巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

凡庸  2018年01月18日(木) 19:53 (Good:0Bad:0) 21話 報告

観たのは大分前でしたが、これの本編は不気味でしたね。
犠牲者が出ることが珍しくないティガとはいえ旅客機が襲われたり、
別個体が度々出現していたりと、ひょっとしたらティガ世界で最も人類を殺したんじゃないかってくらいに。
クトゥルフ要素満載のティガということもあって、これも対話不可能の存在でしたね。
作中でもありましたが思考を言語化しても、それは生存本能を人間の言葉に訳しただけなので…と。
(21行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年01月19日(金) 14:36

感想、ありがとうございます!!

おそらく、というかほぼ確実に『ティガ』という作品を観た人なら否が応でもコイツは印象の残りますよね。やってることに加えて鳴き声も含めて。
『ティガ』の『うたかたの・・・』では「クリッター及びガゾートによる航空機の遭難、消失事件は尚も頻発していた」という作中ナレーションがありますので、確実に凡庸様の仰るように最も人を殺しているのはコイツらですね。しかも「捕食」の目的で・・・

ただ、そんなヤツと果敢に会話するホリイ隊員の勇敢さと『愚かさ』は実に人間らしいし、ガゾートたちはクトゥルフ神話で代表される「絶対的な理解不能な存在」としての演出が満載で素晴らしい名(迷)作ですね。

「地球人からしたら悪でも、彼の星では正義かもしれない」とウルトラシリーズのデザイナー・成田亨氏は言いました。そんな成田氏はクトゥルフ神話にも詳しかったとか。
そして、まさにガゾートとクリッターはその言葉を地でいくような存在・・・何事も人間の、甘えきった現代人では理解の及ばないこの発想、倫理観、考えを今一度現代人は考え直すべきでしょうね。


是非とも現代でリメイクするか、今の過去のウルトラシリーズを編集して放映している『ウルトラ列伝~』とかで放映して欲しいですね。
僕としては「怪獣は友達!仲間!!」みたいな風潮のある『コスモス』や『ギンガ』をやった直後にガゾートを放映し、是非ともそんな生ぬるい、甘っちょろいお話に冷水ぶっかけて、視聴者に色々と考えて欲しいですね。

凡庸様の仰るように、クリッターはUMAとして扱われたり、あるいは古代の文献にも記されていますね。
で、現代化学ではその正体は「プラズマ生命体である」という論文が発表されたとか・・・ですが、ティガはその論文が発表される20年以上も前にクリッターの設定や習性を作中で発表していました。これってスゴいことですよね。だからティガは異色であり、スゴいんだよなぁ・・・
しかし、何よりも「友達を食べる」という発想が出来るかと言えば・・・これを考えた小中千昭さんという脚本家の方はどんなにスゴいのだろうか?

「友達が食料」として有名なガゾート及びクリッターですが、死んだガゾートの亡骸は無数のクリッターになって空へ帰るという描写が劇中であったこと、凡庸様の考察などから考えるに、彼らにとって「食べる」というのは「同化する・一体化する」だと思うんですよね。
それこそ、現実世界でも粘菌や一部の線虫が劣悪な環境や食料が乏しくなった場合、何と仲間同士で寄り集まって一つの個体となってやり過ごす生態を持っているヤツがいます。
で、スゴいのは仮に一つの個体に待っても再度分裂できる、「個体」という概念は消えないという点です。これをクリッターに当てはめた場合、別に何ら不思議じゃないし、何よりも理にかなっていると思うんですよね。じゃないと共食いばっかりしてたら絶滅するだろうし。

まぁ、人間が自分たちのロジックをガゾートに押しつけたように、クリッターというかガゾートも自分たちのロジックを押しつけたからあんな惨劇が起きたんでしょうがねぇ・・・とにもかくにも、スゴいよガゾートって言う怪獣は。

こうして、凡庸様から様々な意見や考察を頂けたこと、そして色々と書いて頂けて光栄です!!とても勉強になりました。ありがとうございます。 では、次回をお楽しみに!!


余談ですが『地獄先生ぬ~べ~』でもクリッター出てましたしね。しかも、そっちのクリッターはティガのクリッターとは別のベクトルのトラウマを。気になったら検索・・・グロイので、お気を付け下さい。


凡庸  2018年01月09日(火) 18:27 (Good:0Bad:0) 21話 報告

今回はまた平和な話ですねw
まぁ確かに、承認欲求などもそうですが欲望の力って凄いですからね。
彼女らに自我が芽生えたのも必然なんでしょうかね。
それにしてもこの世界線は凄いですね。
この世界にまた怪獣が出ても、多分余程の奴じゃないと軽く粉砕されそうで。
(13行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年01月11日(木) 01:16

感想、ありがとうございます!! 今回はバッドエンドにならないお話でした。お楽しみ頂けましたか?

「欲望」と聞くとどうもマイナスイメージですが、逆に言えば生きるための活力であり、生物にとって一番大事な「欲」を「望」むことは必然であり、当然のこと。
そして、今回のお話でその生物である人間になった彼女たちは当然のように「欲」を「望」んだ・・・ミミー星人の最大の失敗として、彼女たちに人間(生物)の心を与えてしまったことですね。これがもし、ただの人の形をした殺戮兵器だったら結果は違っていたでしょうがね・・・
一例として『ウルトラセブン』と『ウルトラマンX』両方に出たチブル星人の作ったアンドロイド少女が、片方はただの人型の殺戮アンドロイド、片方は人型で人の心まで持ったアンドロイドだった。そして、話がこじれにこじれた挙句、チブル星人に滅びをもたらしたのはやはり心も持たせたアンドロイドだった・・・侵略兵器にする場合、心は持たせちゃダメですね(笑)
加えて、この戦艦少女たちは「アイアンロックス」だから侵略者が来ても怖くない・・・この世界は安泰だ。ミミー星人に感謝しなきゃ。

今や擬人化は日本が誇るクールジャパンの一角であり、同時に「ジャパニーズビーム」と海外の人にネタにされる悪しき文化になってる・・・もう少し、こう・・・バカにされないようなのをしようよ・・・

ロボットガールズですね・・・アレはマイナーを世に送り出す手段であり、同時に「ロボ娘萌え」という特殊性癖・・・オタクの方々のためのアニメですね。エロはともかく、歴史の波に埋もれていくマイナーを積極的に出すという点は評価できますね。
ウルトラの方もそれならいいんだけど、とにかくエロにばっかり力入れてるからやだ。何と言うか・・・子供の頃の思い出を、憧れとかその辺を汚されているというかなんというか・・・純粋に「可愛い」ならいいんですよ。大人も子供も可愛いのは好きだし、本当に商品展開の幅も広がって財源が潤うだろうに・・・一部にしか受けないニッチにしたのはダメですね。まぁ、あの「困ったら擬人化して売り出せ」がモットーのKADOKAWAがスポンサーな以上、抗えないだろうけど・・・

個人的な愚痴じみた事を書いて申し訳ありません。 では、また次回!!

そうそう、凡庸様の『平凡な~』の感想返しコメントで頂いたポケモンの四コマなどに関することですが・・・おわかりになるということは、以外と僕と凡庸僕と様って年が近いのですね。何か嬉しいです!!
あの化粧したベトベトンとゲンガーも覚えてますし、他には怪我したピカチュウに傷薬塗りたくった結果で「ヤクチュウ」なんて危ないネタやったり・・・本当にあの頃はフリーダムでしたね。


暗愚魯鈍  2018年01月09日(火) 17:13 (Good:0Bad:0) 21話 報告

アイアンロックスですか…『連合艦隊司令長官 山本五十六』で使用された戦艦大和のミニチュアを改造した奴ですよね…実はアイアンロックスはウルトラマンに出る予定だったらしくその時の名前は軍艦怪獣ヤマトンらしいですよ、しかし恐竜戦車といいアイアンロックスといい凄い発想ですよね…現代では考えられない…

