【子蜘蛛シリーズ1】play house family   作:餡子郎
<< 前の話 次の話 >>

20 / 25
No.020/理想のパパ

 

 

「小さい割によく食べるな」

「んー」

 昼前に屋台のホットサンドを食べてから何も食べていないシロノは、シルバに挨拶をする前に、くう、と腹を鳴らしてしまった。

 

 そのおかげで、シルバはこうしてホテルのレストランで食事をご馳走してくれたわけだが、その際、金を持っていない、というシロノにも驚いた。

「来れるか来れないか確率半々、と思っていたんだが……」

 それは道に迷うかも、ということでの予想だったのだが、シロノは一銭も持たずに国ひとつを越え、時間きっかりに指定場所に現れたのだ。

 シルバは片手で頬杖をつき、向かいでチャイルドチェアーに座って、もくもくと大人用のハンバーグセットを食べているシロノを見遣った。

 

「さすがは蜘蛛の子だ。……どんな教育をしているのか少し興味が」

「……あたし、もう蜘蛛の子じゃない」

「うん?」

 やや不器用にハンバーグを切り分ける手を止めぼそりと言ったシロノに、シルバは首を傾げた。

「あたし、大人になったら売りとばされるんだって。だから出て来たの」

「それはまた」

 ヘビーな理由だな、と、シルバは肩をすくめた。

 首領の男──クロロは若くしてかなりの実力があったし、そういう人間が若さに任せて残酷な行為に走ることは珍しくない。

 今最も話題の新鋭A級盗賊団ともなれば、そういうこともするのだろうか、などと考えながら、シルバは頼んだコーヒーを啜った。

 

「それで、これからどうするつもりだ?」

 レストランのウェイトレスが、忙しく歩き回っている。

「……わかんない」

 シロノは無表情のまま、ハンバーグをひとくち口に入れて咀嚼した。

 

「そうか」

 ざわざわとした喧噪の流れの中、ひとつのテーブルに沈黙が降りる。

 再度もくもくとハンバーグを食べ始めたシロノを、シルバは見遣る。驚くべきことに、大人用のセットはほぼ全てが食べられ尽くしていた。

 

「やることがないのなら、とりあえずこれから俺の仕事を手伝ってくれ」

「シルバおじさんのおしごと?」

 きょとん、と、シロノは口の端に少しソースを付けて聞き返した。

「実は、下心がまったくなくて呼び出したわけでもなくてな。一人でやれない仕事でもないが、お前が居ると助かる」

 シルバはそう言って、持っていたコーヒーカップをテーブルに置いた。

 彼の所作はきびきびとしていつつもゆっくりもしていて、どこか大型の猫科の獣の動きを思わせ、ふとした時は優雅にすら見えた。

 

「おしごとって、暗さ」

「こら。誰が聞いているかわからんだろう」

「ごめんなさい。おくちにチャックね? チャックね?」

「そう、チャックだ」

 ナイフとフォークを離し、口の前で指のばってんを作って言うシロノに、シルバは彼特有の、王様のように重々しい仕草で頷いた。

「それで、どうだ?」

「んー、いいよ。ごはんもらったし」

「安い依頼料だな」

 シルバは笑った。

「では、それを食べたら準備だ。やってもらうことはそのとき話そう」

 

 

 

 シロノが連れて行かれたのは、すぐ近所にある盛装・正装専門のブティックだった。

 適当にしてやってくれ、と言うシルバにスタッフは頷き、シロノは数人掛かりで飾り立てられ始めた。まず着るものを選ぶところから始まり、次に髪をいじられる。

 

「……やはり、女だと色々と勝手が違うものだな」

 飾り立てられているシロノにかかる手間の多さに、シルバは半ば感心したようにそう言った。

「うちは男ばかりだからな」

「あら、お子さん多くていらっしゃるのですか?」

「ああ、まあ」

「賑やかでいいですね。皆さんこんな綺麗な銀髪なのですか?」

「いや」

 シルバは、顎に手を当てた。

 彼の着ているスーツも、よく見るとパーティー用の正装だ。

「銀髪は三男だけだ。男は母親の方によく似るというしな」

「ふうん。じゃあ女の子はパパに似るの?」

 靴を探しに行っているスタッフを待ち、裸足の脚をぶらぶらさせながら見上げて来たシロノに、シルバは答える。

「まあ、俗説だが」

「でもこちら、パパとそっくりの銀髪ね。素敵」

「え」

 シロノの髪はストレートで、しかも子供特有の細くサラサラな質感を持っている。

 結う側からするすると逃げるその髪と悪戦苦闘しながらも、スタッフはそう言った。

 

