ドールズフロントライン ~戦場を闊歩する鬼~ (クロギ・ヨシロ)
しおりを挟む

着任初日

 初めての投稿になります。拙いところも数多く存在すると思いますが、ご一読していただけるとありがたいです。


 荒鬼刀哉(アラキトウヤ)は車に揺られ、グリフィンS09地区戦術司令部へと向かっていた。刀哉のみてくれは黒い作業服のようで手先も黒い手袋で覆われ肌の露出が一切ない。首には鍵状のドックタグが下げられていて、たまに入る日光によってほのかにきらめく。特徴的なのは真っ白の髪だろう。染色でも脱色でもなく完全に白髪で左目にかかる程長いのだ、異様な姿見だろう。

 

 乗り心地が悪いせいで満足に寝られず無遠慮にあくびを一つ。そんな眠気を払うかのように紙巻煙草を口に銜え電気式ライターにて火をつける。この人員輸送トラック内には誰一人いないのだ、そんなことをしても怒る者はいない。大小かかわらずトラックが跳ねると刀哉の隣にある一メートルを超える長方形のアタッシュケースは重低音を立てて弾む。それ以外の荷物は司令部へ行けば衣食住など全て保証してもらえるため存在しない。

 キイィ……という鈍いブレーキ音と共にトラックの挙動が止まる。どうやら司令部へ到着したらしい。平然と短くなった煙草を握って潰し、携帯灰皿に捨てる。

 

「さぁて、ここか」

 

 そんなつぶやきをこぼしながら、見るからに重そうなアタッシュケースを左手で軽々と持ち上げトラックから降りる。ふと入口方面を見ると大きくはだけた制服のような服装の少女が立っていた。

 

「おはようございます、指揮官さま、ですよね? 私、カリーナが案内させていただきます」

 

「そうか? じゃあよろしく頼む。俺は荒鬼刀哉だ。気軽に刀哉でいい。そっちの方が短く済むし指揮官呼びは少し苦手意識があってね」

 

「そうですか? では、私のことは気軽にカリンとお呼びください」

 

 そんな自己紹介をして司令部内に入る。廊下を共に歩き、司令室まで案内され周囲を見渡す。これからここが仕事場になる場所だ。興味がない、というわけではない。

 

「グリフィンの司令室は初めてですよね。いかがですか?」

 

「思ったよりこざっぱりしているな。まあ、あとは使われていない場所を軽く掃除すれば大丈夫か?」

 

「そこらへんはお任せください。何せ私が刀哉さまの後方幕僚として責任を持って取り掛からせていただきます」

 

「へえ、ということは意外と頭がいいのか」

 

「意外って何ですか、いがいってー!」

 

 ぷんすかと怒るがなかなかにかわいらしい。こういうことが気軽にできるのは良いことだ。

 

「冗談だ、冗談。……にしても、こんな人間が指揮官、か。世も末だね」

 

「大丈夫ですよ、グリフォンの選抜試験は厳しいことで有名ですから。戦術指揮官になるだけの立派な才能があったんですよ」

 

「そういうことじゃないんだが……まあ、いいか」

 

 やっはっはっ、と意味深な発言に突っ込まれないように笑い声をあげる。これは刀哉が持ってきたアタッシュケースに関係があるが今は重要ではないので説明は省く。

 

「じゃ早速、仕事をしていきましょう。戦術マップに切り替えてください」

 

 そう言われ、スクリーンを見る。言われた通りに戦術マップというヤツにスクリーンを切り替える。

 

「では、刀哉さまよろしいでしょうか? 戦術人形は準備できていますので、いつでも作戦に移行できますよ」

 

 準備された戦術人形のリストが表示される。ここから選択しろ、ということらしい。

 

「人形を配置して訓練を始めましょう」

 

 その掛け声と共に初めての指揮が始まったのだった。

 

―――――

 

 訓練は終了し、撤収の段階に入る。酷くあっけないものだったのをよくよく覚えている。そんな感想を抱いている中、ステンmk-2が森の奥地から出てきたのを確認した。

 

「すいません、グリフィンの方々ですか? 一緒に連れて行ってもらってもいいですか?」

 