しかし艦○れですか…確か母がテレビで録画してたから見て見たけどあんまり印象に残ってないんですよね…何故か天龍と龍田、金剛しか知らないんですよね…しかしこうも簡単に怪獣物と艦○れをクロスオーバーさせるとは!いつもながら銀色の怪獣様には驚きが隠せません
…しかし最近の円谷は擬人化は子供には見せられませよね…ちなみに二期に登場する怪獣の中にマガジャッバとマガバッサーがいるのは喜ばしいのですが…マガオロチがなぜ擬人化しないのか少し不満です!
それとガギ!この二体は個人的には凄く擬人化しやすいと思うんですよ!ガギは子供を捕まえてその子に自分の子を寄生させて産ませる…(おねショタ?)マガオロチは幼体でマガタノオロチを生み出す母…
(ロリママ?)…そして何より…シルバゴンとメルバを擬人化させてよぉ!!スフィンクスとか擬人化する前にこの二体でしょ!?スフィンクスとか誰も知らんから!ギランポは論外!そしてベロクロンは擬人化が遅すぎる!ドラゴリー、バラバこれは確実に擬人化してほしいですね!

…個人の欲望を書いてすみません…暴走しました…今回の話はウルトラマンオーブのニセモノのブルースでしたね…長かったけど面白かったです!次回も待ってます!長くてすみません!

返信:銀色の怪獣 2018年01月11日(木) 00:49

かんそう感想、ありがとうございます!!

相も変わらずイロモノというかマイナーばかり選ぶ僕のお話にお付き合いいただき、感謝します。
アイアンロックスはなぁ・・・妙にテキトーなようで変に力が入っている謎仕様ですからね。ただ、ヤマトンも見て見たかったなぁ。こう、恐竜戦車が「戦車の上に恐竜」ならヤマトンは「恐竜(トカゲ)の上に戦艦大和」という、逆の発想ですからね。この二体が並んだら絵になる・・・成田氏はブチ切れそうですが。

今回のは実は前々から『大怪獣~』の方で考えていたのですが「海の藻屑となった戦艦たちが長い時を経て、アイアンロックスとなって日本に戻ってきて、怪獣たちと戦っていた。何故なら、戦艦たちは国民を『護る』のが使命だから。でも、それは終わりなき悲しい戦い・・・」みたいなストーリー考えてまして、その最後らへんに「アイアンロックスたちが助けてくれた英一たちにお礼を言う際、人の姿=艦娘になってお礼を言う、あるいはキスしたらから哲子がブチ切れて・・・」みたないこともやろうと考えていました。ですが・・・かなり先になりそうなので、こっちでやっちゃいました(笑)

そんな小ネタ、というか発想を褒めて頂けたのは非常に嬉しいです。ありがとうございます。ちなみに、原作のゲームもアニメも見たこと無いのでマジで無知です。今回のは現役司令官の弟に協力を得ました。

擬人化でしょ?擬人化は・・・あれ、本当に子供には見せられない。それこそ円谷監督がいつも言っていた「夢や希望は与えても刺激は与えるな。我々は夢を与えているんだ。見ていて反吐が出たり、いやらしいものは絶対に作るな」の心情のもと、怪獣の血の色にすらこだわる円谷監督があの擬人化を見たら・・・情けないですよね。

でも、逆に言えばやるなら徹底してやって欲しい。あの擬人化計画の腹の立つ点として、とにかく「中途半端」な所がイラッとします。メジャーを出すなら全員出せと、マイナーを出すなら徹底してマイナーを出せと、とにかく中途半端にテキトーになってるから腹立つんですよね・・・
あと、声優を使っているのが僕としてはダメだと思います。擬人化計画って「擬人化を通して怪獣を知らない人たちに怪獣を知ってもらいたい」というきれい事のもとに始まったのだから、怪獣娘たちの声はモデルの怪獣の鳴き声にして、字幕を付ければいいと思います。そうすれば「あ、この怪獣はこんな鳴き声なんだ」という勉強になるし、何よりも今の円谷がやりたい「予算削減=声優にギャラ払わなくていい」になると思うのに、下手に声優使ったのはねぇ・・・

