INFINITE・DESTROY (花蕾)
しおりを挟む

1話

ジオウにディケイドが出演することを祝福して


何もない真っ白な空間。

 

皆さんならお分かりいただけるだろうが、みんな大好き転生の間である。

 

そこに新たな少年が…

 

『お前を転生させてやる』

 

何もないはずの空間に威厳ある声が響く。

 

その声を聞くと、少年は途端に嬉しそうにする。

 

「うっしゃ、これで俺の時代が来る!あんたが神さまってことでいいんだろ」

 

『まあな。そこらへんはどうでもいい話だ。どうせ、お前と会うのもこの一回限りだろうしな。いいか、よく聞け。お前が転生するのはインフィニット・ストラトスという世界。特典は5つまで。さっさと決めろ』

 

「うし。それなら。1つ目の特典は俺のIS適正値をA、2つ目は主人公の織斑家に生まれること、3つ目は白式を俺の専用機に、4つ目はその世界を一夫多妻制に、5つ目は織斑一夏が存在しない世界にしてくれ」

 

『…4つ目までは大丈夫だが、5つ目は無理だ。織斑一夏はその世界が存在するという証明。誕生しないとその世界自体がなくなる』

 

「じゃあ、織斑一夏がIS学園に入学しないようにさせてくれ」

 

『織斑一夏として入学させるな、ということだな』

 

「ああ!!」

 

『それなら、良いだろう。じゃ、さっさといけ』

 

少年がその空間から消えていく。

 

『…ギリギリで保険がかけれたか。織斑としてじゃなければいいんだろ。それならいくらでもやりようがある。力も必要だろうしな。残っているものは、破壊の力か。ま、あの世界にはあいつがいるし、大丈夫だろ』

 

そういい、威厳ある声を出していた人物、いや神物はマゼンタの戦士が映ったカードを見ながら呟いた。

 

◇◇◇

 

〜ドイツ〜

 

あの少年が転生し、いくらか時が経った。

 

織斑一夏と織斑秋十は姉である織斑千冬の大会の観戦に来ていた。

 

その最中で2人は誘拐されてしまうのだが、それぞれ別のグループが実行犯であった。

 

「…俺をどうするつもりだ…」

 

「そう睨みつけるな。織斑一夏。まあ、家族が酷い目にあえばお前の姉も、傷つけることができると思ってなぁ」

 

「お前らはなんで、千冬姉を直に狙わないんだ?なんで、こんな誘拐みたいなまどろっこしいことを…」

 

一夏が言うと、リーダー格の男は気味の悪い声で笑いながら

 

「それじゃあ、面白くないだろう。周りが傷ついてだんだんと崩壊していく様を見るのが面白いっていうのに」

 

狂っているとしか言いようがない。

 

周りをみれば、その男の仲間もひいていた。

 

一夏は恐怖し震えていると、ガッシャーンという音を立ててながらドアが文字通り吹っ飛んだ。

 

「ここか」

 

ドアがあったスペースから1人の男が入ってくる。

 

「誰だ、お前は!」

 

「お前が誘拐犯っていう訳か。俺は門矢零。通りすがりの仮面ライダーだ!覚えておけ!」

 

零は黒の塗装が目立つ『ダークディケイドドライバー』を腰に巻き、カードを入れる。

 

《KAMEN RIDE》

 

少しくぐもった音声がなり

 

「変身!」

 

《DECADE》

 

掛け声と共にドライバーを操作する。

 

零の周りにいくつかの影が現れ、重なり黒き破壊者『ダークディケイド』に姿を変える。

 

「オーバーキルの気もするが」

 

「なんなんだ、お前は!」

 

「だから言ったろ。通りすがりの仮面ライダーだって」

 

零は一瞬で誘拐犯達に近づき、腹を殴り気絶させた。

 

「ま、生身でやるよりこっちのほうが早いからな。さてと大丈夫か」

 

零は変身を解き、一夏のほうを向くと目を見開いた。

 

「お前、それをどこで…」

 

一夏の手には零の持つバックルと色違いのマゼンタ色のバックルがあった。

 

「え、ええーーっ!なんだ、これ!?俺は知らないぞ!」

 

「はあ。しょうがない」

 

零はやれやれと首を振りながら一夏に問いかける。

 

「お前には世界を破壊させるほどの力がある。道は大きく分けて2つ。1つはここで俺に殺される。もう1つはその力を使いこなせるように特訓する、だ」

 

一夏は覚悟を決めた目をして

 

「この力を使いこなしてみせる」

 

決意を発した。

 

その言葉に零は

 

「いい目だ。お前からは運命に打ち勝つ力が見える」

 

感嘆の声を漏らした。

 

2人の破壊者は旅に出る。

 

その力で一体、何をする!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ

 

「お前、家族は?」

 

「知らね。姉は良い人なんだけど、兄がな」

 

「じゃ、俺の弟になるか?」

 

「まじで。なるなる。あのクソ兄貴と縁切れるし、なる」

 

「じゃ、今から門矢一夏な」

 

こんなことがあったそうな




一応、もうすでに昭和ライダー系、平成ライダー系、アマゾンズのサブライダーは零、主人公ライダーは一夏がカメンライドできます


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

2話

短いです。
試験が終わってから書こうと思ったら小論文とか来たんで。
話がめちゃくちゃなのも許して


「さて、お前が決心したということで次のステップに進もうか」

 

「次?」

 

零の言葉に首を傾げる一夏。

 

「この世界じゃ、力の意味が分からないだろ」

 

「力の、意味?」

 

「自分の力をどう使うか。どう使ったら最善かを瞬時にわかるようにしなければならない」

 

「…成る程」

 

ISの登場によって女尊男卑になり、代を重ねるにつれ酷くなっている。

 

この世界でISという兵器、力を持つという本当の意味を分かっている人はどれくらいいるだろうか。

 

「しかし、この世界で無理なら、まさか異世界に行くとでも言うのか?」

 

「そのまさかだ」

 

2人の目の前に銀のオーロラのカーテンが現れ通過していく。

 

すると、景色が変わり、それと同時に2人の服装も変わっていた。

 

ポケットに厚みを感じたのか、零はポケットに手を入れ、入っていたものを取り出した。

 

「これは…学生証?」

 

「学生証か。帝丹高校そして、住所は米花町?」

 

それを聞き、零は納得がいったかのように目を開く。

 

「そうか、ここは名探偵コナンの世界か。それなら、俺たちがやらなきゃならないことはだいたい分かった」

 

「やらなきゃならないこと?」

 

「すぐ察することになるさ。さて、学生証に書かれている住所に行くぞ」

 

零と一夏はその場から去り、目的地へ向かった。

 

(しかし、解せんな。俺があの世界ですべきことは一夏の力を使いこなせるようにサポートすることだ。おそらく、これは間違っていないだろう。しかし、なぜ最初に仮面ライダーとしての力があまりいらないこの世界に来ることになる?)

