巨影都市オブ・ジ・エンド
作者:銀色の怪獣

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

感想

eba ID:ropDCTls  2018年02月12日(月) 00:16 (Good:0Bad:0) 25話 報告

大魔神に本名があったんですね…この映画シリーズや大映の昭和ガメラはDVDレンタルがなかなか見つからなくて、見る機会がありませんでした。(レンタルコミックは青年漫画ばかり、最近のアニメばかり、昭和を忘れてしまったのか、)
しかも阿羅羯磨(アラカツマ)とはまあ威厳がある名前で神々しい漢字がします。
『ブラック企業』というフレーズを聞くと黒い幽霊団(ブラックゴースト)のような死の商人(兵器を開発販売する)やかって水俣病やイタイイタイ病などの公害病を引き起こした企業群とか、脱税や横領や食品偽装などの問題を起こした企業を連想します。
こういった連中がいるから共産主義や社会主義が生まれ、対立の末それらが敗北の道を歩んだ。
水木しげるが「悪魔くん」を発想した背景に貧しさの原因として利益を独占しようとする心の存在が挙げられています。

殖やす『巨影』では最初タイトルとフォフォフォフォからバルタン星人だろうと思いましたがまさかのマタンゴ!!!完璧に騙された。

そしてタロウのバサラ!あれのエンドは結構怖いと感じました。(コスモス当時の戀鬼に並ぶ)、ドラマ『明日ママがいない』といった児童養護施設をテーマにした内容があれすぎてスポンサーが降板した曰く付きの番組や大阪で起きた子供二人がマンションの中で母親に鍵をかけられ放置されて餓死した事件があり秋葉原無差別殺傷事件と同じくらい印象に残っています。
こういったことを思い出すと同時に世の中の人がお互いを思いやり助け合う優しさを持てればこんな事件が起きずに済んだだろうかと考えます。

返信:銀色の怪獣 2018年02月12日(月) 23:32

感想、ありがとうございます!!

はい、大魔神様にはお名前があります。ただし、設定画集とかかなりコアな怪獣図鑑(大魔神を怪獣扱いしていいのか?)じゃないと見れません。とはいえ、かなりカッコいい字並びでいいですよね。

まぁ、最近はとにかく「擬人化」それもやたら女体かとかそんなのばかりで、古風だったりわびさび、あるは「勇ましい」とか「逞しい」とか無いですからね・・・悲しいし寂しい。だって、某中国が開発した戦艦ソシャゲではあろうことか原爆の擬人化まで出る始末・・・どうなっていくのか、それこそ先陣や先代の時代を忘れてしまうのでしょうねぇ・・・

大魔神の話は現代の抱える闇と、あえて偶然の結果で起きた人身御供を合わせた怪奇に仕上げましたが・・・それこそeba様の仰る『悪魔くん』や『ブラックゴースト』その他のものたちに繋がる「時代を超えた問題」ですね。大昔も現在も変わらないこの問題・・・果たして解決する日は・・・こないだろうなぁ。


殖やすもといあの変態じゃなくて変身キノコは最初はマジであの笑い声つながりでバルタンにしようと、特に厄介で怖い「あのバルタン」にしようと思っていましたが、そこはやはりあの笑い声の先駆者のマタンゴに敬意を払って出演してもらいました。ふふふ、欺けて嬉しいですよ?

バサラは・・・内容もですけど、アイツの見た目と鳴き声は確かに怨霊鬼に並びますね。かなり「生々しい」ですし。
そんなバサラはまぁ、子供の頃に『タロウ』の再放送を見て非常に嫌な思いをしましたね。とにかく胸クソ悪い&後味悪い。そりゃ、教育的なメッセージはあるんだろうけど・・・とにかく嫌な印象しかないです。
しかし、そんなバサラのような事件が現実に起きるこのご時世。互いを思いやったり、気遣うことの出来る優しさがないどころか、自分はスマホするのに夢中で泣き叫ぶ子供をガン無視、あるいはスマホをガン見する幼い子供や赤ちゃん・・・で、そうやって育った(育てられた)子供たちが親になって子供を産み、その子供たちに自分たちがされた子育て方法で育てていく・・・これほど悪循環はないでしょう。ただ、それでまかり通っている・・・いや、本当はまかり通っていないから痛ましい事件が起きるんですね。あーあ、怖いなぁ・・・