 それなりの年齢の男と小さな子供が連れ立っていれば、当然ながら親子と見られる。

 そして、シルバは銀髪で、シロノも銀髪だった。親子として見られるには完全無欠の共通の特徴を持った二人は、すっかり親子としてみられていたのである。

 クロロはかなりのストレートの髪質だが、その色は、烏の濡れ羽色とはこういうものだろう、というくらいの真っ黒な黒髪だ。髪を下ろしていると十代にしか見えないため、シロノと並んでいると良くて兄妹にしか見られない。

 

「どうしたの?」

 何か考え込むように俯いたシロノを覗き込み、綺麗にメイクを施した女性スタッフが尋ねる。

 しかしシロノはふるふると首を振っただけで、何も答えなかった。

 

 

 

「……こんなの、初めて着た」

「そうか。なかなか似合うぞ」

 ふくらんだスカートの黒のドレスに、レースの黒いタイツに手袋、黒い靴。それは真っ白な髪と肌を持つシロノに、実によく映えた。

 さらさらの髪にゴムで飾りを付けるのは無理だったので、細いワイヤーとビーズで作った小さなティアラのついたカチューシャをつけさせられている。耳には青いガラスのイヤリング。小さな爪に、ラメ入りの透明のマニキュアまで塗られた。

 

 どんどん服を作るマチのおかげで比較的衣装持ちなシロノだったが、こういった恰好をするのは初めてのことだった。

 シロノの服は仕事であれ訓練であれ動くことが前提なので、ほとんどがズボンだ。マチとお揃いのキモノの下にも、スパッツを履く。

 パクノダはスカートを履かせたがったのだが、動き放題動いてパンツが見えるのが見苦しかったらしく、彼女はため息をついて諦めた。

 

 しかしそれにしても、こういった盛装をするのがまず初めてだ。

 パーティーらしい場所に潜入したり盗みに入ったりすることは結構あったが、子供連れだと目立つとか邪魔だとか言われて、シロノはいつも留守番か裏で待機のどちらかだった。

 

「ターゲットは、今回のパーティーに来る客の一人だ」

 シルバは襟を引いてジャケットを整え直すと、話し始めた。

「しかし厄介なのが、同伴というところだ」

「どうはん?」

「ああ……、誰か一人を連れて、二人で行かなければならない」

「大人じゃなくてもいいの?」

 その言葉に、シルバは少し笑った。

「本当は妻のキキョウと来たんだが、三男が熱を出して、帰ってしまった。夕飯に出した毒がまだ少し強かったらしいな」

 最後の台詞はぼそりと呟くようなものだったが、シロノは意味が分からず首を傾げた。

 

「どうしたものかと思っていた時、お前から電話があってな。正直、助かった。お前が来なければ、この歳でナンパまがいのことをするはめになっていたかもしれん」

 仕事で使っている斡旋所に電話してもいいんだが、どっちにしろまあ色々あとで面倒なことに……とシルバは言った。

 その意味はシロノにはよく分からなかったが、大人には色々あるのだろう、と思ってそのまま頷く。

「でもシルバおじさんかっこいいから、きっと簡単だよ」

「……それは、光栄だ」

 シルバは苦笑し、シロノの前にしゃがみ込む。

「確かにこういう場合は大人同士が普通だが、今回は家族でも構わない。そんなわけで、俺の子供のふりをして一緒に行ってくれ。やってもらうことがあるかもしれないが、それはその都度指示する」

「あい」

「よし。じゃあ行くぞ」

 

 シルバはそう言うと、すい、と驚くほど滑らかな動作でシロノを抱き上げた。

 シルバの曲げた肘の間に腰掛けるような形で片腕で抱えられたシロノは、いきなり抱き上げられたことに目を丸くする。しかし抱き上げられたせいですぐそこにあるシルバの表情は平然としていて、まっすぐ前を見据えていた。

 

 太くがっしりした腕の座り心地は文句なしに良く、厚めの肩は手を置くのに抜群の頼もしさを持っていた。

 既に夜、街灯のオレンジのランプが彫りの深い横顔に影を作っていて、やたらに格好良い。高めの白い襟から覗く太い首と喉仏が、ゆったりしたウェーブの銀髪の間から見える。

 ダンディとはこの光景にこそ名付けられるべき形容詞である、と高らかに宣言してもいい位のダンディっぷりだった。

「どうした?」

「……ううん」

 シロノは、ぷるぷると首を振った。

 さっき少しだけ毛先を切り揃えられた髪が、さらさらと小さな音を立てて揺れる。

 そうか、とシルバは返し、そのままオレンジのきらびやかなランプが続く方へ歩いていった。

 