 

零は心の中で思案する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「なかなか広いな」

 

着いた場所は少し古風なデザインの一軒家だった。

 

「さて、俺は明日から高校に通うが、お前はどうする?」

 

「ん〜俺も通うよ。なんか、俺も学生証あったし」

 

「まさかとは思うが高校のか?」

 

「そうだけど」

 

「今日は勉強会だな」

 

「え」

 

一夏は心底嫌そうな顔をする。

 

「なんでさ」

 

「お前、高校の勉強できんのか?」

 

一夏は本来の年齢で言えば中学生。

 

高校生の勉強なんてしたことがないだろう。

 

「違和感がないレベルまでは上げてやる」

 

「そ、そんな〜」

 

◇◇◇

 

結局、一夏に勉強を教えることで眠ることができなかった零。

 

寝ぼけた目をこすりながら、同じクラスになるメンバーに対して自己紹介を行う。

 

「門矢零です。趣味は写真撮影。よろしくお願いします」

 

「はい。拍手」

 

教師の言葉の後に拍手が続く。

 

「門矢は…あそこだな」

 

教師が指を指すのはだれも座っていない席。

 

そこに素直に座ると、隣から声がする。

 

「やあ」

 

「ん?」

 

「ボクは世良真純。よろしくな」

 

「ああ。よろしく頼む」

 

零は知らなかった。

 

このたまたま隣になった世良真純と付き合いをもったせいで事件に巻き込まれることを。

 




はい。
せっかくのディケイドなので、異世界編をやろうかなと。一応、この小説のIS世界はほんとに女利権がひどい世界観です。よくハーメルンでみますね。だったら、そこにいたら一夏くん、成長するかなと考えた結果の異世界編です。
というわけで最初の異世界はコナンの世界です。
一応、こんなダメ作者が書く作品とコラボしてもいいよという方は活動報のほうに御一報ください。
次話は2500字は超えます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

3話

2500字を超えると言ったな。あれは嘘だ。
本当にすいません。



零と一夏はポアロというカフェに来ていた。

 

特に何か学校であったわけでもないので速やかに帰ろうとすると、世良と彼女の友達に誘われてポアロに行くことになった。

 

そこで小学生グループに会い、その子供達は世良達の知り合いだったため、話していた。

 

そんな時だった。

 

「ぎゃああああっ!」

 

悲鳴が上がったほうを見ると、男性が泡を吹いて倒れていた。

 

そこからの対応は迅速だった。

 

ポアロの店員のガングロのイケメンの方が現場保存のため、倒れた男の周りから人を避けた。

 

他の客が警察に電話をしていると、小学生グループの1人である江戸川コナンが倒れた男に近寄り、何かをペロッと舐めた。

 

「…これは、青酸カリ!」

 

それを聞いた零の頬は引き攣っていた。

 

◇◇◇

 

そこからの展開は怒涛の勢いだった。

 

探偵の毛利小五郎が眠りながら推理をし、事件を究明。

 

これで終わったかと思えば

 

「ここで終わってたまるかぁ!」

 

犯人の男は叫び出す。

 

犬のような機械が犯人の男の手にくる。

 

それは変形し、USBメモリが現れる。

 

男はそれをそのまま刺した。

 

『zoo!』

 

男の体は怪人『ズードーパント』に変化した。

 

「ちいっ!ボーっとすんな!」

 

驚いて突っ立ていた世良を押し、零は代わりにズードーパントの攻撃を受ける。

 

衝撃で転がるが、その間に腰にバックルを巻く。

 

「変身!」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

零はダークディケイドに変身する。

 

「なんだ。お前は」

 

「ただの通りすがりだ」

 

ダークディケイドはズードーパントに向かって走り出す。

 

その時

 

『zero!』

 

新たなドーパント『ゼロドーパント』が現れた。

 

一夏もバックルを巻き

 

「変身!」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

仮面ライダーディケイドに変身する。

 

「お前の相手は俺がする」

 

一夏はゼロドーパントを零のところに向かわせまいとする。

 

「ドーパント相手ならこいつだな」

 

《KAMENRIDE SKULL!》

 

零は骸骨の記憶を使い変身するライダー『仮面ライダースカル』にカメンライドした。

 

スカルマグナムを連射し、ズードーパントの動きを止める。

 

「さあ。お前の罪を数えろ!」

 

「今さら数えきれるか!」

 

「これ、初犯じゃないのかよ…」

 

一夏というと

 

「はっ」

 

ゼロドーパントに連続で拳をいれる。

 

しかし、攻撃をいくらしたところでダメージが通らない。

 

「何かしたか」

 

「ちいっ」

 

(確か、あのドーパントのメモリはゼロ。零の兄貴が言うにはドーパントの能力はその単語に関することのみ。ということは)

 

「これでいこう」

 

一夏はライドブッカーから一枚のカードを取り出す。

 

《KAMENRIDE WIZARD!》

 

《ヒー・ヒー・ヒーヒーヒー!》

 

一夏は絶望を希望に変える魔法使い『仮面ライダーウィザード』にカメンライドした。

 

「ふっ」

 

軽やかな動きでゼロドーパントに攻撃していく。

 

しかし、ダメージは一向にはいらない。

 

「鬱陶しい!」

 

ゼロドーパントが一夏の腕を掴んだ瞬間、

 

「待ってたぜ」

 

《ATTACKRIDE DRILL!》

 

一夏の拳が急回転しだす。

 

「何っ!」

 

ゼロドーパントについに攻撃が入る。

 

それに焦ったのか

 

「おいっ!」

 

ゼロドーパントがズードーパントに声をかける。

 

ズードーパントは零にボロボロにされていた。

 

「逃げるぞ」

 

「っ!ああ」

 

ズードーパントは背中に翼を生やし、ゼロドーパントを抱えて逃げていった。

 

「待ちやがれ!っ!」

 

零は追おうとするが、変身前に受けた傷で足をついてしまった。

 

「兄貴、大丈夫か?」

 

「そこまできつくないからな」

 

2人は変身を解除する。

 

「逃げるか」

 

「無理だと思うけど」

 

後ろの警察や探偵の鋭い視線から目をそらしながらそう呟いた。

 

そんな中、

 

「君達が都市伝説の仮面ライダー、なのか」

 

「はあああっ!」

 

零はその言葉に驚きの声を上げる。

 

「ごほん。俺たちはこの町に来たばっかだぞ。そんな都市伝説は知らん」

 

零は声を上げたのが恥ずかしかったのか、咳き込んでから都市伝説の疑惑を否定する。

 

「ねーねー、お兄さん」

 

「なんだい、コナン君。なんか、気持ち悪いぞ」

 

「あの怪物は何?」

 

「ん、仮面ライダーは噂になってて、あっちは誰も知らないのかい」

 

「うん」

 

「あれはドーパント。ガイアメモリを使うことで人を異形にする」

 

「ガイアメモリ?」

 

またまたわからないといった表情で零を見るコナン。

 

「おい。一夏、この前教えたろ」

 

零はめんどくさがり、一夏に丸投げした。

 

「ガイアメモリってのは地球の記憶を内包したメモリ。そのまま使うと、毒素やらがあるから一種の麻薬といっても過言ではない。まあ、ロストドライバーとかを使うと毒素を極限までに減らして使うことができるよ」

 

「へぇ〜そうなんだ」

 

◇◇◇

 

「あそこに仮面ライダーがいるなんてな」

 

「どうする?」

 

ゼロドーパントとズードーパントは焦っていた。

 

眉唾物だと思っていた仮面ライダー。

 

仮に出てきたとしても自分達には敵わないものだと考えていた。

 

結果は惨敗。

 

「…手を貸しましょうか」

 

「誰だ!」

 

突如、フードを被った男が現れる。

 

「あの仮面ライダーを倒したいものですよ。力がいるでしょう」

 

「…まあな」

 

「だったらこれを使いなさい」

 

フードの男はゼロドーパントにあるものを渡す。

 

「それはガイアメモリ強化アダプター。ガイアメモリの力を3倍にできます」

 