 刀哉は警戒しながらも異常がないことを人形たちに確認させ、はぐれたグリフィンの人形を同行させた。どうするのかをカリンに確認する。

 

「ああ、迷子になっていた人形ですね。かわいそうに……。刀哉さまに拾われて幸いでしたね」

 

「人形と言っても一応軍事用だろう? どうして迷子なんぞに」

 

「この頃、鉄血の襲撃が多くなってきまして……」

 

「ああ、なるほど。それで敗残兵みたいな感じで取り残された人形がいるわけだ。……時々戦場でも見かけたなぁ。鉄血に見つかった人形は酷い有様だったのを良く覚えているよ」

 

 カリンは首をかしげる。刀哉が言ったことに少し理解が追い付いていないらしい。

 

「あれ、刀哉さまは戦場に行ったことがあるんですか?」

 

「人形が配備される前から軍需施設周辺を護衛していたんだ。そこじゃあ、ちょっとした争いごとがしょっちゅうでね。それと、グリフィンに応募をする前は実家の周りに鉄血がいてねぇ。……そういう点ではほかの人よりはある程度戦場というヤツを知っている人間ってことになるかな」

 

「なるほど、それはちょっと前世代的ですね」

 

「仕方ない。まだ人形が普及し始めて間もない頃だからねぇ。十分な数を揃えられなかったんだ」

 

 お手上げのリアクションをする。とりあえずこの話を終わらせて、人形の助けることで自己理解する。

 

「これからは積極的に助けてあげてください。戦力拡大や人形の発注で生じる手間を省くだけでなく、『かわいいは正義』というヤツです! そうでしょう?」

 

 それを聞いた刀哉は一瞬呆けたが、言葉を理解した瞬間に声を上げて笑った。

 

「そうだねぇ。『かわいい』はいいことだからね」

 

 そうですわ~! と元々の口調が出てきていた。調子のいいことだ、襲撃が激化しているとしてもネタ話ができる程余裕があればこの状況はいい方向へと転換していくだろう。

 

「それと人形の中から副官を選んでくださいな。選んでおけば戦場でも意思疎通がはかどりますから」

 

「副官? 後々でも大丈夫かな。そこらへんはもう一回訓練を実施して吟味したい」

 

「わかりました。では話を戻しますと、人間にしろ人形にしろそれぞれ自分の意志を持ち、今を生きています。だからこそ助けてあげてください。その心意気は仕事にもきっと影響していい方向に向かっていくと思いますから」

 

「了解。そうするよ」

 

 こうして着任後初めての訓練は終了したのだった。




 こんな感じの駄文です。次がいつになるのかは未定ですのでそこらへんもよろしくしていただけるとありがたいです。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

一〇〇式と言う人形

 期間が空き年始になってました。どうもクロギです。
 接客業務が大半の職場なので、「ショウガツヤスミ? ナニソレ……。」ってなっていました。
 休みたい……。

 因みにこの司令部はある程度はホワイトです。カリーナもショップに常駐できる時間があるくらいにはホワイトです。その分、指揮官である刀哉が頑張ってます。


収納庫にて資材を確認しているとき、ふと暗がりの片隅に体育座りをした人形を目撃した。

 

「確か……一〇〇式といったかねぇ」

 

 部下になる名前を覚えるのは指揮官として当然の対応、という思考があり配備された全員分の名前を覚えておいたのが功を奏したらしい。

 

 制式名称・一〇〇式機関短銃。部隊で唯一日本製の銃器を持つ黒いセーラー服を着た人形。世話好きでお節介。この性格が今回の作戦で迷惑な方に向いてしまい、作戦後年長者のナガンm1895に怒られていた、というより釘を刺されていた、に近い。しかし、生真面目な性格が自分を必要以上に追い詰めてしまったらしい。

 

 同じ極東出身者の刀哉にとっては心苦しい話であり、そうでなくても部隊内の不信感は作戦を実行する際に重大な障壁になるだろう。まだ大きい司令塔であれば別の部隊に移動させることもできただろうし、運営に嘆願書を出して日本出身の銃を持った人形を異動してもらうこともできただろうが……。できないことは仕方がない。ある程度気晴らしになればいいと思い、話しかける。