僕のシルバゴンの擬人化イメージはすこしガタイがよくて、ドラミングに耐えられるように爆乳な女子プロ。
メルバはゴルザを庇って犠牲になってるから健気で、イースター島から出ていたので、赤味がかった褐色肌女の子って感じですね。

いえいえ、こうして暗愚魯鈍様の意見を聞けて何か勉強になりました。書いて下さってありがとうございます。

今回はあの名作をイジったのは反省しつつも、やりきった妙な達成感で溢れています・・・

では、次回もお楽しみに~





ナインボール77  2018年01月09日(火) 14:38 (Good:0Bad:0) 21話 報告

うん平和に解決したな( ー`дー´)キリッ(笑)

メトロン星人みたいなノリの(ムスカでお馴染みの寺田農が侵略する価値なし)オチだったな(๑¯ω¯๑)ニンニン

まぁ某怪獣アパートとか公式が病気の怪獣娘。も居るしね( ・`ω・´)( ・`ω・´)ズイ (ง˘ω˘)วズイズイ (ง˘ω˘)วズイ

ヤプール人もこんなキモい(^_^;)悪感情もといマイナスエネルギーは要らね(;゚д゚)ェ…って言うな

まぁ大昔もタコでやらかしてるし(葛飾北斎等々の浮世絵)(๑¯ω¯๑)ニンニン(V)o¥o(V)(V)o¥o(V)
まぁ魔王マーラ様みたいなノリの変な怪獣はまだ出してないからなあ(^_^;)

返信:銀色の怪獣 2018年01月10日(水) 16:32

感想、ありがとうございます!

今回はバッドエンドではなく、ハートフルなクソストー…心温まるお話でした。お楽しみ頂けましたか?

実を言えば、仰るように『マックス』のあの方が演じた明太子の『もう狙う必要ないな』を参考にしました。確かに狙う必要がないっていうか、狙いたくない…

まぁ、何事も節度持って楽しくやってくれればいいだけなんですけどね。
節度持ってないのが日本人だし。北斎もだが、手塚治虫もケモナーらしいし。

ああ、マーラ様…あれは、あれはねぇ…流石に止める(てない女神○生)よね。ただ、「ヒトデットラー」とか「トドメキラン(だったっけ?)」いるし…ただ、子供が見る番組では止めよう。


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!


仮面奏  2020年09月02日(水) 00:22 (Good:0Bad:0) 75話 報告

グリッドマンの同人の件もそうですが、中国でもウルトラマンのデザインを盗用して無断で映画に使ったりというもはや犯罪レベルの事件がありましたねぇ…。
中国の真っ当なウルトラファンの方々も激怒してくれてたのが救いでしたよ。
裁判に勝訴したのも良かった良かった。
中国含めた海外での権利問題に決着を着けたお陰か、円谷の海外戦略もより一層活発になりましたし、やっぱりこういうのはビシッとシメていかなきゃなと痛感です。

ギャラクシーファイト2作目で海外ウルトラマンの代表ともいえるグレートやパワードも無事に登場決定しましたしね。


西園弖虎  2020年08月26日(水) 12:58 (Good:0Bad:1) 75話 報告

投稿お疲れ様でした。

――実際、便利になり過ぎて想像すると言うことや、考えることをしないor(調べて答えだけ得る)
結果は普通に見えて、そうではなく……何処か欠けた存在になっている。しかも、本人は気づいていない……いえ、気付くことなどないでしょう――だって、それが当たり前となっているのですから。古いから見難いや古臭いとか言う人居ますけれど、表現や伝えようとしていることの大事なモノは寧ろ今よりもたくさん詰まっています。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み