怪男子   作:変わり身
<< 前の話 次の話 >>

10 / 25
『ゆくえ父めい』

告呂市のある高校で、在学中の女子生徒が集団妊娠するという事件が起こった。
妊娠した者が一人二人であったならば、まだ素行の悪い生徒が「火遊び」にしくじったという、それなりによくあるヤンチャで済んだだろう。
だが、数が尋常ではなかったのだ。

――二十七人。それが、懐妊した女生徒の数だ。

それは最早風紀の乱れというレベルでは収まらず、告呂市全体を巻き込んだ大騒ぎに発展したらしい。
学校の教師の半数が辞職する運びとなり、生徒達もかなりの人数が転校。
妊娠した女生徒達もその中に含まれ、その全員が堕胎を選択し、何処かへと引っ越して行ったそうだ。

……そう、全員が、だ。

赤子とは、大体において愛する者と創り出した大切な結晶である。
特に学生という多感な時期に、子を孕むほどの愛を重ねた彼女達が、素直に堕胎という結論を選ぶだろうか。

そして興味深い事に、当時女生徒を問い詰めた誰もが、彼女達の父親を特定できなかったという記録がある。
気になる人が居た、恋人が居た。そう言った話はほぼ全員にあった。

しかし彼らがそれぞれの父親なのかと問われると、皆一様に否定し首を振る。
自分達は、決して誰とも逢瀬に及んだ記憶は無いと、そう話すのだ。
多くはそれを嘘だと断じたが――懐妊時期から逆算すると、時間的に異性との逢瀬が不可能である者もまた、確かに存在していた。


では、彼女達の胎に居た胎児は何だったのか?
同時期に全員が懐妊したのは偶然なのか?
逢瀬もなしに、何時、どうやって?


――彼女達は、誰に何をされたのだろう?




ゆくえ父めい
1頁 残滓


                      1

 

「……ん、委員長か。最近調子が悪そうだが、大丈夫か?」

 

午前中の授業が終わった昼休み。

授業の準備のため、担当教科の教師に会いに職員室まで来ていた僕は、背後から声をかけられた。

振り向けば、鋭い目つきの美女――僕のクラスの担任の若風先生が立っていた。

 

「……ええ、特に問題はありませんが」

 

「そうか? この前の怪我からお前、初日の印象より元気無いように見えてな」

 

前の眼鏡からそのゴツイ眼鏡に変えたせいかな。

そう冗談を言って、先生はどこか心配そうな視線を僕の右肩へ送る。

まぁ、それも当然だ。今はもう殆ど治っているけれど、つい最近まで半脱臼状態で動かす事すら億劫な状態だったのだ。心配されるのも仕方ない。

 

「階段から転げ落ちたんだろ。辛かったら言え。出来る事は配慮してやるから」

 

「……ありがとうございます。でも大丈夫ですよ、もう殆ど治ってますので」

 

右手首に装着している緑色のリストバンドを抑え、穏やかに笑う。

嘘では無い。先日まで三角巾で吊られていた右肩は快方に向かい、完治まで後僅か。医者からは激しい運動をしなければ問題無いとお墨付きを貰っていた。

 

……ちなみに、怪我の原因に関しても嘘は吐いていない。ただ先生が怪談を階段と間違え(るように話し)、勘違いを(意図的に)正していないだけである。

 

「確かに大きく動かせば痛みは感じますが、そこまで動かす事は稀ですし。このリストバンドだって傷跡を隠す目的の物なんですよ」

 

「なら良いんだがな」

 

その言葉に先生は眉を緩め、笑みを見せる。

そして二言三言会話を続けている内――ふと、彼女の視線が下がった。

 

「……ん? 右手、何か垂れてるぞ」

見れば、制服に隠れた右手首。リストバンドの下に巻いた包帯から黒い粘液が滲み出し、手の甲に垂れ落ちていた。

強い粘性を有したそれは、泥のようにゆっくりと流れ。僕の肌を犯し。どろり、どろりと湿った音を響かせている。

 

「血……じゃあ無いな。どうしたんだ、それ」

 

「…………」

 

そうして訝しげに問いかける先生に、僕は返せる言葉を持っていない。

これが何か、なんて。こっちが知りたい事柄だ。

 

「ああ、別に問題ないですよ、だってこれ――」

 

しかし、僕はにっこりと笑顔を取り繕う。

優等生の仮面を被り、嘘も真実も当たり障りも無い言葉を吐き捨てる。

 

「――ちょっとだけ、インクが零れただけですから」

 

