タイトル武侠のベル君がダンジョンに女神といるのは間違っているだろうか小説ID148508
原作ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか作者イベリ
あらすじ白い絹のような長髪、ルベライトの様な瞳、鍛え上げられた無駄が一片もない身体、左半身に紅の牡丹を、右腕には天に昇る龍の刺青を。

過去の罪を1人背負い、道を歩む。

強きをくじき、弱きを救う。
過去に囚われ、全てを失った少年は救いを求め武侠を目指す。

『生きろベル…!楽しくな!』

『ベルゥ!ハーレムは男の浪漫じゃぁ!』

「────兄さん…おじいちゃん…はよく分からないけど…」

そんな、今は亡き義兄と祖父の姿を追う様に少年はオラリオに立ち、白い少年は嘗てのように英雄を目指す。

だが、少年は英雄にはなれない。

彼は、既に"反英雄"

悪を持って善を明確にした存在。
そんな少年の幸せと苦悩、出会い。そして、大切な人達と歩む人生の記録。

反英雄が英雄へと至る道。

これは、そんな物語。




※ベル君の性格は変わる時がある。(口調は燕青に近くなる時がある)ベル君強い、技術がすごい、ステータスがすごい、スキルが凄いとチート要素が揃っとります。あと、メインヒロインはヘスティア様。これは譲らない。エイナさん、リューさんは確実にヒロインにする。他は状況によりけり…

タグベル・クラネル ヘスティア ヘスティア・ファミリア 史上最強の弟子ケンイチ(技のみ) FGO ヘスティアはベル君のメインヒロイン どう足掻いてもハーレムになってしまった 砂糖量産機構
必須タグR-15 残酷な描写 アンチ・ヘイト クロスオーバー
掲載開始2018年02月18日(日) 12:34話数連載(連載中) 16話UA165,838
最新投稿2018年08月13日(月) 09:09しおり720件お気に入り2,810件
開示設定通常投稿合計文字数140,437文字感想65件
感想受付設定ログインユーザーのみ平均文字数8,777文字総合評価3,586pt
評価
(黒→赤)
調整平均☆7.66:7.66  投票者数:73人 (平均評価☆7.30)
評価
☆10:10
 
 
☆9:27
 
 
☆8:10
 
 
☆7:5
 
 
☆6:3
 
 
☆5:5
 
 
☆4:3
 
 
☆3:4
 
 
☆2:2
 
 
☆1:4
 
 
☆0: