現状いろいろと大変だ―

 なかなか寝不足が回復しなかったり、わが作品群では信じられないことに「味方側」の設定が非常に莫大で細分化して整理する必要があったりと、結構大変な狂騒曲。

 ですが、とにもかくにもホーリー編の大一番も終わり、この調子なら今月中にラグナロク編には突入可能です。

 ラグナロク編においてはあらすじでも書いた「魔王の終焉」についての真の意味が語られるとともに、バトルの規模もスケールアップします。

 イルマは固有結界使います。魔王の落日の影響がそこかしこで現れます。ついにクロックワークス側最後のサーヴァントも出ます。意外な人物が意外な人選になったりします。

 具体的に設定が膨大になっている理由の大半が、ここで一気に開示されるます。

 皆さん、どうか応援お願いします!!


日時:2019年12月14日(土) 17:41

<< 英霊剣豪七番勝負漫画版、マジ面白い!! ちょっとオンタイセウさんが心配になってきた >>

▼コメントを書く

返信コメント

車椅子ニート(レモン)

酷い寝不足は1日毎に少しづつ回復するので、あまり無理をしないで楽しんでいきましょう


日時:2019年12月14日(土) 18:15

烈 勇志

味方側の設定が非常に莫大で細分化して整理する必要があったってどんだけですか!?

“魔王の終焉”の真の意味……サーゼクスさん達の立場などが、トルメー達の叛逆という名の悦楽暴走によって駄目な感じになっているという事以外にもあるって事ですよね? マジで“真の意味”ってどういう感じなんだか……。


日時:2019年12月14日(土) 18:10


返信

    現在:0文字 10~1000文字