千葉ラブストーリー   作:エコー
<< 前の話 次の話 >>

24 / 40
今回のお話は、前回のお話を川崎沙希の視点でお送りします。


コイスルオトメ

 あたしは、弱くなってしまったのかもしれない。

 泣くし、落ち込むし、寂しくなるし。

 この夏、比企谷八幡と再会して……つ、付き合い始めてからだ。

 

 八幡はすごく優しい。

 一緒に買い物に行けば荷物を持ってくれるし、道を歩く時は当然の様に車道側を歩いてくれる。ドライブの最中に助手席でうとうとしてしまった時なんか「寝てていいぞ」なんて、ぶっきらぼうだけど優しい声を掛けてくれる。

 それに、キ……キスの時も。

 あと、初めてあいつに抱いてもらおうとした時も。

 不器用だけど、色んな場面でさりげない優しさと誠実さを見せてくれる。

 それが、あたしにとっての比企谷八幡。

 もうちょっとくらい、乱暴に扱ってくれても気にしないのにね。

 

 でも、会えない時。

 ついついあたしは考えてしまう。

 会いたい。声が聞きたい。口唇に触れたい。

 

 駄目だ。

 これは言ってはいけない我儘だ。この我儘はあいつを困らせてしまう。

 だって、あいつは優しいから。

 うっかり電話なんかして、会いたいなんて言ったりしたら……きっとあいつは、どんな手段を使ってでも会いに来てくれる。不意にあたしが会いに行っても、きっと自分の用事を後回しにして迎えてくれる。

 だからあたしは、たった一回の電話ができないまま悩んでいる。

 弱っちいな、あたし。

 しっかりしな、川崎家の長女。

 

 秋の夜長、自室で物思いに耽っていると突然スマートフォンが鳴った。

 名前を確認する。

 ──比企谷、八幡。

 あいつから電話を掛けてくることなんて滅多に無い。大概はメールが先に来る。

 つまり……何かがあったのだ。

 

 五秒、六秒と着信音が鳴り響く。深呼吸をして心を落ち着け、着信ボタンをタッチする。

 

「──もしもし、どうしたの急に。何かあった?」

 

 不安で声が上ずってしまう。胸を押さえつけて動悸を鎮めようとするも、中々うまくいかない。

 

『いや、別に急用は無いんだが……その、声が、な』

 

 やばっ。あたしの声が上ずってるのがバレてる!?

 もっと普通に喋らなきゃ。

 

「ん? 声? あたしの声、なんか変?」

 

 ばか。こんな質問しちゃったら、声がおかしいのを認めたことになっちゃうじゃないの。

 本当に馬鹿だ、あたしって。

 

『そうじゃなくてだな、声……聞きたかった』

 

 ……え?

 どういう、こと?

 

『め、迷惑、だったか?』

 

 もしかして、何の用事でも無くて、ただ声を聞きたくて電話をくれたって、そういうこと?

 

 何それ。

 何だよそれ。嬉しいじゃんか。

 ただの電話がこんなに嬉しいものだったなんて。こんなに安心出来るものだったなんて。

 ──またひとつ、八幡に幸せを貰っちゃった。

 あ、あれ。

 嬉しいのに、すっごく幸せなのに、勝手に涙が溢れてくる。

 そういえば──八幡と再会して以来、あたしはよく泣いてる。もしかしたら京華よりも泣いてるかも。

 京華に知られたら……笑われちゃうね。

 

『お、おい……何か言ってくれ』

 

 電話の向こうに気づかれない様に鼻を啜る。余計な心配はさせちゃいけないからね。

 

「……ありがとう、嬉しい」

 

 ようやく振り絞った言葉が自分の耳に響く。

 あ。駄目。泣く。

 泣いちゃう。

 

『は?』

 

 きょとんとした声が、あたしに温もりを与えてくれる。

 駄目だ。もう骨抜きになってるな、あたし。

 もう止まんないや。

 

「だって、こんな風に電話くれたのって、初めてだから……」

 

 スマートフォンを耳に当てたまま、泣き崩れてしまう。

 

『お、おいっ、どうした』

「なんでもない、なんでもない、うれしいのに……ごめんね」

 

 嬉しいのに泣くなんて、またあいつを困らせちゃう。

 

「はぢまん……会いたい、会いたいよぉ……」

『──今、家か』

「……ゔん」

『一時間くらい待てるか』

「ダメ、待てない」

『待てねぇのかよ。瞬間移動とか出来ねぇぞ俺は』

「うっ、うるしゃいっ!」

『はいよ、悪かった』

「ゔん、ゆるす」

 

 許すって、あたしったら何様のつもりなのさ。

 でも、こんなあたしの言葉を受け止めてくれることが嬉しくて。でも、今隣に居ないのが切なくて。

 この気持ちをどうやって言葉にしよう、なんて考えていると、電話の向こうから低い呟きが聞こえた。

 

『……やべえ』

「ん、どうしたの?」

 

 何かあったの?