……その時の僕は、ちゃんと笑えていたのだろうか。自信は、無かった。

 

 

                      *

 

 

あれから、およそ一週間の時が過ぎていた。

 

咲き誇る花の奥から若葉の新芽が顔を出し、少しずつ季節は動く。

僕の右肩やその他の怪我も概ね完治。多少の『後遺症』は残ったが、何とか普通の日常を……いや、以前より上等な日々を送れている。

あんな事があったのに、自分でも図太い精神だとは思うが、山原という負の要素が抜け落ちた日々は穏やかなもので、僕に唯一残された救いでもあった。

 

「…………」

 

男子トイレの個室。

妙な匂いの漂う密室の中で、僕はリストバンドを外し、その下の包帯を取る。

不快感を伴う異音と共に顕になった右手首は、誰かの掌の形に黒く溶け爛れていた。僕の体に残る、一番醜い傷跡だ。

 

罪の十字架と言うには醜く、聖痕と言うには穢れ過ぎている。病院でもさじを投げられたこの痕は、一週間経っても元に戻る兆候を見せていない。

 

「……呪い、か」

溜息を吐き、トイレットペーパーで手首を拭う。

どうもこの粘液。常に手首から溢れ続けているらしく、定期的な処理が必要となっている。痛みも痒みも無いのは助かったと言えなくもないが、地味に面倒だ。

 

(……随分と、慣れちゃったもんだ)

 

冷静な自分を軽く笑い。真っ黒な液体を滴らせる紙を便器の中に放り込み、レバーを引いてハイさようなら。

同じく黒くなった包帯を処理し、新しい包帯を汁気の少なくなった患部に巻きつけリストバンドで封をした。これで放課後までは誤魔化せる。

最後に全身をくまなく検分し、黒い粘液が垂れていない事を確認。手洗い場でよく右手を洗い流し――。

 

「……っ……」

 

――何気なく目を上げた瞬間、眼前の鏡に『嫌なもの』が映り込み。出かけた悲鳴を咬み殺す。

 

咄嗟に右眼を隠すように抑え、『嫌なもの』を見ないように覆い隠した。

少し乱れた動悸を深呼吸して落ち着かせ、顎に入った力を徐々に抜いていく。

本当、碌でもない『後遺症』だ。

 

「あー……やだやだ」

 

呟いて、手を下ろす。『嫌なもの』が再び視界に映るけど、甘んじて、見る。

今僕に降りかかる全ては、その殆どが僕の責任によるものだ。それがどんなに理不尽で不可解で非常識な事でも受け入れなくちゃいけない。

僕は投げやりに廊下への扉を開き、教室へと向かって歩き出す。扉が締まり切る直前に右眼に映ったトイレの中――そこには、半透明の女性が虚空を見つめ浮遊していた。

 

「……幽霊、ねぇ。バカじゃないの」

 

手首の粘液に、霊視能力を得た右眼。どうも僕は肉体的にも能力的にも常人の域を逸脱してしまったようなのだ。上になのか下になのかは知らないけれど。

 

 

『――ええと、そのう。あなたの体に起きた変調は、あの場に吹き荒れていた霊力が血液を通し、傷口から体内に溶け込んだ弊害だと思われます。たぶん』

 

この一週間の間。僕はめいこさんへ身体の異変について何度も問いかけた。

 

『そも、霊力とは。肉体を宿として巡る霊魂の欠片であり命の源。同じく全身を廻る血液と共に育まれ、ええっと、自らの生と血に誇りを持ち精神を高める事によって力を少しずつ増していき――』

 

……まぁ詳しい解説は省略。端的に言えば、僕の右手首と右眼は霊障――つまり呪いを受けた状態にあるとの事らしい。

 

呪いとは、霊の放つ怨念によって引き起こされる様々な身体異常の事を言う。それが即ち僕にとっての粘液であり、右眼限定の霊視能力である訳だ。

思えば、手首を掴まれ振り回されたり、ガラス片で傷ついた眼球に血が流れ込んだりと心当たりがあり過ぎる。当然といえば当然の事象と言えた。

 

(かと言って、納得できるかどうかは別問題だけど)

 

午後の授業中、教師の言葉を聞き流しつつその話を思い出し、手首を抑えた。

ブヨブヨとした肉とは思えない柔らかい感触に吐き気が昇るが、肝心の患部には何も刺激を感じない。それでいて指先の感覚は正常な辺り、どうも神経や血管といった物理的な問題を超越しているらしい。

 

(くそ、これも元はといえばこいつの……!)