こうして深い考察や、色々と話題の提供ありがとうございます!! では、また


凡庸  2018年02月05日(月) 20:24 (Good:0Bad:0) 25話 報告

すいません、感想遅れました…。
前話についてですが、チブルな人らは女性にも同需要の製品を提供すれば良かったのでは?と思いました。
しかしながらそうした場合だと、本格的に男女間の対立が深まって、劇場版のマクロスよろしく
男女間での闘争に発展しそうな気がしなくもないですが。
とはいえ、チブル星人はもう少し搾取する立場として人類のフォローを入れた方が良かったかもしれませんね。
(23行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年02月07日(水) 13:54

感想、ありがとうございます!! いえいえ、お気になさらず。楽しんで頂ければ満足です。

まず、アンドロイドの下りは・・・仰る通りとしか言えません。人類相手にしてるならもう少しフォローを・・・とはいえ、あくまで彼も「異星人」であって「地球人のことは"根本的には"『どうでもいい』」と思っていたと、意外に穏やかで紳士であっても、所詮は地球人とは相容れないってことですね。詰まるところ某青い猫型ロボットの『ブリキの迷宮』やらセブンの『第四番惑星の』に通じる感じですかね?
しかし・・・もしもイケメンのアンドロイドなんて出たらば、それこそ大事に・・・文字通りのマクロス的な事が起きて戦争すら起きかねませんね。

何か速水〇こみちの出てる実写ドラマでイケメンのアンドロイドの話がありませんでしたっけ? 話がズレました。スミマセン・・・

そして、特別編のゴジラですが・・・なるほど「覚悟のススメ」ですね。確かに表現としてピッタリですね。あの暴れっぷりというか、怖さに加えてちゃんとしたメッセージ性を含んだ作風、確かに通ずるものがあります。流石は凡庸様です。
しかし、あの暴君っぷりは・・・歴代でも群を抜いていますね。特に「実写」だった頃のゴジラ故、その迫力も残忍さも桁違いですね。やはりただのビームや火炎で人間殺すだけの最近のゴジラはダメだ・・・

そういえば大和朝廷に関しては「大和朝廷はウルトラマンだった説」がありますね。
いわく、一つ目は特に武器も無いし、強くもないバラゴンならまだしも、空を飛んで毒針を飛ばすモスラと、雷を操るキングギドラを普通の人間が倒せるハズも無いのだが、倒してしまった大和朝廷は「怪獣以上の化け物」という認識がファンに広まったことが一つ。
次に、元々『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』の初期案ではウルトラシリーズの「彗星怪獣 ジャミラ」を出そうという案があり、それを聞いたスタッフなどが「ならいっそのこと、マジのウルトラマン出しましょうか?」と悪乗りして脚本が書かれていたことが前述の大和朝廷化け物説と合わさって「怪獣退治が出来る、怪獣以上の化け物=ウルトラマン」という認識というか都市伝説が生まれたらしいです。

とはいえ流石に世界観が違うので、そこはやはり凡庸様の仰るように呪術的なので倒したのでしょうね。

へドラですね。確かにヘドラ、もといへドラと戦った二代目も含めてコイツらは「頭がよくて賢い」個体として有名ですね。
何と言うか、へドラは明確に人間を殺して、しかもそれを見て「笑う」ような仕草を見せつつ、戦闘でもなかなかに賢い戦いを繰り広げました。こんな事、メカゴジラや他の怪獣は出来てないのに。

