提督はただ一度唱和する   作:sosou

5 / 27
今さらだが

読 み に く い な

でも変えない


5.犠牲を糧に

 帰ってきたといわれても、新城にはなんのことだか理解出来なかった。だが、自身も理解していないような顔をしている下士官の後ろから、こちらを覗いている影を見て、理解せざるを得なかった。

 反射的に出てきそうになった怒声を噛み殺し、新城は立ち上がる。

 入室したその艦娘は、おどおどとした態度とは裏腹に、見事な敬礼をして見せた。

「枝幸駐在艦娘、吹雪です。皆さんの撤退支援のため、避難誘導任務より帰還しました。あの、街があんなになっちゃってるんですけど、もう深海棲艦が来たんですか?」

 敬礼を解くなり、尋ねてくる彼女に、海軍には海軍のやり方があるのだと、いい聞かせる。

「市民の避難は完了したのか?」

 新城の質問に少し怯えた様子を見せて、吹雪は答えた。

「はい、釧路まで」

 新城は天井を仰ぐ。それでは意味がない。

 陸にいると分かりにくいが、常に、休みなく、あらゆる場所が、深海棲艦の侵攻に晒されている。彼女らを外海に押し返し、複数の艦隊を常時遠征任務に貼り付けることで、何とか本土は平和を保っているのだ。それがこの二日、北方海域は空になっている。外からの圧力に負けて撤退したからだ。

 猶予は一日あるか、ないか。その間に、せめて北海道から脱出しなければ、いや、日本海側に誘導すべきだったか。新城の中で、後悔と怒りが湧き上がる。

「君は避難要領を知らないのか?」

 吹雪はキョトンと首を傾げた。

「君は軍から教育を受けたことがあるか?」

「・・・・・・任務の説明は受けました」

 なけなしの自制心が、爆発する感情を押しとどめた。

「釧路から、避難民は脱出したか?」

 吹雪はもう、怯えを隠していない。

「いいえ、海上は危険だからって、あの、私たちはもう必要ないから好きにしろっていわれて、だから」

 耐えることは出来なかった。奇妙に浮いて見える離れた眉が大きく弧を描き、ごつい顔の造りに不似合いな三白眼が、金壺の奥で昏い光を放つようだった。無目的に大きな鼻と口にしわが寄り、嗤っているようにも見える。部屋中に耐え難い殺気が充満した。千早が悲しげに身を捩って、新城から逃げる。運の悪い下士官と吹雪には無理だった。

「・・・・・・安全と確認出来るまで、全力で支援せよと命じたはずだが?」

「だって、釧路は大湊から艦隊が来るから、安全だって、駆逐艦の出番はないから、大人しくしてろって、でも、皆さん武器もなくて、私、お役に、立ちたかったんです」

 吹雪は泣いていた。新城は一切の感情を見せない顔で教えた。

「安全とは、深海棲艦が襲撃してこないと確認された場所のことだ。釧路は襲撃されない場所か?」

「海上で迎撃するそうですぅ」

 新城は居心地の悪そうな下士官に顔を向けた。下士官はもの凄く言いにくそうに報告した。

「あー、駐在官殿が前装式小銃を小隊分、運んでこられました。弾薬もいっしょです」

 吹雪の泣き声が響いていた。千早が非難の唸り声をあげる。新城はしばらく黙った。

「ありがとう。吹雪駐在官。少なくとも、我々は助かった」

 新城はやっと敬礼した。投げやりでも、いい加減にはしなかった。

「ごめんなさーいぃ」

「伍長。彼女を休ませてくれ。僕は小隊を呼び戻す」

「取りあえず、荷物は開けて使えるようにしとりますんで」

 伍長は姪っ子を相手にするような様子で退室していった。ついでに、千早が新城を叱るように睨んで付いていく。

 新城は一人残された。

 

                     §

 

 深海棲艦の上陸が確認されたのは、小隊が全員戻った後、未明のことだった。未だに火を吹き続ける港で右往左往している姿を見届けると、新城は任務が達成されたものとして撤退を開始した。

 海でならともかく、陸上で狩猟採集生活を続けられるほど、彼女らも器用ではない。

 稚内から避難民を連れて撤退してきた部隊と合流し、旭川でようやく自分の大隊に戻った新城は、吹雪の面倒を押しつけられた。

 ちなみに、日本海側の駐在艦娘は、一部市街地防衛のために残ったらしい。新城は気にしなかったが、彼女らは統合幕僚本部直轄であり、駐屯する軍と行動するようには命令されていなかった。市民が陸路で避難する以上、漁船警護の名目で町を離れることも出来ない。

 可能な限り迎撃せよと言われた彼女らは、それが不可能になるまで任務を続けるのだろう。既に、本州との連絡は途絶えていた。

 説得に応じた艦娘は少ない。というよりも、彼女らも自分たちがやり切れるとは思っていなかったのだろう。貴重な重巡など、強力な艦娘ばかりが同行している。人混みから離れ、通夜よりも酷い雰囲気で蹲っている。