「さ、3倍!!」

 

「使うか使わないかはあなた次第です」

 

フードの男は蜃気楼のごとく消えていく。

 

「ど、どうする」

 

「使うしかないだろ」

 

『zero!アップグレード!』

 




戦闘シーンもうまくかけてない…
コナンの事件の部分はカットさせていただきました。トリックが思いつかないので。

一応、活動報告でコラボ募集しています。
いいよという方はご一報ください


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

4話

すいません。無理やりですが、どうぞ。
二時間クオリティです(キリッ


「というわけでこの町の仮面ライダーを探すぞ」

 

「え、どうやって」

 

零の突然の提案に一夏は疑問を発す。

 

「これを使うんだよ。こ、れ、を」

 

零が指指すのはパーソナルコンピューター。

 

その画面には掲示板サイトが写っている。

 

「は?」

 

「この町の仮面ライダーのことは大体調べた。怪人が現れたところに仮面ライダーも現れる。なら、怪人が現れる場所にくるだろ」

 

「でも、この前は来なかったぞ」

 

この前というのは、ポアロで起こった一件のことだ。

 

「ああ。おそらく、あの中に変身者がいたんだろ」

 

「なんで変身しなかったんだ?」

 

「仮面ライダーが誰か分かってしまえば、周りの人まで被害がいくからな。明かさないのは懸命な判断だ」

 

「ほー。お、兄貴。早速」

 

「…この情報は近所だな。いくぞ」

 

零と一夏が現場に到着すると、ドーパントと襲われていたであろう人、そして

 

「なんで、世良が、さらに、確か、あの子は灰原哀ちゃんだっけ。どうしてここに?」

 

そう世良と灰原がいた。

 

世良は腰に、二つちょうどガイアメモリがさせるドライバー『ダブルドライバー』をセットする。

 

さらに灰原の腰にもダブルドライバーが現れる。

 

「まさか」

 

「力、貸してもらうよ。哀ちゃん」

 

「ええ」

 

灰原は懐からガイアメモリを取り出し起動する。

 

『cyclone!』

 

ダブルドライバーの片方にサイクロンメモリが転移してくる。

 

今度は世良がメモリを起動する。

 

『accel!』

 

そして、世良もメモリをセットする。

 

「「変身」」

 

『サイクロンアクセル!』

 

世良と灰原は仮面ライダーWサイクロンアクセルに変身した。

 

もっとも、灰原は気を失ったように倒れたが。

 

「「さあ、罪すら振り切る!」」

 

2人の声が重なって聞こえる。

 

「兄貴、混ざる?」

 

「大丈夫だろ」

 

零と一夏は傍観することにした。

 

「遅い、遅い」

 

Wはドーパントに連続でパンチやキックを繰り出す。

 

「こいつ、そんなに強くないわね」

 

「そうだね。だったら、ちゃっちゃと決めちゃおうか」

 

1つの体から2人分の声。

 

何も知らなかったら誰もが気がおかしくなったのかと心配するだろう。

 

「何、ふざけたことを抜かしてやがる。俺はまだ負けてないぞぉ!」

 

ドーパントは怒声を上げながら立ち上がる。

 

「だから、すぐ終わるんだって」

 

Wはどこからか剣『エンジンブレード』を取り出し、ベルトからサイクロンメモリを抜き、剣にセットする。

 

『cyclone!maximumdrive!』

 

「うおっ。安定の高火力」

 

W自身も風を纏ったエンジンブレードに振り回されながらもドーパントを切り裂く。

 

メモリブレイクは完了し、ドーパントは普通の男の姿になった。

 

Wが変身を解除しようとすると、

 

「よう。こんにちはと言ったほうがいいか」

 

零が声をかける。

 

「き、君はい、一体?」

 

世良は焦ったように取り繕うが、

 

「お前らの変身するところはもう見てるから取り繕わなくていい」

 

「全部、見てた?」

 

「ああ」

 

「だったら、手伝いなさいよ」

 

灰原からの厳しいツッコミ。

 

「いや、大丈夫そうだったからな。下手に手を出して邪魔をしたくない」

 

「それもそうね」

 

ようやく、Wは変身を解き、灰原は立ち上がる。

 

「近くの喫茶店で話しましょうか」

 

◇◇◇

 

喫茶店でコーヒーを飲みながら灰原がいざ詳しい話をしようとすると

 

「長くなりそうだから結構だ」

 

「ええー」

 

「なんだ、聞いてほしいのか?」

 

「そういうわけじゃないけど…」

 

「ならいいだろ」

 

零がバッサリと切り捨てる。

 

そんな中、ふと一夏が口を開く。

 

「なんで、2人は仮面ライダーになったんだ?」

 

「さあね。でも、言えることは正義の為かな」

 

「ええ、そうね。最初はやる気はなかったのよ。でもね、嬉しかったのよ。こんな私でも人の為に何かできるってことが」

 

「こんな?」

 

一夏は灰原の言葉に疑問の声をあげる。

 

「忘れてちょうだい」

 

灰原のキッとした目が一夏を脅かす。

 

「わ、悪かった」

 

「まあ、悪気はなかったんだ。許してやってくれ」

 

「…しょうがないわね」

 

4人はそのまま談笑する。

 

そんな時に

 

「み〜つけた」

 

「ほう、お前が言った通りだったな」

 

怪しい2人の男性が声をかけてくる。

 

「あん?お前らは」

 

「門矢君、そいつ、この前のドーパント!」

 

世良が大声で伝える。

 

「へぇ。なんで、俺がここにいると?」

 

「匂いを辿ったんだよ。お前に負けた後ぐらいから急に色んなことができるようになったんだよ。これ、なんていったけ」

 

「ハイ、ドープ」

 

「そう、それ」

 

『zoo!』

 

「はあ」

 

『zero!アップグレード!』

 

男2人はドーパントに姿を変える。

 

その体からは前回より圧倒的な力を感じる。

 

「ちいっ。変身!」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

零は変身し、ドーパントを喫茶店から外に出す。

 

「哀ちゃん、いくよ」

 

「でも、あの人は信用できるの?」

 

「信用できるさ」

 

「理由は?」

 

「ボクの勘さ」

 

「はあ。ま、同意見ね。彼がなんであろうと信用はできそうね」

 

「だろ」

 

「出し惜しみはなしでいくわよ」

 

「ということは」

 

「最初からエクストリームよ」

 

『cyclone!』

 

『accel!』

 

「「変身」」

 

『xtreme!』

 

世良と灰原の意識と体が融合し、究極のW『サイクロンアクセルエクストリーム』となった。

 

「仮面ライダーって称号には色々と込められてるんだな。俺だって、やってやる。この力を正義にしてみせる。変身!」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

一夏も変身する。

 

「仮面ライダーが3にん?」

 

「壮観だろ」

 

「ほざけ。お前らなんか目じゃねぇ」

 

ズードーパントが前回よりも力強く突進してくる。

 

《FORMRIDE OOO SAGOHZO!》

 

《サ・ゴーゾ…サ・ゴーゾォッ!》

 

一夏は誰かの手を掴むために戦う『仮面ライダーオーズ』の形態の1つ、サゴーゾコンボになる。

 

「ふっ」

 

一夏は胸を叩き衝撃波を発生させるが、ズードーパントは止まることはなくそのまま一夏に突っ込んだ。

 

「…捕まえたぞ」

 

「は、離せ!」

 

「お前が強くなってるのは分かる。だったら搦め手を使わせてもらう。俺はまだ弱いからな」

 