一方の二代目も、核のメッセージが薄れたとはいいつつも、何やかんやで色々な問題(親子や差別、環境破壊などなど)に踏み込んだり、ちゃんと核を扱った作品(某ヒーロー的なロボの作品でもやったし)してるので、かなり面白くていいと僕も思います。だからこそ「愛される」ゴジラですよね。好きなお気持ち、よく分かります。
だからむしろ、キャラクターというか「個性」のないシンゴジラアニゴジは・・・

今回も色々とたくさんの考察、そして面白い意見などをありがとうございます!! では、また次回です


妖怪の目 ID:qrGmBeBY  2018年01月28日(日) 16:51 (Good:0Bad:0) 25話 報告

初めましていつも読ませていただいています。今回の話は怖いけど悲しいですね。何せバサラ自体、生まれが可哀想な怪獣ですから。この怪獣が増えないような世の中になるといいのですが、、、。次の話も楽しみにしています。

返信:銀色の怪獣 2018年01月28日(日) 20:14

こんばんわ。はじめまして。銀色の怪獣と申します。この度は感想をありがとうございます。

何と!僕の作品を愛読して下さっているとは・・・感謝です!! この作品は悪者扱いされたり、必ずヒーローに倒されるか「敗(ま)る」怪獣や怪人、宇宙人を活躍させたいと、彼らに天下を取らせてあげたいという思いで書いております。なので、出来るだけ彼らが生き生きと活躍できるような描写を頑張りますので、よろしければこれからも読んで下さいませ。よろしくお願いします。

今回のお話は・・・確かに悲しいです。幸せになれると、せっかく母性に目覚めて「優しい」気持ちになったカナエ(かなえ)に降りかかった悲劇・・・タイトルにあるように『因果応報』だったとしても、せっかく前向きになった彼女もこれでは今までの彼女に逆戻り。世の中、厳しいというか"仕方ない"というか・・・
妖怪の目様の仰る通り、こんな悲劇が起きない世の中になることを願うばかりです。

次回はこれとは真逆に、明るいけどマジメな内容(?)をやりますのでお楽しみに!

では、これからよろしくお願いします。


凡庸  2018年01月27日(土) 23:06 (Good:0Bad:0) 25話 報告

今回は何時になくハードですな。
丁度今、タロウと大体同じ時期に放映されていたマジンガーZを観ておりましたが、
こちらでも捨て子に関するエピソードがあり、作中の台詞にて
「川に投げられたり、駅のロッカーに捨てられたり、赤ん坊には世知辛い世の中だねぇ」
「僕たち今の時代に生まれなくてよかった」
(8行省略されています)

返信:銀色の怪獣 2018年01月28日(日) 20:03

感想、ありがとうございます!!

おお、前に言われていたマジンガーZですね。そう言えば・・・確かにありましたね。捨て子に関するエピソード。というか、永井豪作品のアニメは捨て子とか家庭問題エピソードが多いですね。
やはり「永井豪」という人が特に社会派であるが故だし、それほどに問題になる事案だったのでしょうね。

何かデビルマンでは捨てられた(アニメでは「捨てられた」という表現ですが、明らかに死んでる子供たち・・・)子供たちの怨念とか悲しみを利用したデーモンが出て、キューティーハニーでも幸せそうな女子を妬むみなしごの女の子が悪者に利用されたり、挙句はあの伝説のけっ〇う仮面でも快楽に溺れて子捨てを繰り返す学生(!)にけっ〇う仮面が成敗する、といった感じでマジンガーZ意外にも永井豪作品、もっと言えば『タロウ』の放送が行われていた時代はそれほどに「捨て子・児童遺棄」などが深刻だったのでしょうね・・・

しかし、あの回は演出が怖い!バサラの鳴き声とかに使われている赤ちゃんの声?もさることながら、夜の墓地や謎のお経に血を吸って殺すバサラ・・・「実は『タロウ』は元々はホラー系作品として放送予定だった」という設定がイヤに活かされていますね。

