【子蜘蛛シリーズ1】play house family   作:餡子郎
<< 前の話 次の話 >>

5 / 25
No.005/うそつきはどろぼうのはじまり

 

 

 最後にシロノが「いってきます」と言ってドアを開けて閉める仕草をすると、あの強固な見えない壁、『レンガのおうち』は消えてしまった。

 

「あの『家』は“円”を固定したものだからな。その持ち主が中からいなくなれば消える、ということだろう。では次は……パク」

 クロロが指示すると、パクノダはもう一度シロノの肩に手を置いた。

「なぜ私たちの名前を知っていたの?」

「あのね、ママが教えてくれたから」

「……だそうよ」

「は?」

 シャルナークがぽかんとした顔を向けると、パクノダは肩を竦めて首を振った。

「この子の言ってる通り。“ママ”が知ってた、ってだけだわ」

「質問を変えてみろ」

「そうね……。じゃあシロノ、“ママ”はどういう人?」

 そう質問したパクノダだったが、しばらく考え込み、そして眉を顰めた。

 

「……どういうことかしら」

 

 彼女の力を持ってしても、“ママ”に関しては断片的な“記憶”ばかりで、はっきりとは分からないのだという。

「でも……、この子の記憶によると、“ママ”は念能力じゃないわ。……多分、人間」

「それは、今日俺たちが見た“ママ”と、人間の“ママ”は違うもの、ということなんじゃないのか?」

「いいえ、同じものよ。この子が混同してるのかもしれないけど……」

 パクノダはちらりとシロノを見遣った。

 シロノは子犬のようなきょとんとした表情で、考え込む大人たちを見回している。

 

「でも、“ママ”が意思や思考のある存在なのは確かね。それと、この子をとても大事にしてる。何があっても守る、って何度も言ってるのが見えたわ。この子に危害を加えようとする衝撃が来た時、“ママ”が自動的にガードする……っていう情報も見えた。完全に防ぎきるのは無理みたいだけど……」

「ああ、俺が手を弾かれたやつか」

「あのね」

 自分が話題ではあるが、大人の話に口を出していいのだろうか、という考えがありありの様子で、シロノが口を挟んだ。

 

 その毒気のない様に絆されたのか、「なあに?」とパクノダがいつになくやさしい声を出すと、シロノはなぜか一度、なんの意味もなさない背伸びをして、もう一度、「あのね」と話しだす。

「んと、ママがね」

 子供は、じっとクロロを見て言った。

 

「理由もなくこどもをぶつ家族は、最低なんだって。だからね、あたしをぶったら、ぶちころしてやるって、ママが」

「……く、」

 それは怖いな、と言いながら、クロロは笑った。

 クロロ自身、なぜこんなに笑いが漏れるのかよく分からない。だが、この状況にあって、全く焦燥感のない子供の様子がひどく愉快だった。

「ぶち殺してやる、か。“ママ”は少々ガラが悪いらしいな」

 クロロはまだ笑っている。やたらに機嫌のいい彼に、団員たちはやや訝しげな表情をした。

 

「とにかく、それ以上は分からないわ。質問を変えてみる?」

「いや、今日はとりあえずもういい。あとは水見式をやらせてみてからにしよう」

「しかし、なかなか面白い能力ね。私なら自分以外全員“犬”にするよ」

 フェイタンが淡々と言った相変わらずのドS発言に、全員が微妙な顔をする。

「あ、ダメよ。“こども”と“ペット”だけの発動はできないわ。核家族揃っていないと……“ママ”は固定だから、つまり“パパ”と“こども”は設定しないとダメね」

「何だ。つまらないね」

 パクノダの補足に、フェイタンは興味を失ったように言い捨てた。

 

「団長、で、どうするの。盗るの? この子の能力」

「まさか」

 クロロは笑いながら、人様より長い脚を組み直した。

「盗らんさ。いくら面白い力でも、この歳で自分からごっこ遊びをしようとは思わない」

 

 

 

 その後、シロノはシャルナークとフィンクスに「さようなら」をして念を解除した。

 ちなみにフィンクスは、うんざりしたような顔ですぐに姿を消してしまった。どこかに憂さ晴らしでもしにいったのだろう。

 

 だがシロノは、頑としてクロロにかけた念を解除しようとしなかった。

 

「だってパパ、嘘つきだもん」

「お前、結構しつこいな……」

 眠いのだろう、目を擦りながらも絶対に首を縦に振らないシロノに、クロロはため息を吐く。

 

「別にクルタが好きってわけじゃないんだろう? どっちみち俺ももう追うつもりはないが」

「んー……でも、ごはんとかもらったし……」

「ほお、なかなか義理堅いな、お前」

 ノブナガが、眠そうな子供の頭をがしがしと乱暴に撫でた。

 白く細い髪がぐちゃぐちゃになったが、眠気と闘う事でいっぱいいっぱいらしいシロノは、それを直そうとはしなかった。

 

「まあ、別に今の所支障はないから構わない。気の済むようにしろ」

「うん」

 ほとんど船を漕ぎながら、シロノが返事をする。

 そのやりとりに、シャルナークがくすくす笑って、「じゃあ団長は、シロノの気が済むまで“パパ”なわけ?」と言った。

「そのようだ。いきなり子持ちになってしまった」

「うーわ、似合わねえ」

 ウボォーギンが、げらげらと笑いながら言った。

「フランクリンとかノブナガならまだ父親に見えるけどね」

「おいコラどういう意味だシャル」

「そのまんまの意味だけど」

 団員同士のマジ切れ御法度! と皆がぎゃいぎゃい言っている間に、ゆらりゆらりと眠気の大揺れに船を漕いでいたシロノを、側にいたクロロが掴んだ。

 

「……団長、その持ち方はちょっと……」

 子猫を掴むようにして、シロノのだぼつくシャツの首根っこを掴んでいるクロロに、パクノダが呆れたような声で言った。

「子供の抱き方なんぞ分からん」とクロロは言いながら、今にもコテンと寝てしまいそうなシロノを、物珍しそうに眺めている。

 首が絞まらないように気をつけて持っているだけマシだろうか、とパクノダはため息をついた。

 

 まあ、クロロだけでなく、ここにいる全員がこんな小さな子供とこんなに近くで接したのは始めてのことなのだから、仕方が無いと言えば仕方が無い。パクノダとて、じゃあどうやって抱けばいいのだと聞かれても、明確に答える事など出来ないのだから。

 

「……パパは、うそつきだから」

「まだ言うか」

「何かもうここまで来たら天晴だな、こんなチビのくせに」

 クロロを逃がすまいとしているのか、小さな手で彼のコートの端を掴んでいる子供を見て、ノブナガが笑った。

「……あのね、パパ」

「なんだ」

 ほとんど寝言、むにゃむにゃした声で、シロノは呟いた。

 

 

 「……うそつきは、どろぼうのはじまりなんだよ……」

 

 

 ──一拍おいたあと、残らず全員が爆笑した。

 手遅れもいいとこだ! と、数人は涙が出るほど笑っていて、それはかなり長い間続いた。

 しかし強大な眠気にとうとう負けたシロノは、クロロに首根っこを掴まれたまま、そしてクロロのコートの端を握り締めたまま既にすっかり寝入ってしまっていて、それを知る事はなかったのだった。

 

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。