沈黙は金では無い。    作:ありっさ

3 / 33
何かUAとかお気に入りとかえらい事になっててびっくらこきました。
貴重な時間を消費して読んでくださる皆さんに感謝しきりです。



3.回想タイムに入る時は誰も居ない所でやろう

 

 どうしてこうなってしまったのだろう。

 

 モーターボートの縁に腰掛け、真っ暗な海面を眺めながら僕は呟いた。

 

 

 何時からだろうか、自分と、自分が生まれたこの世界に違和感を持つようになったのは。立って、歩いて、喋っているのは間違いなくこの僕、自分自身なのだけれど。

 風呂から出たとき、朝目覚めて洗面所へ行き顔を洗う時、鏡に映る姿にどうしても違和感を覚える。自分が自分では無い気がするのだ。もしくは何気なくTVを付けた時。ニュースで流れるありふれた単語や人物名に既視感を覚えたり。 

 

 だが幾ら頭を捻ろうと答えは得られなかった。もどかしさを常に抱えたまま過ごした幼少期。

 

 奇妙な違和感を拭えないまま、それを解決する方法も見つからず。時間は穏やかに確実に流れていく。 

 

 

 切っ掛けは十歳の誕生日だった。その日、僕は誕生日にも関わらず両親が仕事の都合でどちらも不在という不運に見舞われており、大いにふてくされていた。

 暇を持て余した末に思い立ったのが、家の裏手にある蔵(老朽化が進んでいて危ないから入るなと父に固く言いつけられていた)を捜索して、秘蔵のお宝でも手に入れ、自分の誕生日プレゼントにでもしよう!! と言う何とも子供らしい考えだった。

 

 蔵の鍵は以前に父の部屋で見かけた事が有った為、侵入するのは容易だった。

蝶番の軋む音をバックミュージックに重々しい扉を開け、中を覗き込む。 

 薄暗い蔵の中はひんやりとした空気が占めており、子供ながらに好奇心と冒険心を掻き立てられた。目ぼしい物を探して奥へ進むと、壁に立て掛けられた一本の刀が目に留まった。

 近づいて手に取ってみる。鉄の塊の筈の刀は思ったより遥かに軽く、子供の力でも軽々と持ち上げることが出来た。 

 

 この時、そのまま刀を戻していれば、良かったのだろうか。僕は何もかもに気付かないまま一生を終えていたのだろうか。 

 

 ―――今となっては、分からない。

 

 鞘を左手に持ち、一気に刀身を抜き放つ。気分はさながらエクスカリバーを抜いたアーサー王だ。 

 

 引き抜いたその刀には、刀身が無かった。鞘と鍔だけの刀。重さを感じなかったのはそういう事か。

 詰まる所これは【ハズレ】。そう思い刀を鞘へしまおうとして、僕は前触れなく頭痛に襲われた。

 

 頭の中に錐を突き込まれて手加減無しでぐりぐりされたならこんな感じだろう。立っていることが出来ず膝から崩れ落ちる。声も出せない程の激痛。

 耐え切れず埃と自分の出した嘔吐物に塗れながら床をのた打ち回る。

 ひたすらに発信され続ける痛みと死の信号に支配される脳内で、一際大きくカツンと響いた音が有った。痛みの灼熱地獄から逃れようと床を掻きむしっていた指が、先程落とした刃無しの刀に触れた音だと気付くのに暫し時間を要して。

 

 溺れる者は藁をも縋るという諺がある。この場合はガラクタの刀か。とにもかくにも、藁にもすがる気持ちで僕はそれを握り込んだ。

 

 ――その瞬間だった。不意に頭に浮かんだ幾つかの単語。 

 

 そうだ。この刀を、この刀の持ち主を僕は知っている。...いや、知っていた。僕が生まれてから今に至るまで、常に感じていた全ての違和感の正体がスルスルと紐を解くように解けて行った。

 

 ――頭痛は、何時の間にか失せていた。

 

 刀を鞘へ戻し、鍵を元通りに閉めた後、自分の部屋に戻り思考の海に沈む。

 

 ――この世界は。

 

 “かの矢吹大先生のデビュー作、【ブラックキャット】の世界に違いない!!” 