実を言えば、元々は

1産気づいたカナエが病院に担ぎ込まれて子供を産む所で気絶する&カナエが産んだ"何か"を見た医師や看護師が悲鳴を上げる場面でシーンが暗転
2ふと目を覚ましたカナエが辺りを見回すと誰もいない・・・でも、どこからか赤ん坊の声が聞こえる。カナエは痛む体に鞭打ってその声の元へ行く。
3声の出所にたどり着くと、そこには"何か"がいたので、カナエはその"何か"は自分が産んだ子供だと思って呼びかけるが・・・振り返った"ソレ"は人外の、バサラだった。そんなバサラにはへその緒が付いていて・・・

みたいなガチホラー、グロ演出満載でしたが・・・流石にR―18になりかねんと思って今回の描写に変えました。

とにかく、怖がらせて何か嫌な思いをさせて申し訳ありませんでした・・・ですが読んで下さった事と、色々と褒めて下さってありがとうございます。

次回は少し明るい&でもマジメな内容にしますのでどうぞお楽しみに。


ナインボール77  2018年01月26日(金) 17:03 (Good:0Bad:0) 25話 報告

AlienとかGAROとかのホラーとかオークは大体女の身体使って増やすだもんな(;゚д゚)ェ…

怪獣王みたいなノリだと放射能浴びて生きてなきゃいけないとか(^_^;)マグマとマントルは温泉で海の中も下手なイカカニタコよりもヤバいくらいにならないといけないとか(^_^;)
ゴジラ細胞混ぜての分身だと強いけど(; ・`д・´)
漏れ無く本物による八つ当たりとかテストが始まるもんな(悪夢の始まり)

取り敢えず更新( ^ω^)おっですたい

返信:銀色の怪獣 2018年01月27日(土) 14:36

感想、ありがとうございます!!

今回はかなりエグいというかヤバい描写がてんこ盛り・・・ネクサスやネオ・ウルトラQでもやれなかった・・・やっちゃいけない描写をやって申し訳ありませんでした。でも、まぁ・・・やっぱり決着を付けたかったので・・・

何と言うか、やはりヤローより女性の方が「強く」て「逞しく」て「頑丈」だからでしょうね。妊娠・出産・子育て・・・全てに命のリスクが、文字通り「体張ってやる」女性だからこそ人外は女性に目をつけるのか・・・

いやぁ、オークとは・・・ナインボール77殿もお好きですなぁ(ニヤニヤ)・・・何かスミマセン。

しかし、そう考えるとタコやらバラやらトンボやらにエネルギー奪われて、そいつらを変貌させた挙句、問答無用でぶっ倒すゴジラって一体・・・?何気に、ゴジラも「メス」だから強いんですよね。

労いの言葉、どうもです。 では、また次回!! そうそう、次回は何か面白いし明るい(?)ノリの回ですよ~


暗愚魯鈍  2018年01月26日(金) 14:48 (Good:0Bad:0) 25話 報告

蔦怪獣バサラ…ですよね…最初の部分でわかりました…タロウの話にしては胸糞悪すぎる作品の一つで、ドルズと同じクソ作品ですよね!
ドルズはもう交わる世界でぶち殺しましたが(僕の作品ではもっと残酷に殺してやりたいですが…まあそれはいずれ…)バサラは難しいんですよ…まあ大体の設定は考えられますが…まだ書けないんですよね
…随分先になりそうです

私情をはさみましたが作品としては凄かったです、バサラの怨念、かなえの狂気など作品を再現しておりました、最後の腹から生まれたのも銀色の怪獣様らしいと考えました…結構ああいった要素入ってますよね…意外と…ね…私はだいしゅきホールド(ジャイガー戦のガメラがジャイガーに産卵プレイされていた時モスラが言った言葉)を調べた時、「……あ、そう言う言葉なんだ…」て絶句しましたからね…あと完全に余談ですが、ヤンデレてあんまり好きでないんですが、銀色の怪獣様の作品のヤンデレは…平気ですね…まあツンデレも混じってるからでしょうかね?あと英一君のヒロインを一途に想うところが好きですね…最近はやれハーレムだとか…多いんですよね…(僕の作品ものちにそうなる予定ですが…)…その点英一君は凄いと思います…たまに誘惑に負けるのがたまに傷ですが…

