氷菓 大胆なる少女の行方
作者:道草ハミ太郎

▼感想を書く  ※この作品はログインせずに感想を書くことが出来ます

ぎぁごん次郎  2019年02月05日(火) 13:25 (Good:0Bad:0) 報告

久し振りに聞き返した。面白かった。
やっぱり短編はいい。スルメみたいだ。
スマホの音読はイントネーションがなく聞き取りにくいが、話がサラッと頭に入った。
また話を忘れた頃に見に来ます


くまさん in the night  2017年12月21日(木) 01:48 (Good:0Bad:0) 報告

とても楽しく読ませていただきました。
ただ、エピローグについてひとつだけ気になったことがあります。
供恵さん!裸の弟が去った後に『奉太郎ったら、少し見ないうちに大きくなった』って、その言い方だけ聞くと大きくなったが何なのか、誤解が生まれかねないですよ!!
ま、まさか本当に包太郎のことを指してたりはしないですよね!?

供恵さんが姉属性を発揮し始めたのか、それとも哲学的意味があるだけなのか……私、気になります!


閑話休題。
読んでいる途中までは、違和感だらけの電話や、家出した先で事故に会った可能性等々を考慮しない推理を前にして、正直少しだけ舐めていました。そうして周囲で起こる出来事が気になってしまうあのお嬢様のように、私自身、推理の論理性が気になってしまいました。
しかし最後は見事にしてやられましたよ。
まさかあれもこれも伏線だったなんて!
今まで氷菓のSSはそこそこ読んできたつもりですが、その中でも一番面白かったです。
もし私がこれからの人生で、推理と名の付く二次小説でおすすめの物はあるか、と誰かに尋ねられたら、これは『氷菓 大胆なる少女の行方』で片がつくと答えるでしょう。それくらい面白かったです。

-追記-

自分の書いた感想を冷静になって読み返したら、供恵さんについての部分は、ただの度が過ぎた悪ふざけであることに気がつきました。
ごめんなさい。この場を借りて謝らせて下さい。
謎が多い姉といえど、もう少しオブラートに包むべきでしたね。
『包太郎』は無いわぁ……。

返信:道草ハミ太郎 2017年12月20日(水) 23:30

感想ありがとうございます。
お姉さんは原作でもなかなかに謎多い人物で、取り扱いの難しい人物ですよね。
だいぶ前に書いたので、はたして何を思ってそんなことを書いたのか自分でも謎です。が、でもたぶんお察しのとおりのお下品な意味で言ってますね(笑)

内容をお褒めいただき恐縮です。
自分で読み返してみると、文章の拙さ、表現の希薄さにクラクラしますが、トリックについては精一杯に無い知恵絞ったのを覚えております。
推理物の、それも人が死なないという作風は、いざ書いてみようと思うとどうにも難しく、難しかったからこそお褒めいただくと喜びも大きいです。ありがとうございました。

これが氷菓SSで一番だなど、とんでもないことと思いますが(ハーメルンにも面白い氷菓SSはけっこうあります)なにせ分母が少ないですからね。いちファンとしては、もっと増えたらいいのになーと思わざるをえません。


WeissBlut  2016年05月01日(日) 03:18 (Good:0Bad:0) 報告

御作品楽しく読んでました。
一つだけ、気になることがあって感想文として残しておくことにします。
作中では折木家の両親出ていますが、実は原作では母の存在が確認していません。
原作小説でもアニメでも、折木奉太郎の家族は姉である折木供恵と父だけ出ています。
母がいないと確実に断言しているのはないので、単純に出ていないだけという可能性もいますが、一応原作ではそういう扱いになっていますので、失礼だったかも知りませんが一言だけ言ってしまいました。これからもいい作品をよろしくおねがいします。

返信:道草ハミ太郎 2016年05月02日(月) 19:17

感想ありがとうございます。

折木家の母に関するご指摘、ありがとうございます。
そこまで考えていませんでした。まさかいないかもしれないとは……。

が、申し訳ありません。一応このお話については、折木母の存在を認めてさせてください。

折木家の両親を登場させたのは一応意図がありまして、最後のオチの「高校生なんて子供なんだよ」という部分への伏線(まで言うと大げさですが)なのです。
途中で里志くんが、賢しらにモラトリアムなんて言葉の解説をしているのも同じですね。

本当に、読み返してみるとまだまだ出てくる話の矛盾……。
原作だと文化祭は10月だったりとか、善名家にはおばあちゃんがいたりだとか。
本当にお話を作るというのは難しいものですね。


若竹蟹Tシャツ ID:j4/nBj3U  2016年04月25日(月) 02:37 (Good:0Bad:0) 報告

読み終わった正直な感想は、好きな文章を書く作家を模倣して自分の文章にする作業、ですかね。
内容は原作の焼き増し感があるけれど、そこはグレーな推理小説ですし、それはそれで面白かったです。

……これだけの文章量を一度に投稿するのは、なかなか出来ることじゃあない。小説を書くのに、一番必要な才能ですよ。

返信:道草ハミ太郎 2016年04月26日(火) 21:50

感想ありがとうございます。

はたして自分の文章と呼べるほど書けているかは不安なところですね。

原作の焼き増しというのは言われてみて自分でも納得しました。
心当たりのあるものは、とかはネタごとパクっていますね。
やっぱり、ゼロから話を考えるというのはなかなか難しいです。

少しでも楽しんでいただけたなら幸いです。ありがとうございました。


XYZ. ID:nPa025YE  2016年03月25日(金) 23:17 (Good:0Bad:0) 報告

読みはじめて気がついたら最後まで一気に読んでしまいました。米澤さんの本は好きで古典部シリーズも全部読んでいるのですが、これが原作であっても違和感の無い内容と文章だと思います。とても面白いと思うので、また書かれる事があれば楽しみにしています!楽しい作品をありがとうございました!