 

「お初にお目にかかります……」

 

 と自己紹介をして話をしようかと次の言葉を発する前に。

 

「あっ……、もしかして解体……ですか?」

 

 今にも泣きだしそうな声と共に刀哉にとって想像もしていなかったセリフを言う。そんな酷く直球な言葉に次に言うはずだった文を忘却してしまった。

 

 

「や、やや、やっぱりそっそうなんですねっ」

 

「違う違う違う! そうじゃない、そうじゃあない」

 

 これはいけない。素晴らしい程に自分を追い詰めている。ここまでのことになっているとは思いもしなかった。話しかけて正解のようだ。そんな百式の隣に座る。すすす……と少し遠ざかる。

 

「そんなに今回の作戦が気になるかい?」

 

 びくっと反応し小さくなっていた体をそれ以上に小さくするように足を抱きかかえる。気に病むな、とか、忘れてしまえば、だなんていっても一〇〇式の心には届かないだろう。逆にそれ以上、自分を追い詰めていくのだろう。刀哉には理解できた。自分がそういう過去を引きずっている人間……いや『鬼』だからわかる。

 

「……後悔と反省。この二つがどう違うか、知ってるか?」

 

「後悔と反省……ですか?」

 

「後悔ってのは、変えられない過去をずっと見て試案していることだ。でも、その過去と同じような状況っていうのは絶対にない。これは俺の経験から言えることだ……で、だ。反省は同じように過去を見ていたとしてもそれを次にどう活かすかを考えることだ。視点が未来を向いているんだ。今の一〇〇式はどっちだ?」

 

 沈黙が収納庫を包む。ふっと笑い刀哉は口を開く。

 

「よーし、わかった。今日から俺の副官になれ」

 

「えっ、副官……ですか?」

 

「お前は俺と同じ『匂い』がする」

 

 すると、百式は自分のにおいを確認しだす。そんなせわしない行動に訂正を入れてから続きを語る。

 

「ああ、雰囲気っていえばよかったねぇ。どれにしろ少なからず学べるところがあると思うからな、どうだ?」

 

 すると、顔を俯かせてしまう。そして、か細い声でつぶやく。

 

「本当に私でいいんですか……? もっと、優秀な方がいると思うんです」

 

「確かに優秀な奴がいいだろうさぁ。……でもそれ以上に、自分の考えを伝えたい相手がいいんだ。自分の意志を伝えもせず、何もせずで死んでいくよりかはまだマシだ。何もしなけりゃそれこそ後悔することになる。『あの時、これをしておけば。伝えておけば』ってねぇ」

 

「でも、そんなことはわからないです」

 

「誰だって最初はわからないよ。だからこそ何か行動を起こすんだ。そうすれば『自分と同じ奴』と出会える。そいつと物事を共有して最悪志半ばで死んだとしてもそいつが次につなげてくれる。実に人間らしいだろ? 俺のそれを一〇〇式、お前にやってほしいんだ。……駄目か?」

 

 微笑みかけながら尋ねる。一〇〇式は困惑するようにキョロキョロしているが覚悟を決めたのか体育座りから正座に変えて正面を向く。

 

「ふ……不束者ですがよろしくお、お願いします」

 

 と深々と頭を下げる。本当に生真面目な子だと、そう思った。

 これが刀哉と一〇〇式のファーストコンタクトだった。




 やっと二話ですよ。おい、弊社。休みを寄越せ。執筆させろ。疲れ果ててなかなか時間が取れないんだよ。

 まあ、どうでもいいとして。(よくない)
 因みに、刀哉のしゃべりはバグじゃないです。ある程度、語尾が伸びます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

副官任命

 仕事したくないです。

 というわけで、3話。……3話⁉ うっそでしょ。何やってんだ?(仕事です)


「という経緯があってね。副官を任せることになった」

「よろしくお願いします」

 

司令室にて刀哉と一〇〇式はカリーナと面談することとなった。

 

「で、何をさせればいい?」

「基本的に刀哉さまの指示を前線で伝達する隊長役をしてもらうことになるので、今は特には何も……」

 

