バカとテストと風紀委員   作:暗黒水晶
<< 前の話

6 / 6
遅くなりました(苦)
本当に申し訳ありません。

一つお聞きしたいのですが、台本形式と今の形式どちらが読みやすいでしょうか。

気が向いたらでいいんで回答していただけると助かります。


開戦と回復試験と双子

午後1時となり、Fクラス対Dクラスの試召戦争に開戦の狼煙が上がった。

 

 

どちらのクラスも先遣隊が勢いよく各教室から出陣していき、廊下で激突する。

 

 

そんな中、篠崎兄妹と姫路は回復試験を受けるために別教室を訪れていた。

 

 

それというのも姫路は振り分け試験を途中退出したから、篠崎兄妹は転校の手続きが振り分け試験までに間に合わなく、持ち点がないからであった。

 

 

 

 

「これより回復試験を始めます。科目は現代文、英語、数学および理科1科目。間違いはありませんか?」

 

 

 

 

回復試験の担当を務める先生が受験科目の確認を済ませると、直ぐに開始を告げる。

 

 

教室には3人のペンが走る音が響き渡る。3人は黙々と、ただひたすらに問題を解いていく。

 

 

 

 

―――――2時間後―――――

 

 

 

 

3人が回復試験を受け始めてから2時間が経過した。この2時間の間、3人は受験科目が変わるときくらいしかペンを置かず、それ以外の時間は常に問題を解き続けていた。

 

 

そんな中、急に校内放送が始まる時の鐘の音が校内に流れる。

 

 

 

 

『船越先生、船越先生』

 

 

 

 

そこから聞こえてきたのは先生の声ではなく、学生の声だった。しかも篠崎兄妹も聞いたことのある声であったため、Fクラスの学生であることが明らかであった。

 

 

 

 

『吉井明久が体育館裏で先生のことをお待ちしております。生徒と教師の垣根を超えた、重要な話があるそうです。』

 

 

 

 

この放送がなんの目的で行われたのかは分からないが、これが吉井を虐げるものであることは明らかだった。それが分かったために篠崎兄妹は走らせていた1度ペンを止め、不快感を露わにする。

 

 

だがいつまでもペンを止めている訳にもいかず、再びペンを動かす。この時、どこか遠くで吉井の叫び声がした気がするが、それはきっと気のせいなのだろう。

 

 

 

 

――――――――――

 

 

 

 

それから更に時間が過ぎ、篠崎兄妹は姫路よりも早く回復試験を終わらせると、教室に戻ることなく戦場になってるであろう廊下に直行した。

 

 

そこでは吉井率いる中堅部隊がDクラスと戦闘していた。だが吉井たちは4人、Dクラスは8人と点数だけでなく人数でも圧されていた。

 

 

そのせいで中堅部隊には余裕はなく、ギリギリで保ち堪えているといった状況だった。

 

 

 

 

「くっ、逃げるしかないか。」

 

 

 

 

吉井は逃げるために何か策を考えるも、何も浮かばず、強行手段として近くにある消火器に手をかけようとした。

 

 

 

 

「吉井、下がれ。」

 

 

「先生!!篠崎慎哉、篠崎茜両名、只今より戦闘に参加します!!」

 

 

 

 

慎哉と茜はそんな吉井に呆れつつも、吉井より前に出て参戦の意を示す。

 

 

 

 

「分かりました。」

 

 

「「サモン!!」」

 

 

 

 

2人は先生の同意を得ると、直ぐに自分の召喚獣を呼ぶ。

 

 

慎哉の召喚獣は白いシャツと黒の長ズボンを身につけ、その上黒の半袖のコートを身に纏っていた。そしてその両手は金色の巨大な金属手になっていた。その大きさは握れば召喚獣の大きさにもよるが、殆どの召喚獣の身体を握り潰すことが出来る程だった。さらにはその爪も鋭く、下手な刀剣類よりも切れ味が良さそうだった。

 

 

対して茜の召喚獣はというと、慎哉とお揃いの白いシャツと黒い半ズボンを身につけ、黒の長袖のコートを身に纏っていた。しかも袖はかなり長く、その両腕が隠れる程。そしてその両脚は銀色の長い鉄のブーツを履いていた。しかもそのブーツの爪先と踵は鋭利で長い針状になっており、更には膝の部分にも召喚獣を容易に貫けるような針がついている。