一夏は衝撃波でズードーパントの突進のスピードを緩和していたのだ。

 

そのまま、ズードーパントを殴って吹っ飛ばした。

 

《KAMENRIDE BUILD!》

 

《鋼のムーンサルト!ラビットタンク!イェーイ!》

 

《FORMRIDE BUILD OCTOPUS LIGHT!》

 

《稲妻テクニシャン!オクトパスライト!イェーイ!》

 

未来をそして新たなる世界すらビルドした創造のライダー『仮面ライダービルド』のオクトパスライトフォームに姿を変え、オクトパスハーフボディでズードーパントを捕まえる。

 

「ふっ」

 

そして、そのまま投げた。

 

「ぐふっ。て、テメェ何しやがる」

 

「投げただけだ」

 

「ふざけるな!」

 

また突進してきたので、ライトハーフボディの力でズードーパントの動きを止める。

 

「ま、眩しい」

 

動きが止まったところで一夏は

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

元の姿に戻った。

 

一夏がズードーパントと戦っている間

 

「おいおい。俺1人に2人か」

 

「3人の間違いだ」

 

零はライドブッカーで斬りかかるも、途端に力が抜ける。

 

「ちっ、面倒な」

 

『プリズムビッカー』

 

Wは冷静に剣と盾が合体しているプリズムビッカーを取り出した。

 

「そこの貴方、そのドーパントはアップグレードして触れたところ以外にも目視してもエネルギーを0にできるようになってるわ」

 

「なら、どうすれば」

 

「あいつの目を止めて。そしたら、ボク達が決める!」

 

「なるほど」

 

「何を企んでいるか、知らんが俺には無意味だぁ!」

 

「そいつはどうかな?」

 

《KAMENRAIDE MEIJI!》

 

宝石の原石を思わせる顔をして様々な魔法を使う『仮面ライダーメイジ』にカメンライドした。

 

《ATTACKRIDE LIGHT!》

 

魔方陣から光が発せられゼロドーパントは目を瞑る。

 

「ま、眩しい」

 

「今だ!」

 

『prism!maximumdrive!』

 

「「プリズムブレイク」」

 

Wはプリズムビッカーからプリズムソードを抜き、勢いよく切り裂く。

 

「ば、馬鹿な」

 

「プリズムのマキシマムドライブには他のメモリの能力を無効化できる」

 

「な、何!?」

 

「まあ、お前の対処法としては色々とあったんだがな」

 

零はクロックアップや高速化と書かれているカードを見ながら呟いた。

 

「それにそこ危ないぞ」

 

「何を言って、ぐわぁっ!」

 

ゼロドーパントに一夏が吹っ飛ばしたズードーパントが当たる。

 

「最後は全員でいくか」

 

「そうだね」

 

「最後くらいわね」

 

《FINALATTACKRIDE DE DE DE DECADE!》

 

『 xtreme!maximumdrive!』

 

《FINALATTACKRIDE DE DE DE DECADE!》

 

「はっ」

 

3人が同時にライダーキックをゼロドーパントとズードーパントに食らわせる。

 

「こ、こんなはずでは」

 

「お、俺の力が通用しないっていうのか!」

 

2体のドーパントは人間の姿に戻り、近くにはガイアメモリが壊れた状態で落ちていた。

 

◇◇◇

 

「もう行くのかい?」

 

「まあな。一夏も仮面ライダーってのを少しはわかっただろうしな」

 

ドーパントとの戦闘を終え、夕暮れ時になっていた。

 

「はあ。せっかく仲良くなれたのになぁ」

 

「そんなに落ち込まなくていいじゃない。いつかは会えるとでも思っておきなさい。死んだ訳じゃないんだから」

 

「それもそうだね」

 

「じゃあな。また会えるといいな。コナン君やらクラスの連中にはうまく言っておいてくれよ」

 

「それじゃあ。さよなら」

 

零と一夏は別れの挨拶をして次の世界へと旅立った。

 

ちなみに零のライドブッカーの中には新たなカードが入っていたとさ。




コナンじゃなくても良かった感が…
まあ、ただ単に私が世良さんと灰原さんが好きだからやっただけなので(それでもひどい)
次回もよろしくお願いします。

コラボ募集を行っています。
してもいいよという寛大な方は活動報告まで


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

5話

今回からは仮面ライダー様さんの『世界の破壊者、及び世界の門番に選ばれた男』とのコラボ回です。

仮面ライダー様さん、本当にありがとうございます。


『よお、俺とはこんにちはになるな。1話に出ていた転生を担当した神だ。今回からは俺がプロローグをさせてもらうぜ。』

 

ここで幾何学模様が描かれた本を開いた。

 

『この本によれば、転生者である織斑秋十により、正史とは異なる未来になり破壊者ディケイドの力を得た織斑一夏、いや、門矢一夏。彼は黒き破壊者の力をもつ門矢零と共に世界と世界を股にかける。今回の世界は悪魔と堕天使に赤き龍と白き龍が交錯する世界。そこに一夏以外のディケイドが現れる。そこで門矢零は…』

 

そこでようやく本を閉じる。

 

『おっと、皆さんにはまだ先の話、でしたね』

 

◇◇◇

 

「おいおい、やっぱ俺は天才だな」

 

地に伏した悪魔を見て、この世界の主人公『兵藤一誠』は胸を張る。

 

もっとも、この悪魔は討伐ランクSと低いわけではない。

 

「流石ね。イッセー」

 

プロモーションも使わず、ポーンの一誠がはぐれ悪魔を倒したことを褒める主人『リアス・グレモリー』。

 

「そりゃそうですよ。この赤龍帝の籠手があればどんな敵だって倒してみせますよ」

 

そう自慢していると、突如彼らの目の前にオーロラが現れる。

 

そのオーロラからは破壊者『ディケイド』が現れた。

 

「…兵藤一誠。いや、こう言ったほうがいいか、『田中界磁』」

 

どうやら、声を聞くと、ディケイドの変身者は一夏ではない。

 

「なんで、その名前を。テメェ、何モンだ!!」

 

「ただの世界の破壊者だ」

 

《KAMENRIDE RYUKI!》

 

ディケイドに透明な影が重なり、赤き龍と契約し鏡の世界で戦う『仮面ライダー龍騎』にカメンライドした。

 

「仮面ライダー龍騎ねぇ。また懐かしいものを」

 

「龍には龍だ。お似合いだろ」

 

そこで一誠は赤龍帝の籠手でディケイド龍騎に殴りかかる。

 

「ちょっと、イッセー!」

 

「任せてください、部長!こいつも俺が倒します!」

 

「あらあら」

 

リアスは止めようとするが、一誠は自分1人でという姿勢を崩さない。

 

リアスのクイーンである『姫島朱乃』は困ったふうに声を出す。

 

しかし、一誠が繰り出した拳はディケイド龍騎に掴まれた。

 

「な、何!?」

 

「その程度で、俺に攻撃が入るとでも。ふんっ!」

 

一誠を逆に殴り、吹っ飛ばす。

 

それにリアスは危機を感じたのか

 

「祐斗、小猫!」

 

「はい。部長」

 

今度は騎士である『木場祐斗』、戦車である『塔城小猫』が連携して攻撃を仕掛ける。

 

ディケイド龍騎は焦らず、新たなカードをバックルに挿入する。

 

《ATTACKRIDE SWORDVENT!》

 

柳葉刀の形をしたドラグセイバーを召喚し、祐斗の剣を受け止める。

 