 

 たまにTVで流れるブラックリストハンターとかハンター協会とか言うフレーズに何処かで聞き覚えがあると思ったらそう云う事だったのか。掃除屋とか何所となくダサいイメージだもんね。配管工のおじさんと大差ないし。そういう風に呼ぶようにしているに違いない。

 

 違和感の正体は分かったが、今度は別の意味で混乱していた。一体全体何がどうなっているというのだ。 生まれ変わり? 転生? 神様何て物は生まれてこの方見た事は無い。そもそも前世が何だったか何て覚えちゃいない。 

 

 思い出したのはブラックキャットと云う漫画の存在と自分の外見がその中の敵キャラ、クリードさんに酷似している事だけだ。

 というか何でブラックキャットのキャラぽい外見と名前で生まれてんの!? おかしくね? でも武器っぽい物ははこうして此処にちゃんと有るっていう。

 

 クリードって事は他のキャラも存在しているのだろうか? ・・・これに関しては今は確かめる方法が無いので保留だな。そもそもの話、原作をうろ覚えなのが痛い。 原作知識を利用して無双する、何て事は諦めた方が良さそうだ。

 

 

 ――時間の経過に期待したが、結局の所主要キャラを幾つかと単語を幾つか。思い出せたのはそれ位。 

 

 

 世界の正体を知ってから早くも十年が過ぎ、僕は二十歳になっていた。そして現在、暗い海面を眺めて溜息を吐いている。

 

 二十歳になるまでに色々と有った。それはもう色々と。言葉では語り尽くせない程大変な十年だった。

 いきなり現れたブロンド美女に襲われたあげく僕の身体で仏像を彫られそうになったり、氣の扱い方(一般的には念というらしい)を覚えたり、金稼ぎ兼修行とか言われてバカ高い建物の闘技場に放り出されたり、変態ピエロ(そんな奴は原作に居なかった筈だから多分モブキャラだろう。それにしてはキャラがやけに濃かった)にやらないか?(意味深)と追いかけ回されたり。

 

 幸いだったのは、僕自身は原作のクリードの様な変態にならなかった事だ。正直原作のままだとあの変態ピエロと大差ない変態ぶりだからな。

自分を見失わない様、常にクール&クレバーである事を意識していたのが功を奏したようだ。

 

 不幸だったのは、何時の間にやら僕を首領にしてブラックキャットの原作の様な変態能力者軍団が完成してしまった事だ。軍団の名前まで原作と一緒の【星の使徒】である。

 何か師匠兼金髪のお姉さんが勝手に決めてた。この十年で学んだ最も大切な事、師匠に逆らってはいけない(確信)

 

 まあ、原作キャラそのままは居ないけれども、同じ様な能力者ってのは結構探せば居る者である。探して無いけど。 相撲野郎はいないけれど体温操作+オーラの変化を発展させて火を噴ける女の子はいるし、蟲操作の覆面イケメソも在籍しておりますよ。 

 これに関しては僕は悪くないと思いたい。何時の間にか頭に持ち上げられて、逆らうと怖いしかといって代案を立てるのも面倒なのでイエスマンに徹していたら、何時の間にかこんな事になっていた。 

 

 師匠がやれって言ったんだ、俺は悪くねえ、俺は悪くねえ!! 何て事を面と向かって言える訳も無く。

 

 そして若干二十歳にして世界から頂いた評価が、Aクラスの極悪非道、残虐無比な犯罪集団という、あの極悪盗賊集団:幻影旅団と同じ評価である。 全く嬉しくねえよ!! 

 もうこればっかりはどうしようも無い。地元の両親に下げる顔が無い無い、有りません。もう二人共とっくの昔にお亡くなりになっているけれども。

 

 以上、回想終わり。

 

 

 そろそろ目的地に着く頃だろう。そう思って意識を海面から戻すと、すぐ横で蝋人形みたいに固まっているサキ君が居た。不審に思って声を掛けたら「わひゃあ!!」みたいな奇声をあげてふらつきながら船内へ走り去って行った。 ...え?酷くない?