 彼女らは託されたのだ。きっと、避難民だけでなく、軍すらも護ろうとしているのだろう。そんな有様でも、彼女らは常に海側を意識している。

 ついでとばかりに彼女らの世話まで押しつけられた新城は、何食わぬ顔を装って近づいていく。

「残った艦娘と連絡は取れるか?」

「あぁ?」

 もう艦娘が軍人であるとは思わないことにした新城に、動揺はない。この頭からアンテナの生えた女子高校生は何といったか。スカートの短さは置くとしても、セーラーの下にシャツ位は着てもよいのではないか。

「君たちは深海棲艦の影響下でも通信が可能と聞く。残留した艦娘と連絡は取れるか」

「そんなもん、今さらどうしようってんだっ!」

 注目が集まるのがわかった。新城はだから何だという気分だった。

「出来るなら、すぐさま呼び寄せるべきだ。無駄に死ぬべきではない」

 最初から剣呑だった艦娘の態度が、噛みつかんばかりになる。

「無駄だと?」

 確か摩耶だ。艦娘の名前を思い出せて気分がよくなった。千早に比べれば、子犬が唸っているようなものだ。重巡とて、恐ろしくもない。

「ああ、無駄だ。奴らに餌を与え、燃料、弾薬まで呉れてやる。むしろ、害悪といっていい」

「あいつらはっ!」

「彼女らが、どういうつもりであったかは関係ない。行動には結果が伴う。その責任は取らねばならない」

 悲鳴といってよいほどの怒声すら、新城は無視した。彼女らは彼の監督下にある。手加減をする理由はなかった。

「腹を満たし、燃料と弾薬を補給した深海棲艦が、今この北海道に上陸している。その意味がわからないはずがない」

 やはり可愛いものだ。押さえ切れぬ興奮で、大きな目から涙が零れようとしている。自分はよっぽどの外道に見えているのだろう。軍人とはそんなものだ。陸軍に所属したことに、思うことがないでもなかったが、艦娘を見ていると軍人でよかったとすら思う。

「連絡は出来るか?」

 重巡摩耶は、唇を噛んで俯く。結論など、わかりきっていた。新城は無言で待った。摩耶も答えない。それが答えだ。

 だが、容赦はしない。

「・・・・・・さっき、最期の通信があった。数え切れない位、イ級が来て、もう護りきれないって、ごめんなさいって」

 摩耶が根負けした。それは仲間の、その死の、献身の、存在を否定したということだった。それでも涙を堪えているのは評価に値した。新城は言った。

「報告は正確にしろ」

 摩耶の顔が上がった。真っ直ぐに新城の目を貫く。彼女は背筋を伸ばし、大声で怒鳴る。

「稚内駐在艦隊は通信途絶!! 残留した艦娘は全滅の模様!! 敵は無数の駆逐艦イ級!! 敵戦力の総数及び構成は不明!! 稚内は落ちた!! これでいいかっ!!」

 どうやら真面目にやっているらしい。その目に憎しみはあったが、誠実だった。彼女らを戦場に放り出した間抜けは、気が狂っているに違いない。自分もそう変わりはないと思い、新城は一つ頷く。

「では、飯を食え。向こうに用意してある。兵に言えば、渡してくれるだろう」

「こんな時に飯かよっ!」

「戦争だ。むしろ、腹が膨れねば始まらない。さ、急げ。彼女らを食っている間は、奴らの進軍も止まるだろう。僅かではあるが」

「お前ぇっ!!」

「もうやめよ。摩耶ちゃん」

 別の方向を警戒していた艦娘が近寄って、摩耶の肩をそっと押さえる。左目の色が違う、というよりも、仄かに光っているようだ。

「味わっている暇はないぞ。君も、全員で食事だ。陸での警戒は、我々の方が得手だ」

「ありがとうございます。みんなを呼んできますね。ね、行こ?」

 彼女は古鷹だったか。穏やかな性質らしいが、新城に嫌悪感すら見せなかった。笑顔で頭を下げ、摩耶の手を引く。一瞬、新城が後ろに組んで隠している手に視線を向けた。摩耶は古鷹の手を振りほどき、新城を睨みつける。

「あいつらは絶対に無駄死になんかじゃない」

「それを、彼女たちは証明出来ない」

 摩耶は何か言おうとして出来ず、全てを振り切るように踵を返した。離れた場所で、目を擦っている。古鷹が寄り添っていた。

「何とも、まあ。これで、尻に火が付いてくれればいいんですがね」

 新城の傍らに、中隊最先任下士官の猪口が立った。新城は顔も向けない。彼とは古い知り合いだった。

「覗きは感心しないな」

「申し訳ありません。しかし、任せて頂いてもよかったのでは?」

 猪口の言いたいことはわかった。だが、難しい。

「あれで士官待遇だ」

 猪口はむしろ楽しそうだ。

「厄介ですな。中尉殿にはご同情申し上げます」

 新城は、顔も向けなかった。

 

 

 

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。