 見えないから不安だよ。

 もう……何であたしに超能力が無いんだろう。

 もし超能力があったら、すぐにあいつのとこへ飛んでいって、それで──

 

『俺も……会いたくなった』

「──え」

 

 会いたいって、あたしに……だよね。小町に会いたいとか云うオチじゃないよね。

 

『いや、声を聞ければ明日沙希が来るまで辛抱出来る予定だったんだが、どうやら駄目らしい』

「は、はちまんも、会いたいの?」

『ああ、瞬間移動出来ない自分を呪いたくなるくらいにはな』

 

 思わず噴き出してしまう。

 まさか、あたしと同じことを考えていたなんて。

 胸の奥が熱くなる。

 

「なにそれ、ばっかじゃないの?」

『馬鹿は自覚済みだ。あと、お前が泣き虫なのもな』

 

 軽口を軽口で返されて、それがすごく心地良くて。

 思わず心が漏れてしまう。

 

「泣き虫……きらい?」

『そりゃ人によるな』

 

 ほら出た。屁理屈だよ。

 お得意の屁理屈が始まったよ。

 その屁理屈に胸が弾んでしまうあたしも大概だな。

 

「あたしは?」

『……言わねえ。言ったらすぐに会いに行っちまう』

 

 何それ。文脈を考えたらすぐにわかっちゃうのに。

 素直じゃない八幡には、ちょっと意地悪してやろ。

 

「ふーん、あたしはこんなに好きなのに、言ってくれないんだ」

『そういうのは、あれだ。気軽にホイホイ言う言葉じゃないんだよ』

 

 わかる。わかるよ。

 どんなに美味しい料理も、食べ続けてたら有り難味が無くなるって言いたいんでしょ。

 でもね、言いたいんだ。

 伝えたいんだ。

 聞きたいんだよ。

 

「……すき。大好き」

『ったく、言った側から連発しやがって』

 

 予想通りの返答に、これ以上無いってくらいに楽しくなる。

 こんな姿、弟や妹には見せられないな。

 

「いいの、言うの。好き、好き、すっごい好き」

『お、おう、ありがと……』

 

 あ、八幡が根負けした。勝った。勝っちゃった。

 ふふっ、可愛い。

 電話の向こうで照れる顔が浮かんじゃった。

 ──はぁ、楽しかった。

 心も何かすっきりしたし。

 

 ふと窓の外を見ると、星空に半月が浮かんでいる。

 あれって、下弦の月っていうのかな。

 

「ねえ……月、見える?」

『ああ、見える』

「良かった、同じ月が見られて」

 

 星空に浮かんだ半月を見つめる。

 同じ月を見てるなら、あいつの顔が月に小さく映らないかな。

 無理か、無理だね。

 

『な、なあ、沙希』

「ん?」

 

 月を見つめながら応える。

 

『月が……綺麗ですね』

 

 そ、それって、夏目漱石の──あれ、だよね。

 まったく。あたしがその話を知らなかったら意味わかんないじゃないの。

 

「……ばか、愛してる」

 

 悔しいから素直に言ってやった。

 

  * * *

 

 朝が来た。

 ここ何日かで一番の心地良い目覚めだ。

 そして、今日は特別な日。

 

 着替えを済ませてキッチンへ行く。朝ごはんを済ませたらすぐに出掛けなきゃいけないから、申し訳ないけど今日は簡単なおかずで許してもらおう。

 鮭の切り身をグリルに突っ込んで、ボウルに玉子を割る。味噌汁用に作った出し汁と砂糖を混ぜて、いざ厚焼き玉子だ。

 

 炊飯器が保温に切り替わってすぐ、大志が起きてきた。あんたが自分で早起きするなんて感心だね。

 

「おはよ、姉ちゃん……あれ、何かいい事あったの?」

「えっ、な、なんで!?」

「何でって、そんなに楽しそうに玉子焼き作ってたら嫌でも分かるって」

 

 やばい。昨日の電話のせいで顔が緩んでたかな。

 仕方ないよね。すっごく嬉しかったんだから。

 

「そ、そう、かな」

 

 煮立った鍋に味噌を溶かしながら取り繕うと、大志は冷蔵庫から水のペットボトルを取り出した。

 

「あっ、そういえば夕べ誰かと電話してたよね」

 

 ペットボトルの水をコップに注ぎながら、大志は意地悪な顔を向けてくる。その視線の直視に耐え切れなくなって、ふいと顔を逸らす。

 

「べ、別にいいでしょ」

「……お兄さん、か」

 

 ──あたしって、そんなに分かり易いのかな。

 それとあんた、以前あいつをお兄さんって呼んで怒られたの、覚えてないの?

 ま、そんなあいつをあたしは怒ったんだけどね。

 だ、だって、あたしがあいつとそうなったら、そう呼んでもおかしくない訳で……。

 

「もうっ。朝ごはん出来たから早く食べちゃってよ。あたしは出掛けるんだから」

「……お兄さん、か」

 

 あうぅ……。

 覚えてなよ大志。

 あんたに彼女が出来たら十倍返しで揶揄(からか)ってやるんだから。

 その後、二十倍の祝福をしたげるけどさ。

 

 

 




お読み頂きまして誠にありがとうございます!

今回のお話、前半は前回の八幡との電話の沙希視点、後半は沙希の日常でした。

本当はですね、こういう穏やかなゆるい感じで書きたいのですが……ついつい波風を立てたくなるのは私の悪いクセです。
すぐエロくなるのも悪いクセw

また懲りずに読んでやってくださいましm(__)m





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。