 

傍らにあるめいこさんの表紙を腹立ちまぎれに引っ掻いた。

彼女が決して善い存在では無い事は、先日の一件で痛い程に理解している。

そうだ。本当ならば、すぐに焼き捨てて然るべきなんだ、こんな物。

 

(……けど、それじゃあ……)

 

しかし。それは逃げでしか無い。彼女は最初から自分の力を述べていただけで、何をしろと命令した訳じゃない。むしろ僕には使えないと再三言っていたのだ。

それなのに怪談を使用するためにあれこれ考え、ルールの隙を突き勝手に使ったのは僕の方。お前の所為だと指差し、処分するのは絶対に何かが間違っている。

 

「……あの、どうしたの? 調子とか悪い?」

 

するとそんな苛ついた様子を見咎めたのか、隣席の十さんがこちらを覗きこんできた。その瞳は僕の肩へと向き、案ずるような色合いを滲ませている。

僕は即座に仮面を被ると、苛立ちを隠しにこやかな笑みで迎え撃つ。

 

「いや、何でもないよ。ちょっと眠かっただけだから」

 

「……ならいいけど、もし具合悪かったらすぐに保健室行った方がいいと思うよ。今朝も無理か何かで倒れた人が居たみたいだから」

 

私も、出来る事があれば助けるからね。

十さんはそう言うと少し照れたようにはにかみ、顔を正面に戻した。

そこには何一つの後ろ暗さもなく、純粋に友人の助けになろうという気持ちが伝わってくる。

 

「…………ッ」

 

僕の腐った心根とは大違い。強く唇を噛み、鉄錆の味を飲み込んだ。

 

 

                      *

 

 

「……陽、ちょっと長くなったかな」

 

放課後を迎え、帰り道。暖かな陽光に目を灼かれながら、僕はぼんやりと思う。

暴力も無く、罵倒も無く。教師も、クラスの友人も、皆優しくて良い人ばかり。今の生活こそ、僕が長い間憧れていた理想の学校生活であった。

 

しかし、その代償はとても大きい物だった。山原達の事、手首の事、そして――最後に見たモノ。取り返しのつく物は何一つ無く、常に罪の意識が付き纏う。

 

「…………」

 

そうして鬱々と歩いていると、やがて住宅街に繋がる小路が見えて来た。今更言うまでもない、異小路の場所へと繋がる道への入口だ。

迂回したい、とは思うけれど。逃げた所で精神が安定する訳も無いし、遠回りした分帰宅時間が遅くなるだけだ。百害あって一利なし。

僕は罵倒を一つ吐き、憂鬱な足取りで狭い道へと体を捩じ込んだ。

 

 

――あの日、最後に僕が見たモノ。それはピンク色の絨毯だった。

 

狭い小路いっぱいを埋め尽くす程の、ここでは無い何処かから現れた粘液の海。

最初は、それが何か分からなかった。いや、本当は分かっていたけど、理解する事を拒んでいたのかもしれない。

 

そして、粘着質な音を立て流れ続ける肉の隙間から、『彼ら』が見えた。

呪いに犯された右目にしか映らない、この世ならざる幽かな存在――人の霊魂。

行方不明事件の被害者と思しき幾人ものそれが、醜悪な肉に埋まっていたのだ。

 

「……っぐ……」

 

……辿り着いた件の現場、肉があった場所にその光景を幻視し、思わず嘔吐く。

 

彼らは、彼らだった物は、最早人の形を成していなかった。肉と同じく、魂さえも一つに融合されていた。

互いの頭が、互いの腹が、手足が。全て一つに混ざり合い、不格好な塊となり。

捻れ、引きつった肌を突き破り生えている腕の先には性器が生え。あらぬ場所から覗く眼球には口腔があり――そして、それが紡ぐ言葉を、僕は聞いた。

 

それは切なる願いにして、同時に叶う事の無い確たる絶望。

 

――たすけて。その四文字が、右眼から脳に突き立ったのだ。

 

……それから先の事は記憶には残っていない。

もしかしたら錯乱するまま救急車かパトカーを呼んだかもしれないが、はっきりしない。気付けば自宅でお婆ちゃんの位牌を抱きしめて泣いていた。

 

「…………くそ」

 

喉元まで迫り上がる酸っぱい物を飲み下し、口元に手を当てたまま小路を歩く。

そこに、肉の塊の姿は無い。まるで最初から存在していなかったかのように一欠片も残さずに消え去っていた。

幻覚だったと思いたかった。しかし塀やアスファルトには血の跡がくっきりと残っている。紛れも無い現実だったと自覚するには、十分すぎる証拠品だ。

 

