ダンジョンで失った物を拾い集めるのは間違っているだろうか
作者:イベリ

▼感想を書く

XX蒼XX  2019年07月03日(水) 19:11  報告

面白いです❗
続き楽しみにしてます❗


京勇樹  2019年07月02日(火) 22:00  報告

これ、違う作品では?

返信:イベリ 2019年07月02日(火) 22:51

すいません、間違えて投稿してしまいました!

掲載し直したのでそちらをご覧ください!


sinada  2019年07月02日(火) 21:53  報告

『失った物は君にとって』は【ダンジョンで失った物を拾い集めるのは間違っているだろうか】ではなく、『目覚めよ【後】』の【疾風に思いを乗せて】では?
【ダンジョンで失った物を拾い集めるのは間違っているだろうか】→【疾風に思いを乗せて】
『失った物は君にとって』→『目覚めよ【後】』だと思います。

返信:イベリ 2019年07月02日(火) 22:50

ごめんなさい、間違えて投稿してしまいました!

タイトルすら間違えていると言う大失態です。ありがとうございます。

掲載し直したのでそちらをご覧ください!


たてポン  2019年07月02日(火) 21:48  報告

勘違いであるならば申し訳ないのですが
これは疾風の続きではないでしょうか?

返信:イベリ 2019年07月02日(火) 22:50

ごめんなさい、間違えて投稿してしまいました!

掲載し直したのでそちらをご覧ください!


朝は一杯の珈琲から始めたい派  2019年06月20日(木) 15:07  報告

某悪徳の都の大尉も言ってましたね。
どういう理由があれ、そこに留まることを良しとした人間にかける慈悲など有りはしないとかなんとか……。
結局、ベル君や周りが何言おうとそういうことなんでしょうね。

自分は、フルヴィス?でしたっけ?そいつのケットシーの受け入れ方が異常に早かったり、度々出てくるベル君可哀想って風潮とベル君の自嘲や葛藤が拙かったり、くど過ぎてうざかったりしてちょっと合わなかったんですけどね。

仲間が全滅した元凶みたいなものが、正しく使えば力になりますとか言われても、受け入れ辛いと思うどころか、憎しみの矛先が可視化する分、更に荒れると思うんですけどね。うまく受け入れたにしてもその辺の描写が物足りない。

それにベル君に至ってはなんというか、過去話をそのキャラ自身にさせて自嘲させるのは、読者が先の展開を察せる分、ベル君は周りに受け入れられると察せられる分、うざいだけなので悪手です。周りがあの子可哀想って同情するだけなら兎も角。

構成を工夫してヘルメス辺りにでも語らせて、補足をベル君にさせれば、具体的なその時の描写も省けて、読者にベル君の悲惨さを想像させやすいから、そっちの方が受け入れやすかった。心理描写は兎も角、地の文が少なかったりは重い世界感の割に物足りないですし、セリフをハモらせるのも読者視点からするとうわぁってなります。

他にもいくつか有りますけど、心理描写にもっと多様性というか複雑さが欲しいです。
重い過去の割に心理描写がいろんな意味で単調、単純過ぎなのと作中のキャラの倫理観が少々偏りがあったりして、ちょっと読み進め辛いですかね。
まぁこう思うのも、単に僕の価値観に合わないってだけなんでしょう。なので全然スルーしていただいて構いません。

返信:イベリ 2019年07月02日(火) 22:49

ご指摘ありがとうございます

なるほど…フィルヴィスの所は確かにやっつけ感がありますね…この辺はもう修正しようがないので無理ですね。

書き方もこの小説で変えるつもりもありませんので…

感性、価値観は本当に人それぞれなので人によっては嫌いな人ももちろんいると思います。

どうしても合わなければ、閲覧をお辞めになっても全然問題ありません。できれば楽しんで頂きたいですが、それは作者の力不足。その辺については申し訳ありません。

ですが、この様な指摘は珍しく非常に嬉しいです。よく読んでくれているし、考えてくれているんだなぁと、勝手ながら思っています。

非常にありがたいご指摘でした。

ありがとうございました。


魔弾の奇跡  2019年06月19日(水) 14:16  報告

エミヤの時もそうだがアラヤは余計なことしかしねーな。

次回も楽しみにしてます!


京勇樹  2019年06月19日(水) 12:49  報告

世界の抑止力か……
アラヤ……


食欲の四季  2019年06月19日(水) 12:12  報告

やっぱり抑止力、余計なことしかしない。

返信:イベリ 2019年07月02日(火) 22:45

ハッキリわかんだねって事ですね


ironmanfk  2019年04月21日(日) 20:39  報告

あれ?朱色の双剣でベル=アサシンの様に近づける....もしリリも取り付かれているとして仮定して、あのFGOにおいてアサシンクラスではトップクラスのぶっ壊れ性能の彼女(もしくは彼女達)だとしたら、ある意味ドッペルゲンガー以上に危険かも....

返信:イベリ 2019年04月21日(日) 20:42

ありがとうございます!