「塔城さん!」

 

「任せてください」

 

小猫の鋭い拳がディケイド龍騎のボディに迫る。

 

「甘い!!」

 

祐斗をドラグセイバーで押し返し、そのまま小猫を攻撃する。

 

見事にドラグセイバーは命中し、小猫にダメージを負わせる。

 

小猫はそのまま気絶してしまった。

 

「小猫!」

 

「テメェ、よくも小猫ちゃんを!」

 

「っ!雷よ」

 

ディケイド龍騎に雷が落とされようとした時、

 

《FORMRIDE WIZARD LAND!》

 

《ドッ ドッ ドッ ドドドンドン ドッ ドッ ドン》

 

ウィザードランドスタイルとなり落雷のダメージを軽減する。

 

「別の姿に!?」

 

「うおおおおおー」

 

一誠は祐斗と小猫が戦っている間に自身の神器である赤龍帝の籠手の固有能力“倍加”を行なっていた。

 

そのまま、突進する一誠。

 

「舐めてるのか、お前」

 

ディケイドはそれを避け、元の姿に戻る。

 

「これで終わりだ」

 

ライドブッカーから取り出したのは、ディケイドの紋章が描かれている黄色のカード。

 

《FINALATTACKRIDE DE DE DE DECADE!》

 

ライドブッカーからディメンションブラストを放つ。

 

一誠は直撃し数度地面に叩きつけられ気を失った。

 

ディメンションブラストの余波で祐斗と朱乃は立ち上がれなくなっていた。

 

それを見たリアスは

 

「撤退よ」

 

魔法を使い、眷属を連れて逃げていった。

 

その際、リアスはディケイドに向け滅びの魔術を放つが、ディケイドはそれを煩わしそうに弾いた。

 

「ちっ。逃したか」

 

変身が解け、その姿が露わになる。

 

彼の名前は『希月 悠真』。

 

世界の破壊者であり、3つの世界の門番を任されている男だ。

 

 

そして、彼らの戦いを見ていたものがいた。

 

そう、門矢零と門矢一夏だ。

 

「兄貴、ありゃ」

 

「ああ。強いな。今のお前では絶対に勝てん」

 

「そして、俺と同じ…」

 

「ディケイドだな」

 

2人が喋っていると

 

「そこにいるのは誰だ?」

 

悠真が声をかける。

 

零と一夏は物陰から出てくる。

 

2人が出てくると

 

「ここはインフィニット・ストラトスの世界ではないんだが…転生者か?」

 

「違うぞ」

 

「それは俺が確かめることだ」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

「血気盛んだな。変身」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

ディケイドとダークディケイドが向かい合う。

 

「一夏。手を出すなよ。死ぬぞ」

 

「あ、うん」

 

「さて、遊ぼうか」

 

「こっちのセリフだ」

 

ダークディケイドとディケイドの戦いが始まる。

 

ちなみに、一夏は…

 

「はい?嘘でしょ」

 

戦いの場から離れようとするとはぐれ悪魔が

 

「変身!」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

一夏も変身してはぐれ悪魔と戦うことになった。




次回もお楽しみに〜



目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

6話

前回に引き続きコラボ回です。

映画、まだ見れてません。


『この本によれば、転生者である織斑秋十により、正史とは異なる未来になり破壊者ディケイドの力を得た門矢一夏。彼は黒き破壊者の力をもつ門矢零と共に世界と世界を股にかける。相対する門矢零と希月悠真。2人の破壊者の戦いの末、彼らは…おっと、皆さんには、まだ先の世界、でしたね』

 

◇◇◇

 

金属的な音を夜の街に響かせながら、2人の破壊者は戦う。

 

「はあ。この姿じゃ、埒があかない」

 

《KAMENRIDE PSYGA!》

 

零は天空の帝王『仮面ライダーサイガ』にカメンライドし、

 

《ATTACKRIDE FLYINGATTACKER!》

 

フライングアタッカーを出現させ飛び上がる。

 

「なら、こちらもだ」

 

《KAMENRIDE BRAID!》

 

《FORMRIDE BRAID JACK!》

 

アンデットと戦い最後は自身までアンデットになった悲劇のライダー『仮面ライダーブレイド』のジャックフォームにカメンライドした。

 

背中に翼を広げ、零に接近する。

 

「Let's game begin!」

 

「お前の遊戯に付き合うつもりはない」

 

零はフライングアタッカーから発砲、悠真は避けつつライドブッカーを銃にして撃った。

 

零も当然のように避ける。

 

それが何度か続くと、

 

「ちっ。空中戦でも差がないか」

 

《KAMENRIDE SORCERER!》

 

零は黄金の魔法使い『仮面ライダーソーサラー』になり、さらにバックルにカードを入れる。

 

《ATTACKRIDE EXPLOSION!》

 

突如出現した火球は悠真の意表を突きヒットした。

 

「さて、これでジ・エンドだ」

 

《FINALATTACKRIDE SO SO SO SORCERER!》

 

零の足元に魔方陣が現れ、そのエネルギーを足に纏わせる。

 

「これで終わりなわけないだろ」

 

《FINALATTACKRIDE DE DE DE DECADE!》

 

悠真もカードを挿入し、零と同時にライダーキックを放つ。

 

2人のキックはほぼ同火力で、どちらにも大ダメージが入る。

 

零はダークディケイドの姿に戻ってしまった。

 

「まずいな」

 

「さて、次はこいつだ」

 

悠真はライドブッカーから何枚かカードを出し、その中から1枚を選ぶ。

 

《KAMENRIDE GHOST!》

 

《レッツゴー!覚悟!ゴ ゴ ゴ ゴースト!》

 

《ガンガンセイバー!》

 

英雄の力を使い人々の想いを未来に繋いだ『仮面ライダーゴースト』にカメンライドし、零に斬りかかる。

 

零はライドブッカーで応戦するが、ゴーストのユラユラとした動きに対応しきれない。

 

悠真がついにガンガンセイバーで零を斬った。

 

続いて2撃目を入れようとすると、零が悠真の腕に蹴りを入れガンガンセイバーを落としてしまう。

 

零はその隙に攻撃を加えようとするが、悠真が手でそれを抑える。

 

その時に、悠真はゴーストにカメンライドしていたのが原因で零の記憶を読み取った。

 

「成る程な。こちらの不手際か」

 

「ん?」

 

「何、お前達が転生者ではないことが分かっただけだ」

 

「成る程、大体わかった」

 

零と悠真は変身を解除する。

 

「それじゃあな」

 

悠真がオーロラカーテンを発生させその場を去ろうとすると、零が呼び止める。

 

「おいおい、いきなり攻撃してきて帰るなんて話が良すぎやしないか」

 

「はあ、しょうがない。この世界、ハイスクールD×Dの世界の主人公である兵藤一誠は転生者だ。俺はそいつを殺すためにこの世界に来ている。これでいいだろ」

 

零はその話を聞き、しばらく考えると

 

「おい、取り引きをしようぜ」

 

「ほう」

 

「そちらに出すのは俺がこの世界の兵藤一誠以外の転生者の情報、こちらが要求するのはこの世界限定でお前と俺と一夏でチームを組む。どうだ」

 

「面白い。いいだろう」

 

悠真は承諾し、零と悠真の同盟関係ができた。

 

◇◇◇

 

2人の同盟が結ばれ、零は一夏の元に

 

「よあ、一夏」

 

「あ、終わったのか」

 

「まあな」

 

