私のアトリエへいらっしゃい。   作:ルコ
<< 前の話 次の話 >>

14 / 20
あなたに向けて











決別をした日の授業はどこか静かに、されどもザワつきを残しつつも進んでいく。

6限目に現れた平塚先生は「ん?どうした?今日はヤケに静かだな…」なんて、空気の読めない発言をしたものの、特定の誰かがそれに答える訳でもなく、ただただ空気と雰囲気だけが時間を支配した。


そんな中、私は平塚先生の授業を聞くこともせずに、スマホに向かって一生懸命にタップを繰り返す。


海老名ーーーーーー

今日は部活あるの?

ーーーーーーーーー


ディスティニーランドでLINEのIDを聞いてから、これでもかと言うくらいにメッセージを送り続ける私。

返ってくるメッセージは淡白で素っ気ない物ばかりだけど、うん、とか、そうか、とか、彼がそう言うであろう姿が容易に想像出来て面白い。

すると、私のスマホが微かに震える。


ーーーーーー比企谷

あるよ

ーーーーーーーーー


海老名ーーーーーー

ないよね。
結衣に聞いたよ。

ーーーーーーーーー


ーーーーーー比企谷

あらら

ーーーーーーーーー


海老名ーーーーーー

デートしようよ。

ーーーーーーーーー


そこでLINEのメッセージは止まる。

あれ?

比企谷くん、照れてるのかな?

なんて思いながら、こっそりと彼の方を盗み見ると、どうやら彼は平塚先生に問題の答えを要求されたようで、嫌そうな顔を浮かべて席を立った。


「…いと恋しければ、行かまほしと思ふ」

「うむ、正解だ。大変に恋しいので行きたいと思う。…とっても良いセリフだな!!」


……いと恋しければ!?

ひ、比企谷くん…、そんなに私と放課後デートに行きたかったんだね!!

アラサーが切なそうに悶えている隙に、私はLINEにてメッセージを送る。



海老名ーーーーーー

そ、そんなに恋焦がれなくても…。

でも、比企谷くんの気持ちは伝わったよ!

ーーーーーーーーー



ーーーーーー比企谷

伝わってたまるか。

ーーーーーーーーー



海老名ーーーーーー

それじゃあ放課後に正門の前で!

あ!スマホの電池切れちゃう!

ーーーーーーーーー



ーーーーーー比企谷

おい待て

ーーーーーーーーー



…よし、後はスルーしておけば大丈夫かな。

まったく、捻デレな比企谷くんはデートの約束をするのも大変だよ。
いと大変だよ。


ふふん、と。
私は数分後に終わる授業のチャイムを待ち望みながら、相変わらず悶え続ける平塚先生の講義を聞き流した。

お外は寒いかもしれない。

あまり歩かせると、比企谷くんがクタクタになっちゃうし。

それなら、やっぱり喫茶店とかでお喋りデートが無難かな…。


なんて、幸せな妄想に更けている間に過ぎ行く時間はとても楽しいものだった。





.

……
………






「デートプランの発表です!」

「…む。テンション高いな…」

「比企谷くん!これの中から一つ選んで!!」

「は?」


放課後の教室で、6限目の終わりのチャイムと同時に駆け出した私は、勢い余って比企谷くんの机に激突してしまう。

だがしかし、そんな痛みすらも気にせずに、私は彼の前に3つの手紙を差し出した。
手紙と言っても、ノートの切れ端で作った小さなメモ用紙程度の物だが。

その手紙を前に、予想通りに訝しげな表情を浮かべる比企谷くん。


「…なに、呪いでも書いてあるの?」

「違うよ。書かれているのは愛のデートプランだよ」

「愛とか言うなよ。…はぁ、面倒なのは勘弁な」


ため息一つに手を差し伸ばし、彼が選んだのは2番の手紙。

そ、それは……っ!!

比企谷くんは狼狽える私を気にする事なくソレを開封しようとする。


「ちょ、ちょっと待った!2番は間違えて呪いを書いちゃったんだよね。だから無し無し」

「え、呪いって間違えて書いちゃう物なの?」

「うん。ケアレスミスだよ。はい、それじゃあ3番ね」

「結局、海老名さんが選ぶのか」

捲り捲って3番の中身、それは喫茶店に立ち寄りお喋りをするデートプランだ。

ちなみに1番は美術室でお絵描きデート。

そして2番は…。


「…きょ、今日はお母さんも居るし、また今度だね…」

「ん?なに?」

「な、なんでもないよ!それじゃ、行こっか」


火照る顔に手で仰いだ風を当てる。
お家デートなんて、まだまだ私達には早いもの。

それに、両親への紹介は、本当の恋人になれたら…。

な、な、な、なんてね!


「え、えへへ。あんまり待たせないでね」

「…さっきから喜怒哀楽が激しいな」






ーーーーーーー






場所を喫茶店に移し、注文を先に終えた私はマフラーとコートを椅子に掛ける。

後から、のろのろとやってきた彼の両腕には、私の頼んだホットコーヒーと、彼が頼んだカプチーノが乗せられていた。

のろのろもそもそと、比企谷くんは私の対面に座ると、そのカプチーノを被写体にスマホのカメラを向ける。


「…ラテアートでスヌーピーを描いてもらった」

「へぇ、可愛いね。私も写メっていい?」

「おう。アートを独り占めにするほど愚かじゃないさ」


パシャりパシャりと。

よし、可愛いのが撮れた。


「…なんかカメラレンズと目があったんだけど」

「え、気のせいでしょ?」


私のスマホに収まる、キョトンとした比企谷くんの顔。
可愛いからホーム画面にしておこう。

私が無言でスマホを操作している最中、比企谷くんはラテアートを存分に楽しんだのか、大量のスティックを絵の上からかけた。

あ、やっぱり苦いの飲めないんだね。


「ふぅ。ちょっと苦いな。大人の味だ」

「はは。随分とお子ちゃまな大人だね」

「海老名さんは大人なお子ちゃまだよな」

「へ?」


彼は甘々なカプチーノを傾けながら、小さな声でそう呟いた。


「朝の件、三浦母さんに聞いたよ」

「み、三浦母さん…」


朝の件とは教室での話だろう。

私があのぬるま湯のような関係を断ち切った出来事。


「変に態度は変えるもんじゃない。ましてや、俺の悪口で怒ってくれたってんなら…」

「違うよ」

「…」

「比企谷くんの悪口を言われたから怒ったんじゃないよ。比企谷くんの事を知りもしないのに、知った風な事を言うから怒ったの」

「…はぁ。哲学か?よく分からん…」


哲学なんかじゃない。

これはただの恋愛学だ。

私はただ比企谷くんの事が好き。

それだけの事。

好きな人を知った私にとって、あそこで無感情に笑顔を貼り続ける事は無意味でしかなかった。

それに、本物を知ったせいか、戸部くんや大岡くん達の言葉に偽物が混じっているように感じてしまう。


……いや、本当の事を言うならもっともっと前からそう感じていたのかもしれない。


結衣が部活を始めた頃くらいから。


私は奉仕部に本物の何かを感じていたんだ。


「好きな人が優しすぎるから…。私が守ってあげないと、すぐに傷付いちゃうでしょ?」

「…そうでもないだろ」


照れ隠しに、彼は甘くないカプチーノを傾け続ける。


赤く染まった頬が丸見えだよ。


…それは私もか。





「私がしっかりしないと!頑張るぞい!!」


「……青葉ちゃん」













感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。