 

 

 仕事は、あっけないほどスムーズに事が済んだ。

 

 最初に依頼人に挨拶と確認がてら会った時、シルバはシロノを、自分の娘だと紹介した。同じ銀髪の子供を、そうでないと疑う者は居なかった。

 シロノがあまりに小さいので、足手まといになるのではないかと訝しんだ依頼人たちだったが、シルバに言われて、強化した小さな拳でシロノが壁を殴ってみせると、皆絶句して青くなった。

 

 そして本番でも、シロノは三人のターゲットのうち、逃げようとした二人を“円”の範囲内に誘い込んで『犬』の役を振り、彼らは『パパ』の役を振られたシルバに、あっさりと殺された。

 

「ほう」

 こういう能力だったのか、と、シルバは足下に立っているシロノを見下ろしながら、興味深そうな声を発した。

「これはいい。かなり楽に仕事ができた」

 そう言って、シルバはシロノの頭を撫でる。その拍子にきらきらしたビーズのティアラがずれてしまい、彼は指先でそれを直した。

 シロノはといえば、そんなシルバの動作に目を見開いて唖然としている。

 他の団員はよくシロノの頭を撫でてくれるが、クロロは一度もシロノにそうしたことはない。「よくやった」と言ってくれること位はあるし、シロノが上手くやれば満足そうに笑むことはある。

 しかしこうして半ば手放しで褒めてくれることなど、一度もなかった。

 

「どうした?」

「……ううん」

 シルバを見上げたまま固まっているシロノは、二度目の同じ質問に、同じくふるふると首を振った。

 そしてそんな子供を見て、シルバは少し考えてからシロノを再度抱き上げた。

「いい能力だ。サポートにはもってこいだな」

 “子蜘蛛”として重宝されるのも分かる、とシルバは納得したように頷き、そのまま観察するようにして、興味深そうにシロノの顔をまじまじと見る。

 それは評価故の行動だったが、シロノは僅かに眉を顰め、ぼそりと言った。

「……でも、大きくなったら使えなくなるんだよ」

 アケミが驚くのが、シロノには分かった。

 今まで、シロノがアケミに逆らったことなどない。

 アケミはあらゆるものからシロノを完全に守ってくれる存在で、シロノにとって、ママ、という言葉の意味は、イコール精霊や神に近いものだった。

 幼児にとって親は世界そのものに近いが、シロノは普通よりもずっとその傾向が強い。

 

 しかし、今こうしていきなり核心をシルバに話してしまったこと自体は、直接アケミに禁じられていたことではない。

 自分の能力がいずれ消えてしまう事自体、シロノは今回初めて知ったのだ。

 クロロの部屋の前でそれを知ったとき、アケミがざわりと気配を際立たせたことで、シロノはアケミがそのことを知って居ながらにして自分に言わなかったのだ、ということもまた知った。

 

 そしてそのことを察知しているアケミは、顔を顰めてシルバを見つめている、いや半ば睨んでいるシロノを、少し困ったような気配でもって見守っていた。

 

 シルバは驚いた表情で、自分に抱かれているシロノを見遣っている。

「そうなのか?」

「うん」

 こくり、と、シロノは慎重な動作で頷いた。

「もしや、“大人になったら売り飛ばされる”というのはそのことか?」

「そうだよ。おままごとができなくなったらママもいなくなって、あたしいらなくなるの」

 シロノは、きらきらしたラメの光るマニキュアが塗られた小さな手で、シルバのスーツの生地をぎゅっと掴んだ。

 

「ママ……?」

 シルバが少し首を傾げたので、シロノは、「幽霊なんだよ。“凝”をすれば見えるよ」、と、これもまた立ち聞きした情報を漏らした。

 アケミがおたおたするのがわかったが、シロノは、まっすぐにシルバを見つめている。

 シルバは灰青の目にオーラを集中させると、ちらりとシロノの背後を見遣り、再度驚愕の声を発した。

 

「これは驚いた。……何か気配がするな、とは思っていたのだが」

 赤い髪と青い目、ロマシャの民族衣装、そしてシロノに似た顔立ち。

 どうやら、シルバは霊感がある方らしい。“凝”を行なえば、彼はそんなアケミの姿をはっきりと見ることが出来た。

 