 刀哉は顎に手を当て考え込み、一〇〇式は首を傾げた。

 

「そういえば事務関係はどうなってるんだ?」

「私の仕事になってますね」

「弾薬や配給の確認とかは……?」

「今回は刀哉さまに確認していただきました。しかし、詳しい場所などを知っていただくためのものですから、本来は私の仕事です」

「「……」」

 

 二人で確認し、二人で黙り込む。

 

「任せっきりはちょっと……」

「その通りだねぇ。大丈夫か、この運営方法」

 

そんな二人を制止するようにカリーナは弁解を始める。

 

「い、いえ、そんな。細々としたものばかりですし、難しいものでも……」

「カリンが倒れた時、緊急で必要になった時。さて、こうなったら誰がやるんだろうねぇ?」

「一つくらいはできます。特に弾薬や配給は私たちが使うんですから」

 

 えっ? えっ? と言って困惑するカリーナに二人は止まることはなかった。

 

「人に頼ることぐらいちっとは覚えるようにすること。全部抱え込むと無理がたたってぶっ倒れるぞ」

「カリーナさんは人間なんです。少しくらい私たち人形にも仕事を振り分けても大丈夫ですよ」

 

 そんな二人に折れたカリーナは大きめな声で返答した。

 

「わ、わかりました! でも少しずつですよ?」

「当たり前だ。いろいろと教えてもらうからな」

「はい、副官として頑張ります」

 

―――――

 

 そうして資料の確認などの事務が8割がた終わった時、通信機器に着信が入り、カリーナが確認する。そして、カリーナがいそいそと刀哉の元へ戻る。

 

「すみません、次の作戦なんですけど、本部で急に人手が必要らしくて……」

 

 と困惑しながら話す。そこに割り込んでくる女性の声が聞こえた。

 

「……その先は私が話そう」

「わわ! じゃあ、お願いしますね。ヘリアンさん」

 

 スクリーンに女性が映し出される。ヘリアンと呼ばれた人物だろう。見るからに真面目そうな雰囲気を持ち赤い軍服を淀みなく着こなす。戦争を稼ぎとして確立している企業でここまできっちりとしているとは思いもしなかった。

 

「初めまして指揮官。グリフィン上級代行官、ヘリアントスだ」

「お初にお目にかかります。荒鬼刀哉と申します」

「堅苦しい挨拶は仕舞いにしよう。それと効率の観点からもヘリアンと呼んでくれれば結構だ」

「じゃあ、こちらも指揮官じゃ長い。刀哉でいい」

 

 こういう気軽さについて、流石は戦争を稼ぎにしている企業だと思う。堅苦しい人物かと思えばちっと違うらしい。

 

「知っての通り近頃鉄血は何の予告もなくグリフィンが請け負うs09地区をたびたび襲撃している。グリフィンの評判にもかかわるので上層部もかなり気にかけているようだ」

 

 いや、今まで予告があったのか? 戦争って別に予告なんていらないだろう。開戦なら通告義務はあるだろうが開戦後は奇襲夜襲なんでもござれ、というのが普通じゃないかねぇ? と思ってしまった。

 まぁあいいや、と改めて説明に耳を傾ける。

 

「そこで本部は鉄血を迎え撃つと同時に襲撃の原因調査を私に託された。上層部の命令により貴官には私の仕事全般を補佐してもらう」

「え……ちょっと待ってください、ヘリアンさん」

 

 とカリーナが割り込む。

 

「刀哉さまは入社したばかりで訓練に一度参加しただけですよ? 経験が浅いというか……」

「はぁ……無理は承知だが時間も人手も足らないのだ。だが心配は無用だ、刀哉。貴官の成績を見る限り、この任務に就くのは充分だろう。しかも、従軍経験もあり戦場を知っているのであればなおさらだ」

 

 ヘリアントスは刀哉の目を見る。左目は白髪で覆われて目視はできないが右目は鋭い眼光を蓄えている。

 

「やってもらうぞ? 刀哉」

 

 この人物なら充分だ。ヘリアントスは刀哉を再びそう評価したのだった。




ヘリアンさんがでるとこです。

おっそ。もうちょいガンバリマス。


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。