返信:道草ハミ太郎 2016年03月26日(土) 00:14

感想ありがとうございます。

楽しんでいただけたなら書いた方としてもとても嬉しいです。
文章についてはまったく自信はないのですが、トリック関係については頭を捻りながら原作のネタも参考にしつつ考えたので、雰囲気だけでも似てると思っていただけたならよかったです。

なかなか次の話は浮かんでこないので、いつまでに書きますとは申し上げられませんが、そのうちに何か書けたらいいなと思うので、その時はまたお付き合いいただければ幸いです。


ひばりの  2016年03月25日(金) 13:06 (Good:0Bad:0) 報告

とても面白かったです。
他の方が言われるように氷菓の原作は少ない(何せ日常ミステリという題材でまずハードルが高い)ので期待して読ませていただきました。

私的には短編でよかったと思います。
一気に読ませる方が伏線も思い返しやすいので。
米澤先生の文章と相違ないので錯誤して読んでいました。久々に氷菓を読んだ気分です。アニメも素晴らしいですよね。

ふと気になったのですが、三人称と一人称が混合している?のが所々見られたので統一されないのかなーと。原作は奉太郎で統一されていましたか。奉太郎の省エネ至上主義が至るところでいい脱力感でしたw

返信:道草ハミ太郎 2016年03月25日(金) 19:42

感想ありがとうございます。

自分も古典部シリーズ大好きです。
さすがに原作と比べるとやっぱり一段も二段も劣るかと思いますが、似てる雰囲気を感じていただけたならとても嬉しいです。

ちょっとしばらく忙しいので、一人称と三人称については、まとまった時間を見つけて直しておきます。ご指摘ありがとうございます。

あと誤字の指摘もありがとうございました。
あんなに派手に間違っていたのに、ご指摘いただくまでまったく気づきませんでした。困ったものですね。


あずしろ  2016年03月23日(水) 15:08 (Good:0Bad:0) 報告

凄く面白かったです。氷菓は原作はおろかアニメも見てないんですが、とても分かりやすく、頭に入ってきました。もっと続きが読みたくなりました。連載されるならいつまでも待ってます、また更新されることを楽しみにしています。(*・ω・)*_ _)ペコリ

返信:道草ハミ太郎 2016年03月23日(水) 18:27

感想ありがとうございます。

原作未読ならば、ぜひご覧になることをお勧めします。
氷菓は3つの大きな事件がありますが、一作目の『氷菓』は原作小説がオススメで、二作目以降の『愚者のエンドロール』と『クドリャフカの順番』はアニメをオススメします。(あくまで個人的な好みの話です)

あと私は最新刊の『二人の距離の概算』は未読です。映像化してから読むつもりなのですが、アニメが綺麗に終わっているので望み薄かもしれません。悲しいですね。

あ、あとコミカライズ版もとても良いですよ!


海苔海苔  2016年03月23日(水) 01:24 (Good:0Bad:0) 報告

失礼かもしれませんが作者様のオリジナル作品が読みたいと思うくらいの素晴らしい小説でした

返信:道草ハミ太郎 2016年03月23日(水) 07:59

感想ありがとうございます。

失礼なんてとんでもないです。
そんな風に思っていただけるのは嬉しいことです。
ただ、オリジナルは過去に何度か書いてみて、その都度挫折しているのでたぶん書けないと思います。申し訳ありません。


小鳥遊 虹  2016年03月22日(火) 23:10 (Good:0Bad:0) 報告

原作だと言われても違和感を感じないレベルの内容でした。
文章の質も高く、短編なのが惜しいくらいです。

返信:道草ハミ太郎 2016年03月22日(火) 23:38

感想ありがとうございます。

原作に似てると思っていただけたなら嬉しいです。
お褒めいただけると励みになります。ありがとうございます。


moyashi4  2016年03月22日(火) 13:23 (Good:0Bad:0) 報告

すごく面白かった(小並感)

本当にこれを読み終わった後、思わず原作小説も読み返してしまうくらい熱中してしまいました。
登場人物にも違和感がありませんでしたし、原作にあってもいいくらいの出来でした。
このような作品を読ませていただいてありがとうございました。
次回作が何になるかわかりませんが楽しみにしております。

返信:道草ハミ太郎 2016年03月22日(火) 17:22

感想ありがとうございます。

原作に近い雰囲気を感じていただけたなら一番うれしいです。
原作小説といえば『正体みたり』は、アニメと原作で少し話が違うんですよね。一応このお話は、アニメの後を想定しています。

次回作はちょっとまだ考えていないので、何か思いつきましたら書かせていただくかもしれないです。



感想を書く
非ログイン時のみ、名前と投稿キーを入力してください
名前  2~20文字
「名前#任意の文字列」と入力すると、「名前◆暗号化された文字列」と表示されます
投稿キー  投稿キー を入力してください)
内容 対象話:

0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。