 その後、シロノは少したどたどしい言葉で、アケミの能力もまたシロノが大人になれば使えなくなってしまうことなど、自分の知っている全てを投げ散らかすようにして喋り切ってしまった。

 

「……なるほど」

 シルバは、考え込むようにして、数秒黙った。

「行く所がないと初めに聞いてから、既に考えていたことなんだが……」

 そう言いつつ、“凝”をして、アケミの様子もうかがいながら、シルバもう一度、シロノをまっすぐに見る。

 

「ゾルディックに来るか?」

 

 その言葉には、シロノよりも、アケミの方が驚いた。

「……でもあたし、大人になったら能力がなくなっちゃうよ。……ママのも、」

「ああ、聞いた。しかし念自体がなくなるわけではないのだろう? 能力が決まっていない念能力者になる、というだけで」

 その問いに、シロノはこくりと頷いた。

「その能力がなくなってしまうのは確かに惜しいが、そのあと新しい能力を考えればいい」

 あっさりと発されたその提案にシロノは驚き、真ん丸に目を見開いた。

「うちは家族全員が暗殺者、つまり念能力者だ。能力がなくなった後のフォローもしてやれる。まあ、そのときうちの仕事により良い能力にしてもらえればなお良いが……。まあとにかくこの歳でそこまでの念使いであるなら、ゾルディックに来ても遜色はないだろう」

 シロノは目をまん丸くしたまま、じっとシルバを見つめている。

 

「お前は綺麗な銀髪だし──」

 大きくごつごつした指先が、シロノのさらさらの白い銀髪をすくった。

「ぎんぱつ?」

「私も銀髪だろう」

「うん」

「私の銀髪を受け継いだのは三男だけだ。そのせいもあって、妻は三男を特に可愛がっている」

 素質があるというのももちろんあるのだが、と、シルバは夫婦間の惚気にも聞こえる発言をフォローした。

「それに、うちには娘が居ないからな」

 キキョウも喜ぶかもしれん、とシルバは言ったがしかし、その発言にアケミがざわりと気配を険しくしたことにも気付き、シルバは少し冷や汗を流す。

 

 おそらく、実の母親としては面白くない話題だったのだろう。

 同じ発言をキキョウが聞けば、彼女もまたアケミと同じリアクションをとるだろうことは明らかだ。そういう女を熟知しているシルバだからこそ、そのとき「……母親が健在なら、養女というのは少し問題があるか」、と提案の修正を試みた。

「養女でなければ執事見習いにでも……いやしかしな──……ああ、そうだ」

 シルバは、良いことを思いついた、と言わんばかりに、少し笑った。

 

「うちの息子の嫁候補、というのはどうだ?」

「よめ? およめさん?」

「そうだ。婚約者探しというのは、うちでは最も難しいことの一つだ。ゾルディックに入って見劣りしない念能力者自体少ない上、そういう人間が家庭に入ってくれることは珍しい。同じ暗殺一家では、一族という囲い自体を広げることになって厄介だしな」

 だが、素質のある者を幼い頃から花嫁修業させておけばその手間が省ける、とシルバは言った。

 

 もちろん、ゾルディックでいう花嫁修業には念能力者としての修行も大いに含まれるということも付け足し、彼は続ける。

「年齢的には三男より下が丁度いいだろうが……次男は十六、長男は今年二十一で少し歳が離れているが、気があえばそれでも構わない」

 そう言って、シルバはシロノから目線を外し、「どうだ?」という視線でアケミを見た。アケミは、青い目を見開いている。

 

  シロノと同じ銀髪を持ち、既に五人もの子供が居る男。

  よく出来れば頭を撫でて褒め、躊躇いなく子供を抱き上げるその手。

  誰もが簡単には入って来れない、山の上の大きな家。

  そして、能力が消えてしまったという前提の上での、しっかりした将来のプラン。

 

「悪い話ではないと思うが」

 

 ──アケミが求めていた、“理想のパパ”がそこにいた。

 

「……どう思う?」

 シルバはそう言って、開け放したままのドアのほうへ視線を飛ばした。

「あ……」

 つられて同じ方を見たシロノは、ハっと目を見開き、小さく声を漏らした。

 

「どう思うも何も、勝手に話を進められては困る」

 そこに立っていたのは、黒髪の若い男。

 

 ──クロロだった。

 

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。