 何のこっちゃと呆然としていたら入れ替わる様に操舵を担当していたリン君が現れた。 もうしばらくしたら着くらしい。ついでに余りサキを脅かすなと釘を刺されました。回想していただけなのに脅かすなとはこれ如何に。 顔か?顔なのか?

 

 砂浜に降り立つ。どうやら復活したらしいサキ君と、船首で哨戒してくれていたシキの漫才を聞き流しながら仕事の内容を反芻する。

 今回の仕事は要人の暗殺、それも裏社会を牛耳る奴らの大元。何でも十老頭とか云うらしい。 

 依頼主はその内の一人からだ。要はそろそろ俺が一番になりたいから他の奴ら全員殺して来いや! という話である。今日はこの孤島での重要な会合が予定されており、半強制的に全員集合するので纏めて皆殺しすれば手間が省けるんじゃね? と云う理由で僕達は此処に居る訳だ。

 

 だけど、懸念すべき事柄も幾つか浮上して来ている。リン君が入手した情報ではかの高名な暗殺一家のゾルディックが僕達と時を同じくして動いているとかいないとか。 まさかのブッキング・・・無いとは言い切れないのがこの世界の怖い所だ。甘く見ているとマジで死んじゃう。 

 まあ仕事を達成できないと師匠に【滅界カス当てギリギリチャレンジ!ver.頸動脈】の刑をかまされるからやらない選択肢はないんですけれどね!!

 

 気を取り直して森の奥、島の中央に有る目標としていた建物を見ると、燃えていた。盛大に。

 

 あかん、ゾルさん家とマジで仕事ブッキングしとりますわ。てか暗殺一家なのに暗殺してなくない? どちらかと云うと正門からお邪魔しますって感じだな。

 …兎に角、このままじゃ何もする事無く仕事が終わってしまう。せめて仕事してました的な言い訳が出来る物が欲しい。

 若干焦りつつ、呑気に漫才を続ける二人を諌める事にする。 

 

くりーど は こごと をとなえた! あたりのくうきがこおった!! 

 

サキは おびえている! シキは ふるえている!

 

えっ? そんなに固まらなくても・・・。 やはり顔か、顔なのか!?

 

 兎にも角にも現状の把握をしなくては。そう考えてボートに待機してもらっていたリン君をシキに呼んで来てもらう。その間に手紙をさらさらと一筆啓上。

 

 仕事が終わった所悪いですが、もう一つ仕事を頼みたい…っと。

 

 こうすれば例えこの後鉢合わせしたとしてもこっちが依頼者になり、あっちとしては手を出せないという訳だ。我ながら中々冴えている案ではないだろうか?

横から覗いていたサキ君がほへーとかなるほどーとか言ってるけど本当に分かっているのかね? 

 その内にリン君が来たので見張りをシキと交代してもらい、メッセンジャーとして絶賛キャンプファイヤーの最中へ突撃させる。そんな事をいきなり命じられて嫌な顔一つしないリン君は本当にいい奴です。強いし頭も回る、おまけにイケメン。

 

 大丈夫、ゾルさん家は(一人を除いて)目標以外は殺さないから。何でもかんでも殺すのは盗賊だよ。 火は付いてるけれど。もし万が一彼等に出くわしたらこの手紙を渡して置いてくれないか。 宜しくね。

 

 僕のエールを神妙な顔をして聞いていたリン君は一つ頷くと、忍者の如く森に消えて行きました。彼を見送った後、僕達もゆっくりと火祭りの現場へ向かう。森を抜けて、無駄に金を掛けた無意味に広大な娯楽場を横目に歩く。本当に無駄に色々と有るな。

 サキ君とぐだぐだと話している内に到着。あー駄目だコレ、中に入るとかそんなレベルじゃ無いわ。近代的な高層ビルの様だった立派な建物は、今や世界一豪華な火祭り会場のメイン火柱と化しておりました。 消防車はまだですか!? …あっ、来る訳ないか。

 

 想像以上の燃えっぷりにリン君を突っ込ませた事を内心で後悔していると、二階のテラスからスタイリッシュに降りて来られました。やだ、超COOL。一瞬ゾルさん家の誰かかと思ってビビったのは内緒である。 

 

 以下エージェント:リン氏による報告の要点。 

 

 ターゲットは皆さん纏めてSATUGAIされてました。 ミンチですよ!! ミンチ!!

下手人はゾル家では無くて幻影旅団御一行、地下の書斎に団長まで居ました。何かえらいリラックスして読書タイムしておりました。 

 旅団の団長がなんや、どんなもんじゃい!と地上で見かけた旅団員に化けて接触したら速攻でばれて戦闘になりました。ナイフぶんぶん振り回して来ましたー(小並感)。 ―――以上。

 

 以上!じゃありませんよこのお馬鹿さん。取りあえず一発頭を叩いておきました。何で叩くんですか~?とか某CMのチワワばりにうるうるしていたので、無駄に格好つけて「君が居なくなると損失が大きすぎる。 後...僕が寂しい」とか適当にイケボで誤魔化しておいた。実際問題、彼が居ないと困る。仕事が回らない。

 

 まあ要は何かと云うと、此処でする事が無くなった訳である。となれば早い所撤収したい訳である。別に旅団とかと遭遇しちゃったらどうしよう、早い所此処から離れないと、とか考えている訳では無いのである。

 そんなこんなで砂浜まで若干早足で歩いていると、後ろを付いて来ていたリン君がさらりとTNT爆弾をぶん投げて来た。

 

 手紙、渡しちゃったの? 旅団の団長に!? ゾルさん家じゃなくて!? WHY!?

 

 やばいやばいやばい、調子に乗って携帯番号書いてしもうたがな。ていうかリン、お主何しとんねん、さすが団長ですね! じゃないよ。

 内心で絶賛あばばば状態の僕を乗せてボートは再び海へ。さっきから内ポケットの携帯がプルプルしてる気がするけれど、きっと気のせいだ。 

 

 

 

 島に置いて来た幾つかの盗聴器が、ゾルディックと思われる人間と先程自分も相対した強者――クロロ・ルシルフルの戦闘を知らせていた。

ボートを操縦しながらリンは考える。自分の主、クリード・ディスケンスについて。彼は一体何処まで先を見据えて動いているのだろう。

 今回の件でもそうだ。結果を見れば、ゾルディックと幻影旅団。裏社会で最上位に位置する彼等を手紙一枚と自分を巧みに操る事で直接接触する事もせずに潰し合わせている。

 味方に居るからこそこれほどまでに頼もしいが、彼がもし敵だったら、さぞかし恐ろしく映るに違いない。見えない糸に縛られ動かされている様に、知らない間に悪路へと誘導されている。 彼はまるで操り人形の糸を手繰る奇術師の様だ。

 おまけに彼はそれだけで終わらせるような優しい思考をしていない。恐らくだが、この戦いは痛み分けの様な形になる、それさえも最初から予想しているのだろう。

 

 だからこそ旅団の頭、クロロに手紙を送った。次へ繋がりを残す為に。 先日アマルの禁忌本を探す様に命じたのも、恐らくはそこへ繋がる。

 フッと意図せず笑いが漏れた。傍若無人、傲岸不遜、あるいは完璧超人。そんな言葉で形容出来る様な上司。

 彼が僕を必要としてくれると云うなら、僕はそれに全力で応えたい。改めてリンはそう強く思った。

 

「君が居なくなると僕が寂しい・・・か」

 

 帰り際のあの言葉、身体が震える程嬉しかった。今までの人生でそんな言葉を投げてくれる人は居なかったから。

 

「全く・・・・そんな事言われたら、離れられなくなるじゃないですか」

 

 ボートは速度を上げて帰路を進む。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。