そこで零は神妙な顔をして

 

「一夏、お前は人を殺せるか」

 

そう、零はこの世界で希月悠真と出会いやるべきことを完全に理解していた。

 

一夏は破壊者であるディケイドの力を持っているとはいえ、元々はただの中学生。

 

普通に考えて人を殺せるはずがない。

 

しかし、

 

「ああ。…………出来るよ」

 

「っ!」

 

一夏の言葉に零は驚きを隠せない。

 

「これを手にしてから、よくわからない夢を見るんだ」

 

「夢?」

 

一夏はマゼンタのバックルを弄りながら語る。

 

「その中の一つでさ、こいつが出てくる物語でね」

 

一夏が手にするのは緑色のライダーのカード。

 

「なるほどな」

 

「喰われる前に…喰う!」

 

「ふっ。じゃあ行くぞ」

 

零がオーロラカーテンを発生させる。

 

「え、それ、自分で出せるの!」

 

「特訓すればな。便利だぞ、これ。時間旅行までできるしな」

 

そう言いながら、2人はオーロラカーテンに入っていた。

 

それを抜けると、学園のような場所に来ていた。

 

「遅かったな。もう、始まっているぞ」

 

「律儀に待ってたんだな、お前」

 

「で、兵藤一誠以外の転生者は?」

 

「匙元士郎に、ヴァーリ・ルシファーの2人だ。ちょうどだな」

 

「兄貴、え、どういう?」

 

一夏はハテナマークを浮かべる。

 

「こいつと同盟関係結んだ。それだけだ」

 

「オーケー、わかった」

 

「そろそろ行くぞ」

 

3人はバックルを巻き、カードを手にし、挿入する。

 

「変身」

 

「アマゾン!」

 

零はいつも通りの掛け声を出しながら、一夏はいつもと違うがより力がこもった声をだし、悠真は無言でバックルを操作する。

 

《KAMENRIDE HIBIKI!》

 

《KAMENRIDE GEIZ!》

 

《KAMENRIDE AMAZONOMEGA!》

 

《ライダータイム!仮面ライダーゲイツ!》

 

《エボリュ・エ・エボリューション!!》

 

悠真は音撃を使い魑魅魍魎と戦う鬼『仮面ライダー響鬼』に、零は2068年から来たライドウォッチを使って戦う未来のライダー『仮面ライダーゲイツ』に、一夏は養殖のアマゾンでありながら人間とアマゾン両方を守ろうとした『仮面ライダーアマゾンオメガ』になった。

 

「狩りの時間だ」




次話でおそらくこのコラボも終わると思います。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

7話

年越しギリで投稿


『この本によれば、門矢零と門矢一夏は希月悠真と協力し、悪魔達と戦うことなる。そして、一夏はついに手を汚す。おっと、皆さんにはまだ先の話、でしたね』

 

◇◇◇

 

「お前が当代の赤龍帝か」

 

「お前は…」

 

駒王学園の校庭にて、リアス・グレモリーやソーナ・シトリー、ならびに転生者達が堕天使の幹部コカビエルと戦った。

 

流石、転生者というべきか、コカビエルを圧倒した。

 

「また、会おう」

 

「待ちやがれ!!」

 

どうやら、説明している合間に話が終わったようだ。

 

そこに

 

「待ってもらおうか」

 

《ジカンザックス!》

 

《YOU!ME!》

 

矢が放たれ、ヴァーリ・ルシファーにあたり体勢を崩す。

 

「っ!誰だ!」

 

「フン。お前がヴァーリ・ルシファーか」

 

「そうだが…何のつもりだ。俺が白龍皇と知っての攻撃か!!」

 

「そんなことどうでもいい。テメェを破壊するだけだ」

 

零はヴァーリをにらめつけながらそう言う。

 

リアス達は

 

「あれは…この前の」

 

「いや、でもベルトが違う」

 

と小声で話していると

 

「それは俺のことだな」

 

《ATTACKRIDE ONGEKIBOU REKKA!》

 

火球が次々と飛んでくる。

 

「きゃっ」

 

「なっ!」

 

「今度こそ、破壊する。田中界磁」

 

悠真が撥の形をした武器『音撃棒烈火』を手遊びしてるかのように操作しながら現れる。

 

駒王学園側でありながら話でしか聞いてないソーナ・シトリー達は

 

「え、あれがリアス達が言ってた人達なの?」

 

「一体、何が目的なの?」

 

「…匙元士郎ってのは誰だ」

 

そこに一夏が歩きながら問う。

 

「匙、一体何したの!?」

 

「知りませんよ!会長!」

 

「そう、君か」

 

一夏は匙元士郎と呼ばれた男に飛びかかった。

 

《divide!》

 

ヴァーリは自身の神器『白龍皇の籠手』を発動するが、

 

「効くわけないだろ」

 

零には何の効果もない。

 

「な、何故だ!」

 

「俺が破壊者だからだ」

 

《FORMRIDE GEIZ GHOST!》

 

《ライダータイム!仮面ライダーゲイツ!アーマータイム!カイガン!ゴースト!》

 

零は鎧を纏い、仮面ライダーゲイツゴーストアーマーとなった。

 

手で三角を作ると肩の眼球ようなものからパーカーアイコンが複数体飛び出しヴァーリに攻撃する。

 

「なんだ、こいつら」

 

「これで終わりだ」

 

《FINALATTACKRIDE GE GE GE GEIZ!》

 

零の後ろに紋章が現れ、零の右足にエネルギーを挿入する。

 

そのまま、ヴァーリに必殺のライダーキックを喰らわせる。

 

爆発がおき、煙が立ち込める。

 

「まだ、破壊しきれていないか」

 

《禁手化》

 

爆煙の中から現れたのは白い鎧を纏ったヴァーリ。

 

「だったら、こいつだ」

 

《KAMENRIDE RYUGA!》

 

零は黒き龍と契約したミラーワールドのライダー『仮面ライダーリュウガ』にカメンライドした。

 

《ATTACKRIDE ADVENT!》

 

契約モンスターのドラグブラッカーを呼び出した。

 

「ドラゴンだと」

 

「お前にはちょうどいいはずだぞ」

 

 

 

「うおおおおおお!」

 

一誠が悠真に殴りかかるが、悠真はそれを避け、腹に音撃棒を叩きこむ。

 

「ぐはっ!」

 

悠真の周りにはリアス・グレモリーや姫島朱乃が無残な姿で横たわっていた。

 

「よくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもよくもぉ!」

 

一誠は絶叫しながら突っ込む。

 

その怨嗟に反応したのか、赤龍皇の籠手が禁手化した。

 

「そうか」

 

《FINALATTACKRIDE HI HI HI HIBIKI!》

 

一誠の腹に太鼓が現れ、それを悠真は勢いよく音撃棒で叩きつける。

 

「フンっ!フン!フンっ!フン!フン!フンっ!フン!フンっ!フン!フン!フンっ!フンっ!フンっ!ハァ、フンっ!フンっ!」

 

音は鎧を揺らし一誠の体に直に響く。

 

「まだだ!」

 

「ほう。立ち上がるか」

 

《KAMENRIDE EVOL!》

 

《コブラ!コブラ!エボルコブラ!フッハッハッハッハ!》

 

「あいつの力を使わせてもらおう」

 

星の破壊者『仮面ライダーエボル』にカメンライドした。

 

超スピードで一誠に連続で攻撃した。

 

「ぐはっ」

 

「こいつもいっとくか」

 