これは余談ですが、クロスオーバーさせる作品は決まっているのですが…その世界に流石に怪獣を出すわけには行かず怪獣が出てこなくなるんですよ…まあ一時的であくまで「普通」のその世界に合わない怪獣のみですが…いやその世界の登場人物の中の八人が僕が知る作品の中で怪獣を倒せる人なので…て言うか完全に怪獣より完全にやばい奴らばかりなので…多分知っている人もいるだろうけどマイナーだしな(少なくともウルトラマンとクロスオーバーしている作品の中では一個も見つからず僕が初めてクロスオーバーさせるはず)…そう言った世界に怪獣出すのは邪道と思い出せないのです…がそれでも呼んでくだされば嬉しいです!…まあ随分先になりますが…今は怪獣バトルを楽しんで読んでください!
長くなってすみません…次回も楽しみにしています!

返信:銀色の怪獣 2018年01月27日(土) 14:30

感想、ありがとうございます!!

今回のお話は・・・仰るとおり、というか自分でも書きましたが『タロウ』でのいい加減というか投げっぱなしな展開に自分なりにケリを付けたかったのです。ですが『大怪獣バトル~』の方だと色々と・・・なので「基本バッドエンド」なこちらで投稿した次第です。
暗愚魯鈍様の作品でのドルズ星人、そしてこの蔦怪獣がどうなるのか、楽しみです。その練り込まれた設定、展開をお待ちしております。

「メッセージを読み解いて欲しい」「社会的な問題や風刺を入れた」とは言うものの、流石にアレはないでしょ・・・

思ったのは、ドルズ星人の回を例えるなら「交通事故」でバサラは「通り魔」でしょうね。

何と言うか、ドルズ星人という全くの予想できない、防ぎようのない外部から与えられる理不尽によって人生を奪われる被害者。
一方のバサラはバサラもといかなえという明確な悪意を持った(ドルズ星人も悪意満々ですけど)によって、目に見える、ある意味では防ぐことの出来る悪意によって人生を奪われる悲劇だと思います。だからかなりイラッとするんですよね。特にあのガキは反省してない&たい焼きくれた男の子を殺そうとするなど、ゾッとしますよ。

ただね、あの世界ではチートジシイことウルトラマンキングだウルトラブレスレッドだ、果ては死んだタロウや怪獣をホイホイ生き返らせる技術があるのにねぇ・・・と、視聴者から揚げ足取られる展開をやっているのに「ウルトラマンにも出来ることと出来ないことがある」とか「社会風刺だ」とか宣うスタッフや脚本家は一度出直してこいと言いたいですよ。特にメモールを宇宙に投げ捨てたタロウお前・・・

僕の作品、あるいは怪獣に対する思いは「空想をいかに現実に反映させるか、どう読み解くか」か「その理不尽さを存分に楽しむか」でして、この手の特撮の二次創作作品に多い「怪獣出たー!ヒーロー出たー!それを何かとクロスオーバーさせたー!理屈も理由も、原理も何も関係無しに無双だバトルだー!ヒャッハー!!」は好みじゃないので・・・だから怪獣の生態やバトルを生々しくしすぎて胸焼けが・・・それを読んで下さって、本当に有り難うございます。暗愚魯鈍様のように、ドラマがあってスカッとするバトルは見ていて胸のつっかえがなくなるので大好きです!!

