言ってクリードはわしゃわしゃとゴンの頭を撫でまわした。それは彼の素性を知る者からすれば、驚愕する事必至の光景だった。 

 

「あっ、俺と同じ位の子だ!」

 

 その直後、後ろからスケートボードに乗った銀髪の少年が二人を追い抜かして行く。

先頭へ躍り出た少年を見てゴンが明るい声を上げた。

 大半が筋骨隆々の参加者達の中に子供が一人という状況で、やはりどこかで疎外感や孤独感を感じていたのだろう。

 

「あれ? ここが先頭かよ。 とろとろ走ってるからって前に出過ぎたかな~。 …っと、そんな事よりさ、仲良いねお二人さん。 俺、キルアってーの。 一応、宜しくな」

 

「オレはゴン! 宜しくねキルア!」

 

 子供特有の無邪気さゆえか、二人は直ぐに打ち解けて好きな物談義に華を咲かせている。 その隣を並走しながら、クリードはサキの現在地点を携帯電話のGPSで確認していた。

 

(僕の後方、大体2キロ程か。 少し急ぐように忠告しておくかな)

 

「はー、まさか俺以外に子供の受験者が居るとは思わなかったなー。 …んで? そこの優男さんは何て名前?」

 

 メールを打ち終わった携帯を懐に仕舞い、クリードが答える。

 

「……クリード・ディスケンスだ」

 

 その名前を聞くや否やキルアから無邪気な子供の顔が消え、即座に警戒態勢に入る。そしてゴンを引きずる様にしてクリードから遠ざかって行った。

 

「えっ? いきなりどうしたのさキルア?」

 

 当然、訳が分からずに戸惑うゴン。 厳しい顔のまま、キルアは告げた。

 

「スタート地点からずっと引っかかってたんだ、アイツの顔が。 …思い出したぜ、ゴン。 クリードはな、二年前に俺の兄貴の腕を吹き飛ばした奴だよ」


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。