――では何故、肉の海は消えたのか。気にはなるが、もう考えたくなかった。

 

「…………」

 

歩き様、ブロック塀を指でなぞる。あちこちが欠け、ボロボロになったそこに二つ並んだ「界」の文字。僕の後悔を象徴する、大小様々な線の集合体。

 

「――っ!」

 

力一杯蹴り飛ばすが、僕の力じゃ傷一つ付ける事は叶わなかった。

 

 

                     *

 

 

僕はお婆ちゃんの作る味噌汁が大好きだった。

隠し味に醤油が入った、何の変哲も無いなめこの味噌汁。一日二回。朝と夕方に必ず食卓に並び、荒んだ日々を送る僕の心に活力と安心感を与えてくれたのだ。

一応僕もレシピの伝授は受けたけれど、完全には味を再現できていない。

まぁ、その日は永遠に来ないのだろうな、きっと。

 

「はぁ……」

 

自宅。味噌汁と白米だけの夕餉を終えた僕は、のったりとちゃぶ台に倒れ伏す。

色々な物が染み込んだ木材の香りが、つんと鼻を突く。

 

(……自首、しなきゃいけないよな)

 

警察に、そして山原の父親に。

もし彼らへ赤裸々に罪を告白し何らかの罰を与えられれば、きっとこの鬱屈とした感情や罪悪感に一つの終わりが齎される。

それは正しく、社会倫理的にも最良の選択肢である……と、思うけれども。

 

「……怪談がどうとか、絶対信じてくれる訳ないよ……」

 

事実は小説よりも奇なり、とは言うけれど、余りにも奇をてらい過ぎて説得力が微塵もない。少年院ではなく精神病棟のお世話になる事うけあいであろう。

 

「…………」

 

いや、それは言い訳だ。僕はただ、己が非を認めたくないが故に、自首しない理由作りをしているだけなんだ。

だってそうだろ。悪いのは山原達だ。アイツ等が何もしなければ僕だって何もしなかった。お婆ちゃんを汚そうとした奴らの排除が悪とされるなんて、絶対に納得できない。

そもそも僕は山原の蛮行に長い間耐えてきたんだ。それを全部一纏めにすれば、今回の事よりよっぽど――!

 

「……っぐ!」

 

ゴン、と。

何やら罪悪感がもっと汚い物に変わろうとする気配を感じ、机に頭を叩きつけて思考を打ち切る。空のお椀が倒れ、僅かに残った味噌汁の雫が傍らのめいこさんに飛んだ。

相反する感情が絡み合い、黒いインクとなって僕の心を埋めていく。

 

「……あ」

 

ふと手の甲に違和感を感じ見てみれば、手首の粘液が筋を一つ作っていた。

どうもネガティブな事を考えていると粘液の溢れる速度が増すようだ。僕は思考から逃げるように、慌てて洗面所に走り処理を行い――。

 

(……、そういえば、昼……)

 

ふと学校で見た女幽霊の事を思い出し、右眼で洗面所の鏡を見た。

ひょっとしたらお婆ちゃんの霊魂でも映らないかと期待したが、呪いを受けた右眼には何も映らない。何時も通り、狭い部屋が映るだけだ。

 

「……ねぇ、めいこさん。昼頃に男子トイレに居た幽霊だけど……」

 

『ふわぁああ、しょっぱい、であります。おいしい、であります。ふおおおおー!』

 

「…………何だコイツ」

 

気になる事が浮かび、めいこさんに問いかけると、彼女は味噌汁の味にむせび泣いていた。非常に気持ち悪かったので、無言でパタリと閉じておく。

 

「幽霊、ねぇ」

 

――虚ろな視線で虚空を見上げ、ぼんやりと佇む女性。

まさか、あの人も怪談の核とかじゃないよね。

沈んだ気持ちの中で浮かんだ碌でもない冗談に、乾いた笑いが漏れた。

 

 

                      *

 

 

 

【トイレの花子さん】

 

『階数は問わない。恋文を受け取り、トイレの扉を開いた生徒の意識を刈り取れ。倒れた人間は保険医が「問題なし」と判断するまで目覚めない』

 

 

「――何っで収集したその時に言ってくれないかなぁ、怪談……!」

 