 

 

 

 

「…………リップか?」

 

 

「こっちはメルト?」

 

 

 

 

2人は召喚獣の姿に言葉を失う。だがそんなことはお構いなしDクラスの生徒は攻撃を仕掛けてくる。

 

 

 

 

「さっさと失せろ、Fクラス風情が!!」

 

 

「篠崎君、篠崎さん!!」

 

 

 

 

吉井の声に2人は気を取り直すと、慎哉は突撃してくるDクラスの召喚獣を握り締め、茜は横に振られた剣を姿勢を低くして躱し、召喚獣の顎を蹴り上げる。

 

 

 

 

『………え』

 

 

現代文

Dクラス

モブA&モブB

102点&99点

 

VS

 

Fクラス

篠崎慎哉&篠崎茜

263点&290点

 

 

 

 

慎哉に向かって行った召喚獣は武器ごと握り潰され、茜に向かって行った召喚獣は頭を顎から突き刺されて戦死した。

 

 

そして後から表示された点数に、その場に元からいた学生たちと先生は驚きを隠せなかった。

 

 

 

 

「吉井、今のうちに他のヤツを連れて下がれ。」

 

 

「ここは私たちに任せてくれていいよぉ~。」

 

 

「う、うん。総員退避、一旦教室まで下がるよ!!」

 

 

 

 

だがいつまでも2人の点数に驚いてる訳にもいかず、吉井は2人の声で気を取り直すと、部隊員に指示を出して撤退していく。

 

 

それを追撃しようとDクラスの生徒は動くが、間に慎哉と茜が入ったことでそれも出来なくなる。

 

 

 

 

「お前たちの相手は俺達だ。」

 

 

「ここから先には行かせであげないよ?」

 

 

 

 

そんな2人を見てDクラスの生徒は、2人のことを本部に伝えるるために2人程この場を脱出しようとした。

 

 

しかし2人はそれを読んでいたようで、慎哉の召喚獣が茜の召喚獣を投げることで、Dクラスを挟みそれを阻止する。

 

 

 

 

「くっ」

 

 

 

 

前方には先程仲間を握り潰した慎哉が、後方には仲間を突き刺した茜が。

 

 

もはや何処にも逃げ場などなかった。もし彼らがこの場を離れることが出来るのならば、最低でも茜を倒す必要があった。

 

 

それを瞬時に理解したDクラスの面々は、慎哉を足止めするために1人がその場に残り、他の5人で茜に襲いかかる。

 

 

 

 

「無駄だな。」

 

 

「無駄だよ♪」

 

 

 

 

しかし2人はこれを気にすることなく、慎哉は向かってきた召喚獣を武器ごと切り裂き、茜は高く飛ぶことで全てを躱し、一番後ろにいた召喚獣を串刺しにする。

 

 

そこからは一方的な戦いだった。いや、戦いと呼べるようなものではなかった。それはただの蹂躙であった。

 

 

召喚獣を上手く扱いが故に、2人の攻撃は単調だった。故にそれは戦いではなく、蹂躙と呼にふさわしいものだった。

 

 

慎哉は茜に向かって行った召喚獣のうち2体を掴むと、最初の1体と同じように握り潰した。

 

 

茜は脚に刺さっていた召喚獣を抜くと、そのまま跳躍し、残っていた2体の召喚獣の頭を掴み、躊躇なく膝に付いていた針を突き刺す。

 

 

このたった一撃により、残っていたDクラスの生徒は全滅した。あまりにも簡単な攻撃が故に、残虐。あまりにも単純な攻撃が故に、無慈悲。

 

 

 

 

「戦死者は補習ぅぅぅぅっ!!」

 

 

 

 

何もかもが消えた戦場に響くは地獄の死者の雄叫び。そこに残るは死者の叫び。

 

 

 




今回は別sideなしです(苦)

思いつかなかったわけではないんですが、綺麗に纏まらなかったんでカットしました(苦)






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
一言
0文字 一言(任意:500文字まで)
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10は一言の入力が必須です。また、それぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。