ヤンデレは・・・ヤンデレはねぇ・・・人殺す系はダメですね。こう・・・誰かを独占するような、深すぎる愛情、見ていて「可愛らしい」と思えるヤキモチ妬き程度が僕は好きですね。グロイのも僕ダメですし・・・

何か下ネタ系統はスミマセン。「下ネタ入れすぎ」って読者の方に注意されたこともありまして・・・気を付けます。

英一君のコンセプトは「昔ながらの、一昔前の主人公」ですかね。だから「男らしく」て「男だから」誘惑に負けるのですよ・・・悲しきかな男の性(さが)ってね・・・
特撮で例えるなら・・・ティガのダイゴ隊員、ダイナのアスカ隊員、オーブのガイさんみたいな「親しめる、気さく、共感できる、二枚目であり三枚目」みたいな感じですかね。まぁ、女の子がたくさんいてキャッキャウフフするのは羨ましい・・・華やかでしょう。男の憧れですわ。でもね・・・まぁ、嫌ですね。やはり「カッコよくないと」だめだし、何よりも「ヒーローらしくあって欲しい」ですね・・・まぁ、ウルトラシリーズで怪獣が美少女化したり、「俺強ええぇ!!」するチャラいウルトラ戦士が出る時代だから無理か・・・いや、ハーレムになって華々しくなるならいいと思いますよ?いいことですよ。

おぉ、件のクロスオーバーの件ですね。うむむ、それはまた何とも・・・難しくも、かなり興味が湧きますね。
そうやって誰もやったことが無いのをあえてやる、率先してやるのは実に素晴らしいことですからね。楽しみですね!!
しかも、こうやって悩まれているのはかなり考え込んで、真剣に物語りを作っている何よりの証拠ゆえ、とっても楽しみです。投稿された際は是非とも拝見させて頂きますね。

では、次回もお楽しみに!!


全話感想

ギアル ID:3M0F5q/I  2020年11月03日(火) 22:25 (Good:0Bad:1) 76話 報告

どうもギアルです。
2020年も後2か月程になりましたね…
コロナにケムール人。
ケムール人は未来の…2020年の地球人と言われていますけどこれはもしかするとコロナに対抗した結果…かもしれませんね。
そして、ケムール人は見た目を変える事ができるが中身は変えられない…
(10行省略されています)


ナインボール77  2020年10月25日(日) 12:15 (Good:0Bad:1) 76話 報告

ケムール人も(;^_^A世知辛いヨナ

ウルトラマンZの2020の再挑戦は神作だったな(V)o¥o(V)
パゴスの使い方がまさかの使い方だったし
ベリアル剣優しい(KONAMI感)
闇の宇宙人がウルトラQリスペクトするしww

更新乙ですたい( *´艸`)


青色好き  2020年10月24日(土) 14:55 (Good:0Bad:0) 76話 報告

 投稿お疲れ様です!

 私のリクエストであるケムール人を採用してくれましてありがとうございます!

 未来の地球人対過去の地球人、何だか映画や小説でありそうな展開ですね。技術の発達からして未来人の方が有利かも。

 ケムール人は宇宙人ですが一説では未来の地球人という説、聞いたことあります。ケムール人みたいな見た目には…… なりたくないかなぁ。
 今年は2020年、コロナウイルスが流行していますが、「コロナといったウイルスや病気に負けない肉体を作ろう!」とか言ってケムール人みたいな姿の肉体が作られる…… なんてことありそう。


暗愚魯鈍  2020年10月24日(土) 08:50 (Good:0Bad:0) 76話 報告

投稿お疲れ様です!

レギュラン…お前、シャケの切り身がモデルだったのか(笑)。ケムール人が出てきたのは最初は驚きましたがそういえば今年2020年だったなと思い出し納得しましたね

ケムール人の足の速さで窃盗を起こしたら…絶対に捕まえられませんよねぇ…転売して自分達の手術代にする…実に効率的で現代的ですね。ケムール人は未来の人類説は知っていました。ケムール人と我々…どちらか異形なのか…それは今の人類の行い次第…ですかね?

次回も期待して待ってます!



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。


感想検索
キーワード
ユーザー名 話数 並び替え
絞り込み