おっと、残念ですがリリに幻霊は憑いてません。つまり、素の力であれです。

特訓は怖いですね。


ソウル01  2019年04月19日(金) 22:28  報告


更新お疲れ様です。前回の更新からおよそ約三ヶ月、首を長~くしてお待ちしておりました。
遂にやって参りました、今回は武侠ベル君とベートの待ちに待った喧嘩という名の戦闘回。別作品でも同じく活躍中でもある白蛇ベル君とはいったいどのような違った戦いや問いかけを見せてくれるのだろうかと楽しみにしておりました。

『初めはただ、リヴェリアが~』
↑あぁ、最初の豊穣の女主人での一場面でそんな光景がありましたっけね、お懐かしい。あの場面ってほとんどの二次創作ならドンパチしてしまう場面のイメージがあるんですけど、対応の描写をほんの少し変えることによりそれを踏まえて見てみるとこうも印象が変わるんだなぁと思いましたっけ(各作品のオリ主やベル君の性格などにもよりますが)。その後代わりにリューさんに絡んできた冒険者を追っ払っていましたよね。

ベートによる蹴りの嵐をものともしない、流石はベル君……ってこれじゃありがちな感想ですよね今更ですが、スミマセン。でも以前にも言いましたが各描写や台詞は変わらずアニメや漫画(〇樹貴先生風)のように脳内再生余裕ですb

さて幹部以外のメンバーを訓練場から出したわけですがベル君が変身……且つ変化した際は遂に出してきましたかと久々に興奮してしまいましたね。この場面で燕青の十八番とも言えるドッペルゲンガー要素を彼が直々にこうして披露してくれたのは個人的に嬉しい場面だったり。

ベートに対して己の武器の一つである銃(ブルーローズ)を向けるベル君。違うのは分かってはいるんですけれども、何となく魔改造した二丁拳銃をもったあの人物を思い浮かべるのは私だけでしょうかね……。あ、因みにここの戦闘描写は今回のお話の中でも気に入った場面だったりします。

リリも言ってましたが戦闘と言ってもまだまだお遊びクラスなんですかい、何となく分かってはいましたが。やっぱりそうなると中盤のレヴィス戦になったくらいでないとそれなりに本気とは呼べませんか。その内彼の本気レベルの戦いが見れることを期待してます。あ、リリはベル君との特訓で既に常識を捨てていましたか。まぁ強さもそうですが、能力が半端じゃないどころかガチで歩くチートのクラスですし。

型月ではお馴染みの単語及び要素、ここでベル君の起源がでてきましたか……しかも『天』とな? 更にかつてのアイズに対する心配とはまた異なった悲しみ、そして胸の痛みに浸るリヴェリア。しかも直感的に理解してしまったわけですからこれが尚更普通の痛みとはまた格段に違うわけでありまして……。
――まずい、私もわずかに痛くなりかけた。

ここからは武侠ベル君なりの、白蛇ver.とはまた違った方法での問いかけ開始。あちらでは色々と語って傷口を抉るような形でしたが、こちらはまた別のベクトルの形。その強烈な一撃は彼の心体を一気にへし折る程のレベル……猛者にすら思ったこともない疑問を抱かせるなんてもうトンでもないですわぁ……。
――――口を三日月のように歪めるベル君の姿を思い浮かべましたが、かつて新宿で戦った際の燕青のあの笑い顔を思い浮かべたのも私だけでしょうかね?

さて、これ以上は戦闘続行は無理だと判断し止めに来たティオネにアイズですが……? なんと……まさかのリリが更に二人の間に割って入ってくるとは、これは流石に予想外。サポーターとはいえLv.5クラスの冒険者を震えさせるだなんて……リリ、前回のお話の特訓場面を読む限り若干キャラが崩壊してしまっている感じでしたし、どれくらい壮絶なものだったかはまぁ……分からなくもありませんけど。

この後も戦闘が行われたわけでが……ほほぅ、そんな言葉があるんですね、そしてそういった意味合いがあるとは。恥ずかしながら初めて知りました。一気に極致へ至ったことで遂にベート強化、やったぜ! 至ったばかりでまだ慣れるのに時間は掛かるやもしれませんが、鍛えに鍛えて磨きをかければベル君の隣&背中を預けられるレベルになれるぜきっとb
そして『圏境』………ここで燕青以外の人物である彼の要素も持ってきましたか。これは今後の展開も面白くなってきそうですね、間違いない。

今回も大いに楽しませていただきました、大満足ですよもう。次回のタイトルからしてもう少しだけ続く感じでしょうね。



では次回のお話も気長に期待して待っております、ありがとうございました。

返信:イベリ 2019年04月20日(土) 17:39

ありがとうございます!

まぁ、ベル君の実力を知らなければ、リヴェリアが気に入ったペットのような少年程度の認識しかないでしょうね…酒場での1件を通して、ベートがベルの異常性に気づくきっかけを作ろうと思っていたので、上手くできていたなら良かったです。

ベルのドッペルゲンガーは燕青よりも上位のものになっています。

ベル君の起源に関しては、彼の心根も関係していますが、彼の行動にも関係があります。

こっちのベル君は、白蛇ベルとは違い、抉る形では無く紐解いて行く形式にしようと思っています。

リリに関しては、ある秘密があるのですが。それはまた今度という事で。

次回も続きます。

貴重な感想、ありがとうございました!



感想を書く
ログイン状態でのみ感想の投稿が可能です
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。