《ATTACKRIDE FORKGATORINGER!》

 

《10!20!30!40!50!60!70!80!90!100!フルバレット!》

 

ホークガトリンガーが火を吹き、一誠を吹き飛ばした。

 

 

「ラインよ」

 

一夏は匙の神器『黒い龍脈』によるラインで拘束されるが

 

「フン!」

 

一夏が力を込めるとちぎれてしまう。

 

「な、何!?」

 

「…脆いな」

 

「匙!」

 

ソーナ達が悲鳴をあげるのが遅く、匙の右腕は切断されていた。

 

「…ぎゃあああ!」

 

「うるさいな」

 

一夏は匙を思いきり殴り飛ばした。

 

「まだだ」

 

一夏は連続でパンチやキックを繰り出す。

 

そうでもしないと吐いてしまいそうだからだ。

 

「も、もうやめて。殺してくれ」

 

「そうか」

 

 

 

3人の破壊者がバックルにカードを入れるのは同時だった。

 

《FINALATTACKRIDE RYU RYU RYU RYUGA!》

 

《FINALATTACKRIDE E E E EVOL!》

 

《FINALATTACKRIDE A A A AMAZONOMNGA!》

 

黒龍『ドラグブラッカー』の黒炎に合わせて零はヴァーリにキックする。

 

足に星座盤が現れ、それが収縮されそのまま悠真は足を一誠に叩きこむ。

 

一夏はジャンプし、両足で匙を蹴った。

 

今度はしっかり決まったようで3人の転生者は絶命した。

 

一夏は思っていた感覚と違い、戸惑うが、すぐに吐き気がする。

 

「一夏。吐くなら吐いていいぞ」

 

「う、うん」

 

一夏は変身を解除し、木陰で何度か吐いた。

 

「スッキリしたか」

 

「あ、ああ」

 

「顔色悪いな。しばらく寝てろ」

 

零は一夏を背負う。

 

一夏は零の背中で眠りに入った。

 

 

 

 

「はあ。もう行くのか」

 

「まあな」

 

「お前とはまた会いそうだからな。これ、持っとけ」

 

零が悠真に渡したのダークディケイドのカード。

 

「ありがたく受け取っておこう」

 

悠真は歩きながら手を軽く振りながらオーロラカーテンの中に入っていった。

 

「またな。希月悠真」

 

零達もオーロラカーテンに入っていった。

 




今回で仮面ライダー様さんとのコラボは終了です。

仮面ライダー様さん、ありがとうございました。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

8話

今回からはSOURさんの『仮面ライダークライム~旅をする男~』とコラボです。
しかしながら、最後にしか仮面ライダークライムは出てません。
今回のメインはオリキャラ登場です。


『この本によれば、転生者である織斑秋十により、正史とは異なる未来になり破壊者ディケイドの力を得た織斑一夏、いや、門矢一夏。彼は黒き破壊者の力をもつ門矢零と共に世界と世界を股にかける。今回の世界はどうやら前回より危ないようで。門矢零はその世界で昔の知り合いに出会う。さらに、規格外の人物にも出会う。おっと、皆さんにはまだ先の話、でしたね』

 

◇◇◇

 

「世界名画コレクション?」

 

「そう。これ、言ってみたいんだよね。俺の世界にある絵もあるんだけどさ、一気には見れないからさ」

 

「じゃ、行くか」

 

「うん、兄貴」

 

新たな世界に来て2日が経った。

 

その間、特に何もなく、零達は自身がこの世界でやらなければならないことがわかっていなかった。

 

「見たことある作品もあるな」

 

「おお、スゲー。これ、全部億超える絵画ばっかだよ、兄貴」

 

零達が絵画を見ていくと奥のほうに人だかりがあまりない部屋が。

 

「なんで、あの部屋には人がいないんだ」

 

「たしか、あの部屋には最後の戦いっていう絵があるはずなんだけど。たしか、億超えて、さらに兆超えて、京にまで値段が上がった作品だったな」

 

「高すぎるでしょ」

 

零達は足を進める。

 

「これが」

 

「ああ。最後の戦い」

 

「背中に龍。カッコいいじゃん」

 

「小学生か、お前は。しかし、こいつが構えているドライバー。似たようなのを見たことがあるような気が…」

 

「それにしても、威圧感あるね。絵画の世界にいるわけでもないのに肌がピリピリする」

 

「それほどのものだから、価値が高いんだろうよ」

 

2人がその部屋から出ようとすると

 

「痛っ」

 

「す、すいませんッス」

 

零が人にぶつかってしまう。

 

顔を上げると

 

「げ」

 

「久しぶりッスねぇ、零くん。不動さんもいるッスから話聞かせてもらうッスよ」

 

「えっと、二人はお知り合いで」

 

「ご近所さんだった人」

 

「幼馴染ッスね」

 

零は幼馴染に引き摺られ、一夏はそれを追いかけていった。

 

◇◇◇

 

「どこで何していたッスか!」

 

「騒ぐな、うるさい。俺は旅していただけだ。そういうお前らこそ、なんでこの世界にいる?」

 

「たまたまだよ。たまたま」

 

零が二人の女性と話していると

 

「で、そっちが」

 

「一夏だ。門矢一夏だ。俺の弟」

 

「マジか。似てないぞ」

 

「そりゃ、義理だからな」

 

「ほぉ〜。お前が拾うとか珍しいな」

 

「一夏、このッスって言いまくっていて、とある部分が貧しいやつが風間伸奈。こっちの豪快で身長が高いのが不動明菜。二人とも俺の知り合いだ」

 

「はあ。門矢一夏です。よろしくお願いします」

 

「おっ、礼儀正しいじゃねぇか。不動明菜だ、よろしく」

 

「どっかの誰かさんとは大違いッスね。風間伸奈ッス。こちらこそ、よろしくッス」

 

伸奈と零は視線で牽制し合う。

 

明菜はバクバクと皿にのっている料理を食べていく。

 

一夏はアワアワしながらその様子を見るしかなかった。

 

一方、零達が座っている席の死角では…

 

コナンの世界でガイアメモリ強化アダプターをゼロドーパントに手渡した謎の人物がいた。

 

「門矢零。あなたを必ず殺します。この世界で。変身」

 

《ライダータイム!仮面ライダーアクジ!》

 

《ジカンギレール!カタナ!》

 

複眼にはRIDERと書かれている仮面ライダーアクジに変身した。

 

アクジが手をかざすと、オーロラカーテンが現れる。

 

そこからリュウガ、ダークカブト、武神鎧武、ゲンムが出てくる。

 

「さて、始めましょうか」

 

四人のダークライダーは零達がいる席に向かって走り出す。

 

「なっ、こいつらは」

 

「ダークライダー共か!」

 

「とりあえず、切り抜けるぞ」

 

零はダークカブトを、一夏はゲンムを、伸奈はリュウガを、明菜は武神鎧武をというふうに分担する。

 

「ダークカブトか。クロックアップさえ気をつければいいか。変身」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

「お、おう。奇抜なデザインで。ぶっちゃけ、あの状況、どうすれば良かったのか分からなかったからありがたかったぜ。変身」

 

《KAMENRIDE DECADE!》

 

「まだ、あいつには聞きたいことがあるッスからさっさと終わらせるッス」

 

《ハリケーンニンジャ!》

 

「変身ッス」

 

《マキマキ!竜巻!ハリケーンニンジャ!》

 

伸奈は忍者のゲームがモチーフのライダー『仮面ライダー風魔』に変身した。

 