翌日の早朝。登校の道中、めいこさんに表示させた怪談を見た僕は頭を抱えた。

冗談などでは無かった。このポンコツ手帳は僕の知らない内に新たな怪談を収集していたのだ。

しかもタイミング的に十中八九あの女幽霊絡みである。最悪昨日の時点でまた酷い目に遭っていたかもしれない訳で、流石に戦慄を禁じ得ない。

 

『え、す、すぐにお伝えした方が、よろしかったでしょうか。あわわ』

 

(今更人間味アピールしてんじゃねぇよ)

 

先日の一件以来、何故かキャラのブレている手帳に舌打ちを一つ。辿り着いたまだ無人の教室に荷物を預けると、すぐにその足で男子トイレへと向かった。

何か下痢が激しくて――では無い。当然、件の女幽霊を解放するためである。

 

「……くそ」

 

正直、会いたくは無い。それは先日の事がある以上当たり前の恐怖だろう。

しかしもし彼女が丸眼鏡の男と同じ境遇だったと考えると、無視という選択は僕の中から消えてしまうのだ。

 

だってそうだろう。例え直接的な関わりが無くとも、めいこさんの主である以上、僕は加害者の側に居る。ならば、行動する義務が発生する筈だ。

加えて前回の罪悪感と懊悩もある。これでただ座しているだけなんて、優等生かつ清廉潔白、眉目秀麗の良い子ちゃんたる僕にはどだい無理な話だった。

 

(すぐに……そう、ササッと怪談を解放して、それでおしまいにできれば……)

 

……でもまぁ、それと勇気を持っているかは別問題だけど。

暫くの間、トイレの前をうろうろうろうろ。端から見れば完全に変質者だ。

 

「……あーもう! くそッ!」

 

とは言え、何時までもそのままでは居られない。僕は負けん気を奮起させ、扉を開け放ち突入。室内に右眼を余すところ無く走らせて――。

 

「あ、あれ?」

 

だがしかし、昨日居たはずの場所に彼女の姿は見えなかった。

ズレた眼鏡――この前箪笥から出てきた骨董品――の位置を直し、個室や用具入れを開けても影も形も無い。

 

「あの幽霊。昨日は確かに、このトイレに居たよな……?」

 

『おそらく、何処か別の場所で再現条件の達成が行われ、霊魂もまた該当場所へ移動した……ものだと思います、きっと』

 

「……まぁ、再現起きやすそうだもんな、これ」

 

僕だって、『トイレの花子さん』の怪談くらいは聞き齧った事はある。

詳しくは知らないけど、三階の女子トイレの三番目の個室を三回ノックすると花子さんという女の子が現れて何か起きるとか、そんな複雑な感じだった筈だ。

だけど、この怪談はそれとは全く別物だ。あの幽霊は花子さんなんて年じゃ無かったし、怪談文も『階数は問わない』など具体的な要素の指定を避け、積極的に再現条件のハードルを下げに来ている。

 

(というか、何が目的でこんなのにしたんだ?)

 

異小路の方はまだ分かる。人を行方不明とする力は多くの犯罪に役立つからだ。

だが今回はさっぱりである。モテる奴への嫌がらせにしか使えないだろ、これ。

暫く首を傾げるが、納得できる答えは出ず。

 

「……いや、別にもうどうでも良いのか。幽霊の人も居ないし」

 

考えを打ち切り、くるりと背を向けた。

主目的の女幽霊が居ない以上、最早出来る事は無い。彼女の力を利用できなくなった時点で、霊力が殆ど無い僕に怪談の解放は不可能となったのだ。

 

つまりはこれ以上新しいオカルトに首を突っ込まずに済むという事で、抱いていた義務感が雲散霧消。複雑な感情を孕んだ安堵の息がほうと出る。

 

(どこに行ったかも分んないし、しょうがないよね。これはさ) 

 

そしてそう自己弁護しつつ僕は歩き出し――カサリと、掌の中で手帳が動く。

見れば、めいこさんが表紙を揺らして某かを訴えかけていた。

 

『ええと、あの。怪談の条件を満たせば、霊魂、呼べるであります……よ?』

 

また僕に襲われろというのかこのポンコツは。

せっかくこのまま終われそうだった所に水を差され、自然と舌打ちが出る。

 

「……あんたも前の時に一緒に居ただろ。幾ら何でも、もうヤダよあんなの」

 

『あ、いえ、そのようなつもりでは……あわわ』

 

「それにこの怪談に関しては僕に条件の達成なんて無理だって、ほらここ」

 

ぐぐっ、と。表示された怪談の序盤、『恋文を受け取り』という一文を指差す。

 