「食後にはちょうどいいな。変身」

 

《グラトニーフォーム!》

 

正史には登場しない未知のライダー『仮面ライダー冥王』がここに君臨した。

 

正史で一番近いライダーは電王といったところだろう。

 

しかし、仮面ライダー冥王は電王以上のフォーム数を持ち、何より不吉な感じだった。

 

「さてと、門矢零。あなたがダークカブトを倒した隙をついて殺しましょう。それが一番確実ですから」

 

アクジは妖しく笑う。

 

それは誰にも聞かれていないはずだった。

 

「感動の再会を邪魔してやることがそんなみみっちいことかよ」

 

「っ!誰だ!」

 

「俺か。俺は」

 

《KAMENRIDE CLIMB!》

 

「仮面ライダークライム。ただの旅人だ」

 




次回から本格的に朧くんを零達に絡ませます。


目次 感想へのリンク しおりを挟む


しおりを挟む

9話

『この本によれば、転生者である織斑秋十により、正史とは異なる未来になり破壊者ディケイドの力を得た織斑一夏、いや、門矢一夏。彼は黒き破壊者の力をもつ門矢零と共に世界と世界を股にかける。現れたダークライダーと戦う門矢零一行。倒したと思ったら…おっと、皆さんにはまだ先の話、でしたね』

 

◇◇◇

 

「…仮面ライダークライム?知らないですねぇ」

 

「俺もお前を知らないな」

 

「邪魔しないでもらいたいですねぇ。部外者には」

 

「いいだろ。減るもんじゃないし」

 

《CREATERIDE!ATTACKRIDE BREAST!》

 

灰色の銃から弾が変則的な動きをしながらアクジに迫る。

 

「なめるな!」

 

アクジは手に持っているジカンギレールで自身に向かってくる弾を切り刻む。

 

《G電王!》

 

アクジは腕のホルダーから新たなライドウォッチを取り出し起動し、ベルトにセットする。

 

そのまま、ベルトを360°回転させる。

 

《ライダータイム!仮面ライダーアクジ!アーマータイム!〜♪G電王!》

 

《ジカンギレール!ムチ!》

 

アクジはG電王アーマーを纏い、ジカンギレールをカタナモードからムチモードに変形させた。

 

ジカンギレールを生き物のように動かしクライムを威嚇する。

 

「それがどうかしたか」

 

クライムがまたもや発砲すると、アクジから円状のバリアが発せられ防がれた。

 

「G電王のパーフェクトウェポンによるバリアか」

 

「君の攻撃は私には届かない」

 

一方で零達は…

 

「ちいっ、クロックアップか!」

 

ダークカブトがベルトの側面のボタンを押しクロックアップを発動させていた。

 

「だったら、こいつだ」

 

《KAMENRIDE TAIGA!》

 

虎と契約し英雄になろうと足掻いたライダー『仮面ライダータイガ』にカメンライドし、

 

《ATTACKRIDE FREEZEBENT!》

 

冷気を発生させダークカブトの足を凍らせる。

 

「さて、これで終了だ」

 

《FINALATTACKRIDE TA TA TA TAIGA!》

 

タイガの契約モンスターであるデストワイルダーがダークカブトを零の方向に無理やり引きずり、零がいつのまにか装備していたデストクローを突き立て持ち上げた。

 

ダークカブトは爆発し、零は姿をダークディケイドに戻した。

 

 

《ギュ・イーン》

 

ゲンムはバグヴァイザーをチェンソーモードにし一夏に斬りかかる。

 

一夏はそれをすれすれでよけ、バックルにカードを挿入する。

 

「あんたにはこれを使ったほうがいいような気がする」

 

《KAMENRIDE OOO!》

 

《タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バッ!》

 

仮面ライダーオーズにカメンライドし腕のトラクローを展開しゲンムに攻撃する。

 

「こいつ、まるで操り人形みたいだ。なら、駆け引きはいらないな。一気に決めよう」

 

《FINALATTACKRIDE O O O OOO!》

 

足はバッタのような形になり背中からはタカの羽が生える。

 

一気に飛び上がりゲンムに向かってキックする。

 

「セイヤーッ!」

 

ゲンムは炎に包まれ見えなくなった。

 

 

「忍者系だから扱えそうな気がしたッスけど、やっぱりいつものにすれば良かったッスねぇ」

 

伸奈はそう呟きながら

 

《ギリギリチャンバラ!》

 

プロトギリギリチャンバラガシャットを起動する。

 

《ガシャット!》

 

《ガッチャーン!レベルアップ!ハリケーンニンジャ!アガッチャ!ギリ ギリ ギリ ギリ!チャンバラ!》

 

《ガチャコンスパロー!》

 

伸奈はガチャコンスパローを取り出し、リュウガに向け矢を放つ。

 

《STRIKEBENT!》

 

リュウガは籠手にカードを読み込ませ、ドラグクローを召喚。

 

矢を素早く迎撃する。

 

「予想通りの動きをしてくれて助かったッス」

 

《ガシャット!》

 

《キメワザ!》

 

《ドラゴナイトクリティカルフィニッシュ!》

 

ガチャコンスパローにプロトドラゴナイトハンターZガシャットをセットし龍の咆哮の如く、黒いエネルギー砲が発射される。

 

リュウガの攻撃すらも飲み込み、エネルギー砲はリュウガに直撃した。

 

 

「なんだ、もう少し歯ごたえはないのか」

 

明菜は足元に転がる武神鎧武を見てがっかりしたような声を出す。

 

「その程度ならさっさと消えろ」

 

《FULLCHARGE!》

 

明菜はベルトをパスをかざしエネルギーを腕に貯める。

 

武神鎧武を立ち上がらさせ、拳を叩きつけた。

 

 

四人のダークライダーは倒されたかと思われた。

 

「おい、お前ら。そのライダー共は生きてるぞ!!」

 

クライムが叫ぶ。

 

「余計なことを言うな!」

 

《フィニッシュタイム!G電王!》

 

《パーフェクト!タイムクラッシュ!》

 

ジカンギレールがクライムに何度も叩きつけられる。

 

クライムはさほどダメージを負ってないようだが、動けない。

 

爆炎からは機械的な音声が次々と聞こえてくる。

 

《CHANGE!HYPERBEETLE!》

 

《ゴッドマキシマムマイティX!シンハイパームテキ!》

 

《マキシムガシャット!ドッキーング!パッカーン!》

 

《最高神!輝け!天帝の如く!白銀の最凶クリエーター!ハイパームテキゲンム!》

 

《SURVIVE!》

 

《極アームズ!大 大 大 大 大 将軍!》

 

ダークカブトハイパーフォームに、ゲンムムテキゲーマー、リュウガサバイブ、武神鎧武極アームズとなり零達の前に現れた。

 

「こいつはまずいな」

 

「おい、逃げるぞ!」

 

零が焦ったような声を出した後、クライムが

 

《CREATERIDE!SUMMONRIDE G3-X!RAIA!JORKER!ZEROSPECTOR!》

 

四人のライダーを呼び出す。

 

呼び出されたライダーは足止めを開始し、零達は逃げ出した。

 

 

 

「で、お前は?」

 

「仮面ライダークライム。神崎朧だ。よろしく頼むぜ、ダークディケイド」

 

これが破壊者と常識外の創造者の正式な初邂逅である。




G電王とかみんな覚えてる?
私は懐かしいと思いながらライドウォッチにして登場させました


目次 感想へのリンク しおりを挟む




評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。