「これ、つまりラブレターを貰えって事だろ。そんな当てあると思ってんの?」

 

受け取り、と書かれている以上自分で書いたものでは意味が無く、従って一人ではどうにも出来ない問題だ。

心に隙間風を感じつつそう伝えれば、めいこさんはページの端を捲り己をちょいちょいと指差した。どことなく照れ臭そうな仕草で、極めてキモい。

 

『そ、そのう……本書が、あります、であります』

 

「は?」

 

『ええと……本書が貴方に向け「すきです」とでも表示すれば、恋文を受け取った事になるのでは……と、推察しちゃったり、なんかしちゃったり。え、えへ』

 

「……、……」

 

人生初のラブレターがオカルトからとか絶対嫌だ。胸元まで上がった罵倒を堪えた偉業を褒め称えて頂きたい。

僕は努めて文を無視。パタムとめいこさんを閉じると、ガザガサ自己主張する彼女をポケットへ強引にねじ込み、トイレの扉を押し開けて――。

 

「うおっ!」

 

――轟音、後、雷音。

 

めいこさんが一際大きくその身を揺らし、部屋中に黒い火花が炸裂した。

世界の半分、右眼の世界にしか存在しないその火花は、バチンバチンと喧しい音を立てて縦横無尽に跳ね回る。

霊力の迸り。その現象だ。

 

『怪談の再現を確認致しました。先程の「すきです」が条件の恋文として認められちゃったようであります……えへへ』

 

「判定ユルユルすぎるだろこのクソ怪談!」

 

毒づき、霊力に中てられ痛む頭を押さえる。右の手首から黒い粘液が流れた。

ひとまずここから逃げなければ――汚い床に手を突き、這い蹲って上半身をトイレの外に出した。その時だった。

 

『――今度はこの子かい。ま、ごめんね』

 

不意に、聞き覚えの無い女性の声が脳裏に響いた。耳ではなく、右目の奥へと刺さる幽霊の放つ言の葉だ。

咄嗟に振り向くと、そこには一人の足の無い女性の姿があった。

年は三十代の前後。整った顔立ちに黒い髪が目立つ、大人の色気漂う美女だ。何時の間にか現れていた彼女は、掌を真っ直ぐ僕の頭へ差し向けていた。

 

「なッ――!?」

 

――トイレの花子さん。書き換えられた怪談の核とされた、不遇な霊魂。

 

昨日見た彼女が顕現したのだと理解した瞬間、僕は強い恐怖に駆られ、咄嗟に垂れる粘液をめいこさんへと押し付けた。

 

『――あん?』

 

瞬間、ガシャンと何かが割れるような音が身体の芯を揺さぶった。

同時に色の無い衝撃が周囲一帯に走り抜け、めいこさんから『トイレの花子さん』の文面が弾け飛ぶ。以前にも目撃した、怪談と霊魂の解放だ。

 

(っこ、これでひとまずは、)

 

安心だ。そう続けようとした途端、僕の頭部を細い腕が鷲掴む。

 

「がッ!?」

 

女幽霊が消えない。視界を覆う手の感触はしっかりと肌を焼き、掌の隙間から見える姿もまた健在。

 

(怪談から解放すれば成仏する筈じゃ無かったのかよ!?)

 

否、そんな事より大ピンチだ。文面じゃ被害者は気絶させられるとの事だが、それだけで済む保証は無い。肩の怪我の時を思い出し、血の気が引く。

 

(頭ッ、く、首! 外れっ、し、死ぬ……!)

 

そんなの御免だ。火花の走り始めた手に爪を立て、引き剥がそうと試みて――。

 

『っと、おや?』

 

「うわぁッ!?」

 

唐突にこめかみに感じていた圧迫感が消滅、僕の両腕が空を切る。

見れば女幽霊から現実へ干渉する力が失われたらしく、彼女の腕が真っ直ぐ僕の顔面を貫通していた。おそらく害は無いのだろうが、初めての感覚に身が凍る。

僕は恐怖。女幽霊は戸惑い。両者違う理由で動けない中、数十秒の時が過ぎ。

 

『……あれ、動ける。どうなってんだい、こりゃ』

 

ぽつり、と。やがて呟かれたその一言が、静かに右眼に染みこんだ。




異小路の1項の後書きにキャラ4人のイメージ図を追加しました。
あくまでもぼんやりしたイメージをそれなりの形にしたものなので、場面想像の補強程度に使って頂けたら幸いです。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。